まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:技術

    1: まぜるな!キケン! 2019/09/18(水) 15:22:40.52 ID:CAP_USER
    ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊の産業技術流出捜査チームは17日、ソウル市鍾路区のSKイノベーション本社を家宅捜索した。LG化学が今年5月、産業技術流出防止および保護に関する法律違反などの疑いでSKイノベーションと人事担当社員らをソウル地方警察庁に刑事告訴したことを受けた動きだ。LG化学は今年4月、SKイノベーションをバッテリー技術に関する営業秘密侵害の疑いで米国際貿易委員会(ITC)と米連邦裁判所に提訴したのに続き、韓国でも非公開で刑事告訴した。

     LG化学は「競合社の行き過ぎた人材引き抜きの過程で重要技術と営業秘密が大量に流出し、これ以上放置できない状況となり、捜査を依頼した」とし、「SKイノベーションは採用面接過程でLG化学の詳細な技術について尋ねるなど、組織的、計画的に営業秘密を盗んだ」と主張した。

     これに対し、SKイノベーションは「(LG化学出身の)人材採用は残念だが元々志願者が多かった。(技術流出については)最先端バッテリー素材であるNCM811を世界で初めて開発するなど、自社の技術力の優秀さを証明する客観的資料や根拠があふれている」と反論した。そして、「訴訟による損失と人的・経済的苦痛は非常に大きく、対話による解決意思を尊重してもらいたい」と呼び掛けた。SKイノベーションはLG化学の提訴に対抗し、6月にソウル中央地方法院に名誉毀損の損害賠償請求訴訟を起こし、今月初めには米国でITCと連邦裁判所に特許侵害でLG化学を逆提訴した。

    アン・ジュンホ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/18/2019091880015.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/09/18 09:21

    引用元: ・【朝鮮日報】「バッテリー技術流出」対立激化、LGの告訴でSKを捜索[9/18]

    【盗人同士が盗んだ技術で争ってる 【朝鮮日報】「バッテリー技術流出」対立激化、LGの告訴でSKを捜索[9/18] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/09/07(金) 22:45:40.58 ID:CAP_USER
    「韓国のロケット技術、10年後には先進国と肩を並べる」
    2018年09月07日13時29分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    ユーリ・アルジュマニャン氏

    「政府の支援と宇宙技術企業がうまくかみ合ってこそ宇宙技術も早く発展する」。6日に羅老(ナロ)宇宙センターで会ったロシア企業S7スペースのユーリ・アルジュマニャン顧問(66)はこのように語った。アルジュマニャン氏はこの日、羅老宇宙センター宇宙科学館で開催された韓国航空宇宙学会主催の宇宙ロケットシンポジウムで出席し、ロシアのロケット開発経験に対して講演した。以下は一問一答。

    --S7スペースについて紹介してほしい。

    「商業衛星打ち上げサービスを提供している。私が担当する分野はロケットインフラ開発だ。ロケット打ち上げのためには発射台など各種設備が必要だが、これを設計して作る」

    --羅老宇宙センターを見た感想は。

    「韓国はロケット試験および発射技術で大きく進展した。韓国のロケット技術は1970年代のロシアの技術レベルと評価する。しかし10年後には先進国と肩を並べるほど速いペースで発展している」

    --ロケット開発初期の韓国に助言してほしい。

    「ロケットを開発をする前に使用目的を明確にしなければいけない。どのような物体を打ち上げるかだ。衛星も用途によって気象および軍事用に分かれる。それによって異なるロケットの開発が必要だ。どれほど頻繁に打ち上げるかも考える必要がある。このような考慮なくロケットを開発しても使用できず、博物館に展示することになるかもしれない」

    --スペースXを含む再使用ロケットが世界的なトレンドだが。

    「再使用ロケットはまだ経済性を確保できないモデルだ。経済性を持つためには少なくとも20回以上は再発射をしなければいけない。発射する衛星などを十分に確保できなければ再使用が可能でも倉庫に保管しなければいけないが、長く保管すれば再使用できない」

