まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:抗日

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/14(木) 11:24:29.20 ID:CAP_USER
    |日本、『強弱弱強』帝国主義精神、時は過ぎても内面の奥深くに根
    |経済報復で民族分裂の兆し・・・一丸となってこの戦を勝ち抜こう

    (写真)
    no title

    _________________

    日本の古代史研究者であるキム・ヒョング教授は『日本の物語り』という本で、日本は強い者には弱くて弱い者には強いと述べた。このような日本の属性は帝国主義精神の根源であり、侵略主義根性の根源である。強い者に弱いということは、強い者に勝つためには限りなく強くなければならないという意味を含んでいるのである。日本の兵法書である宮本武蔵の『五輪の書』にも、このような不敗の精神が表れている。この兵法書を一言で要約すれば、一人の敵を倒せれば、世の中の全ての人を倒せるということである。この本には、相手に勝つための戦略があるだけだ。これこそ帝国主義の理論である。相手を倒さなければ自分が倒されるというこの傲慢な強者の理論は、日本社会全般を支配する集団的理念でもある。この強者の論理は、日本が第一次・第二次世界大戦を起こした時によく分かった。日本は戦争中に数多くの虐殺と蛮行を犯していても反省をしない。日本は弱者を徹底的に踏みにじる非人間的行為を当然だと思う集団だからである。

    小説家のパク・ギョンリは『日本散考』で、このように述べた。「日本人には礼を尽くしてはいけない。お世辞を言う弱者として誤解されやすく、そうすれば踏みつけようとする」。弱い者に同情して助けようとすることは、人類の普遍的な情緒である。だが弱者に強い日本人の属性は、人類の普遍的情緒とはかけ離れていると言える。それでパク・ギョンリは、「日本人には礼を尽くしてはいけない」と忠告したのである。

    日帝強占期の朝鮮の最後の総督である阿部信行は解放後に朝鮮を離れ、「今は朝鮮を離れるが、今後朝鮮は日本が残した残滓の中で100年間、日本の支配を脱せないだろう。100年後、日本は再び朝鮮に戻ってくる」と語ったという。この凄まじい発言が事実なのか噂なのかは分からないが、日本人が帝国主義根性を捨てない限り、この言葉の真否はともかく、今我々が日本を警戒しなければならない状況という事実を悟らなければならない。

    最近日本が見せた経済報復措置は、過去に国史で起きた日本との関係を思い起こさせる。1592年に日本は朝鮮の国内政治の混乱に乗じて壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こし、朝鮮を通じて明に進もうとした。大韓帝国時代に日本は再び侵略主義根性を現した。日本は1899年の京仁線の敷設から1904年の京釜線、1906年の京義線、1914年の京原線に至るまで、朝鮮半島で全ての鉄道敷設権を取った後、朝鮮を経済植民地にした。彼らが作った鉄道を使って朝鮮の物資を日本に輸送し、大陸侵略のための軍需物資に活用した。日本は鉄道を建設して近代化の支援をしたという全くデタラメな理論を立てているが、それは彼らの侵略主義を実行するための手段に過ぎない。

    日本は経済侵略と同時に一進会を組織して内部の同調者を作り、これらを中心に親日勢力を養成して自ら我が民族を支配させた。これらが組織した親日勢力は後世まで続いて既得権を形勢しており、今もその勢力を維持している。日本は再び帰ってくるという阿部信行の言葉を借りなくても、我々の社会に深く根付いている日帝残滓がそれを物語っている。日本の経済報復措置が下された状況で、我々の社会は内部の政治問題を解決することができないまま再び国論が分裂して、国会は自分の利権を得るための派閥争いをしている。このような国内の事情を日本政府はどう眺めているのだろうか?

