まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:惨敗

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/17(日) 00:27:19.43 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    (別ソース:ノーカットニュース、オーマイニュース)

     13日の統一地方選惨敗で指導部が総辞職した野党・自由韓国党と正しい未来党は、15日に議員総会を開き、今回の事態の収拾策を話し合った。両党とも「痛切に反省し、旧態から脱したい」としているものの、選挙惨敗の責任や今後の党運営の方向性をめぐっては意見が一致しなかった。
    (中略)

     議員総会終了後、自由韓国党の議員たちは国会本会議場入り口のホールでひざまずき、「国民からいただいた最後のチャンスだと思い、初心に返る」と国民に対する謝罪文を発表した。そして、「私たちが間違っていました」という大きな横断幕の下で頭を下げた。

     自由韓国党初当選議員の一部は同日、ベテラン議員の政界引退を要求した。議員総会終了後に別途、会合を開き、ベテラン議員退陣を含む人事刷新について話し合った。会合に出席した成一鍾(ソン・イルジョン)議員は「ありがたいことに金武星議員が道を開いてくださったので、リレー(不出馬宣言)がつながるのでは」と語った。自由韓国党の党職者の間では、大統領弾劾・大統領選挙・統一地方選敗北の責任を負う人物を挙げた「次期党代表に挑戦してはならない人物リスト」が話し合われた。

    パク・スチャン記者 , 崔燕真(チェ・ヨンジン)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓国統一地方選:自由韓国党議員らが土下座「私たちが間違っていました」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/16/2018061600543.html

    引用元: ・【韓国統一地方選】 「私たちが間違っていました」~選挙惨敗で自由韓国党議員らが土下座[06/15]

    【【韓国統一地方選】 「私たちが間違っていました」~選挙惨敗で自由韓国党議員らが土下座[06/15] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/16(月) 08:01:43.31 ID:CAP_USER
    Record china 配信日時:2018年4月16日(月) 8時0分

    2018年4月11日、中国メディア・騰訊(テンセント)によると、韓国紙・中央日報(英語版)がスマートフォン大手・サムスン電子の業績不振を分析する記事を掲載した。

    米市場調査会社・ストラテジーアナリティクスが8日に発表した報告書によると、2017年第4四半期の中国スマートフォン市場におけるサムスン電子のシェアはわずか0.8%で、予想されていた半分程度にとどまった。

    2017年の通年でもサムスンは前年からシェアを落とし、9位に転落。ローエンド?ミドルレンジでは中国メーカーが、ハイエンドでは米アップルがシェアを占め、いわば米中から挟撃に遭う格好となって中国市場で業績を大幅に落としている。

    アップルもバッテリー問題で集団訴訟を起こされるなどの事案もあったが、シェアは間もなく回復し、ハイエンド市場での求心力は揺らいでいない。一方、地方部の市場ではコストパフォーマンスの高い中国メーカーがシェアを伸ばし、サムスンの居場所は縮小を続けている。

    サムスンが業績を落としているのは中国市場だけではない。2017年第4四半期、中国の新興ブランド・小米(シャオミ)がサムスンを抑えて新興市場のインドでシェア1位となった。

    小米は2017年第1四半期にはサムスンの半分ほどしかシェアがなかったが、それから急激にシェアを伸ばした。サムスンはインドで6年連続シェア1位だった。世界的に見ればサムスンはまだまだ「スマホの巨人」ではあるものの、2大市場である中国とインドで極めて厳しい状況に陥っている。

    業界に詳しい人物は、「サムスンの今後は、2019年に発表されるとみられる折り畳み式の端末にかかっている」と指摘するが、ある研究者は各市場に合わせた端末を投入する以外に、ハード面での新たなイノベーションも求められていると話した。(翻訳・編集/岡田)

    http://www.recordchina.co.jp/b591467-s0-c20.html

    引用元: ・【国際】サムスンのスマホはなぜ中国で惨敗しているのか―韓国紙

    【【国際】サムスンのスマホはなぜ中国で惨敗しているのか―韓国紙 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 09:00:57.96 ID:CAP_USER.net
    no title

    朴大統領は少数与党を率いて、4大改革を断行できるのか(AP)
    no title

    韓国大統領の晩年 ※韓国メディアなどを参考に作成

     韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が3日間以上沈黙を続けている。「選挙の女王」の異名を持ち、自信満々で投開票日(13日)を迎えながら、与党セヌリ党が想像を絶する惨敗を喫したからだ。
    2年弱の任期を残しながら、看板の「4大構造改革」の先行きも怪しくなってきた。懸念される「反日カード」。歴代大統領のように、悲しい晩年を迎えるのか。

