まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:慰安婦

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/28(月) 23:01:01.49 ID:CAP_USER
    no title

    ▲韓国映画『ヒストリー』ポスター

    旧日本軍慰安婦を題材にした韓国映画『ヒストリー』(原題、ミン・ギュドン監督)が『鬼郷』(チョ・ジョンネ監督)や『アイ・キャン・スピーク』(キム・ヒョンソク監督)の後に続く。

    6月末に公開予定の『ヒストリー』は日本の裁判所を騒がせた関釜裁判の実話を描いている。関釜裁判は1992年から1998年まで6年間、23回にわたって下関と釜山(プサン)を行き来しながら日本政府を相手に繰り広げた法的闘争のことだ。10人の被害者原告団が勝訴するまでの劇的で感動的な実話が映画にそのまま描かれている。

    キャスティングだけが目を引く映画ではない。女優キム・ヒエが原告団団長のムン・ジョンスク役を演じたほか、キム・ヘスクが原告団ペ・ジョンギルを、イェ・スジョンがパク・スンニョを演じている。若手演技者として女優イ・ユヨンと俳優キム・ジュナンがキャストに名前を連ねている。俗に言う「期待を裏切らない女優」あるいは「またその女優?」と言わせるような常連俳優・女優の名前はリストに見当たらない。

    それでも自信があふれている。『ヒストリー』は、100億ウォン(約10億円)台の大作が次々とい封切りを待つ6月末の夏シーズンの劇場街の扉を開く。昨年末に撮影を完了し、後半作業を経て6カ月を待っての公開だ。映画に対する期待が大きく、また期待と同じくらいの成果を作品に込めることできたという自信が伺える部分だ。

    事実上、失敗はありえないという予測も多い。韓国の観客なら、作品世界に深く入らざるをえない慰安婦被害者をテーマにしているためだ。

    2016年に公開された『鬼郷』は無名の女優と監督が作った作品であるにもかかわらず358万人の観客を動員した。奇跡のような成績だった。低予算で作品性を認められるには厳しい環境だったが、残酷だった当時の被害状況と「どんなものも補償にはなりえない」という被害者の心境をうまく表現しているという評価を受けて劇場を涙の海に変えた。

    2017年に公開された『アイ・キャン・スピーク』は、俳優イ・ジェフンとベテラン女優ナ・ムニという興行が約束されたキャストと明るさを前面に出した作品だったが、その中に慰安婦被害者の物語を溶かし込んで深い感動を呼んだ。製作が数年間も難航していたところ、劇的に完成した同作は328万人の観客を集めて興行に成功した。

    『ヒストリー』がこれら2作品の後に続いて観客の心を動かすことができるかどうか期待が集まっている。映画制作関係者は「内部試写を何度もするたびに多くの人々が涙を流した」とし、映画への自信を表わした。

    ソース:ISPLUS/中央日報日本語版<慰安婦題材の韓国映画『ヒストリー』 関釜裁判劇的勝訴の実話描く>
    http://japanese.joins.com/article/765/241765.html

    関連スレ:【話題】慰安婦ミュージカル「コンフォートウーマン」、3年ぶりにニューヨークで公演再開
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1525335246/

    引用元: ・【芸能】 関釜裁判劇的勝訴の実話描く韓国映画『ヒストリー』~慰安婦をテーマにしているから韓国で失敗はありえない[05/28]

    【【芸能】 関釜裁判劇的勝訴の実話描く韓国映画『ヒストリー』~慰安婦をテーマにしているから韓国で失敗はありえない[05/28] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/28(木) 00:37:56.06 ID:CAP_USER
    ソウル市は旧日本軍慰安婦被害者が体験した辛い歴史を子どもたちが記憶して共感するように小学校と中学校で訪問教育「記憶と共感-訪ねて行く日本軍慰安婦歴史教育」を初めて実施すると25日、明らかにした。

    この教育は来月から今年末まで市内の小学校5~6学年と中学生を対象に主に放課後の時間を使って120回授業する。社会的企業「私たちが作る未来」が教育を担当する。日本帝国主義と慰安婦に対する歴史だけでなく、戦争と女性、人権関連の教育もあわせて行う。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    ソース:韓国経済新聞/中央日報日本語版<韓経:「日本軍慰安婦を記憶してください」 ソウル市、小中で放課後教育>
    http://japanese.joins.com/article/617/242617.html

    引用元: ・【慰安婦問題】 「日本軍慰安婦を記憶してください」~ソウル市、小中で放課後教育[06/26]

    【【慰安婦問題】 「日本軍慰安婦を記憶してください」~ソウル市、小中で放課後教育[06/26] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/30(水) 22:49:57.92 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    大邱(テグ)大学が日本軍慰安婦被害者のイ・ヨンスさん(89)に、名誉哲学博士学位を授与した。

    大邱大学は30日、慶山(キョンサン)キャンパス惺山(ソンサン)ホール17階のスカイラウンジで、イ・ジョンウ学校法人ヨングァン学院理事長、キム・サンホ大邱大学次期総長、チョ・ファグム大邱大総長職務代行などが参加して、名誉博士学位の授与式を行った。

    イ・ヨンスさんは一生を捧げて日本軍慰安婦問題解決のために献身し、正しい歴史の訂正に寄与した。

    大邱大学は、人類の平和と人間尊厳の価値を広く知らせる事に貢献したイ・ヨンスさんの功労を高く評価して、名誉哲学博士の学位を授与した。

    イ・ヨンスさんは日本政府を相手にした長い闘争過程で歴史、女性学、国際法の知識の必要性を痛感し、70歳を過ぎて慶北大学名誉大学生の3年過程と名誉大学院の2年過程を修了するなど、旺盛な学習意欲で多くの若者の手本になった。