    --10月末にここで試験発射が行われる予定だ。

    「ロケット開発の過程ですべての国が失敗を経験している。中国に危機は機会だということわざがある。ロシアも宇宙開発過程で多くの失敗を経験した。銘記すべきことがある。立ち止まってはいけないということだ」

    https://japanese.joins.com/article/896/244896.html?servcode=300&sectcode=330

    引用元: ・【韓国】韓国のロケット技術、10年後には先進国と肩を並べる

    【何回目の「10年後」? 【韓国】韓国のロケット技術、10年後には先進国と肩を並べる 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/02/18(日) 09:42:01.55 ID:CAP_USER
    no title



    「ネズミの婿選び」という韓国の昔話がある。ネズミの夫婦が年老いてから得た娘をこの世で最も立派な存在に嫁がせようと考えた。お天道様に聞くと「私を隠してしまう雲がいい」と言い、雲は「私を飛ばしてしまう風の方がましだ」と言った。そして風は「私がどんなに強く吹いてもびくともしないものがある。それは恩津弥勒(みろく)だ」と答える。

    恩津弥勒は「論山灌燭寺石造弥腕菩薩(ぼさつ)立像」の別称だ。灌燭寺が位置する忠清南道論山市灌燭洞一帯がその昔、恩津面に属していたことから、こうした名前が付けられた。

    高さ18.12メートルと国内最大規模の石仏は、前から見上げると、花こう岩が与える雄大さとどんな嵐にも負けない威風堂々とした姿が感じられる。高麗時代初めの968年(光宗19年)、国家を挙げた支援の下、当代の彫刻職人だった僧侶慧明が手掛けた。

    別名「巨人仏像」とも呼ばれ、論山陸軍訓練所に入所する新兵の家族はもちろんのこと、数多くの信徒が訪れる恩津弥勒がようやく55年目にして宝物から国宝に昇格される。文化財庁は、宝物第218号の同仏像を2月13日に国宝として指定予告した。

    恩津弥勒が宝物に指定されたのは1963年のことだ。韓国人の愛を一身に受けてきた仏像は、今になってなぜ国宝として指定されることになったのか。

    文化財の指定と昇格は、原則的に遺物の持ち主が申請することで審査が成立する。恩津弥勒を所有していた灌燭寺が、国宝昇格の申請をしなかったことが最大の理由だ。しかし、この他にも事情はある。恩津弥勒はその奇妙な顔つきのため、長い間「低評価」されてきた。

    頭と手が大き過ぎるほか、体つきもずんぐりしているため、最近の感覚ではお世辞にもスマートな体型とは言えない。頭より長い円筒状の宝冠をかぶっている点も、一役買っている。広くて平らな顔に土俗的な目鼻立ちをしていることから、「不細工な仏像」と呼ぶ人もいる。

    実際に美術史では、三国時代と統一新羅時代の精巧で洗練された仏像に比べると「高麗時代に入って仏像の造形美と制作技術が後退したことを物語るケース」といった考察もある。

    ところで最近になって「再評価」する動きが高まりを見せ始めた。これまでは、統一新羅時代の石窟庵が仏像の美的基準とされてきたが、果たしてこれが全ての時代に通じるものなのか。

    精製と理想の美しさを追い求めたのが統一新羅の美的感覚だとすれば、これとは正反対の恩津弥勒は「型破りで大ざっぱ」という新しい時代の美的感覚を代弁しているのではないか。

    仏教美術専門家で文化財委員の竜仁大学のペ・ジェホ教授は「一つの岩で一つの仏像を作り上げた新羅時代とは違い、大きな三つの岩で巨大な仏像を積み上げた技法は非常に新しく、アバンギャルドな発想だった」とした上で「灌燭寺の仏像は、忠南扶余の大鳥寺石造弥勒菩薩立像など当代の多くの仏像に影響を及ぼした一つの規範となった」と説明する。

