まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:戦犯企業

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/26(水) 11:47:07.20 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本のK-POPガールズグループNiziUのリマが、戦犯起業家の曾孫という議論に苦しんでいる。
    _______________________________________________________

    「日本の戦犯企業の曾孫が、K-POP(Kパプ)ガールズグループのメンバーだって?」

    日本の某芸能メディアは今月25日、、ガールズグループNiziU(ニジュ)のメンバーのリマの父であり日本の有名ラッパーであるZeebra(チブラ)の不倫を報道した。これを相次いで報道した多数の国内(韓国)メディアは、ガールズグループとしてデビューしたばかりの娘、リマにも『火の粉が飛んだ』と伝えた。

    ‘『本当の火の粉』は、別の場所で起きた。Zeebraの不倫を独占報道した日本のメディアは彼を説明する際、『戦争成金』である起業家の故・横井秀樹の『孫』と称したからである。

    故・横井秀樹は『横井産業』の創業者で、第二次世界大戦当時に軍需物資を納品して得た利益で不動産や海運業に投資して、事業を起こした人物である。日本でも別名『戦争成金』で称されている。彼はラッパーZeebraの母方の祖父であり、『NiziU』のリマには母方の曽祖父となる。

    この事実が伝わると、各種K-POP関連コミュニティーのネチズンたちは、「戦争物資を調達した戦犯起業家の子孫がK-POPガールズグループのメンバーだなんて・・・、情緒的に受け入れられない」と非難の声を吐き出している。

    一部からは、「連座制という旧時代的発想で、祖父の過去の行跡のせいで子孫が被害を受けるのが当然なのか」という懸念の声もある。

    K-POPはグローバル基盤のジャンルとして拡張・発展してきたが、特に国内ファンが受け入れられない問題は、反日感情に関連する議論である。嫌韓日本人ユーチューバーとの親交疑惑で困惑したNCT 127のユタ、『ヘイセイ』という日王の年号に言及したという理由で非難を受けたTWICE(トゥワイス)のサナの場合も同じである。

    スターはイメージが命である。まだ正式デビューをしていないガールズグループ『NiziU』の今後の国内活動が、今回の議論によって過酷になるのは必至だ。

    ソース:スポーツ京郷(韓国語)
    http://sports.khan.co.kr/entertainment/sk_index.html?art_id=202008260853003&

    引用元: ・【韓流】「日本の戦犯企業の子孫がK-POPガールズグループ?」・・・『NiziU リマ』への不快な視線[08/26] [ハニィみるく(17歳)★]

    【差別楽しんでんじゃないよレイシスト野郎 【韓流】「日本の戦犯企業の子孫がK-POPガールズグループ?」・・・『NiziU リマ』への不快な視線[08/26] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/31(月) 08:59:00.46 ID:CAP_USER
    no title


    [アンカー]安倍総理が辞任を決めましたが、ポスト アベ候補たちでも責任回避と歴史歪曲は続くと見られる中、強制徴用問題も依然として平行線を走っています。ところで46年前、戦犯企業に向かって爆弾を投げ反省を促した日本人たちの話を扱った映画が最近封切られました。イム・ソイン記者です。

    [レポート]1974年8月30日の三菱を始まりに三井物産、間組など日本主要企業の爆破事件が相次ぎました。事件を起こしたのは日本の大学院生や会社員などが作った団体。

    「三菱重工業を爆破したのは東アジア反日武装戦線<狼>だ。」

    最悪のテロ集団と規定され日本社会から冷遇されましたが、映画は監獄に収監中の当事者と周辺の人々の行跡を追って彼らが爆弾をさく烈させた理由に注目します。

    内田雅敏/弁護士「当時の日本社会は戦争の問題についてすでにすべて終わったと認識していました。彼らはその時まで全く提起されなかった企業の戦争責任を問うて企業を爆破しました。」

    しかし、彼らが強制徴用など犯罪を犯した企業に一撃を加えようとしたこととは別に、「テロ」という極端なやり方には問題を提起します。

    キム・ミレ/監督「善意でしたことでも後から振り返ってみれば誤りということがある。重要なのはそのような誤りをどのように自覚してどのように省察するのか…」

    戦後日本社会に反省のメッセージを投げたと同時にまた別の加害者になった彼らの話、今日、加害と省察について重い質問を投げます。

    TV朝鮮イム・ソインでした。

    ソース:TV朝鮮(韓国語)日戦犯企業に爆弾さく烈させた日本人たち…"責任を問いたかった"
    http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2020/08/30/2020083090014.html