    また20年以上にわたり毎週水曜日の12時にソウルと大邱を往復して、日本大使館前で行われる水曜デモに参加している。

    慰安婦ハルモニの悲痛な事情を世界的に知らせ、日本軍の蛮行と被害に対する謝罪を求めるイ・ヨンスの努力は多くの国民に大きな感動を送った。

    イ・ヨンスさんのこのような努力は大邱大学の建学精神である『愛・光・自由』の実践で、人類愛を基にした真理追求と社会正義の実現にも合致する人生である。。

    チョ・ファグム総長職務代行は、「イ・ヨンスさんの名誉博士授与は大邱地域の市民だけではなく、国民に歴史に対する正しい認識と民族意識、平和の価値を高めるきっかけになるだろう」と述べた。

    イ・ヨンスさんは、「昨年、大邱大学が全国の大学キャンパスで初めて“平和の少女像』を建立した事に続き、名誉博士の学位まで授与して深く感謝します」とし、「信念によって長時間戦う事は容易ではなかったが、多くの方々の支持と応援が大きな力になった」と感想を明らかにした。

    また、「慰安婦ハルモニはまだ進行中である日帝下の独立運動をしている」とし、「大邱大学の設立者であるイ・ヨンシク師様も独立運動をして投獄され、獄中生活の苦しみを味わった。このような大学で受けた名誉博士の学位は貴重で重要である」と話た。

    ソース:ニュースウェイ(韓国語)
    http://news.newsway.co.kr/view.php?tp=1&ud=2018053020033193099&md=20180530200330_AO

    引用元: ・【韓国】大邱大学、日本軍慰安婦被害者のイ・ヨンスさんに名誉博士の学位を授与[05/30]

    【【韓国】大邱大学、日本軍慰安婦被害者のイ・ヨンスさんに名誉博士の学位を授与[05/30] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/03(木) 17:14:06.05 ID:CAP_USER
    2018年05月03日13時04分
    [? 中央日報日本語版]

    日本軍慰安婦被害者の痛みを扱った韓国ミュージカル『コンフォートウーマン』が3年ぶりに米ニューヨークで公演される。

    DIMO KIM MUSICAL THEATRE FACTORYはニューヨーク・マンハッタンのピーター・ジェイ・シャープ・シアター(Peter Jay Sharp Theater)で創作ミュージカル『コンフォートウーマン』を公演すると現地時間2日に明らかにした。今回の公演は7月20日から9月2日まで60回にわたり行われる予定だ。

    コンフォートウーマンは、日帝強占期の1941年に東京の工場に就職できるという言葉にだまされインドネシアに日本軍慰安婦として連れて行かれた朝鮮人少女コウンの話を描く。特に慰安婦問題の真実をさまざまな国の観客に知らせて注目を浴びた。

    コンフォートウーマンの演出家キム・ヒョンジュン氏は「2015年12月に妥結した韓日慰安婦合意以降この公演を再びステージに上げるのは容易でなかった。南北関係が改善されている状況でわが民族の辛い歴史を分かち合い治癒できる機会になることを願う」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/104/241104.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【話題】慰安婦ミュージカル「コンフォートウーマン」、3年ぶりにニューヨークで公演再開

    【【話題】慰安婦ミュージカル「コンフォートウーマン」、3年ぶりにニューヨークで公演再開 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/04/30(月) 11:51:11.99 ID:CAP_USER
    (写真)
    http://imgnews.naver.net/image/310/2018/04/30/141571_20180427180810694_20180430094611706.jpg

    28日の午後1時30分から6時まで、ソウル大学近代法学教育100周年記念館の小講堂で、『日本軍“慰安婦”:法と歴史』をテーマに学術シンポジウムが行われた。

    今回の学術シンポジウムは女性家族部とソウル大学共益人権法センター、慶北大学法学研究院が主催して、日本軍“慰安婦”研究会、ジェンダー&セクシュアリティ研究所『スム』が主観した。

    1部の司会はソウル大学法学専門大学院のヤン・ヒョンア教授が担当した。提案には法務法人(有)ロゴスのパク・レヒョン弁護士、法務法人チヒャンのイ・サンフィ弁護士、慶北大学法学専門大学院のキム・チャンロク教授が行った。それぞれ△『帝国の慰安婦』訴訟、△韓国での日本軍“慰安婦”訴訟、△日本での日本軍“慰安婦”訴訟について話した。引き続き民族問題研究所のチョ・シヒョン研究委員、朴背筋釜山大学法学研究所のパク・ベグン所長が討論に参加した。

    2部では明治学院大学のチョン・ヨンファン教授が、『脱冷戦期の日本の進歩勢力と“リベラル”談論の形成』を、韓神(ハンシン)大学日本学科のハ・ジョンムン教授が、『陣中日誌を通じた日本軍慰安所』をテーマに発表した。司会は中央大学のイ・ナヨン教授が担当した。引き続きソウル大学日本研究所のナム・ギジョン副教授などが討論に参加した。

    ソース:NAVER/女性新聞(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=310&aid=0000065726

    引用元: ・【韓国】『日本軍“慰安婦”:法と歴史』がテーマの学術シンポジウムが開かれる[04/30]

    【【韓国】『日本軍“慰安婦”:法と歴史』がテーマの学術シンポジウムが開かれる[04/30] 】の続きを読む

    このページのトップヘ