まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:成長率

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/11(土) 15:37:23.15 ID:CAP_USER
    「世界の貿易葛藤と世界の景気下降が韓国経済を難しくさせる状況が続いている」。

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年10月の国務会議で述べた言葉だ。韓国景気の不振の主な原因をグローバル経済環境の悪化と見なしたのだ。今年は経済が良くなるという政府の見通しも世界経済に頼っている。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は昨年末の記者懇談会で「世界経済回復の機会を生かす」と述べた。

    政府の望みどおりになるのだろうか。最近の数値を見ると、その可能性は高くないようだ。世界経済と韓国経済の成長率の差が2015年以降、毎年広がっている。世界経済が良くなっても韓国経済は回復が遅く、世界景気が悪化すれば国内経済の不振はさらに深刻になったということだ。最近の韓国経済の不振を対外変数のせいにはできないという意味でもある。

    国際通貨基金(IMF)統計を見ると、IMFは昨年の韓国の成長率を2%と見込んでいる。世界経済の成長率は3%と予想した。この数値が確定する場合、今年の韓国・世界成長率の差は1ポイントとなる。成長率の差が2016年(0.5ポイント)から4年連続で拡大している。成長率の差が1ポイント以上に広がったのは2012年(1.1ポイント)以降初めて。範囲を1990年以降に拡張しても、韓国の成長率が世界の成長率を比1ポイント以上下回ったのは2012年のほか、1998年(8.1ポイント)、2003年(1.2ポイント)だけだ。

    98年に成長率の差が大きくなったのは通貨危機という特殊状況のためだ。その後、99年から2002年までは韓国の成長率が世界の成長率を上回った。2003年と2012年に成長率の差が広がったのも一時的なものだった。その後の1、2年間は成長率の差が縮まった。

    今は事情が異なるという点が問題だ。IMFが推算する今年の世界の経済成長率と韓国の経済成長率はそれぞれ3.4%、2.2%だ。これが現実となる場合、その差は1.2ポイントとなる。IMFは今年の韓国・世界成長率の差が昨年よりも広がると見ているのだ。専門家もこの差は容易には縮まらないと予想している。韓国金融ICT融合学会のオ・ジョングン会長は「産業競争力が大きく悪化するなど韓国経済が速いペースで老衰化している」とし「グローバル景気が改善しても韓国経済は上昇の流れに乗る力を持っていない」と診断した。

    先進国の成長率が新興国に比べて伸びないのも悪材料だ。韓国経済の成長率は先進国により大きな影響を受ける。IMFは新興国の成長率が昨年の3.9%から今年は4.6%に反騰すると予想した。一方、今年の先進国の成長率は昨年と同じ1.7%で停滞するという見方を示した。ソウル市立大の尹暢賢(ユン・チャンヒョン)経営学部教授は「全体的な世界経済と比べると、米国や欧州など韓国経済と密接な国の経済事情は厳しくなる可能性が高い」とし「その場合、世界全体の成長率が高まるとしても韓国の成長率は回復の流れに乗るのが難しいかもしれない」と説明した。

    韓国経済の基礎体力が落ちた状況で、政府の政策も韓国・世界成長率を広げる要因という指摘が出ている。明知大のチョ・ドングン経済学科名誉教授は「最近の成長率が高い国は企業が投資しやすい環境を作っているが、韓国は正反対に向かっている」とし「民間企業の競争力を高めることに注力しなければ、韓国の成長動力は世界経済と関係なく大きく落ちるしかない」と述べた。

    ソース
    韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.01.11 10:51
    https://japanese.joins.com/JArticle/261407

    引用元: ・【韓国経済】経済不振を外部要因のせいにするには…広がる韓国と世界の成長率の差[01/11]

    【理由が沢山ありすぎて 【韓国経済】経済不振を外部要因のせいにするには…広がる韓国と世界の成長率の差[01/11]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/11(月) 18:05:50.77 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は11日、来年の韓国の経済成長率について、2.2~2.3%以上の達成を目指す方針を示した。政府世宗庁舎で開かれた記者懇談会で明らかにした。

    洪氏は「世界的な景気後退による困難の打開、景気回復のモメンタム(勢い)構築が当面の課題だ」と述べた。

     国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)など主要機関が韓国の来年の経済成長率見通しを2.2~2.3%と予測しているが、それ以上を達成できるよう新たな政策を模索すると説明した。

     また「成長動力の拡充と体質改善に向けた構造改革を本格的に推進し、潜在成長率自体をアップグレードする努力を傾けることにも重点を置く」と述べた。

     文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の2年半については「韓国経済の趨勢(すうせい)的な鈍化と二極化の問題の解決策として、革新・包容・公正を土台にした経済パラダイム大転換の努力に集中した」と振り返った。

     今後の課題については「民間の活力低下、世界経済と連動した低成長、構造改革と生産性向上を通じた潜在成長率向上などを急いで補完しなければならない。来年は景気回復のモメンタムを築き、中長期的観点から成長動力拡充の努力を加速させる」と述べた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191111003400882?section=economy/index
    聯合ニュース 2019.11.11 17:29

    no title

    記者懇談会で発言する洪副首相=11日、世宗(聯合ニュース)

    引用元: ・【ホン・ナムギ韓国副首相】 来年の成長率「2.2~2.3%以上を目指す」[11/11]

    【本当に頭空っぽのクソ馬鹿【ホン・ナムギ韓国副首相】 来年の成長率「2.2~2.3%以上を目指す」[11/11] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/24(木) 14:53:36.68 ID:CAP_USER
    2019年10月23日、米華字メディア多維新聞は、韓国の第3四半期(7~9月期)のGDP(国内総生産)成長が市場の予測を下回ったと報じた。

