まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:担当者

    1: まるっとニュー 2019/05/28(火) 12:38:16.93 ID:CAP_USER
    問題となった旭日旗のウォッチフェイス。(写真=Galaxy Storeホームページ)
    no title


    サムスン電子のアプリストア「Galaxy Store」で、日本帝国主義の象徴である「旭日旗」が描かれたウォッチフェイス(スマートウォッチ用待受イメージ)が販売された。これに対してサムスン電子側は「管理担当者のミス」と説明し、該当のウォッチフェイスの販売を中断した。

    このウォッチフェイスは今月24日にGalaxy Storeで販売された。これを見つけた消費者は直ちに反発した。

    27日、あるユーザーは「ウォッチフェイス関連の検閲確認をお願いする」というタイトルのコメントを投稿し、「これも表現の自由なのか。こうしたものは検閲できないのか」と指摘した。

    すると他のユーザーはコメント欄に「公論化してくださり感謝する。このようなウォッチフェイスは、当然、世界の人々の目に触れるストアに露出させるべきではないと考える」と主張した。

    「サムスン電子が韓国企業なら、このようなミスはしてはならない」という指摘もあった。

    これについてサムスン電子側は「該当掲示物は担当者のミスで、削除した」と明らかにした。


    2019年05月28日10時31分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/832/253832.html?servcode=400&sectcode=410

    引用元: ・【中央日報】 ギャラクシーウォッチのコンテンツに「旭日旗」…「担当者の検閲ミス」 [05/28]

    【韓国のヘイト言論活動【中央日報】 ギャラクシーウォッチのコンテンツに「旭日旗」…「担当者の検閲ミス」 [05/28] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/18(水) 10:48:51.45 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が16日、「過労社会はこれ以上、続けてはならない」と労働時間短縮への意志を表明した一方で、首相室の演説文担当者が過労で入院したことが17日伝えられた。

    首相室によると、李洛淵(イ・ナギョン)首相の演説文担当チーム長を務める行政官が先週末、過労で入院し、17日までの時点でも病院にいるとのことだ。首相室関係者は「李洛淵首相の内部的・外部的日程があまりにも忙しい上、首相は演説文をもともと細かくチェックする性格なので、演説文担当チームの業務は増える傾向にある。行政官は体調がほぼ回復した」と述べた。

    李洛淵首相は就任後、民間人で放送作家をしていた行政官を「演説文担当」として任用した。首相室関係者は「李洛淵首相は演説文の言葉を1つ1つ細かくチェックするため、演説文チームの業務量は多い」と話す。

    文大統領は16日の首席補佐官会議で、「政府を含めて韓国社会の構成員たちは全員が責任ある決断と実践をする時期」として、労働時間を週52時間に減らす勤労基準法改正案の国会通過を促した。また、文大統領は配達員の過労死などに言及して、「長時間労働と過労を当然視する社会はこれ以上、続けてはならない」とも言った。現行の法定最大労働時間は週68時間だ。

    しかし、首相室・国務調整室の関係者は「国務調整室の場合、昨年の職員の年次有給休暇平均取得日数は8.6日で、政府部処(省庁)で2番目に少なかった」と話している。


    2017/10/18 08:57
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/18/2017101800687.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 脱「過労社会」唱える文政権、演説文担当者が過労で入院[10/18]

    【【さすがブーメラン大国!】脱「過労社会」唱える文政権、演説文担当者が過労で入院】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/20(火) 12:36:24.26 ID:CAP_USER
    韓国大統領府のある幹部は19日、米国で問題発言を行った文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安全保障特別補佐官に対し「韓米関係にプラスにならない」として厳しく警告したことを明らかにした。

    文正仁氏は「北朝鮮が核とミサイルによる挑発を中断すれば、韓米合同軍事演習を縮小できる」という趣旨の発言を行った。

    韓国大統領府は大急ぎで火消しに乗り出し、文正仁氏に警告を行った事実を米国側にも直ちに伝えたようだ。

    ただ文正仁氏の発言が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の意向に本当に反するのかとの質問に上記の大統領府幹部は「きっぱりと断言することはできない」とした上で「数あるオプション(選択肢)の中の一つだ」とも明言した。

