1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 12:38:58.85 ID:???.net
 任期の半分をちょうど終えたところの朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は今、韓国の未来を決める二
つの重大な事案に直面している。一つは、未来の韓国を守る安全保障の枠組みに関するもので、
もう一つは、韓国の正統性・正当性を確固たるものにするイデオロギーの枠組み、すなわち歴史教
科書改訂に関するものだ。この二つは、大統領の問題ではなく、韓国の問題だ。

 朴大統領は一昨日、韓中日首脳会談を終えたことで、韓国の安全保障の鍵を握る米・中・日3カ
国との間にある諸問題をひとまずまとめた。得たものは特にないようだ。しかし、分かったことがある。
米国は、昨日の同盟国・米国ではなく、中国は、見掛けほど友好的ではなく、日本は、論理的に
少々訴えても応ずる国ではない、ということだ。

 その一例として、米国のオバマ大統領が朴大統領との共同記者会見で、中国の国際規範違反
事項について「韓国も声を上げるだろう」と公に要求したことを挙げることができる。これは明らかに、
意図的な外交的逸脱だ。昔なら、仮に会談の中でそうした話が出たとしても公にはせず、するとし
ても「懸念」を表明するレベルにとどめるのが通例だった。米国は、韓国が現在中国と経済的にど
のような形勢に立たされているか、北朝鮮問題で中国の影響力がどれほどか、よく知っている。そ
れでも、中国が固く決心している南沙諸島(スプラトリー諸島)の問題で韓国に「反対の声を上げて
ほしい」と公に注文するというのは、難詰に近い。

 これは明らかに、米国の変化だ。共和党の大統領候補、トランプ氏は、韓国の「安全保障ただ乗
り」論を連日投げ掛けている。また米国メディアは、THAAD(終末段階・高高度防空システム)配備
問題、中国の戦勝節行事に朴大統領が出席した問題などを取り上げて、韓国の親中国的な動きを
批判する記事を書き立てている。こうしたムードにオバマ大統領までが乗り、韓国をそれとなく追い
詰めている格好だ。

 一方中国も、米国が明け渡した分を埋めてくれるわけではない。中国がそうするはずはなく、また
そうされても困る。中国は韓国に「近い隣国として、友好交流の千年史を続けよう」と言うが、韓国は
侵略と宗主の歴史を記憶しているだけで、「人の間の深い縁」は記憶にない。今回の会談でも、中
国の報道によると、中国側はEEZ(排他的経済水域)再調整を通して離於島(中国名:蘇岩礁)を
横取りしようとしたという。これも、中国の人口や領土なみにEEZもさらに拡大したいというもので、
「千年の癖」が繰り返されているという感がある。

 日本は、韓国にとって、常に裏切り役だ。変わることはない。慰安婦問題の「早期妥結を目標に」
とは、そのまま放置しておきたいということを、外交的に別の形で表現したにすぎない。日本は、常
にそうだったが、官民がタイミングを合わせて相反する声を適切に上げ、どちらが本気なのか分か
らなくさせることにたけた国だ。政府は依然として靖国神社に参拝し、慰安婦問題の責任はないと
言い、独島(日本名:竹島)は日本領だと言うが、民間人は「謝罪する」「日本政府による改憲に反
対する」と言うなど、足並みの乱れを見せている。また、韓国が何より悲しく感じるのは、日本がまる
で米国の非公式スポークスマンであるかのように振る舞い、米国がそうした役割を日本にけしかけ
ているように見える点だ。

 外交・安全保障の枠組みが動揺し、変化している中で、朴政権は歴史教科書国定化という難問
に手を出した。これは、朴政権の命運を懸けた戦いになっている。朴大統領の「左派との戦い」に
は、一貫性がある。李石基(イ・ソッキ)議員の断罪、統合進歩党の解散、そして歴史教科書の改訂
が、朴大統領のイデオロギー的なトレードマークになっているのは事実だ。この「歴史教科書戦争」
に負けたら、朴氏の大統領の椅子も消えることになり、ここで勝利すれば、歴史に残る朴大統領の
業績として記録されることから、朴大統領は総力を挙げるしかないだろう。幾人もの政治指導者が、
また多くの保守系の人物が、左派の攻撃を恐れて見ないふりをしているのは、まさに韓国の正統性
を損なう行為であって、その中でも顕著なのが歴史教科書だった。朴大統領は、ここに挑戦したの
だ。当然ながら左派は立ち上がり、まだ姿を見せてもいない「新教科書」を親日とののしっているが、
そのどこにも、論理的・学術的対応は見られない。
>>2-5のあたりに続く

金大中(キム・デジュン)顧問

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/05/2015110501233.html

引用元: ・【韓国】 国内外で戦争状態にある朴槿恵政権~変化した米国、見掛けほど友好的でない中国、相変わらず裏切り続ける日本[11/04]

【要約すると「お前らが悪い!【韓国】 国内外で戦争状態にある朴槿恵政権~変化した米国、見掛けほど友好的でない中国、相変わらず裏切り続ける日本[11/04]】の続きを読む