まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:懸念

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/18(土) 09:12:34.18 ID:CAP_USER
    韓国企画財政部(省に相当)が今後の景気判断と展望を毎月評価する「最近の経済動向」6月号に、「景気後退を懸念」という表現が登場した。17日に公開されたこの冊子は「投資の不振と輸出回復の遅れ」をその最も大きな理由とし、「景気後退に備えるべき」と警告した。5月号には「投資の不振と輸出回復の制約を懸念」と緩く表現されたが、今回その表現がより直接的になったのだ。

     企画財政部のイ・スンハン経済分析課長は「最近の経済状況に対し、経済チームの危機意識と警戒感が高まっている」「以前は『不確実性の拡大』『回復の遅れを懸念』程度の記載にとどめたが、(今回の表現は)市場との疎通をもっと積極的に行うという意味だ」と述べた。コロナの感染拡大初期に経済が衝撃を受けた時も企画財政部は「経済活動が萎縮した」(2020年3月)、「実物経済低下のリスクが拡大した」(2020年5月)などの表現を使っていた。

     今年は4月に産業生産、消費、投資がいずれもマイナスを記録する「トリプル・マイナス」となり、消費者物価上昇率も約13年ぶりの高い数値となった。企画財政部はこのような状況が今後さらに悪化しないか懸念している。また今年は今月10日までの累計の貿易収支赤字が138億ドル(約1兆8620億円)に膨れ上がり、上半期の貿易赤字としてはアジア通貨危機当時を上回ると予想されている上に、輸出が減少する恐れもあるという。6月の輸出は増加率が1桁にとどまりそうだが、これは2021年3月から先月まで15カ月続いた2桁増加率がストップすることを意味する。世界的な景気後退で貿易全体が減少したことや、貨物連帯のストによる物流ストップもこれに影響したと分析されている。

     企画財政部の方基善(パン・ギソン)第1次官はあるイベントに出席した際「今は危機と災難が同時多発的に襲ってくる『ブラック・タイド時代』だ」と説明した。ブラック・タイドとは本来海上に流出した油を意味する言葉だが、これを経済分野では「一つの問題が終わる前にまた別の問題が波のように継続して押し寄せる」という意味に使われている。尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政部長官は最近の経済状況を「複合危機」という言葉で表現した。

    ファン・ジユン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/18/2022061880009.html

    引用元: ・【朝鮮日報】悪材料ばかりの韓国経済…政府も「景気後退懸念」を公式に認める [6/18] [昆虫図鑑★]

    【文在寅の時は経済絶好調って発表だったのにねぇ 【朝鮮日報】悪材料ばかりの韓国経済…政府も「景気後退懸念」を公式に認める [6/18] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/08(水) 16:04:37.70 ID:CAP_USER
    ロシアのウクライナ侵攻や中国の景気減速は、世界経済に大きな影響を与えているが、なかでも厳しい立場に立たされているのが韓国だ。生産、投資、消費といった経済の柱がそろって落ち込む一方、止まらないインフレに四苦八苦している。尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は、どのように立て直しを図るつもりだろうか。

    韓国統計庁が発表した4月の産業活動動向は、生産が前月比0・7%減、消費を示す小売り販売が同0・2%減、企業の設備投資が同7・5%減だった。朝鮮日報(日本語電子版)によれば、生産、投資、消費がいずれもマイナスになったのは、コロナ禍当初の2020年2月以来という。統計庁は「景気改善の流れがもたついている」と、焦りを募らせる。

    米国の利上げに加え、ロシアによるウクライナ侵攻の影響もあって原油や食品価格も上昇するなか、インフレも大きな懸念材料だ。

    韓国銀行(中央銀行)は今年のインフレ予想を3・1%から4・5%に修正した。政策金利を立て続けに引き上げ、13年ぶりの高水準である年1・75%となったが、物価抑制効果は限定的だ。

