1: まぜるな!キケン!! 2021/08/19(木) 17:29:03.61 ID:CAP_USER
 韓国企業が従業員に支給する賃金と所得税、社会保険料を差し引いた手取り額の差が過去10年間で約50万ウォン増えたことが分かった。

 韓国経済研究院が従業員数300人以上の企業の月平均賃金を分析した結果、昨年の平均支給額は575万ウォン(約53万5000円)だったが、従業員は社会保険料(98万ウォン)、勤労所得税(42万ウォン)を差し引かれ、手取り額は435万ウォンだったことが分かった。2010年当時は賃金449万ウォンから勤労所得税(25万ウォン)、社会保険料(67万ウォン)を差し引き、手取り額は357万ウォンだった。企業の賃金支給額と手取り額の差は10年間で92万ウォンから140万ウォンに拡大したことになる。

 これは賃上げのペースに比べ、社会保険料、勤労所得税の負担が急速に増加したためだ。勤労者の給与手取り額が2010年以降、年平均2%に増加にとどまる間、勤労所得税は年平均5.3%増加した。国民年金、健康保険料、雇用保険料はそれぞれ負担が2.4%、5%、7.2%増えた。

 同院のチュ・グァンホ経済政策室長は「企業の賃上げ率は物価上昇率(年平均1.5%)を上回っているが、天引きされる金額が多いため、勤労者の体感所得は増えていない」と指摘した。

金康漢(キム・ガンハン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/08/19 14:59
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/19/2021081980046.html

引用元: ・【朝鮮日報】韓国のサラリーマン、月給575万ウォンで手取りは435万ウォン…何を引かれているのか [8/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]

【そしてチキン屋へ… 【朝鮮日報】韓国のサラリーマン、月給575万ウォンで手取りは435万ウォン…何を引かれているのか [8/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む