まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:戦時作戦権

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/07(土) 13:17:59.10 ID:CAP_USER
    文大統領、「韓国が戦作権を持ってこそ北朝鮮が恐れる」

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、「独自の防衛力にもとづく戦時作戦権の返還は、韓国軍の体質と能力を飛躍的に発展させるだろう」とし、「我々が戦作権を持ってこそ北朝鮮が我々を恐れることになるだろう」と述べた。

    文大統領は同日、京畿道平沢市(キョンギド・ピョンテクシ)の海軍第2艦隊司令部で開かれた第69回「国軍の日」記念式で「勝つ軍隊にならなければならない。北朝鮮の核・ミサイル脅威への対応能力の確保が最優先だ」とし、このように話した。「国軍の日」記念式が、延坪(ヨンピョン)海戦や哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没など北朝鮮と交戦を繰り広げた海軍第2艦隊司令部で開かれたのは初めて。

    文大統領は、「強い安保なくして平和を守ることも、平和を作っていくこともできない」とし、「平和を守るための韓国政府の意志は強力な国防力を基盤とし、無謀な挑発には強力な報復で対抗する」と強調した。北朝鮮が、太平洋での水爆実験を警告するなど10日の労働党創建日を前後して挑発の動きを見せる中、北朝鮮に対する報復意志を強調し、「挑発中止」を求めたのだ。

    文大統領は、「政府は北朝鮮の核に対する抑止力を強化することに一層拍車をかける」とし、「韓国軍は、北朝鮮を圧倒する戦力を保有している」と強調した。そして、「国防改革の成功に向けて軍統帥権者としてできるすべての支援と措置をする」とし、キル・チェーン(Kill Chain)、韓国型ミサイル防衛システム(KAMD)、大量反撃報復(KMPR)など北朝鮮の核に対応するための「3軸体系」の早期構築を指示した。記念式に先立ち、文大統領は陸海空軍のパレードで、北朝鮮全域を攻撃できるミサイル「玄武2C」など3軸体系の核心戦略兵器を査閲した。

    さらに文大統領は、韓米合同防衛能力の強化とともに戦作権の早期返還を強調した。北朝鮮の核脅威がますます高まる中、米国の核の傘など相互防衛条約による核抑止力を強化するとともに、戦作権の返還による自主国防の意志を表わしたのだ。

    特に文大統領は、「大韓民国は北東アジアの安保の中心国家になるだろう」とし、独自の防衛力の増強で中国や日本、ロシアなど北東アジア主要国の間で安保のバランサー役を果たし、韓半島の平和を引き出すという構想を明らかにした。

    ソース:東亜日報 September. 29, 2017 08:54
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1077401/1

    引用元: ・【韓国】文大統領、戦作権返還の意志を表わす。北東アジアで安保のバランサー役を果たし、平和を引き出す構想を明らかに[10/07]

    【【結果どうなるかまでは知らんw】文大統領「我々が戦時作戦権を持ってこそ北朝鮮が我々を恐れることになる」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/05(水) 07:55:32.89 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領が首脳会談で、戦時作戦統制権(戦作権)の早期返還で合意し、戦作権返還後の新たな韓米指揮機構の構成問題が主要争点に浮上している。

    韓米両国は、2014年に定例安保協議会(SCM)で、戦作権が返還されれば韓国軍が米軍を指揮する「未来司令部」(仮称)を創設することで合意し、関連作業を進めている。

    未来司令部は現在、韓米連合司令部とほぼ同じ形態だが、韓国軍が司令官(大将)、米軍が副司令官(大将)をそれぞれ担うことになる。韓米連合軍司令部の場合、在韓米軍司令官(大将)が連合司令官を兼職して戦作権を行使する。連合司令部副司令官(大将)は韓国軍が務めている。

    当初両国は、戦作権が返還されれば韓米連合軍司令部を解体し、それぞれ独自の司令部を構成する計画だった。しかし、有事の際の軍事的効率性と指揮関係の統一のために連合司令部の骨格を維持しつつ韓国軍が主導する新たな軍事指揮機構を設置する方向で方針を変えた。韓米連合軍司令部と組織および機能が同じ「単一司令部」を維持すれば、現在の対北作戦計画に明示された水準の米増援戦力の展開など強力な韓米連合戦闘力を発揮できるという点が考慮されたのだ。

    軍関係者は、「戦作権返還後、未来司令部が創設されれば、米軍が史上初めて他国の軍隊の指揮を受けることになる」とし、「韓半島防衛の韓国化を掲げた現政権もこの合意を守るだろう」と強調した。

    しかし、「米国第一主義」を掲げるトランプ政権とは考えが異なるかも知れないという観測が流れている。世界最強の米軍が韓国軍の指揮・命令を受ける状況をトランプ大統領が受け入れる可能性は低いということだ。軍消息筋は、「トランプ政権が、韓国軍が指揮する未来司令部の創設をオバマ前政権の政策の誤りと規定し、見直しを要請する可能性がある」と強調した。連合司令部を「看板」だけ変えて存続させる未来司令部は、韓半島防衛を韓国が主導する戦作権返還の趣旨とも合致しないという論理を展開する可能性があると、同消息筋は伝えた。

     

    このため、トランプ政権が合意を覆して戦作権返還後に連合司令部を解体し、韓米両国が独自の司令部を設置することを要求するという見方が出ている。

    軍関係者は、「米政府と議会でも、韓国軍の指揮を受ける未来司令部に対する否定的な気流がある」とし、「未来司令部の行方が駐留経費負担問題とからまった場合、韓米両国の尖鋭な争点に飛び火する素地が大きい」と指摘した。


    尹相虎


    http://japanese.donga.com/List/3/01/27/979942/1
    Updated July. 04, 2017 09:46

    引用元: ・【未来司令部】韓米が戦時作戦権の早期返還で合意、「単一司令部」は維持されるか[7/5] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ほんと妄想が激しいな 】「韓国軍が米軍を指揮する」韓米が戦時作戦権の早期返還で合意】の続きを読む

    このページのトップヘ