1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/09/10(日) 12:35:39.15 ID:CAP_USER
中央日報2017年09月10日12時08分
http://japanese.joins.com/article/254/233254.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews

韓国で10年前より住宅の二極化がさらに深刻化したことがわかった。持ち家のない世帯が半分近くに達するが、上位1%は住宅を平均7軒近く保有していることが明らかになった。上位1%の「土地富豪」が保有する平均土地面積は汝矣島(ヨイド)の1000倍を超えた。これに対し2015年11月1日基準で全体の44%に当たる841万2000世帯が持ち家のない世帯だった。

国会企画財政委員会幹事の「共に民主党」パク・グァンオン議員が10日、国税庁と行政安全部から提供された「個人不動産保有現況」に基づいて明らかにした。それによると、昨年保有不動産価格基準で上位1%の13万9000人が保有した住宅は90万6000軒で、1人平均6.5軒の住宅を保有していた。上位1%が保有する住宅総公示価格は182兆3800億ウォンだった。

この数値で見れば上位1%は9年前より多くの住宅を保有していることになる。

2007年の住宅保有価格基準上位1%の11万5000人が保有する住宅は37万軒だった。1人平均3.2軒ずつ保有していた。9年間に平均住宅数が2倍以上に増えたのだ。2007年の上位1%の保有住宅の総公示価格は158兆4200億ウォンで、昨年の87%水準だった。

(全文は配信先で読んでください)

引用元: ・【韓国】持ち家のない世帯44%…上位1%は平均7軒保有 [無断転載禁止]©2ch.net

【【両班と白丁】韓国で二極化がさらに深刻化 持ち家のない世帯44%、上位1%は平均7軒保有】の続きを読む