    ソース:国際新聞(韓国語)
    http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=1700&key=20191114.22031005571

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】人文学コラム『抗日という清涼剤』=ファン・ソンヨル(文学評論家)[11/14]

    【まさにレイシスト 【韓国】人文学コラム『抗日という清涼剤』=ファン・ソンヨル(文学評論家)[11/14] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/02(金) 21:15:51.93 ID:CAP_USER
    日本と韓国の対立がますます先鋭化する中、韓国・中央日報は主筆名のコラムで国民に「反日・抗日の言葉を自制しなければならない」と呼び掛けた。コラムは「米国は仲裁に動かない」とも指摘。「残ったカードは日本人の反韓感情を鎮めるだけだ。それでこそ安倍晋三首相の暴走を制御することができる」と訴えた。

    同紙の李夏慶主筆名のコラムは冒頭で「安倍の経済報復はひきょうだ」と日本政府による半導体材料の対韓輸出厳格化や輸出手続きで優遇する「ホワイト国」からの韓国除外を非難。「しかも日本は1941年、米国が石油の輸出をストップすると真珠湾を空襲して太平洋戦争を起こした国だ。輸出規制の衝撃を誰よりもよく知っている。それでも無謀な措置を敢行したのは、韓日関係はもちろん北東アジア安保協力の根幹を揺るがす措置だ」と語気を強めた。

    一方で「米国と欧州の報道機関とシンクタンクは日本の措置を批判しているが、安倍首相は微動だにしない」と説明。安倍首相の核心参謀と深く接触してきた人物の「安倍首相は来年の東京五輪を契機に憲法改正を強行し、戦争できる国にしようとする夢を実現しようとしている。韓国に対する日本国民の世論が最悪のこの時、韓国を強く打って軽々しく行動できないようにして、強い日本をつくろうという考えだ」との伝言を紹介した。

    米国による仲裁の可能性についても「米国もファーウェイ(華為技術)に続き、第4次産業革命の潜在的競争者として5G先導国である韓国をけん制しようという心理があり、安倍を止めないと思われる」と言及。「日本国民の反韓感情と米国の黙認が安倍の武器だ。日本が戦争できる国になって中国を共にけん制する構図は米国にとって悪いものではない。実際、米国は韓国の必死の仲裁要請に沈黙を続けている。米国が韓国側に立ってくれるという期待は非現実的だ」と付け加えた。

    コラムは「残ったカードは日本人の反韓感情を鎮めるだけだ」と強調。「それでこそ安倍の暴走を制御することができる。WTO(世界貿易機関)提訴に行けば有利だが、判定までは数年がかかる。経済報復の火が居間まで迫っているではないか。日本人たちは『韓国が約束を守らないから腹が立つ』と言う。慰安婦合意を破り、1965年韓日協定で終わった強制徴用問題で日本企業を困らせているということだ。韓国が65年体制を崩して新しい局面をつくろうとしているのではないかと疑う。われわれとしては胸のつぶれる思いだが、これが日本国民の感情だ」と続けた。

    その上で「日本人の憤怒指数を低くするためには、反日・抗日の言葉を自制しなければならない」と述べ、「『竹槍歌』『義兵』『国債報償運動』を叫ぶほど反韓・嫌韓感情だけを大きくして安倍の暴走に力を与える。腹が立っても耐えて外交的解決法を模索しなければならない」と論じた。
    Record china
    2019年8月2日(金) 17時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b734079-s0-c10-d0059.html
    ★1 2019/08/02(金) 18:54:23.86
    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1564739663/1-

    引用元: ・【韓国紙】「反日・抗日の言葉自制を」、「日本国民の反韓感情と米国の黙認が安倍首相の武器」と訴え★2[08/02]

    【断言するけど絶対無理 【韓国紙】「反日・抗日の言葉自制を」、「日本国民の反韓感情と米国の黙認が安倍首相の武器」と訴え★2[08/02] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/14(木) 17:56:19.32 ID:CAP_USER
    朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が100年前の三・一運動から最近の「#MeToo(ハッシュタグミートゥー)」運動まで女性が抵抗の主体である歴史的事件が続いていると述べた。