    関連スレ:【韓国映画】 戦犯企業連続爆破、反省しない日本を攻撃したのは日本人だった~映画『東アジア反日武装戦線』[08/23] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598189349/

    引用元: ・【韓国映画】 戦犯企業に爆弾投げた日本人たち『東アジア反日武装戦線』~監督「たとえ善意でしたことでも・・・」[08/30] [蚯蚓φ★]

    【無辜の民間人を大量虐殺【韓国映画】 戦犯企業に爆弾投げた日本人たち『東アジア反日武装戦線』~監督「たとえ善意でしたことでも・・・」[08/30] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/31(金) 19:27:44.94 ID:CAP_USER
    日戦犯企業の資産売却現実に
    アベ昨年より大きな報復予告

    先日、京畿道坡州にあるシムハクサン(尋鶴山)に登山に行った。山のふもとにある薬泉寺というお寺に立ち寄っところ突然、日本語が聞こえてきた。40代と見られる中年の日本女性3人だった。その日本女性たちは法堂の片隅に置かれた位牌の前で合掌しプレゼントと手紙を置いた。
    位牌の主人公は10年前に亡くなったタレント、パク・ヨンハだった。ドラマ「冬のソナタ」の主人公の1人である彼を忘れられず、坡州の山の中まで訪ねてきたのだ。

    2000年代、日本を強打した「韓流ブーム」は1998年10月当時、キム・デジュン大統領の日本文化開放措置によってその基盤が築かれた。「倭色」という美名の下に光復後、何と50年以上遮断された歌謡、映画、漫画など日本の大衆文化の国内流入を可能にしたのだ。

    かんぬきを開けるとすぐに「文化庚戌国辱」という批判があちこちで相次いだ。だが、故キム・デジュン元大統領は私たちの文化コンテンツの競争力を高めるには市場を開いて競争しなければならない、と対抗した。結果は韓日両国の「ウィンウィン」だった。もう少し正確に言えば私たちの勝利であった。日本列島を強打した韓流ブームは2000年代以後、私たちの文化コンテンツのグローバル市場進出の基礎を築いた。もちろん、経済的にも莫大な実益を得た。

    20年異常過ぎた今日、韓日両国は極極対立の崖っぷちでお互いをにらんでいる。直ちに大きな変曲点は来る8月4日だ。その日、0時から私たちの裁判所は日本戦犯企業の資産差し押さえに対して強制売却後、現金化命令を下すことができる。日本政府は「すべての選択肢を考慮する」として強硬な報復措置を予告した。わが政府は「ソプチャン(素材・部品・装備の略)シーズン2」で正面対応する、と対抗している。

    過去1年間、韓国企業が日本の輸出規制によく耐えたとし、今後も妥協なしに私たちの行く道を黙々と進むということだ。だが、財界の内心は違う。日本産依存度が高いシリコンウェハーやOLED材料などに対して日本が第二次輸出報復措置をしないか心配している。

    強制徴用判決が司法イシューであることは明らかだが、「難題を解く」という信念で対話の出口を開けばいくらでも解決法を求めることができる。現在の国会には韓日企業と国民の自発的寄付で財団を作って被害者に慰労金を支給する1+1+α(アルファ)特別法が発議されている。ムン・ヒサン前国会議長が昨年発議したが、被害者の反対で国会を通過できず21代国会開会後、ユン・サンヒョン元国会外交通商委院長が再び発議した案だ。日本政界も歓迎したし、私たち国民も賛成世論がさらに多かった提案だけに政府と国会が積極的に取り組んで被害者を説得していかなければならない。

    ムン・ジェイン大統領は何日か前、在外同胞らと映像懇談会を開いた席でナム・ガンピョ駐日大使に「私たちが日本から支援を受けた点に対し感謝をよく伝えてほしい」と言った。コロナ19事態で海外滞留国民を帰国させる過程で日本と協力がなされたことに対する感謝の表示であった。こんな小さい感謝と信頼が積もれば、チキン ゲームに突き進む両国関係に明らかな新しい転機を作ることができる。

    日本が国連安全保障理事会常任理事国になるべく外交的に支援し、代わりに我が国が主要7ヶ国(G7)拡大に参加できるように支援してほしいと日本に要請してみよう。コロナ19事態による市場の不安を解消するために韓日通貨スワップも再び締結できる。

