まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:戦い

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/12(月) 23:56:00.46 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ヤン・スンユン韓国外大名誉教授が去る10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自分が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いて、最近の韓日関係に対する自身の解決法を紹介している。ジャカルタ=コ・チャニュ特派員
    no title

    ▲世界史の流れを変えた告発文学という副題がついた「マックス・ハベラー」の表紙

    「日本は韓国を属国で治めた記憶をDNAに持っています。それは変わらないでしょう。壬辰倭乱を除けば、私たちは日本とまともに戦ったことがありません。これから難しい戦いになるでしょう。」

    国内で東南アジア博士学位1号のヤン・スンユン(73)韓国外大名誉教授がインドネシアを訪問して最近の韓日関係について口を開いた。ヤン教授は10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自身が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いた。コンサートには共同翻訳者やインドネシア文化研究院長など70人余りが参加した。

    ヤン教授は日本の真の姿を東南アジアでも見ることができると説明した。彼は「私が毎年講義するジョクジャカルタのガジャ・マダ大の場合、すべての史学科教授が日本奨学生。20年前から大なり少なり日本が着実に関与して、東海を併記してくれという当然の要求もあまり受け入れられない」と話した。また「約束だけおおげさで、あまり守らない私たちとは違い、小さい約束でもよく守るのが日本」と付け加えた。

    日本が東南アジアで永いあいだ精魂込めて信頼を積んだという話だ。ヤン教授は「特に日本は慰安婦問題のような過去の歴史を決して後代に残さないとして、我が国を属国として治めた記憶も忘れない。それだけ難しい相手と繰り広げる労力のいる戦いだけに、必ず勝とうとするなら反日ではなく克日をしなければならない」と強調した。

    それと共に「私たちの後代が厳しい韓半島周辺4強から抜け出すには5強が必要だ。その5強がインドネシアと確信する」と主張した。

    オランダの小説「マックス・ハベラー」はインドネシアを350年間植民支配したオランダの総督府官吏が自国と現地土着支配層の横暴を告発する方式で展開する。1860年の刊行後、19世紀オランダ文学最高傑作に選ばれ、知識人の間で広く読まれながらオランダの強硬な植民政策を変える一助になった。
    (後略)

    ジャカルタ=コ・チャニュ特派員

    ソース:“韓国を属国でここは日本のDNA,5強で克服しなければ”
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201908120947016198

    引用元: ・【韓国】 「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」[08/12]

    【やめてよ気持ち悪い 【韓国】 「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」[08/12] 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/18(土) 02:29:24.44 ID:mefCzsIJ0● BE:264168779-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    74 名前:(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2017/11/17(金) 22:51:01.66 ID:xEsJhI2Q
    日本でいう朝鮮戦争は実際のところ大韓独立戦争というのが正しい
    北とそれを支援する中国とも戦ったが主敵は韓国内の日帝残党だし
    当時の日本政府は日帝残党を秘密裏に支援してたのも明らかになってる
    日本にとっては何が何でも隠したい汚点みたいだが

    http://

    引用元: ・【悲報】朝鮮戦争、実際は韓国内の日帝残党との戦いだった

    【【妄想を具現化するアビリテ】朝鮮戦争、実際は韓国内の日帝残党との戦いだった 】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 22:27:46.30 ID:CAP_USER.net
        チョン・ミン『18世紀韓中知識人の文芸共和国』

     しばしば「日本を無視する国は世界で韓国だけ」といわれる。だが、こうした気概(?)は悠久の伝統らしい。18世紀朝鮮の支配層は、
    当時世界最強だった清帝国を「オランカイ(満州女真族)の国」とさげすんでいた。現代韓国の国是が「南北統一」だとするなら、当時の
    朝鮮の国是は「北伐」だった。

     北伐という理念が社会を抑え込んでいた18世紀後半、「中国に熱狂する」異端児たちが現れた。後に「北学派」と呼ばれるようになる
    朴斉家(パク・チェガ)、柳得恭(ユ・ドゥクコン)、李徳懋(イ・ドクム)といった人々だ。彼らは清を「オランカイの国」と見なしていた朝鮮の方が
    むしろ頑迷と考え、同時代の清の学者らと知的なパイプをつくった。

     世界帝国だったモンゴルと高麗が直接つながっていたころから数百年ぶりに、韓半島(朝鮮半島)の人々が同時代の世界と足並みを
    そろえたという大事件だった。

     さらにこの人々は、日本を野蛮と見なす伝統的な観念からも抜け出した。当時の日本の学界は、清が作った百科事典『古今図書集成』を
    朝鮮より先に手に入れ、自国人の本を『四庫全書』に含めることにも成功していた。北学派はそんな日本の学界を、対等な討論の
    相手として認めた。かくして18世紀後半、東アジアに「文芸共和国(レスプブリカ・リテラリア)」が誕生した。

