まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:戦争

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/05/31(水) 22:15:07.51 ID:CAP_USER
    日本社会の世代交代で、現在、日本の主流世代は過去の日本帝国主義が起こした戦争についてあまり知らず、大部分は自分たちに責任がないと考える割合が増加しているという分析が出た。

    日本は学生たちが勉強する教科書に「公式に1855~1945年まで自国領土であったクリル4島(北方領土)に対する領有権をロシアに対して主張している」とおとなしく表現する一方、韓国に対しては「韓国が竹島(独島(ドクト))を不法占拠している」と露骨に侮辱している。

    国立外交院外交安保研究所所属パク・ミョンヒ研究教授は最近、研究所が出した「2017日本教科書検定結果および教育関連動向検討」という題の報告書で「日本は学生たちの歴史教科書に千島列島と独島をめぐる領土紛争を記述し、『日本政府はすべてが日本固有の領土という立場を取っている』と記述している」とし、このように明らかにした。

    報告書によれば、38.4パーセントの学校が採択している実教出版の教科書には「日本はロシアとの間に北方領土(国後、択捉、歯舞、色丹)、韓国との間に竹島の問題を抱えている」と記述している。特に韓国との領土紛争については「竹島については韓国が不法に占拠しているとして日本はこの問題を国際司法裁判所に依頼することを提案するなど問題の平和的な解決を模索している」と記述した。

    一方、パク教授は今回の報告書で朝日新聞が韓国、中国、日本で実施した世論調査の結果を引用、「日本社会は現在、『日本の植民地支配および中日戦争の処理など歴史問題は解決されたか』という質問に対し世論が二分していることが明らかになった」と明らかにした。

    この質問について韓国では97%、中国では88%が「解決されなかった」と答えた反面、日本では48%が「解決された」、47%が「解決されなかった」と答えて異見がきっ抗したことが分かった。

    パク教授は「2020年以後、新しい学習指導要領が全教育期間にわたって全面適用される予定」とし、「今後、日本政府の政権交替と関係なく侵略と支配の歴史を認める風土が弱まる一方、領土の歴史性強化教育が進められることを意味する」と主張した。

    イ・サンヒョン

    ソース:スプートニク(韓国語) 日本次世代、「帝国主義侵略?私たちが?」... 戦犯の再誕生?
    https://kr.sputniknews.com/japan/201705312374545/
    (記者注:「戦犯の再誕生?」は韓国の「歴史に無知なものは同じことを繰り返す」という主張に基づいて「もう一度戦犯になる=戦争を起こす」という意味)

    引用元: ・【韓国】 日本の次世代「帝国主義侵略?私たちが?」...日本の戦争を知らず、戦犯が再誕生?[05/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どう考えても責任ないだろ】スプートニク(韓国語)「日本に戦犯の再誕生。日本の主流世代は過去の戦争に自分たちに責任がないと考える」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/05(水) 10:16:59.10 ID:CAP_USER
     野党・国民の党のチェ・ギョンファン議員は4日、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が「国軍の日」記念式典で行った演説(10月1日)について、ある予備役将校からの電子メールと前置きした上で「大統領の次の手順は、北朝鮮を挑発行為へと誘導し、韓米連合軍がこれに報復できるよう、北朝鮮を刺激し続けることだろう」と述べ、朴大統領の対北朝鮮政策を批判した。また同党の非常対策委員長を務める朴智元(パク・チウォン)議員は国軍の日の翌2日、朴大統領の演説を「(北朝鮮に対する)宣戦布告だ」と批判した。朴議員は韓国の大統領が戦争をけしかけているとでも言いたいのだろうか。

     朴大統領は演説で北朝鮮住民に向け確かに脱北を呼び掛けた。単に脱北を支援する一般人ならまだしも、国の外交に責任を持つ大統領が公の席で言うべき内容ではなかったかもしれない。しかしその言葉を口実に「大統領は戦争を起こそうとしている」などと主張するのはあまりにも飛躍しすぎている。チェ議員は他人の言葉を借りてはいるが、それでも公の席で言うべきことではない。