    愛知淑徳大ビジネス学部の真田幸光教授は「景気後退は世界的な問題だが、韓国は1970年代にも急速なインフレを経験しており、危機感が強いのではないか。韓国経済は基礎的な体力が日本に比べると相対的には弱いだけに政権当局者の危機意識は強く、政権の不安定化にもつながりかねない。尹政権は文在寅(ムン・ジェイン)前政権よりもはるかにこうした厳しさを理解しているだろう」と分析する。

    欧州連合(EU)は、ロシア産原油の約9割について年内にも禁輸すると決めたことで、5月31日のニューヨーク原油市場では、原油の先物価格が一時、およそ2カ月半ぶりに1バレル=119ドル台まで上昇した。韓国メディアでは「油類価格ショック」「韓国のインフレに追い打ち」と危機感を漂わせる。

    中国に依存する経済構造も問題だ。韓国の経済団体、全国経済人連合会は30日、主要な輸入品目の228のうち172が中国産で75・5%を占めたと発表した。電気製品、鉄鋼、非鉄金属など産業用原材料が主な輸入品だという。上海などのロックダウン(都市封鎖)が長期化したことで中国経済は減速が目立つ。

    「チャイナリスク」の分散策として尹政権は「米国シフト」の動きを見せている。5月に訪韓したジョー・バイデン米大統領は、サムスンの半導体工場を視察した。韓国側は現代自動車グループの巨額な対米追加投資や、米国提唱の「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」への参加などを表明した。

    ただ、IPEFについて中国の王毅国務委員兼外相は「経済を政治問題化し、武器とし、イデオロギー化しようと試みている」と批判しており、韓国外交部は「IPEFが中国に対する牽制(けんせい)だという見方に同意しない」と中国の機嫌を損ねないように必死の様子だ。

    前出の真田氏は「尹政権がこのまま米国側に傾斜するのであれば、中国の対韓圧力は増すであろう。そうした中、韓国が得意とし、自国では曖昧外交と呼んでいる『後出し外交』をどれだけ巧みにできるかにかかってくるのではないか」と指摘した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e81499f758759e161d46cf7ec70a6341ba878ee3

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1654656264/

    引用元: ・韓国経済“ボロボロ” 中露ショックで生産、投資、消費が総崩れ インフレも大きな懸念材料に ★3 [6/8] [昆虫図鑑★]

    【日本関係無いからどうでも良いよね - 韓国経済“ボロボロ” 中露ショックで生産、投資、消費が総崩れ インフレも大きな懸念材料に ★3 [6/8] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/11(土) 07:04:48.75 ID:CAP_USER
    韓日「信頼回復」速度論に…「被害者」が抜けた「グランド・バーゲニング」懸念

    韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後、韓日首脳が共感を形成した関係改善基調が最高位級の疎通につながる雰囲気だ。

    朴振(パク・ジン)外交部長官は今月末に訪日して林芳正外相と会談を持つ方案を最終調整している。これに先立ち尹錫悦大統領は29~30日、スペイン・マドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する方案を10日に確定した。

    韓国政府はこれを契機とし、別途韓日首脳会談を開催する方案を日本側と調整中だ。岸田文雄首相も「日韓関係の改善待ったなし」(4月26日の記者会見)という立場なので、NATO首脳会議への出席が確定する場合、首脳会談開催の呼びかけに応じるものと予想される。

    外交消息筋は「日本側は尹錫悦政府の韓日関係改善意志に信頼を示し、両国の友好的雰囲気が高まる局面」としながら「外相会談や首脳会談など連鎖的な最高位級の対面接触が実現すれば、相互不信を解消して懸案解決の土台を整える契機になるだろう」と話した。

    ◆「関係改善」には共感したが…「歴史問題」が障害に

    韓日両国の疎通が活発になり、対面接触の機会が増える状況は尹大統領が強調した「信頼回復」基調に間違いなく青信号だと評価される。ただし、両国首脳をはじめ高官次元の信頼回復が関係改善につながるためには旧日本軍慰安婦、強制徴用などの歴史問題や独島(トクド、日本名・竹島)葛藤、日本の福島第1原電汚染水(日本側は浄化処理した「処理水」と主張)放出をはじめとする懸案協議が避けられない。

