まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:戦争

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/10(月) 12:14:27.76 ID:CAP_USER
    「指揮権を揺さぶり安全保障体制を危険にさらす」

     韓国大統領府国民請願サイトに「行き過ぎた体力訓練と休暇制限によって兵士たちを苦しめている現役の軍団長(陸軍中将)を解任してほしい」との書き込みが行われたが、これに対して大韓民国在郷軍人会は9日「厳しい訓練は軍人の本分」として請願の内容に反対する考えを示した。

     大統領府の請願掲示板には先日から「ある中将が非常に非合理的な形で部隊の運営、指揮、命令を行い、多くの若い兵士たちを苦しめている」「特級戦士になれなかった兵士に対しては休暇や外泊を制限した」などの書き込みが掲載され、これに対する議論が起こっていた。

     これに対して在郷軍人会は「驚愕(きょうがく)を禁じ得ない」とした上で「軍は戦争に備えるために存在する集団であり、戦争で勝つため普段から実戦のような厳しい訓練を行わねばならない」と主張した。在郷軍人会はさらに「厳しい教育訓練は軍人の本分であり、戦闘員の生存の保障と国民の生命を守る最善の道だ」「強い軍隊を育成するため実戦に近い訓練はもちろん、兵士たちの体力などを錬磨する指揮官の指揮権は必ず守られねばならない」などとも主張した。

     在郷軍人会は「軍は士気を食べる集団だ。彼らの士気を下げ、指揮官の指揮権を揺るがす行為は最終的に軍の戦闘力を弱体化し、安全保障を危険にさらしてしまう」とも主張した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/10/2019061080022.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/10 10:00

    引用元: ・【韓国在郷軍人会】軍団長解任請願に反対「戦争で勝つため普段から実戦のような厳しい訓練を行わねばならない」[6/10]

    【勝った事があるかのような言い方だなwww 【韓国在郷軍人会】軍団長解任請願に反対「戦争で勝つため普段から実戦のような厳しい訓練を行わねばならない」[6/10] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/25(火) 11:53:20.91 ID:CAP_USER
    米国のスーパーコンピュータ(スパコン)「サミット(Summit)」が昨年に続いて世界最高の座についた。韓国の「ヌリオン(Nurion)」は昨年年末と比較して2ランクダウンの15位に位置した。 

      国際スーパーコンピュータ学会(ISC)は17日(現地時間)、ドイツ・フランクフルトで開かれた「ISC High Performance」で発表された「2019世界最高スーパーコンピュータトップ500」で、米国エネルギー省(DOE)オークリッジ国立研究所の「サミット」が世界最高性能のスーパーコンピュータだと発表した。 

      サミットは1秒に約15京回の演算ができる実測性能148.6ペタフロップス(Pflops)で1位に君臨した。個人コンピュータ約16万台分の性能を誇る。1ペタフロップスは1秒あたり1000兆回の数学演算処理が可能だ。70億人が420年かかって終える計算を1時間で終わらせることができる。 

      続いて米国ローレンス・リバモア国立研究所の「シエラ(Sierra)」と中国の「神威・太湖之光(Sunway TaihuLight)」が揃ってランクインした。 

      スパコン最多保有国は中国が占めた。中国は「トップ500」のうち219台で全体43.8%で1位、米国は116台(23.2%)で2位となった。続いて日本29台、フランス19台、英国18台の順となっている。 

      韓国のKISTI(韓国科学技術情報研究院)のスーパーコンピュータ5号機「ヌリオン」は実測性能13.9ペタフロップス(Pflops)で15位に入った。続いて韓国気象庁の「ヌリ(Nuri)」「ミリ(Miri)」がそれぞれ99位、100位となっている。 

      一方、今回発表された「スパコントップ500」のすべてのシステムが初めてペタフロップス(PF)級以上の性能を記録し、ますますその性能が高まっていることが明らかになり、熾烈なスパコン戦争を予告した。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254804&servcode=400&sectcode=400
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月25日 10時15分

    no title

    韓国のスーパーコンピュータ「ヌリオン(Nurion)」

    引用元: ・【中央日報】米中、世界最高スパコンで戦争中…韓日は?[6/25]