     朴議員は故・金大中(キム・デジュン)大統領の秘書室長、チェ議員は秘書官を務めた人物だ。朴議員は2000年の第1回南北首脳会談の直前、北朝鮮との極秘協議の際に北朝鮮側に5億ドル(現在のレートで約514億円、以下同じ)を手渡す非常に重要な役割を果たした。北朝鮮が核兵器を搭載した弾道ミサイルを実戦配備するのも近いと言われる中、自らの過去の行いを考えれば何も言えないはずの人物が、逆に言いたいことを堂々と言って回っている。もちろん以前に自分たちが進めた太陽政策(融和政策)を再び主張することは自由だ。しかしそのために「大統領が戦争を起こそうとしている」などとおかしなことを言いだすとなれば、これは絶対に容認できない。

     かつて韓国では独裁政権が安全保障を口実に民主化を妨害してきた。ところが今は野党が「戦争か平和か」「北朝鮮を刺激すれば戦争が起こる」など非常に扇動的な言葉で選挙の票を得ようとしている。国民に恐怖心を与え、自らの政治的な目的を果たそうとする行動パターンは、かつての独裁政権も今の野党も何ら変わりがない。しかも野党による一連の戦争脅威論は、韓国が北朝鮮に対する備えや抑止力を十分に確保できない要因の一つともなっている。野党は政権を取りたいのであれば、安全保障問題を政治的に利用する発言をまずは控えなければならない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/05/2016100501045.html

    引用元: ・【韓国】戦争の危険をあおり国民をおどす韓国の融和政策論者[10/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【北朝鮮工作議員じゃん】韓国の融和政策論者、戦争の危険をあおり国民をおどす】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/24(金) 01:00:49.63 ID:CAP_USER
    no title


    大学生10人に6人は、韓国戦争のような戦争が再び起きる場合、「兵士として戦争に参加する」と答えたことがわかりました。

    国民安全処が今月1日から12日まで、世論調査会社の「コリア・リサーチ」に依頼して、大学生1000人と成人男女1000人を対象に「国民安全保障意識調査」を行って、23日、結果を発表しました。

    それによりますと、「もし韓国戦争のような戦争が再び起きる場合、兵士として戦争に参加するか」という質問に対して、大学生の63.2%、成人の83.7%が「参加する」と答えたということです。

    大学生の場合、去年の56%に比べて7.2ポイント上昇したものです。

    また海外に滞在しているときに、韓国で戦争が勃発した場合は、大学生の19.9%、成人の40.9%が「なるべく早く帰国して、戦争に参加する」と答えました。

    しかし、成人は49.1%が「戦争が起きたら、個人や家庭より国が優先」と答えたのに対して、大学生は68.8%が、「国より個人や家庭が優先」と答えました。

    一方、北韓の挑発については、ほとんどが強い警戒心を持っていました。

    北韓が全面戦争を仕かけてくる可能性については、成人の61.2%が、「高い」と答え、延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件のような局地的挑発の可能性についても、成人の79.5%が「高い」と答えました。

    北韓の核開発など軍事力の増強については、大学生の81.7%、成人の86.3%が「脅威的」と答えました。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=59714

    引用元: ・【韓国】「韓国戦争(朝鮮戦争)が再び起きたら参戦する」 大学生の6割以上[6/24]©2ch.net

    【韓国人大学生「戦争が起きたら参戦する。でも国より個人が大事」】の続きを読む

    1: 軍事ミリタリー速報は転載したら抗議@Ttongsulian ★@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 12:25:29.64 ID:CAP_USER
    優れた機動性で歩兵部隊の任務遂行能力を大きく高めることが期待される車輪型
    装甲車が私たちの技術で開発された。

    防衛事業庁は現代ロテム主管で2012年12月研究開発に着手した車輪型装甲車が
    先月9日の運用試験評価で‘戦闘用適合’判定を受けたのに続いて同月30日、
    国防規格が制定されたと7日明らかにした。

    防事庁関係者は「体系開発完了によって今月から量産に入って、2023年までに
    約600台を生産する計画」として「来年から戦力化が成されるだろう」と話した。

    現在我が軍が主力として運用しているK200、K21装甲車は軌道型で、タイヤの
    着いた車輪型に比べて機動性が落ちる。

    出力430馬力のエンジンを装着した車輪型装甲車は最高速度(道路基準)時速
    100kmで、K200装甲車(時速74km)及びK21装甲車(時速70km)より速い。