    記事は、韓国銀行(中央銀行)が発表した速報データで、韓国の今年第3四半期のGDPが前の期に比べて0.4%の増加にとどまり、0.5%増という市場の予測を下回ったことが明らかになったと伝えた。

    一方、対前年同期比では2%の成長となり、第2四半期と同じ成長率を保ったとしている。また、韓国のGDPの半分近くを占める個人消費はわずか0.1%の成長にとどまり、第2四半期の0.7%増を大きく下回ったという。

    さらに、9月の生産者物価指数は前年同期比で0.7%の減少となったほか、中国をはじめとする世界的な需要の疲弊により、今月1~20日の輸出額も前年同期比19.5%減と大きなマイナスになったとのこと。

    記事は、李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁が9月の時点で「国内需要の疲弊と外部の不安定要素により、韓国経済の下降リスクが高まっている。年間の経済成長率は、予想の2.2%を下回るかもしれない」と語っていたこと、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズも、7月に2.4%から2.0%に引き下げていた今年の韓国のGDP成長率予測をさらに1.8%に下方修正したことを伝えた。
    Record china
    2019年10月24日(木) 13時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b754476-s0-c20-d0135.html

    引用元: ・【韓国】第3四半期のGDP成長率はわずか0.4%、市場の予想下回る[10/24]

    【市場の方がおかしいだろ 【韓国】第3四半期のGDP成長率はわずか0.4%、市場の予想下回る[10/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/19(月) 21:08:52.60 ID:CAP_USER
    no title

    ▲空っぽの商店街。18日ソウル鍾路区のある商店街に新しい主人を探す賃貸案内文がかかっている。内需景気が悪化しソウル真中の鍾路区(チ ンノグ)でも商店街とオフィステルの空室が増加している。

    米中貿易戦争による世界交易悪化、米国発景気低迷憂慮、韓日経済戦争など三重苦を体験している私たちの経済が今年1%台の低調な経済成長率を記録するという予想が広がっている。

    専門家たちは米国発景気低迷に備えて政府が通貨スワップ拡大と拡張的財政政策を含んだ総合対策を準備せよと注文した。

    国際信用評価企業スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は最近の報告書で米国経済が今後1年間、景気低迷に陥る可能性を30~35%と診断した。これは以前の分析(25~30%)より景気低迷の可能性を5%上げたものだ。

    ソン・テユン延世(ヨンセ)大経済学部教授は18日「米中貿易戦争と韓日経済戦争に米国発景気低迷まで加われば、私たちの経済が受ける衝撃は少なくないだろう」と話した。企画財政部も最近、経済動向8月号で韓国経済2分期について「最近、日本政府の輸出規制措置とともに米中貿易葛藤深化など不確実性が拡大している」と評価した。

    先月から世界主要機関は今年、韓国の国内総生産(GDP)成長率予想値を相次いで下方修正している。15日、ゴールドマンサックスは今年の韓国の成長率予想値を2.2%から1.9%に0.3%下げた。ブルームバーグが調査した世界42カ国の内外機関の今年の韓国成長率平均予想値も今月2.0%で前月より0.1%下落した。この機関のうち2%にもならないと予想したところも11カ所になる。

    主要機関がこのように1%台の低い成長率を予想したのは製造業と貿易に対する韓国の経済依存度が相対的に非常に高いからだ。昨年の韓国経済の貿易依存度は68.8%だ。これに輸出で米国が占める比重も昨年12.1%で中国(26.2%)に続き二番目に高いが、対中輸出品の大部分が組み立て・加工を経て米国に再び輸出されるので、米国の景気が悪くなれば対中輸出も減るほかはない。

    実際、ゴールドマンサックスは韓国だけでなく一時「アジアの四小龍」と呼ばれたシンガポール(1.1%→0.4%)と台湾(2.4%→2.3%)、香港(1.5%→0.2%)の今年の成長率予想値も全部下方修正した。

    専門家たちは米国発景気低迷に備えて実物と金融全般にわたった対策を用意するよう求める。チェ・ペグン建国(コングク)大経済学科教授は「米国の景気低迷開始点が金融と外国為替になる可能性が大きい。基軸通貨国家と通貨スワップ拡大などを推進して安全弁を強化しなければならない」と指摘した。

    チュ・ウォン現代経済研究院研究室長は「対外経済環境が悪くなれば、結局、案で耐えなければならない。金利引き下げや財政拡大などを推進し、財政投入は生産と連結できる研究開発や社会間接資本投資に集中すべき」と助言した。

    世宗(セジョン)キム・ドンヒョン記者

    ソース:ソウル新聞(韓国語)<広がる韓国成長1%台墜落予想… “通貨スワップ・財政拡大を”>
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190819003003

    引用元: ・【韓国】 三重苦の韓国経済、成長率1%台に墜落予想… 専門家「通貨スワップ・財政拡大で備えよ」[08/19]

    【まさか日本に頼まないよな? 【韓国】 三重苦の韓国経済、成長率1%台に墜落予想… 専門家「通貨スワップ・財政拡大で備えよ」[08/19] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/18(木) 11:55:36.72 ID:CAP_USER
    7/18(木) 11:48配信

    共同通信

     【ソウル共同】韓国銀行の李柱烈総裁は18日記者会見し、韓国の2019年の国内総生産(GDP)成長率見通しについて、4月発表の2.5%から2.2%に下方修正したと明らかにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000070-kyodonews-bus_all

    引用元: ・【ムンジェノサイド】韓国、成長率見通しを2.5%から2.2%に下方修正

    【すでに前年比でマイナスだっただろがw 【ムンジェノサイド】韓国、成長率見通しを2.5%から2.2%に下方修正 】の続きを読む

    このページのトップヘ