    朴市長は14日午後、ソウル女性プラザで開かれた「2019ソウル市女性リーダー新年会」に参加して「多くの女性が抵抗の主体として独立運動(三・一運動)に参加し、今日の大韓民国に至ることになった」とし、その精神は1987年民主化運動、2016~2017年ろうそく集会、今でも続いている#MeToo運動につながっている」と明らかにした。

    朴市長は、「その間韓国社会は国を守り、作ってきた数多くの女性をまともに記憶していない」として「女性の記憶で歴史を作り、女性の歴史で未来を作るソウル市長になりたい」と強調した。

    朴市長はこの席でソウル女性プラザ2階の性平等図書館に設置された「ソウル市性平等アーカイブ」の正式ローンチを宣言した。アーカイブは韓国社会の両性平等を牽引した人物と事件の記録を保管する。

    また、「経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も大きな性別間賃金格差問題を解決することに挑戦してみたい」とし、「賃金格差の実態を把握して代案をつくる差別調査官と性別賃金格差改善委員会を設置し『両性平等賃金公示制』を導入する予定」と付け加えた。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<ソウル市長「100年前の抗日独立運動の精神、#MeToo運動につながった」>
    https://japanese.joins.com/article/247/250247.html

    関連スレ:【見えるかい?の像】独立運動の精神たたえる「女性像」設置 ソウルで除幕式[2/8]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549618548/

    引用元: ・【韓国】 ソウル市長「100年前の抗日独立運動の精神、#MeToo運動につながった」[02/14]

    【ベトナム人の目を見て言ってみろよ【韓国】 ソウル市長「100年前の抗日独立運動の精神、#MeToo運動につながった」[02/14] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/13(日) 23:50:21.82 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ムン・ヒョンチョル記者自画像。予備役陸軍少佐出身のムン記者は軍事文化コラムニストとして活動中。

    今年は大韓民国臨時政府樹立100周年だ。偶然にも日本は昨年末、自国の海上自衛隊の哨戒機に対し公海上で韓国海軍が照準したとし、先制攻撃を加えている局面だ。もしかしたらムン・ジェイン政府で強調される「抗日民族精神鼓吹」に不快だった「本心(本音)」を表わすための誘い球を投げたのかもしれない。

    煮えたぎる対日感情を静かで冷静な言葉と文で対応し、国際的な呼応と支持を得なければならない状況だが、私たちのぬるま湯感性に訴えるようだ。今月9日封切られた映画「マルモイ」はこの様な問題を如実に見せる。この映画は日帝強制占領期間に韓国語を守るために献身した朝鮮語学会検挙事件を土台に作られた。

    朝鮮総督府は1942年10月から朝鮮語辞典を作って韓国語と文字を守ろうとした朝鮮語学会会員および関連人物を検挙し裁判に回付し始めた。劇中では実際に存在しなかった京城第1中学の学生たちが日王のために日本軍に支援する姿が出てくる。植民地朝鮮に対する日帝の収奪を劇的に見せるためと考えられるが、これは事実ではない。

    日本が朝鮮人を日本軍(陸軍に限る)として募集したのは1938年2月26日付朝鮮総督府官報に公開された勅令第95号「陸軍特別志願兵令」だったが、これは17才以上の朝鮮人を募集対象にした。二等国民だった朝鮮人を信頼できなかったので志願者はかなり難しい書類を提出しなければならなかった。

    徴兵猶予対象だった大学・専門学校、中学生(当時5年制)が戦線に引きずられて行くことになったのも1944年、事実上強制徴集だった学徒特別志願兵制度が朝鮮でも施行されてからだ。だからこの様な映画の誤った歴史配信は日本に言葉尻を捕えられるだけで、国際的な呼応や支持はより一層遠ざかる。

    映画界だけでなく、国防部をはじめとする政府当局も冷静な頭で日本と対抗するつもりはないように見える。日本自衛隊側と哨戒機照準論議について説明したチェ・ヒョンス報道官も日本政府に対する初期対応に未熟な姿勢を見せた。

