まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:情熱

    1: 荒波φ ★ 2017/11/02(木) 10:21:49.81 ID:CAP_USER
    江原道平昌郡で来年2月9日から開幕する平昌冬季オリンピックの聖火が昨日韓国に到着した。聖火は今日から済州島を皮切りに7500人の走者によって100日かけて全国各地を回り、地球村最大のイベント開催を全国に知らせる。オリンピックはもう始まっているのだ。

    1988年にソウル・オリンピックが開催されて以来、韓国で再びオリンピックが開催されるのはおよそ30年ぶりのことだ。韓国はソウル・オリンピックによって戦争と貧困の国というイメージから脱却し、堂々と世界に飛躍した。韓国はソウル・オリンピックによって新たに生まれ変わったと言っても過言ではない。冬季オリンピックは夏季オリンピックとはまた別のものだ。

    冬季大会の種目は主に先進国で行われる種目ばかりで、これまでの開催国も先進国ばかりだったが、韓国が今やその隊列に加わることになった意味は決して小さいものではない。

    ところがその一方で国民の間ではいまひとつ盛り上がりが見られず、むしろその関心は低いのが現状だ。合計107万枚あるチケットのうち11月30日の時点で売れたのはわずか34万枚で、全体の31.8%にとどまった。しかも売れたチケットはショートトラックなど一部の人気種目に偏っている。パラリンピックはもっと深刻で、チケットの販売はわずか4%だ。

    文化体育観光部(省に相当)がアンケート調査を行ったところ「平昌オリンピックにとても関心がある」と回答した国民は今年9月の時点で39.9%だった。つまり10人中4人しか関心を持っていないということだ。

    開催まで1000日となった2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、先週末から日本の各地で記念行事が盛大に行われており、平昌とはあまりにも対照的だ。「オリンピックをきっかけに20年続いた長期不況からの脱却を」を掲げる日本政府や企業、国民が一つになってオリンピックを盛り上げようとしているからだ。

    日本では景気が復活の兆しを見せていることもあり、多くの企業がスポンサーとして名乗りを上げ巨額の寄付金も集まっている。また各地方では聖火リレーを誘致しようと激しい競争を繰り広げているという。

    オリンピックを成功させるには競技施設、運営や安全のシステム、宿泊や交通インフラなど徹底してチェックすべきことが非常に多い。しかしそれ以上に重要なのはホスト国における国民の情熱と盛り上がりだ。歴史を見てもこれが足りなかった国はオリンピックを成功に導くことができなかった。

    施設に問題があり、あるいは運営に未熟な点があったとしても、開催国が大きく盛り上がっていればそのオリンピックを見つめる世界の人たちが感動を覚える。平昌オリンピックは競技施設だけを見れば行き過ぎとも言えるほど素晴らしい。韓国は大規模なスポーツイベントを開催した経験も豊富なため、おそらく平昌オリンピックでも運営上の深刻な問題は発生しないだろう。しかし成功に不可欠な国民の盛り上がりや関心はいまひとつだ。

    事態がこのようになった原因は、大統領弾劾問題など政治や社会で想定外の大事件が起こったことが大きいだろう。組織委員会も2度にわたり委員長が交代し、政府と江原道、あるいは組織委員会が対立し混乱を招いたことも国民を大きく失望させた。しかし今はもう誰かを責め立てている暇はない。オリンピックはすでに幕が上がった。しかも平昌オリンピックは韓国が3回も誘致に乗り出しやっと勝ち取ったわれわれのオリンピックだ。

    政府と地方自治体はオリンピックの聖火が行く地域ごとに、その特性を生かしたさまざまなイベントで雰囲気を盛り上げ、住民の関心を高め、そしてそれらを結集してオリンピックに向けた熱い情熱を国民に持ってもらわねばならない。政界も互いに対する批判や攻撃をいったん取りやめ、どうすれば雰囲気を盛り上げオリンピックを成功に導けるか互いに協力して知恵を絞ってほしい。

    韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる。誰がどうやって韓国人の情熱に火を付けられるかが問題だ。


    2017/11/02 10:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/02/2017110200942.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/02/2017110200942_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】平昌冬季五輪、まずは国民から盛り上がろう 韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる[11/02]

    【【盛り上げようがないだろ】「平昌冬季五輪、まずは国民から盛り上がろう 韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる」朝鮮日報】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 09:05:34.12 ID:???.net
    大韓民国のブランドを表すキーワードは「情熱」「統一」
    文化体育観光部が推進する「国家ブランド事業」とは

