まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:悲観的

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/29(月) 09:06:16.45 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の大韓商工会議所が11~15日、国内の輸出入企業202社を対象に日本との経済協力の必要性に関する世論調査を実施した結果、回答企業の92.6%が「必要」とし、「必要性を感じない」との答えは7.4%にすぎなかった。

    両国の関係改善の見通しについては、「現在の困難が続くと思う」(80.7%)と「もっと悪くなると思う」(6.4%)との悲観的な回答が大半を占めた。

    「徐々によくなると思う」との楽観的な見通しは12.9%にすぎなかった。

    両国の協力を妨げる最も大きな障害に関しては「歴史問題」との回答が42.1%で最多だった。

    次いで、「新型コロナウイルスの再拡大など対外環境の悪化」(15.3%)、「輸出規制など両国の貿易摩擦」(12.9%)、「相互けん制・競争意識の高まり」(10.4%)、「両国国民意識の悪化」(9.9%)などだった。

    企業の問題解消のための政策支援課題としては、「外交正常化」と「物流支援」(それぞれ25.5%)、「協力課題発掘」(12.3%)、「民間交流の活性化支援」(11%)などと続いた。

    大韓商工会議所のカン・ソクグ国際通商本部長は「外交対立と新型コロナで二重苦に見舞われている両国の企業は今後、世界の供給網(サプライチェーン)再編にも対応しなければならない難題に直面している」として、「民間経済界から韓日協力の基盤を修復し、協力課題を発掘して交流するよう努力する必要がある」と述べた。


    2021.11.29 08:40
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211129000200882

    引用元: ・【聯合ニュース】 日本との経済協力「必要」92.6%  関係改善には悲観的見通し=韓国 [11/29] [荒波φ★]

    【日本人へのヘイトクライムが国是の癖に【聯合ニュース】 日本との経済協力「必要」92.6%  関係改善には悲観的見通し=韓国 [11/29] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/12/04(金) 14:06:27.02 ID:CAP_USER
    2020年12月3日、韓国・ソウル経済は、「韓国が7年後には日本を超える世界5位の輸出国になる」という経済団体の展望について伝えた。

    韓国の経済団体・全国経済人連合会(全経連)は同日、「韓国が2010年以降の輸出成長率(年平均1.68%)を維持するだけでも、7年後には輸出競争力の弱体化が明らかな日本を追い越し世界5位の輸出国になる」との見通しを発表した。

    昨年、輸出国世界5位の日本と7位の韓国との輸出額の差は1637億ドル(約17兆円)で、世界市場シェアは韓国が0.7%低かったという。

    新型コロナウイルスの影響を受け、世界的に経済危機に見舞われた今年上半期、世界の交易量は前年同期比12.9%減少し、世界20大輸出国も14.2%減少した中、韓国は11.3%減少と善戦した。

    9月からは輸出が7.9%の増加に転じ、7~9月期の累積輸出量は前年同期比8.6%減にとどまったという。

    全経連は「この10年間で世界輸出市場における日本と韓国の存在感が変わった」と強調。

    2011~2019年の韓国の輸出は、THAAD(高高度防衛ミサイル)の韓国配備をめぐる中国との問題を抱えつつも年平均1.68%のプラス成長を続けた。一方で日本は0.96%減少したという。

    また、新型コロナによる経済危機の打開と世界5位の輸出国への参入時期を早めるためには「当局の攻勢的な通商政策の展開が必要」だとも指摘。

    環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への加盟条件を整え、2018年3月以降およそ2年半にわたり進められている「中韓FTA投資・サービス交渉」の早期妥結などに力を入れる必要があると主張したという。

    全経連国際協力室のキム・ボンマン室長は「米国のバイデン新政権がTPPに復帰して韓国が参加できない場合、韓国の経常収支は約18億ドル減少する。米韓が共にTPPに加盟した場合、経常収支は約266億ドル増加すると予想される」と説明したという。

    これを受け、韓国のネット上では

    「無理だろうね。製造業は人件費上げろとデモばかりしてるのにうまくいくと思う?」
    「ゴールドマンサックスの見通しかと思ったら…。全経連って聞いてため息」
    「競争相手は日本だけ?最近じゃ東南アジアの国々も台頭している。追い越される心配もすべき」
    「残念だけど7年後の韓国は人口、生産可能人口ともに減少が始まるころだよね?」

    など悲観的な見方が数多く見られる。その他

    「7年後なら政権も交代しているし、できるかも!」
    「文政権じゃなかったらもう追い越してたかもね」
    「その前に文大統領が国を滅ぼす可能性がある」

    など現政権への批判的な声も寄せられている。


    2020年12月4日(金) 13時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b858053-s0-c20-d0127.html

    引用元: ・【韓国】 経済団体が「7年後に輸出で日本を超える」と予想=韓国ネットは悲観的 「残念だけど7年後の韓国は…」 [12/05] [荒波φ★]

    【到底追い越せないから【韓国】 経済団体が「7年後に輸出で日本を超える」と予想=韓国ネットは悲観的 「残念だけど7年後の韓国は…」 [12/05] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/14(水) 08:18:29.22 ID:CAP_USER
    釜山南区の戡蛮埠頭と神仙台埠頭にコンテナが積まれている。ソン・ボングン記者