     《朴大統領、日程を空けて沈黙…報道官の2行の論評だけ》

     中央日報(日本語版)は15日、こんな記事を掲載した。

     朴氏は総選挙後、一切の発言を公開していない。大統領府が「国民のために仕事をする新しい国会になることを願う」といった短いコメントを発表しただけだ。同紙はこれを「朴大統領には危機」「参謀も惨敗の衝撃から抜け出せなかった」などと報じている。

     確かに、「議員の6割(180議席)以上の賛成なしに法案は採決できない」という条項がある韓国では、セヌリ党122議席だけでは、国政運営は事実上不可能だ。

     朴氏は「労働」「金融」「公共」「教育」の4大改革を推し進める意向を示しているが、今後、求心力低下とレームダック(死に体)化は避けられない。

     朴氏がナゾの沈黙を続ける中、韓国の歴代大統領の悲しい晩年が注目されている。

     別表のように韓国は1948年の建国以来、朴氏まで18代11人の大統領を輩出しているが、歴代大統領は「亡命」や「暗殺」「死刑判決」「自殺」など、悲劇に見舞われている。

     大統領として絶大な権力を手にし、独裁者として振る舞うため、親族を含めた不正やスキャンダルが後を絶たず、最後にツケを払う結果になるとの指摘もある。

     朴氏は、四大改革を断行できるのか。国民的支持を取り戻すため過激な「反日政策」を打ち出さないか。不穏な動きはあり得るのか。

     韓国情勢に詳しい元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は
    「4大改革の実行は不可能だろう。総選挙前でも国会は動かなかったが、さらに法律は通らなくなる。韓国経済も厳しくなりそうだ。大統領府は『日韓合意は変わらない』とコメントしているが、歴代政権は末期になると『反日カード』を使ってきた。
    朴氏は最初から『反日』で、オバマ米政権の意向を受けて今は静かだが、先祖返りしかねない。朴氏は不正とは縁遠いが、父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領も自身もテロに遭っている。きっと心配しているはずだ」と語っている。

     今は沈黙せざるを得ない心境なのか。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160417/frn1604170830002-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160417/frn1604170830002-n2.htm

    引用元: ・【韓国】朴大統領、与党の惨敗でナゾの沈黙 求心力低下 歴代大統領のように悲しい晩年を迎えるのか[4/18]

    【もぉ消されているんじゃね?w 【韓国】朴大統領、与党の惨敗でナゾの沈黙 求心力低下 歴代大統領のように悲しい晩年を迎えるのか[4/18]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 12:22:25.01 ID:???.net
    2014年8月24日、中国で再び起こった韓流ブームだが、各局がこぞって韓流スターをゲストに招いたバラエティー番組はいずれも
    視聴率低迷。番組作りのまずさや若者のテレビ離れが大きな原因だと指摘されている。聯合報が伝えた。

    中国では昨年、「星から来たあなた」などの韓国ドラマが連続ヒットしたことで、新たな韓流ブームが到来。各局が韓流スターを
    奪い合って番組ゲストに招き、彼らにスポットを当てたバラエティー番組まで誕生した。

    毎回、韓流スターをゲストに招いてトークするのが、江蘇衛星テレビの「帯[イ尓]看星星」。初回には俳優ぺ・ヨンジュンを招き、
    大きな話題になった。だが視聴率は回を追うごとに低下。視聴者からは「トーク内容が単調でメリハリがない」「若い女子アナの
    MCは経験不足。ゲストの魅力を引き出せない」と酷評が相次いでいる。

    「最強天団」は毎回、韓流歌手をゲストに迎えるバラエティー番組。中国では初めて、少女時代のメンバーが全員揃って出演した
    番組ということで注目を浴びたが、こちらも視聴率が低迷。東方神起やEXO(エクソ)といった人気者でも数字を上げられなかった。
    ネット上では「同じ事務所の所属歌手ばかり出てくるのが不思議だ」との声が聞かれている。

    番組作りのまずさ、中国のテレビ各局の韓流ごり押しによる嫌気のほか、若者のテレビ離れも視聴率低迷の要因の一つとなっている。
    若者層は韓国ドラマやバラエティー番組をリアルタイムに近い早さでネット上で視聴する人が多い。テレビは“用無し”状態となっている。
    (翻訳・編集/Mathilda)

    ソース:レコードチャイナ 2014年8月25日 21時5分
    http://www.recordchina.co.jp/a93134.html

    引用元: ・【中国】韓流バラエティー番組は視聴率惨敗…、テレビ局の韓流ごり押しに嫌気―中国[08/26]

    【日本だけじゃないんだな。 【中国】韓流バラエティー番組は視聴率惨敗…、テレビ局の韓流ごり押しに嫌気―中国[08/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