まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:憎らしい

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/09(土) 20:08:23.52 ID:CAP_USER
    no title


    [ヘラルド経済=シン・テウォン記者]北朝鮮核・ミサイル脅威を口実にした日本の軍国主義化の歩みが尋常ではない。日本政府は北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するという名分を前に出して野党圏と市民団体の反対の声にもかかわらず、長距離空対地ミサイルと空対艦ミサイル導入計画を押し通している。

    また、北朝鮮の核実験と弾道ミサイルなどメガトン級戦略挑発のたびに意図的に韓半島危機論を煽るような姿まで見せる。韓国の立場では日本のこのような歩みが相次ぐ核・ミサイル挑発で国際社会の悩みの種になった北朝鮮が原因を提供したとは言うが、気まずくならざるをえない。
    (中略:日本の軍事予算等)

    問題は日本のこのような長距離巡航ミサイル保有が事実上敵基地攻撃能力を意味する点で日本憲法が規定している攻撃戦力保有不可および攻撃を受けた場合だけ防衛力を行使するという原則から外れることだ。

    直ちに野党圏と市民団体など日本国内でも「日本の安全保障方針を変更するもの」とし、長距離巡航ミサイル導入計画を直ちに中断すべきだという批判が提起される。しかし、安倍晋三総理は先月敵基地攻撃能力と関連して「検討する責任がある」と積極的な立場を見せた。

    日本は北朝鮮の核・ミサイル脅威を前に出して意図的に韓半島危機論を煽るような姿も見せる。今年に入ってだけでも、数回ふくらんだ韓半島危機論は大部分、日本が根源地だった。

    日本は先月にも長崎県島原半島で史上初めて「武力攻撃事態」発生状況を想定した訓練を行った。訓練は北朝鮮のミサイル2発が落ちて中・軽傷者が発生した状況を仮定して進められた。日本国内で北朝鮮のミサイル落下に備えた訓練でない武力攻撃事態を想定した訓練は今回が初めてだった。

    日本はまた、来年初め、東京をはじめとする人口密集地域で事実上北朝鮮の弾道ミサイルなど武力攻撃事態に備えた住民避難訓練も計画中だ。河野太郎外相が議会に出席して韓半島有事の際、「民間航空機で待避できない状況になる場合、政府が保有する航空機と船舶派遣が必要になるだろう」と言及したこととも同じ脈絡といえる。

    これについて日本国内では「戦争危機をあおりたてる」という批判がある。日本のこのような歩みについては北朝鮮核・ミサイル問題を内部政治用に活用しているという指摘が出ている。

    外交消息筋は「韓国と日本は市場経済と自由民主主義という価値を共有し、北朝鮮の核問題という共同戦線も持っているが、心理的・歴史的間隙も大きい」として「この様な状況で日本が北朝鮮の核問題に見せる態度はいくら友邦といっても自国の利益を優先視するほかはない、という国際社会の冷厳な現実を見せる」と話した。

    ソース:ヘラルド経済(韓国語) 悪い弟北朝鮮そば憎らしい隣日本
    http://heraldk.com/2017/12/08/%EB%98%EC%9C-%EB%8F%EC%9D-%EB%B6%ED%9C-%EC%86-%EC%84%EB%AF%B8%EC%9A%B4-%EC%9D%B4%EC%9B%83-%EC%9D%BC%EB%B3%B8/

    引用元: ・【韓国】 悪い弟の北朝鮮、憎らしい隣りの日本~韓半島危機論の大部分は日本が震源地で国内政治に利用[12/08]

    【【ま~た他人のせいにしてんのか】 「悪い弟の北朝鮮、憎らしい隣りの日本~北朝鮮危機を日本が軍国主義化に利用」ヘラルド経済(韓国語)】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/02(金) 09:20:27.33 ID:CAP_USER
    先月22日のリオデジャネイロオリンピック(五輪)閉会式に安倍晋三首相がスーパーマリオ(ゲームキャラクター)の姿になって登場した。

    2020年の東京五輪を広報するためだった。

    「安倍マリオ」と呼ばれるサプライズショーを見た元外交部官僚の専門家は
    「さすが安倍首相らしい。自国の利益になることなら何でもするようだ」と語った。

    中央日報が専門家31人を相手に「主要国の指導者のうち実利外交が最も優れた人物」を尋ねたところ、
    「安倍首相」と答えた回答者が19人(65.5%)で最も多かった。

    多くの専門家が「憎らしいが」「認めたくないが」という修飾語を付けながら安倍首相を選んだ。

    ある外交専門家は「安倍マリオショーも東京五輪行事を企画する民間専門家のアイデアを安倍首相が採択したと聞いた。果断性が生んだ成功作だった」と話した。

    昨年5月に国内外の専門家31人を対象にした同じ質問では、安倍首相は5票(15.2%)しか得られなかった。
    中国の習近平国家主席、オバマ米大統領に続いて3番目だった。

    しかしこの1年間に安倍首相はオバマ大統領の広島訪問を実現させ、米国が主導する対ロシア制裁に積極的に参加しながらも、
    北方領土問題の解決のためにプーチン露大統領に会う実利外交をしながら順位が上がった。

    キム・ハングォン国立外交院教授は「安倍首相は外交的に国益が折衝される部分をよく把握し、戦略的に速かに現実化した」と評価した。

    一方、昨年31人のうち16人(54.8%)が選択して最も高い評価を受けた習近平主席は、今回は5票(17.2%、2位)しか得られなかった。
    7月の国際仲裁裁判所の裁判で敗訴した後、公開的にこれを受け入れないと宣言して国際法を無視する姿を見せた点、
    高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備決定後に北朝鮮より韓国をさらに敵対視するような行動を見せた点が、
    グローバルリーダーらしくなかったという意見が多かった。


    2016年09月02日07時33分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/153/220153.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報/調査】実利外交が優れた指導者1位…「憎らしいが」「認めたくないが」安倍首相[09/02]©2ch.net

    【【中央日報/調査】「憎らしいが」「認めたくないが」実利外交が優れた指導者1位「安倍首相」】の続きを読む

    このページのトップヘ