    日本防衛省は昨年12月21日YouTubeを通じて私たちの海軍と海上自衛隊哨戒機の交信内容を公開した。注目点は自分たちを「海上自衛隊(JMSDF)」でなく「日本海軍(JAPAN NAVY)」と称した点だ。

    日本憲法は軍の保有を禁止している。だから軍を連想させる歩兵、砲兵、工兵など兵科名も普通科、特科、施設科と呼ばなければならない。日本海上自衛隊が自国の憲法に違反しながら隣国に対しごり押し脅威を行う底意が何か問い質すべきであった。

    特に軍事専門記者出身の彼女は去る2013年、南スーダン平和維持軍として派兵されたハンビット部隊が日本陸上自衛隊から弾薬支援を受けた背景を明確に説明出来ない国防部の先例をよく知っているだろう。これと共に去る2016年7月、日本陸上自衛隊が自衛隊法が施行された1954年でなく1950年に創設年度に変更した事件も大枠で一緒に悩むべきであった。

    冷静な論理より既知の問題に対する消極的で感情的な対応を国内外メディアに話したのなら、報道官としての責務をおろそかにした、という非難は避けがたいだろう。

    冷静な論理と言葉を通じて、私たちは対日問題を国際社会に引き出す「21世紀抗日レジスタンス」を広げるべきではないだろうか。

    ムン・ヒョンチョル記者

    ソース:メトロ新聞(韓国語) [専門記者コラム]臨時政府樹立100周年「21世紀抗日レジスタンス」広げよう
    http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2019011300091

    引用元: ・【韓国】 臨時政府樹立100周年の今年「21世紀抗日レジスタンス」を広げよう~冷静な言葉で国際的な支持を得るべき[01/13]

    【韓国が独立した事知らないんですか? 【韓国】 臨時政府樹立100周年の今年「21世紀抗日レジスタンス」を広げよう~冷静な言葉で国際的な支持を得るべき[01/13] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/17(日) 15:13:42.01 ID:CAP_USER
    no title


    日帝の侵略に反対し国権回復と独立を目的に作った「抗日音楽」を紹介する音楽会が開かれる。

    民族問題研究所は18日ソウル江北区江北文化芸術会館で「抗日音楽会―再び歌う独立の歌」を開催すると17日明らかにした。民族問題研究所と近現代史記念館が主催しソウル市と江北区などが後援する。

    今回の音楽会には「光復軍アリラン」「アン・ジュングン獄中歌」「鴨緑江行進曲」「これから行進曲」「牧童歌」等抗日音楽11曲が演奏される。

    音楽会は「亡国の恨」「独立の夢」「子供たちは育って」「解放の歌」等、国権剥奪から独立まで独立運動史の流れにより構成される。

    去る8月、民族問題研究所が企画しノ・ドンウン中央大名誉教授が執筆した<抗日音楽330曲>に含まれた曲に対する解釈も提供する。

    歌手チャン・サイク氏とインディバンド・ノブレーン、トゥレソリ合唱団、「喜びのアリラン」ミュージカル公演団、江北区立女性合唱団などが参加する。

    主宰側は「今回の音楽会は抗日の歌を復活させ、祖国の独立のために戦って倒れて行った無名勇士らの忠実な気持ちを忘れずに受け継ごうという趣旨」として「これを契機に抗日音楽が学校や兵営などで広く歌われることを望む」と明らかにした。

    これに先立って主宰側は国防部に軍楽隊が今回の音楽会に出演できるよう支援を要請した。しかし、国防部は「年末にすでに予定された支援日程が多くて軍楽隊の出演は難しい」と回答した。

    ソース:京郷新聞(韓国語) 「また歌う独立の歌」抗日音楽会開催・・・国防部軍楽隊は出席できなくて
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201712171305001&code=910302

    引用元: ・【韓国】 「抗日音楽を学校や軍隊で歌って欲しい」~「再び歌う独立の歌」抗日音楽会ソウルで開催[12/17]

    【【日本へのヘイトですよ】 ソウル市などが後援で「抗日音楽会」抗日音楽11曲が演奏される】の続きを読む

    このページのトップヘ