    また、ペ教授は「衣装の裾を細かく見ると、風でわずかになびくようなリアルな技法も見受けられる」と表現する。制作者の技術が低かったわけではなく、意図的に制作した可能性があるという話だ。文化財庁は「独創性と完全性に優れ、国宝に昇格する価値は十分」と発表した。


    2018/02/18 05:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501051.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501051_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 ついに国宝指定 不細工な「恩津弥勒」 制作者の技術が低かったわけではなく意図的に制作した可能性 [02/18]

    【【朝鮮日報】 ついに国宝指定 不細工な「恩津弥勒」 制作者の技術が低かったわけではなく意図的に制作した可能性 [02/18] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/03/07(水) 11:52:43.69 ID:CAP_USER
    慶南地方警察庁国際犯罪捜査隊は6日までに、ドラム式洗濯機のモーター設計図面を中国に流出させた上、モーター生産に必要な設備の現地への設置を助けるなどしていた研究員2人を逮捕し、技術流出に協力した研究員3人を立件した。

    主犯格のA容疑者(57)は、2015年1月ごろ、ドラム式洗濯機の高効率モーターを生産する中堅企業の中国現地法人の研究所長として在任中、重要な技術資料と設計図面を流出させた疑い。A容疑者は本来の年収の2倍に当たる1億6000万ウォン(約1600万円)と住宅、自動車などを中国企業から提供された。

    同じ会社の別の研究員は、15年2月にコンピューターのファイル5918件を無断で持ち出し、中国メーカーの工場に設備を設置し、3億ウォンを受け取った疑いが持たれている。

    流出した技術は、世界最高レベルで、流出元の韓国企業が2003年から独自開発したものだ。10年間に開発費用として数百億ウォンを費やした。警察は「この技術で生産した洗濯機モーターは、韓国の大企業に納品され、一時国内シェア80-90%を占めた」と説明した。

    中国メーカーは入手した資料に基づき、同様の製品を生産し、韓国の大企業に納品しているとされる。


    2018/03/07 11:48
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/07/2018030701174.html

    引用元: ・【韓国】 洗濯機モーター技術を中国に漏えい、5人検挙 [03/07]

    【【韓国】 洗濯機モーター技術を中国に漏えい、5人検挙 [03/07] 】の続きを読む

    1: 鴉 ★ 2017/11/28(火) 00:44:53.14 ID:CAP_USER
    今年最高のモバイル技術「サムスン・ギャラクシーノート8」
    [韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    人工知能(AI)アシスタント「ビクスビー(Bixby)」を適用したサムスン電子スマートフォンのギャラクシーノート8が今年最高のモバイル技術に選ばれて大統領賞を受ける。首相賞はワイズナット(WiseNut)のAI基盤のチャットボットソリューション「ワイズアイチャット(WISE iChat)」が占めた。

    科学技術情報通信部は26日、このような内容の「第17回モバイル技術大賞」の選定結果を発表した。科学技術情報通信副長官賞はファウント(Fount)が開発したロボットアドバイザー資産管理ソリューション「オーシャン(Ocean)」、ウリン(WooRin)の携帯用折り畳み式キーボード「ウィーキーポケット(Wekey Pocket)」、サムスン電子のモノのインターネット(IoT)統合プラットホーム「アーティック(ARTIK)」が受けた。

    情報通信技術(ICT)分野国内最高権威のモバイル技術大賞はモバイル産業競争力を高めるために2001年に制定された。科学技術情報通信部が主催して韓国情報通信振興協会と韓国経済新聞社が共同主管する。
    http://s.japanese.joins.com/article/869/235869.html?servcode=300&sectcode=320

    引用元: ・【中央日報】今年最高のモバイル技術=「サムスン・ギャラクシーノート8」

    【【ゴミすぎるw 】今年最高のモバイル技術=「サムスン・ギャラクシーノート8」 【中央日報】】の続きを読む

    このページのトップヘ