     韓中日と台湾・北朝鮮が「どんぐりの背比べ」のように争い合っている現在では想像し難い、緊密な知的ネットワークの存在を初めて
    明らかにしたのは、藤塚鄰=1879-1948=という日本の研究者だった。20世紀初めに清の学術を研究していた藤塚氏は『清朝文化
    東伝の研究』という記念碑的な著作を残した。

     しかし当時、世界の学界で藤塚氏の研究は注目されず、藤塚氏が収集した貴重な文献は戦争により散逸した。その一部が1950年代に
    ハーバード大学燕京研究所に入ったが、そこでも藤塚コレクションは長年忘れられたままだった。そして2012年、燕京研究所を訪問した
    チョン・ミン氏に、藤塚コレクションが語り掛けた。「自分たちを忘却の中から救い出してくれ」と。

     本は自分の価値を分かってくれる研究者に声を掛け、研究者は暗闇の中にいた貴重な資料を芋掘りのように次々と掘り出した。
    チョン・ミン氏の『18世紀韓中知識人の文芸共和国』(文学トンネ社)は、そんな不思議な現象を立証するリアルな記録だ。

    金時徳(キム・シドク)ソウル大学奎章閣韓国学研究院教授

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/01/31 05:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/30/2016013000495.html

    引用元: ・【朝鮮日報】戦いの代わりに交流を選んだ18世紀の日中韓[1/31]

    【どんだけ対日コンプレックの塊なんだよ【朝鮮日報】戦いの代わりに交流を選んだ18世紀の日中韓[1/31]】の続きを読む

    yaru


    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 00:23:12.56 ID:???.net
    MERSとの戦い、心理戦から勝つべきだ
    JUNE 12, 2015 07:23
    음성듣기

    「これからは群衆心理による対応を取りやめ、科学的な根拠を基に、MERS(中東呼吸器症候群)に立ち向かわなければならない」。

    11日に休校に入った幼稚園や小中高校、大学は2431校であり、その前日(2704校)より減ると、
    これをMERS対応戦略を切り替えるチャンスにすべきだという声が出ている。

    世界保健機関(WHO)や保健医療専門家らは、「MERSの拡散は学校とは関係なく、地域社会に感染する可能性も低い」と口をそろえている。

    このような状況の中でも、ひとまず休校という措置を取ったことで、社会的に不要な恐れを量産させているという。
    また、感染病が発生すると、児童生徒たちに基本的な対応措置を教育し、健康状態を確認しなければならない学校だが、その機能が止まり、副作用も起きている。

    これからでも、休校を止めて、学校が先頭に立ってMERS拡散事態を、感染病を巡る危機意識や保健教育のレベルを高めるチャンスに活かすべきだという意見が多い。
    延世(ヨンセ)大学保健大学院の全柄律(チョン・ビョンリュル)教授は、
    「今回の事態を、今後感染病が再び発生した時、どのように対処すべきかを未来世代に教えるきっかけにするべきだ」と話した。

    学校の休校を終えることを機に、全般的なMERS防疫戦略も変えなければならない。
    感染者数が100人を超えるなど、徐々に増えているものの、「大規模な拡散」や「第3次の震源地」は出ていない。
    このように、ある程度拡散の傾向が下火になっている状況下では、新しい対策をまとめるよりは、従来の対策をより体系的に管理すべきだという指摘が多い。

    まず、患者情報の把握や共有が遅れている状況を、できるだけ防がなければならない。 最初の感染者が確認されてから3週間が過ぎたが、依然、一部の人たちは診療過程で、
    「感染者発生病院」に行ってきたことを語ろうとしない。そのため、ウイルスの拡散機会が生じ、予期せぬ大規模な感染事態まで懸念されている。

    確かでない情報がソーシャルネットワークサービス(SNS)などで広まり、このような情報に敏感な反応を示すことにも気を付けるべきだ。
    MERS患者が増えており、各地方自治体も感染陽性判断のための検査ができるようになったことで、当初より一段と多様な情報が生まれ、広まっている。
    全教授は、「感染病は心理戦でもある」といい、「病気にきちんと立ち向かう前に、確認が取れていない情報に委縮される姿を見せてはならない」と語った。
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015061232218

    引用元: ・【東亜日報】MERSとの戦いは心理戦から勝つべきだ

    【ギャグ? 【東亜日報】MERSとの戦いは心理戦から勝つべきだ】の続きを読む

    このページのトップヘ