    特に歴史問題の場合、韓日間の外交事案であると同時に裁判所判決の影響を受ける司法的イシューだ。また、両国の国内政治的環境や国民世論も無視することができない要素だ。韓日が懸案で異見を解消することができない場合、首脳会談等を通してなんとか回復しつつあった両国の信頼が水泡に帰すことになりかねないという懸念が出ている理由だ。

    尹錫悦政府は文在寅(ムン・ジェイン)政府で深まった韓日葛藤を踏襲しないという点を明確にしながらも歴史問題に対する「被害者中心主義」原則は継承する姿を見せている。歴史問題葛藤の真の解決のためには慰安婦・強制徴用被害者の尊厳と名誉を回復させなければならないという趣旨だ。

    ◆「被害者中心」とかけ離れた「トップダウン」アプローチ

    だが、韓国政府が「トップダウン(Top down)」方式の対日アプローチ法を追求する過程に、歴史問題における当事者である被害者に対する考慮は見られない。かえって実務段階で懸案を議論する手続きをスキップして首脳間の出会いを通じて問題を一括で妥結させようとする「グランド・バーゲニング(Grand Bargaining)」を追求している。

    実際、尹大統領も昨年6月大統領選挙出馬当時「韓日間の安保協力と経済・貿易、このような懸案をすべて一つのテーブルの上にのせてグランド・バーゲンをする方式で接近しなければならない」と強調した。

    もう一つの問題は韓国の積極的な疎通努力がややもすると歴史問題に対する譲歩意志と解釈されかねないという点だ。日本はこれまで歴史問題に関連して「韓国政府が先に解決策を提示するべき」という立場を守ってきた。これによって文在寅政府は日本との疎通そのものを敬遠し、相互不信が増大する悪循環となった。

    政府関係者は「歴史問題のすべてのボールが韓国の中にあるという日本の態度は受け入れがたく、異見を解消するためには両国双方の努力が必要だ」とし「現在韓日両国が信頼を回復する段階であるだけに具体的な懸案協議は行われてはいるが、解決策を用意する過程では被害者の要求事項を聴取して国民の意見を反映する手続きを必ず経るだろう」と述べた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/292011

    引用元: ・【歴史問題】 韓日「信頼回復」速度論に…「被害者」が抜けた「グランド・バーゲニング」懸念 (中央日報)[06/11] [LingLing★]

    【韓国政府の責任じゃん 【歴史問題】 韓日「信頼回復」速度論に…「被害者」が抜けた「グランド・バーゲニング」懸念 (中央日報)[06/11] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/04/06(水) 21:52:19.15 ID:CAP_USER
    台湾が韓国から高額で購入したEMU900型電車に故障が相次ぎ、市民の間では安全性への懸念が広がっている。中国メディアの観察者網が5日付で伝えた。

    報道によると、今月1日、同電車の車両間に設置された転落防止ほろが外れかかっているのを乗客が発見した。

    台湾鉄路管理局(台鉄)は5日に「固定装置の強度が足りず破損した。このような状況は過去に2度発生しているが、すぐに新品と交換した。機能に問題はなく、脱落の可能性もない」とする一方、メーカーの現代ロテム(韓国)に改善を求め、新型の固定装置を導入すると説明した。

    EMU900型電車は台鉄が2018年に現代ロテムと52編成520両を253億台湾元(約1050億円)で購入する契約を結び、21年4月に導入された。当初は「台鉄史上最も美しい普通列車」と称されるなど人気を博したが、ほどなく漏水や設備故障などが相次いだ。同電車の故障は1年間で700回に上っているという。(翻訳・編集/北田)