    我が軍は未来(※将来)、軍の構造改編によって歩兵部隊の責任地域が広くなり、
    機動性と生存性、打撃力が向上する車輪型装甲車開発事業を進行して来た。

    今回開発された車輪型装甲車は戦術タイヤと空気圧調節装置、操縦手熱像
    潜望鏡など最新技術が適用された。

    山岳地形が多い前方で迅速な展開と捜索偵察任務を遂行する歩兵戦闘用(K808)と、
    後方地域の機動打撃と捜索偵察任務を遂行する歩兵輸送用(K806)など二つの
    モデルで開発された。

    地上はもちろん水上でも機動が可能で重火器を装着しており、敵の機関銃攻撃も
    防ぐことができて歩兵部隊の任務遂行能力を大きく高めることが期待されると
    防事庁は説明した。

    既存歩兵部隊は機動装備なしに徒歩で動くため作戦半径が狭い上に敵の攻撃に
    脆弱であった。

    防事庁は車輪型装甲車を基本車体に30㎜車輪型対空砲、車輪型指揮所用車両
    なども開発する計画である。

    防事庁は「今回開発された車輪型装甲車は美国のストライカー、独逸・ネーデル
    ランド共同開発のボクサーなど海外で開発された類似武器体系より似たような
    性能で価格は半分に過ぎず、輸出競争力も確保が可能であることが展望される」と
    明らかにした。

    パク・ジン防事庁戦闘車両事業チーム長は「車輪型装甲車研究開発事業が
    成功したことで都市及び後方地域作戦、ユーエヌ平和維持軍活動など広域化した
    未来戦場で多様な作戦を遂行することができる武器体系を確保できるようになった」
    と話した。

    no title

    体型開発が完了した車輪型装甲車

    2016/06/07 10:58
    http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2016/06/07/0505000000AKR20160607057751014.HTML

    引用元: ・【韓国/軍事】機動性に優れた「車輪型」国産装甲車の量産開始…2023年までに戦闘用・輸送用の600台を生産[06/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国軍が「北朝鮮との戦争」には不要な新兵器を開発】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 09:18:10.36 ID:CAP_USER.net
     韓国人の10人に7人は「戦争になったら戦う」という意思を持っていることが30日、明らかになった。これは、国家報勲処(省庁の一つ)が昨年11月、全国15歳以上の男女1000人を対象に「2015愛国意識指数」をアンケート調査で出した結果、回答者の72.1%が戦時に「戦う」と答えたものだ。14年に報勲処が調査した時は71%が参戦の意思を明らかにした。

     今回の調査で、「戦う」と回答した割合は50代が83.5%と最も高かったが、14年調査時の86.8%からはやや減少した。40代で「戦う」と答えた割合は14年の68.2%から15年は80.4%と最大幅で上昇した。30代の「戦う」という回答は53.9%から59.6%へ、20代は56.8%から57.0%へそれぞれ上がった。だが、15-19歳で「戦う」と答えた割合は63.0%から53.9%へと下がった。男性は81.3%、女性62.9%だった。報勲処関係者は「昨年8月に非武装地帯で北朝鮮の地雷が爆発する事件が発生するなどして予備役の安保意識が若干強まったようだ」と見ている。

     また、韓米同盟が韓国の安保に役立つという認識は、14年の69.1%から15年には72.2%に上昇した。「もし米国と北朝鮮が戦争したら、どちらの味方になるか」という設問の回答は、「米国の味方」が54.7%、「北朝鮮の味方」が5.8%、「中立」が23.7%、「分からない」が15.8%だった。最も記憶に残る「護国英雄」は李舜臣(イ・スンシン、15.5%)、安重根(アン・ジュングン、13.3%)、金九(キム・グ、12.0%)、柳寛順(ユ・グァンスン、9.4%)、白善ヨプ(ペク・ソンヨプ、3.4%)、安昌浩(アン・チャンホ、2.9%)、朴正煕(パク・チョンヒ、2.8%)の順に多かった。

    チョン・ヒョンソク記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/31/2016033100681.html

    引用元: ・【話題】韓国人の72.1%「戦争になったら戦う」=愛国意識調査

    【全員逃げる気満々だろw【話題】韓国人の72.1%「戦争になったら戦う」=愛国意識調査】の続きを読む

    このページのトップヘ