    つまり文正仁氏の発言は文大統領の考えと一致はするものの、まだそれを口にする時期ではなかったということだ。

    北朝鮮に挑発行為を中断させるため、「韓米合同軍事演習の中断あるいは縮小」に言及するという非戦略的思考も問題だが、今回のように政権トップの考えが簡単にあからさまになることも通常では考えられないことだ。

    米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」のランチャー4基の韓国搬入が報告されなかったとして、新政権は発足直後からこれを強く問題視したが、その時点で今回のような騒ぎはある程度予見できた。

    4基のランチャーが韓国国内に持ち込まれていたことくらいは関係者なら誰でも知っていたが、文大統領は報告を受けていなかったとしてこれを「衝撃的」と表現した。

    しかも大統領府安保室は知らなかったことを恥じるどころか、逆に政治問題化して関係者の責任を追及している。

    大統領府で文大統領と面会した米民主党のダービン上院議員がこの問題について「理解できない」と発言したところ、大統領府は鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を急きょ米国に派遣しやはり説明に追われた。

    鄭室長は「米国にしっかりと説明し、米国も理解してくれた」とコメントしたが、今度は「トランプ大統領が激怒している」とのニュースが報じられた。そのような中で今回の文正仁氏の発言だ。

    大統領府はTHAAD問題について「韓米首脳会談の主要な議題ではない」としているが、米国のマティス国防長官は「(首脳会談で)解決できるよう努力したい」と完全に食い違ったことを言っている。これら一連の経緯はどれもこれまでの韓米関係では目にしたこともないような状況だ。

    文大統領は先月21日に文正仁氏とホン・ソクヒョン氏の二人の補佐官を任命した際「統一・外交・安全保障政策の基本的な考えや方向性は私と議論して共に決めていきたい」と述べていた。

    ところが文正仁氏は公の席で警告を受け、ホン・ソクヒョン氏は本当に補佐官なのか分からない中、昨日解任に向けた手続きを踏んでいることが伝えられた。

    個人的な問題ですでに辞任した安保室第2次長まで含めると、問題行動を起こした外交・安全保障政策担当者はすでに3人目だ。国を取り巻く厳しい情勢を考えると、大統領府がこのざまで本当に大丈夫かと心から心配になってくる。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/20/2017062001022.html

    引用元: ・【朝鮮日報】不祥事続きの韓国大統領府安保政策担当チーム 本当に補佐官なのか分からないスタッフもいる[6/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【素晴らしい政権ですねw】すでに3人目、問題行動を起こした韓国大統領府安保政策担当者】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:27:53.85 ID:CAP_USER.net
     韓国の軍事独裁政権下で公安当局が在日韓国人らを拷問で「北朝鮮スパイ」にでっち上げた冤罪(えんざい)事件に絡み、
    韓国紙ハンギョレは27日、有罪判決を出した当時の審理に関わった裁判官や、検察官の多数がその後要職を歴任し、
    現在も最高裁長官や国会議員の職にあると問題視する記事を掲載した。

     同紙は、再審で無罪が確定した75のスパイ事件について、審理を担当した裁判官ら計約500人のその後の経歴を調査。
    11人が最高裁判事や議員などの要職にあり、280人が弁護士をしていることが分かった。

     同紙や関係者によると、梁承泰最高裁長官は、1975年に連行され懲役4年が確定後に服役した大阪市の金東輝さん(61)=
    2012年に無罪確定=の1審の陪席裁判官だった。

     与党セヌリ党の前代表の黄祐呂氏(前社会副首相兼教育相)は、死刑判決確定後に減刑、釈放された京都市の康宗憲さん(64)=
    15年に無罪確定=の1審で陪席裁判官を務めた。

    (共同)

    産経ニュース 2016.1.27 22:19
    http://www.sankei.com/world/news/160127/wor1601270060-n1.html

    引用元: ・【韓国】韓国スパイ“でっちあげ”審理の裁判官ら、今も要職に 韓国紙がスクープ えん罪事件の担当者追跡、最高裁判事や議員も[1/27]

    【こんな目に遭っても反日【韓国】韓国スパイ“でっちあげ”審理の裁判官ら、今も要職に 韓国紙がスクープ えん罪事件の担当者追跡、最高裁判事や議員も[1/27]】の続きを読む

    このページのトップヘ