    過去の歴史を反省しない日本に免罪符をくれようというのではない。私たちが主導的に関係復元に出れば、かえって日本を恥ずかしくさせることができる。

    ムン大統領は昨年末、韓日首脳会談の時、両国関係を「しばらく気まずいことがあっても決して遠ざかることができない間」と規定した。外交では名分よりは国益を先に確かめなければならない。すべての経済指標がマイナス成長を持続している今時の状況では特にそうだ。

    [チェ・スファン政治部長]
    no title


    ソース:毎日経済(韓国語)[メギョンデスク]しばらく不便でも遠ざかることはできない間
    https://www.mk.co.kr/opinion/columnists/view/2020/07/782886/

    ※前スレ
    【韓国】 日本戦犯企業資産売却、私たちが主導的に関係復元に乗り出せば日本が恥ずかしくなる[07/31] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1596178919/

    引用元: ・【韓国】 日本戦犯企業資産売却、私たちが主導的に関係復元に乗り出せば日本が恥ずかしくなる★2 [07/31] [新種のホケモン★]

    【絶対に出来ないだろお前たちには。 【韓国】 日本戦犯企業資産売却、私たちが主導的に関係復元に乗り出せば日本が恥ずかしくなる★2 [07/31] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/02(水) 15:27:46.20 ID:CAP_USER
    no title

    ▲戦犯企業および関連企業

    「三菱のような戦犯企業はそうかもしれないが、トヨタ、ホンダ、日産のような企業等はなぜ不買リストに含まれたのか」(国内日刊紙記事)
    「ホンダとトヨタが戦犯企業?戦犯企業にトヨタはない」(インターネット ポータル カフェ文)

    インターネットで「トヨタ自動車 戦犯企業」を検索すると各種記事やブログ、カフェ文が出てくる。しかし、インターネットの情報だけではトヨタ自動車が戦犯企業なのかどうか判断するのは難しい。さらに公信力を備えた報道機関の記事でも様々な解釈がある。

    トヨタ自動車は戦犯企業と見なすべきか。それとも誤った情報で戦犯企業にされている平凡な日本企業であろうか。ビジネスウォッチ[戦犯企業ファクトチェック]シリーズが検証したトヨタ自動車の戦犯企業可否に対する答えは「イエス」だ。

    国務総理室傘下「対日抗争期、強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」が2016年に発刊した委員会活動結果報告書にはトヨタ自動車の前身、トヨタ自動車工業で労務者生活を強要された被害者をはっきりと発見できる。

    パクOOは日帝によって強制動員され、1944年1月17日から1945年8月解放まで日本愛知県トヨタ自動車(株)挙母工場で労務者の生活を強要され帰還した被害者に決定する。キムOOは日帝によって強制動員され、1943年頃から1945年頃まで日本、愛知県トヨタ自動車工業(株)で労務者の生活を強要された被害者に決定する。(対日抗争期委員会活動結果報告書-被害者名簿で抜粋)

    それだけでなくトヨタ自動車工業の前身「トヨタ織機」は1930年代、株式会社に変わる際、資本出資した1カ所が代表的戦犯企業三井グループだ。トヨタ織機でトヨタ車とともに派生してできた系列会社トヨタ製鋼(現愛知製鋼)も労務者強制動員の足跡が明確に残っている戦犯企業だ。

    戦犯行為があった太平洋戦争当時のトヨタグループは敗戦後、連合国最高司令部(GHQ)により解体された。当時の多くの日本の財閥のように。そして現存する企業は名前も変わって持分上、連結の輪も一般的意味のグループまたは系列会社と見ることは難しいほど相当数薄められた。しかし、名前が変わって持分関係が変わったとしても、過去の戦犯行為まで消すことはできない。

    トヨタ自動車は戦犯企業トヨタ自動車工業が現存する姿だ。

    [戦犯企業ファクトチェック]シリーズが扱った三菱・三井など16の企業(グループ)は私たちになじみ深い。しかし、今回のシリーズで扱うことが出来なかった企業はもっと多い。特に私たちが知っている戦犯企業名簿は文字通り「最小限の名簿」だ。強制動員したとしても被害者が企業名を正確に知らないなど関連証拠が不足して戦犯企業可否を判断しにくいところが多いからだ。
    (中略)

    戦犯企業名簿は永久不変ではなく変わることを認識しなければならない。新しい強制動員の証拠が登場し戦犯企業になることはありうる。また、すでに戦犯企業と知られた企業が買収合併、分社、売却などをたどりながら変化することもある。だからチ ン・ヘギョン研究委員は戦犯企業ではなく現存企業が重要と強調した。戦犯行為と関連する企業が現在、どんな形態で残り企業活動しているかを把握しなければならないということだ。