    Record China 2022年4月6日(水) 11時
    https://www.recordchina.co.jp/b892106-s25-c30-d0052.html

    前スレ
    【台湾】韓国から購入した「最も美しい列車」にまた故障、1年間に700回、安全性に懸念 [4/6] [新種のホケモン★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1649213046/

    引用元: ・【台湾】韓国から購入した「最も美しい列車」にまた故障、1年間に700回、安全性に懸念 ★2 [4/6] [昆虫図鑑★]

    【故障だけで済んでるならむしろアタリだ 【台湾】韓国から購入した「最も美しい列車」にまた故障、1年間に700回、安全性に懸念 ★2 [4/6] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/03/29(火) 09:38:20.52 ID:CAP_USER
    国債10年物利回りが7年6カ月ぶりに年3%を超えた。国債3年物利回りも2014年6月以降で最高値を記録するなど国債利回りが一斉に急騰(債券価格下落)した。米連邦準備制度理事会(FRB)発の通貨緊縮の懸念に韓国の追加補正予算問題が加わった結果だ。

    28日の金融投資協会によると、この日国債10年物利回りは前営業日より0.16%上昇し年3.031%で取引を終えた。2014年9月19日の3.027%から7年6カ月ぶりに3%を超えた。国債3年物利回りも前営業日より0.242%上昇した2.747%となった。2014年6月12日の年2.789%以降で最も高い。

    国債利回り上昇に円安が続きウォン相場は対円で3年3カ月ぶりに100円=1000ウォン水準を割り込んだ。この日午後3時30分基準でソウル外国為替市場では前営業日より3.66ウォンのウォン高円安となる100円=996.55ウォンを記録した。

    FRBのパウエル議長が政策金利の0.5%引き上げの可能性を示唆してからFRB関係者のタカ派的(通貨緊縮)発言が続いている。ニューヨーク連邦準備銀行のウイリアムズ総裁も25日、「理論的に(政策金利)0.5%引き上げが適切ならばそのようにすべきと考える」と話した。シティグループはFRBが5月と6月、7月、9月に政策金利を0.5%ずつ引き上げるという見通しまで出している。

    米国債利回りも急騰している。米10年物国債利回りはFOMCが開かれた16日の年2.196%から25日には年2.479%と0.283%上がった。米国債利回りが上がれば韓国国債の魅力が落ち、これは債券価格下落(債券金利上昇)の要因になる。

    韓国銀行が4-6月期中に基準金利を追加で引き上げるという見通しも国債利回りを刺激した。サムスン証券のキム・ジマン研究員は「米国が5・6月のFOMC会議で政策金利を0.5%ずつ上げれば韓米の金利が逆転する。これを防ぐために金融通貨委員会が4-6月期中の追加引き上げを考慮するかもしれない」と話した。

    尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が推進する50兆ウォンの追加補正予算編成も債券利回りを引き上げる。政権引き継ぎ委員会の安哲秀(アン・チョルス)委員長は「国債発行を最小化することが重要だ」との立場を明らかにしたが、市場では別の見方をしている。「共に民主党」のパク・ホングン院内代表もこの日「支出構造調整だけで50兆ウォンの財政調達は不可能で追加の国債発行は避けられない」と話した。こうした状況で韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が今月末で退任し、李昌ヨン(イ・チャンヨン)次期総裁候補の聴聞会は日程も決められずにいる。SK証券のシン・オル研究員は「財政当局と通貨当局の市場安定化政策を期待できない状況」と話した。

    中央日報日本語版 3/29(火) 9:35配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86e6fff476cbd2a07a54481841d479e5f31ada21

    引用元: ・【中央日報】緊縮と追加補正予算の懸念襲来、韓国国債利回り7年ぶりに3%突破 [3/29] [新種のホケモン★]

    【国債利回りが高いのは人気の証【中央日報】緊縮と追加補正予算の懸念襲来、韓国国債利回り7年ぶりに3%突破 [3/29] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