     「情熱」「希望」「幸福」「愛情」「良い国」「IT(情報技術)強国」「韓流」。
    これらは韓国政府が現在公募を行っている「国家ブランドキーワード」のうち
    「大韓民国の現在」を象徴する言葉として選ばれたキーワードだ。「未来」を
    象徴するキーワードとしては「統一」「幸福」「希望」「平和」「幸せな国」
    「愛情」「先進国」などが選ばれている。中でも1位は「情熱」と「統一」だ。
    経済発展やスポーツ強国、韓流などを可能にする韓国の原動力は他でもない
    「情熱」で、また未来の希望や国民の念願は「統一」という言葉に集約されているわけだ。

     文化体育観光部(省に相当)が進めている「国家ブランド事業」は、韓国社会に
    おける共同体としての価値と誇りを国民に取り戻してもらうという趣旨で始められた
    ものだ。韓国社会が競争や集団利己主義で分裂し、また経済成長の新たな動力の
    創出に限界を露呈している現状が背景としてあるが、これらの問題を韓国の文化
    資産に目を向けることで打開するという意図も込められている。かつての「ダイナ
    ミック・コリア」や「コリア・スパークリング」は国が決めたスローガン中心で、
    これを国民に広める「下降式」だったが、今回は国民と共にブランドを築き上げ、
    これを国民全体が共有し共感できる価値にまで高める「人文精神回復」の一環と
    位置づけられている。

     今年5-6月には「大韓民国のDNA」を募集する事業が行われ、2万2000件以上の
    応募があったが、その中で多かったのは「美」「愛情」「文化」「オモニ(母)」
    「ソウル」「韓屋」「旅行」などだったという。また韓国文化観光研究院が今年、
    文献を通じて韓国の生活文化DNAを表現する言葉を検討したところ「相生」「包容」
    「調和」「釣り合い」「共同体」「配慮」「創意」「興」などが候補として上がって
    いるという。文化体育観光部は国家ブランドの核心的価値を広く定着させるため、
    ビッグデータの分析を通じて「真正な大韓民国」とその価値を表現するブランド
    哲学を今年の年末に発表したいとしている。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/07/2015110700481.html

    引用元: ・【話題】韓国のブランドを表すキーワードは?「良い国」「幸せな国」「希望」「情熱」「幸福」「韓流」「先進国」

    【「恨の国」だろ? 【話題】韓国のブランドを表すキーワードは?「良い国」「幸せな国」「希望」「情熱」「幸福」「韓流」「先進国」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/04/03(金) 12:00:40.60 ID:???.net
    韓国で「モクパン」(食べる放送=何かを食べている様子を見せる放送)や料理番組が人気を博し、
    料理学校の受講生も増えているにもかかわらず、韓国人が料理にかける時間は他国に比べ非常に短いことが分かった。

    ドイツに本拠を置く市場調査会社GfKは1日、22カ国の15歳以上の男女2万7000人を対象に
    1週間の平均料理時間、料理に関する知識、料理への情熱を調査した結果、韓国がいずれも最下位だったと明らかにした。

    韓国人が1週間に料理にかける時間は平均3.7時間で、1日の料理時間は30分余りと調査された。

    22カ国の平均は週6.5時間と、韓国の2倍近い。

    インドが13.2時間で最も長く、美食の国として知られるフランスは5.5時間、米国と英国はそれぞれ5.9時間だった。

    韓国人の料理時間が短い理由として、仕事で忙しい会社員たちが外食で済ませるケースが多いこと、
    出前システムが発達していること、外食費が比較的安いことなどが挙げられる。

    GfKは、韓国やブラジル、トルコなど、安価な屋台の食べ物が豊富な国々で料理時間が短いようだと説明している。

    一方、料理に情熱を持っているとの回答率はイタリアが43%で最も高く、次いで南アフリカ(42%)、
    メキシコ・インドネシア(40%)、インド(39%)などと続いた。

    韓国は13%にとどまった。

    22カ国の平均は32%。また「料理と飲食に関する経験・知識が豊富だ」と回答した韓国人も13%にとどまり、
    22カ国平均(29%)を大きく下回った。


    2015/04/03 11:23
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/03/2015040301417.html

    引用元: ・【韓国】料理にかける「情熱」国際比較、韓国人は最下位 週の料理時間は3.7時間[04/03]

    【毎食インスタントなのかよ。 【韓国】料理にかける「情熱」国際比較、韓国人は最下位 週の料理時間は3.7時間[04/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