    【なんで日本見て踊り始めるんだバカ【中央日報】米中、世界最高スパコンで戦争中…韓日は?[6/25] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/16(金) 23:40:47.05 ID:CAP_USER
    韓国の中年には「ドンチャモン」という名前の方が馴染みのあるドラえもんはジング(主人公のび太の韓国版の名前)とタイムマシンに乗って1945年の東京の動物園に時間旅行に行く。米軍の空襲により多くの日本人が戦死直前だが、殺処分される運命の動物たちを救うためだった。多くの兵士が命を捧げる時なのだから動物も喜んで命を捧げるべきだと、自ら象を殺すそうとする日本人兵士に彼らが投げかける言葉は「心配しないで、戦争はどうせすぐに終わって日本が負けるから!」(中央日報2018年8月20日付)

    戦後70年間で日本が到達した普遍性の姿はここまでだ。忠実な皇国の兵士たちは他者にすぎず、日本人は檻に閉じ込められたまま大量殺処分される動物と自らを同一視する。小さな命ほど大切なものはないという哲学は無害に見えるが、それは政治的な状況とは無関係な生命だけが大事だという裏側を内包している。日本のこのような無力な被害者マインドは彼らを世界情勢に対する普遍性から更に遠ざけたのかもしれない。タイムマシンを作ることができる時代が来ても、世界で戦争を終わらせるための努力や人類を救おうとする努力はしていないドラえもんの国は、世界第2位の経済大国になった後もとりわけ極東にとらわれた政治を繰り返した。

    今、日本政府が始めた貿易紛争はそのような意味でちょうどそれくらい野暮ったい。その外交的挑発は韓国に莫大な被害を及ぼすから問題なのではなく、人類が数十年間に築いた国際貿易秩序と高度化した分業システムを乱すから問題なのだ。冷戦後に世界が享受した繁栄の背景には自由貿易協定と国家間の経済統合があった。もちろん、国家間および国内の不平等の問題が常に提起されてきたが、米国の労働者が中国で生産された安価な家電製品を使用し、韓国の消費者がチリ産ブドウを容易に食べることができるようになったことを、我々は歴史の発展と呼ぶしかない。

    このようなことから日本が始めた貿易挑発は米国のトランプ政権が揺るがす国際貿易秩序や欧州連合から離脱しようとするブレグジットのアジア版のように見えたりもする。日本の貿易挑発の追加的問題は、強制徴用に関する国家間の政治的問題を経済的領域に公然と拙く露骨に拡大させたこと、すなわち、自由貿易の最初の原則をき損したことにあった。これに対して、安倍首相本人はもちろんのこと、日本外務省や経済産業省が一貫性のある答えを出せないことを見れば、自らも自分たちが普遍的な国際秩序に挑戦しているということをよく分かっているのだろう。
    (中略:>>2-5あたり)

    先のドラえもんの話は、少なくとも「東アジア覇権主義」より2歩進歩している。たとえ反省はなくても、軍国主義を他者化させる文化の力は明らかだからだ。そして鏡の前で、我々は自分自身に改めて問う。我々の普遍は何で、我々はそのような普遍に向かう旅程でどこまで来たのか。我々は寛容する準備ができていて、連帯する準備ができているのか。残念ながら今夏のドラえもんのソウル新作公開は取り消された。

    パク・ウォンホ/ソウル大学政治外交学部教授

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<【中央時評】国益の時間と普遍の時間(II)>
    https://japanese.joins.com/article/629/256629.html

    引用元: ・【中央時評】 国益の時間と普遍の時間~戦争を終わらせる努力をしないドラえもんの国[08/16]