    戦犯企業は自身の行為を認めず、過去と現在の企業は異なると主張する。認めないから謝罪もない。しかし、私たちは彼らが誰なのか、どこからきたのか知っていなければならない。これからどのように変化するのかに注目しなければならない。「過去の三菱と現在の三菱は違う」という彼らに私たちができる最小限のことだからだ。
    [シリーズ終わり]

    キム・ポラ記者

    ソース:ビズウォッチ(韓国語)[戦犯企業ファクトチェック]⑩エピローグ-私たちの課題は
    http://news.bizwatch.co.kr/article/policy/2019/09/30/0007

    関連スレ:【韓国】 LG化学とSKイノのバッテリー訴訟合戦に日本戦犯企業・東レが参入「漁夫の利」狙う[10/01]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569909695/
    【韓国】 戦犯企業・鐘淵紡績をルーツに持つカネボウ化粧品とクラシエはどちらも戦犯企業[09/30]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569913559/

    引用元: ・【韓国】 トヨタは戦犯企業か?答えはイエス~まだまだ知られていない戦犯企業が多い[10/02]

    【全部の企業戦犯にしとけや 【韓国】 トヨタは戦犯企業か?答えはイエス~まだまだ知られていない戦犯企業が多い[10/02] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/22(火) 00:35:36.97 ID:CAP_USER
    no title

    ▲蔚山市(ウルサンシ)南区の東西石油化学で死亡事故が発生した。/ニューシス

    蔚山(ウルサン)に位置する東西石油化学で残念な産業現場死亡事故が発生した。そうでなくても反日感情が高まった時期に、日本戦犯企業系列の会社で死亡事故が発生し、より一層苦々しさをかもし出している。

    事故が発生したのは19日午後2時頃。東西石油化学によれば、重さ0.3トン相当の設備部品がクレーンで持ち上げる過程で落ちて下にいた協力業者所属勤労者2人を襲った。この事故で50代勤労者A氏は現場で亡くなった。また他の50代勤労者は重傷を負って病院に搬送されたが生には支障がないと伝えられた。

    事故は定期保守作業中に発生した。東西石油化学関係者は「設備部品を持ち上げる過程で何かにひっかかって固定ベルトが落ちたと見られる」として「正確な事故原因については警察および雇用労働部調査が進行中」と説明した。

    雇用労働部は現在、事故現場について作業中止命令を下し、定期保守作業が全面中断された状態だ。東西石油化学関係者は「現在、協力業者および遺族と補償問題など協議中」と明らかにした。

    このように残念な死亡事故が発生した東西石油化学は日系企業という点でより一層目を引く。そうでなくても最近、反日感情が高まっている状況で一層冷たい視線は避けられないと見られる。

    忠州(チュンジュ)肥料と米国スケリー オイルの合弁会社で1969年に設立された東西石油化学は現在、日本旭化成が持分100%を保有中だ。1970年代スケリー オイルが保有中だった持分50%を買収したのに続き1990年代後半、残りの持分50%を買い入れた。

    1931年に設立された旭化成は日本を代表する化学企業であり繊維、住宅、建築材、電子、医薬品、医療など事業分野に系列会社を率いる会社だ。国務総理室所属「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」が2012年に調査・発表した299の戦犯企業名簿にも名前が挙がっている。

    旭化成は東西石油化学があげた少なくない収益を毎年、日本に持っていっているものと把握される。
    昨年の場合、1兆973億ウォンの売上額と1,800億ウォンの当期純利益を記録し、配当を通じて1,561億ウォンを持っていった。2018年もやはり1,639億ウォンの当期純利益を記録して1,416億ウォンを配当金で持っていき、過去2年の配当性向はすべて86%に達した。2017年の場合、配当性向が43%で多少低くなったが、2016年には何と6,207%の配当性向を記録し本末転倒な姿を見せた。

    クォン・チ ンド記者

    ソース:時事ウィーク(韓国語)よりによってこの時局に… ‘日系’東西石油化学死亡事故
    http://www.sisaweek.com/news/articleView.html?idxno=127097

    引用元: ・【韓国】 よりによってこの時局に…戦犯企業系の東西石油化学で死亡事故発生の苦々しさ[10/21]

    【戦犯企業言いたいだけやろがこのヘイター共 【韓国】 よりによってこの時局に…戦犯企業系の東西石油化学で死亡事故発生の苦々しさ[10/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