まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:成長

    1: らむちゃん ★ 2017/11/14(火) 20:46:29.49 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年11月14日 20時20分 (2017年11月14日 20時33分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171114/Recordchina_20171114068.html

    2017年11月14日、韓国・中央日報は、韓国生まれのキャラクターの人気がK-POPをしのぐほどに世界で高まっていると報じた。

    米ディズニーのミッキーマウスや日本のサンリオのハローキティなど、長らく世界で人気を集めるキャラクターはさまざまあるが、最近は特に「韓流キャラ」の成長の勢いが目覚ましいという。韓国のIT大手ネイバーの子会社「LINE FRIENDS」が世界87カ所に店舗を展開し、韓国の人気アニメ「ポンポン ポロロ」のキャラクター・ポロロは、世界90カ国でこれまでに4000億ウォン(約410億円)の売り上げを生んだ。また韓国内のキャラクター市場規模も、05年の2兆700億ウォン(約2100億円)から昨年には11兆573億ウォン(約1兆1200万円)と、11年で5倍に成長している。

    記事は、こうした「韓流キャラ」が人気を集めた理由を4点挙げている。まず「デザイン」。世界各国の老若男女に通用するかわいらしさ・愛らしさで勝負した点が奏功したという。2点目に「多様性」。専門家は「アイドルグループのようにキャラクターが複数登場し、消費者が好みに合わせて選べる」ことで幅広い支持を集めたと指摘している。3点目は「汎用性」。キャラ自体が多様であることから、さまざまな商品・グッズに適用できるという。そして4点目は「現地化」。進出する国に合わせてコンセプトを練り、売り場を構築した点が受けたとの分析だ。

    また、「これまで米国など世界市場では子ども向けキャラクターは多かったが、より幼い乳幼児や若者以上の会社員向けのキャラクター作りは不十分だった。韓国産キャラクターがこのようなニッチ市場を攻略した」と分析する専門家もいるという。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】キティちゃんにも負けない!?韓国のキャラクターが世界で人気に=韓国ネット「日米には追い付けない」「韓流はもううんざり」

    【【オリジナリティのないB級品】中央日報は「最近は特に「韓流キャラ」の成長の勢いが目覚ましい」と】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/26(木) 09:05:51.03 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が26日発表した韓国の7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前期比1.4%増加し、2010年4~6月期(1.7%)以来、29四半期ぶりの高水準となった。

    前期の成長率(0.6%)の2倍以上と、民間の予想を大きく上回る伸び。これにより年間の成長率は、政府の今年の成長率目標で韓国銀行が先週発表した見通しでもある3%達成が確実視される。

    前年同期比の成長率も3.6%と、14年1~3月期(3.8%)以来、14四半期ぶりの大きな伸びだった。

    7~9月期の高成長をけん引したのは輸出だ。前期比6.1%増加し、11年1~3月期(6.4%)以来、6年半ぶりの大きさとなった。輸入も4.5%増加した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/10/26/0200000000AJP20171026000200882.HTML

    引用元: ・【経済】韓国7~9月のGDP1.4%成長 7年ぶり高水準[10/26]

    【【数字弄ってないだろうな 】韓国7~9月のGDP1.4%成長 7年ぶり高水準】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/01(金) 09:46:45.56 ID:CAP_USER
    韓国銀行(韓銀)は先月31日、「今後、国内経済は良好な成長を継続するとみられるが、地政学的リスク(危険)で不確実性が非常に高い状態」とし「対外条件や経済状況を見守る必要があり、政策金利を現状で維持する必要がある」と明らかにした。

    韓銀はこの日、ソウル韓国銀行本館で李柱烈(イ・ジュヨル)総裁の主宰で金融通貨委員会本会議を開き、政策金利の凍結を決めた後、このように説明した。世界の景気回復動向や新政府の経済政策はアップサイドリスクとして作用するが、対中交易環境が悪化して北朝鮮関連の地政学的リスクがダウンサイドリスクとして潜在しているという分析だ。