    【なんか気持ち悪い【中央時評】 国益の時間と普遍の時間~戦争を終わらせる努力をしないドラえもんの国[08/16] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/15(木) 00:01:59.85 ID:CAP_USER
    帆船時代までは上陸作戦は危険な冒険だった。海兵小隊が2隻のボートに分けて乗り、ヤシの木の見える海岸まで漕いで行く上陸作戦ではなく、大兵力を動員して長期的な占領ないしは完全征服を追求するような上陸作戦だ。海辺で敗れるより、波が軍隊を飲み込んでしまう可能性のほうがより高かった。多くの人は地中海は内海なので、海が穏やかだろうと思いがちだが、そうでもない。ペルシャがギリシャを侵攻したとき、クセルクセスはサラミスの海戦で失った船よりも多くの船を嵐で失った。

    無事に海辺に上陸しても、この瞬間から軍隊は孤立する。モンスーンを利用した航海時代に、少しでも時間が経過すれば、後続や支援部隊は来ることができない。その時点からは孤立した地で、限られた物資を持って戦わなければならない。このような困難を考慮すれば、13世紀末、クビライが高麗軍まで動員して試みた日本上陸作戦は、世界史に残る大胆な試みだった。さらに、モンゴル軍は海戦には門外漢である種族だった。

    1274年の侵攻は、麗元連合軍2万3000人を動員した。1281年の第2次侵攻は、4万ウォン余りの麗元連合軍に900隻の船、中国軍10万人に船がなんと3500隻だった。さらに、中国軍は急造した不良船に乗って、中国本土から出発して東シナ海を経て九州に来る長い航海だった。

    この戦いで高麗軍はよく戦った。モンゴル軍は名声が顔負けするほど適当に戦い、中国軍は戦うこともできず水葬された。日本を悪く思う人は、台風さえなかったら歴史は変わったはずだと残念がっている。しかし、すべての失敗がそうであるように、失敗の原因も半分は人災だ。決断力不足、消極的態度、予想外に強い日本の抵抗など複数の判断ミスがあったが、日本に関する情報が大きく不足していたのが、すべてのミスの始まりだった。戦争では情熱と名分、欲望ではなく、冷たい理性が支配してこそ勝つ。ところが我々は名分を理性で置き換えて、すでに敵味方を分けている。孫子の兵法の1枚でも再読するようお勧めしたい。

    キム・ソンギョン記者

    ソース:東亜日報日本語版<クビライの失敗>
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20190813/1816396/

    引用元: ・【韓国】 クビライの失敗は日本の情報不足~戦争では冷たい理性が支配してこそ勝つ[08/13]

    【高麗が「日本を攻めよう」と元をそそのかし【韓国】 クビライの失敗は日本の情報不足~戦争では冷たい理性が支配してこそ勝つ[08/13] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/03(土) 16:01:51.29 ID:CAP_USER
    「全面戦争に」韓国メディア 日本批判の論調一色


    日本政府が輸出管理の優遇対象から韓国を除外する決定をしたことを受け、
    韓国メディアは「全面戦争に走り出した」などと伝えて日本に批判的な論調一色です。

    韓国の連合ニュースは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2日に「日本に二度と負けない」などと強い言葉で日本を非難したことを取り上げ、
    「政府は全面的反撃」「全面戦争に走り出した」と伝えました。また、韓国の新聞も今回の日本の決定について1面で大きく報じています。

    朝鮮日報は「破局に追いやる安倍(総理)」と日本政府の対応を批判し、「韓日関係を元に戻すのは難しい」との専門家の意見を取り上げています。
    さらに、「在日韓国人に対する行政差別を打ち出すのでは」とビザ発給制限など日本のさらなる措置を警戒する報道もあります。

    一方、ソウルでは3日午後7時から日本の輸出規制に反対する集会が開かれるなど日本への反発が強まっています。
    https://kbc.co.jp/news/detail.php?id=201908031534_0002&cat=international&date=0

    引用元: ・【韓国メディア】 日本と全面戦争だ

    【こんなバカな国だったんだ【韓国メディア】 日本と全面戦争だ 】の続きを読む

    このページのトップヘ