まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:抱川市

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/24(日) 19:30:52.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲京畿抱川市山井湖周りの道に「キム・イルソンの別荘」という案内表示板がたっている。ここに金日成(キム・イルソン)の別荘があったことを証明する資料はないことが分かっている。/チョ・チョルオ記者

    京畿道(キョンギド)抱川(ポチョン)市鳴声山(ミョンソンサン)は中腹にある山井湖(サンジョンホ)で有名だ。いくつかの峰に抱かれた大きな湖を見に多くの人が訪れる。最近、この静かな湖が「金日成(キム・イルソン)の別荘」のせいで騒々しくなった。

    抱川市で54億ウォンをかけて湖一帯にキム・イルソンの別荘を復元し、キム・イルソンの遺物を買い入れる計画をたてた事実が知られて住民たちが大きく反発した。12日午後、訪ねた山井湖の入口には立て札一つが立てられていた。抱川市が数年前に設置した「キム・イルソン別荘」表示板だ。

    案内文には「キム・イルソンの別荘があったこちらは同族間の争い以前には北朝鮮の所有地であった。山井湖と鳴声山の自然景観が優れており、山井湖の形が我が国の地図をひっくり返した形だ、とキム・イルソンが作戦構想のために別荘を作り留まったとされる」と記されている。

    近くに来た観光客キム・テヨル(21)氏は「キム・イルソンの別荘がここにあった、という話は初めて聞いた。あの言葉は事実か疑わしい」と話した。

    山井湖にキム・イルソンの別荘があったという事実を後押しする資料は知らされたものがない。抱川市関係者は「市内部にも関連事実を立証する考証資料は全くない。地域でうわさで伝えられた説」と明らかにした。住民たちの間に伝わるうわさも様々だ。「日帝が湖の管理のために作った事務室をキム・イルソンの別荘に使った」とか「キム・イルソンがこちらを偶然に通って周辺の自然環境に感心し『別荘があったら良いだろう』と一言、言ったのが全部」といううわさもある。「別荘ではなく、偶然一晩寝ただけで言葉が誤って伝わった」という主張もある。

    それでも市では予想事業費54億ウォンを策定し、山井湖周辺に敷地を買いとって「キム・イルソンの別荘」を復元する計画をたてた。キム・イルソン関連遺物も捜し出して買い入れようとした。

    計画が知られるとすぐに住民の抗議が相次いだ。先週までも市庁に毎日数十の抗議電話があふれた。市担当者は「市民が電話して『これは話にならない』と抗議した」と話した。大統領府国民請願掲示板にも反対文が載った。「税金54億ウォンでキム・イルソンの別荘とは」「抱川市キム・イルソン別荘復元反対」などの文だった。

    インターネットでは「キム・イルソンは韓民族、数百万を戦争で死なせた戦犯の首魁」「復旧する価値があるか。むだなことはやめろ」「キム・イルソンを称賛するのか。あきれた」等の反応が相次いだ。

    去る17日には鳴声山の中腹で市民団体会員5人が「護国英霊が号泣する」等の立て札を持って抗議集会をした。論議が強まるとすぐに抱川市は「キム・イルソンの別荘復元を強行しない」と一歩後退した。市は「住民が先に提案して始めることになった事業」とし、「地域経済活性化のために構想することにした」と明らかにした。2000年代に入り山井湖一帯の観光客が急減して住民たちが「キム・イルソンでも関連させて観光客を集めよう」ということだ。
    (中略)

    キム・イルソンを観光コンテンツに関連付けること自体、無理があるという指摘もある。ナム・ソンウク高麗大教授は「キム・イルソンの別荘を生き返らせるという発想は国民感情に合わない」として「時代錯誤的であり無理な発想」と話した。

    朝鮮日報フォーチュン=チョ・チョルオ記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語) 54億入れてキム・イルソン別荘復元推進…袋叩き合う抱川市(ポチョンシ)
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/03/22/2019032200226.html

    引用元: ・【韓国】 54億ウォン投じて金日成の別荘復元を推進する抱川市~別荘の存在示す資料無く地域おこしが目的[03/22]

    【無い資料は作ればいいw【韓国】 54億ウォン投じて金日成の別荘復元を推進する抱川市~別荘の存在示す資料無く地域おこしが目的[03/22] 】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 11:10:46.13 ID:???.net
    わいせつな行為をしたと暴露した50代の女性との間で告訴合戦を繰り広げている京畿道抱川市のソ・ジャンウォン市長が、側近を通じ、
    この女性に9000万ウォン(約980万円)を渡していたという疑惑が浮上した。

    抱川警察署は今月21日、ソ市長の元秘書室長(56)とブローカー(56)を逮捕した。元秘書室長は、ソ市長を強制わいせつ容疑で告訴した
    52歳の女性に対し、ブローカーを通じて9000万ウォンを渡して、警察でうその証言をするよう強要した疑いが持たれている。元秘書室長らは、
    ソ市長のわいせつ容疑を否定し、疑惑が拡大するのを防ぐため、ソ市長と相談することなく女性に金を渡したと供述しているという。

    女性は今年9月、抱川市役所の市長室でソ市長から性的暴行を受けたという内容のメールを知人たちに送り、物議を醸した。これに対し
    ソ市長は、虚偽の事実による名誉毀損(きそん)容疑で女性を告訴し、女性は今月12日に逮捕されたが、ソ市長が告訴を取り下げたため、
    翌日に釈放された。その際に元秘書室長は女性に金品を渡し、名誉毀損を認めるよう教唆した疑いが持たれている。

    だが、女性と家族は再びソ市長のわいせつ容疑について暴露し、告訴している。一方、ソ市長は「わいせつ行為の事実はなく、もみ消しの
    ために女性に金品を渡したことはない」として、捜査機関に対し無実を主張していくと話している。

    抱川=権祥銀(クォン・サンウン)記者

    ソース:朝鮮日報 2014/12/23 09:29
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/23/2014122300936.html

    引用元: ・【韓国】もみけし工作? 抱川市長側近からわいせつ行為を暴露した女性に金品[12/23]

    【どっちもどっちの韓国人 【韓国】もみけし工作? 抱川市長ソ・ジャンウォン市長が側近を通じ、わいせつ行為を暴露した女性に金品[12/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