    韓銀は地政学的リスクとともに▼外国人観光客の減少などに伴うサービス輸出の鈍化▼金融市場における価格変動性の拡大▼個人融資の急激な増加持続▼8・2不動産対策に伴う住宅価格の上昇鈍化および建設投資の不振--などを韓国経済の変数に挙げた。

    また、韓銀は通貨政策の緩和基調を維持していく考えを明らかにした。韓国経済は堅実な成長を示すことが予想されるが、需要側面での物価上昇の圧力が大きくないだろうとの判断からだ。

    http://japanese.joins.com/article/920/232920.html

    http://japanese.joins.com/upload/images/2017/09/20170901064833-1.jpg
    李柱烈韓銀総裁(写真=中央フォト)

    【【で、なんで失業率が上がるの?】韓銀「韓国経済、不確実性は高いが良好な成長予想」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/01(金) 09:33:41.35 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が1日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP、暫定)は前期比0.6%増加した。7月に発表した速報値と同じ。前期の成長率(1.1%)に比べるとほぼ半分で、再び0%台に落ちた。それでも韓国銀行は、高水準だった前期の反動や、民間消費と設備投資の改善を踏まえると、悪くはないと説明した。

    前年同期比の成長率は2.7%だった。

    4~6月期の民間消費は、前期比1.0%増加した。前期(0.4%)から大幅に拡大し、2015年10~12月期(1.5%)以来、1年半ぶりに1%台を回復した。新政権発足に対する期待感で消費者心理が改善したとみられる。

    政府支出は1.1%増で、前期の伸び(0.5%)を大きく上回った。

    設備投資の伸びは5.2%で、前期(4.4%)より高かった。一方、建設投資は土木建設が減少した影響で、増加率は前期(6.8%)から大幅に縮小し0.3%にとどまった。

    輸出は自動車や化学製品を中心に2.9%減少、輸入も原油が減り1.0%減となった。

    業種別では農林漁業が1.1%、製造業が0.3%、建設業が1.3%、それぞれ減少した。サービス業は0.8%増と集計された。

    4~6月期の実質国民総所得(GNI)は前期比0.6%減少した。マイナスは3四半期ぶり。韓国企業が海外に支払う配当金が増えたこと、原油価格の上昇などにより交易条件が悪化したことが要因に挙げられる。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/09/01/0200000000AJP20170901000300882.HTML

    【【あま~い見込み】4~6月GDP成長0.6%にとどまる=民間消費は回復】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/21(金) 21:05:23.15 ID:CAP_USER
     【ソウル=桜井紀雄】韓国の中央銀行、韓国銀行は21日、北朝鮮の2016年の実質国内総生産(GDP)が前年比3・9%増加したとの分析結果を明らかにした。17年ぶりの高水準で、国際社会が制裁を続ける中、韓国の経済成長率2・8%を上回った。

     特に鉱業が、石炭や亜鉛鉱石の増産で8・4%成長。対外貿易額も約65億5千万ドル(約7300億円)と、4・7%伸びた。国連制裁でも民生目的の石炭輸出は除外されていたため、中国への輸出で制裁の効果がそがれた形だ。

     しかし、昨年11月の国連決議では、輸出の上限が定められ、今後、打撃が表面化するとみられる。

     昨年の経済成長について、韓国銀行は、干魃(かんばつ)に見舞われ、マイナス成長となった15年の反動の影響とみている。

     ただ、金正恩(キム・ジョンウン)政権に入って以降の5年間は平均1・2%の成長を維持しており、専門家は正恩政権の民生重視の政策の効果も指摘している。

     政権が水産業に注力したこともあり、畜水産食品の輸出も74%急増した。

     ただ、国民総所得(名目GNI)は依然、韓国の45分の1にとどまっている。

    http://www.sankei.com/world/news/170721/wor1707210032-n1.html

    引用元: ・【北朝鮮】制裁下なのに…北のGDP3・9%成長、17年ぶりの高水準 韓国を上回る[7/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ミサイルをガンガン撃てるわけだ】北朝鮮のGDP、韓国を上回る3・9%成長】の続きを読む

    このページのトップヘ