    国際通貨基金(IMF)が今年韓国の経済成長率を-1.9%と見通した。13日発表した世界経済展望報告書を通じてだ。6月発表した見通しより0.2%ポイント引き上げられた。

    企画財政部は「IMFが分類した先進国(39カ国)の中で3番目、経済協力開発機構(OECD)加盟国(37カ国)の中で2番目に高い成長率」と説明した。IMFに先立ってOECDとアジア開発銀行(ADB)は今年韓国の経済成長率を-1%と見通した。韓国銀行が8月発表した今年成長率見通しは-1.3%だった。韓銀に比べると、IMFは今年韓国成長率を多少悲観的に予想しているという意味だ。

    IMFは韓国経済が来年には2.9%成長すると予想した。従来の成長率見通し(3%)よりは0.1%ポイント引き下げた。IMFは今年世界経済の成長率見通しを6月見通し(-5.2%)より0.8%ポイント高い-4.4%に修正した。IMFは先月「世界経済の一部が山場を越え始めた」として「貿易が徐々に回復しているという兆しも見ている」と説明した。

    IMFは新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の影響で経済活動が停滞して正常化する過程で米国・中国・ユーロゾーンの国内総生産(GDP)が急速に改善したと評価した。貿易も中国を中心に回復傾向を見せていると分析した。ただし、新型肺炎の長期化で雇用と物価が振るわない点を懸念した。7-9月期より10-12月期の回復動力が弱くなる可能性があるというのがIMFの診断だ。

    IMFは今年米国の成長率を-4.3%と見通した。6月見通し(-8%)よりは3.7%ポイント高まった。今年ユーロゾーンの成長率見通しは-8.3%と提示した。

    6月見通し(-10.2%)よりは1.9%ポイント引き上げた。先進国の今年成長率見通しは6月(-8.1%)より2.3%ポイント高い-5.8%と提示した。開発途上国の成長率見通しは-3.3%で、6月見通し(-3.1%)より下がった。インドの成長率が-10.3%にとどまるだろうという予想のためだ。6月IMFが提示したインド成長率見通しは-4.5%だった。

    IMFは保健分野に財政支出の優先順位を置く政策を展開すべきだと助言した。新型肺炎ワクチンの事前購入などで国際協力を強化する方式も提示した。IMFは「経済活動を次第に再開し、公共投資と脆弱階層支援などで資源を再配分する必要がある」と提案した。

    中央日報日本語版 10/14(水) 7:41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f8c53a8697e44783141708adc3712313d1b96d39

    引用元: ・【IMF】韓国の今年成長率-1.9%見通し…4カ月ぶりに0.2%ポイント引き上げ 韓銀よりも悲観的に予想 [10/14] [新種のホケモン★]

    【途上国でこれは酷い 【IMF】韓国の今年成長率-1.9%見通し…4カ月ぶりに0.2%ポイント引き上げ 韓銀よりも悲観的に予想 [10/14] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/23(月) 08:15:11.39 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルスの感染拡大で韓国経済が「国際通貨基金(IMF)危機」以降初めて年間でマイナス成長をするという悲観的な見方が出てきた。年間基準で韓国がマイナス成長した事例は1998年のアジア通貨危機(-5.1%)と1980年の第2次オイルショック(-1.6%)だけだ。

    22日のブルームバーグによると、英国経済分析機関キャピタルエコノミクスは韓国の2020年の実質国内総生産(GDP)増減率を-1.0%と予想した。2月末の予測値は1.0%だったが、わずか1カ月間で2%ポイントも引き下げた。

    実際、韓国の今年1-3月期のマイナス成長(前期比)は既成事実化されている。日本の野村証券は韓国の1-3月期の成長率をー3.7%と最も悲観的に予想し、英オックスフォードエコノミクス(-1.4%)とバークレイズ(-1.3%)も否定的にみている。韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官も今年1-3月期について「マイナス成長を排除できない」と述べた。

    問題は4-6月期まで韓国のマイナス成長が続くと予想する機関が増えたという点だ。英情報提供会社IHSは今年4-6月期の韓国のGDPは前期比0.7%減少すると予測した。格付け会社フィッチも4-6月期はー0.9%という予測値を出した。前期比のGDP増減率が2期連続でマイナスとなる場合、通常、リセッションに入ったと見なす。韓国が2期連続でマイナス成長率となったのは2003年が最後。当時、GDP増減率は1-3月期がー0.7%、4-6月期がー0.2%だった。それ以前は1997年10-12月期から1998年4-6月期までが唯一の景気低迷局面だ。

    韓国が今後1年以内に景気沈滞に陥る確率は33%と集計された。今年1月まで18%にすぎなかった数値が2月に20%となった後、急激に上昇した。カナダのスコシアバンクは50%と予想している。

    韓国経済の年間成長率マイナスを防ぐためには7-9月期、10-12月期に強い反騰が必要となる。しかし米国と欧州を中心に新型コロナが急速に拡大し、下半期の景気回復は不透明な状況だ。むしろ世界景気の低迷は始まりにすぎないという見方も出ている。JPモルガンは「2-4月の間にほぼすべての国が新型コロナに感染し、グローバル景気沈滞が訪れるだろう」とし「歴代最長期間のグローバル拡張傾向は終わり、今後は2020年の景気沈滞の強度とその期間を予測するのが問題」と述べた。

    特にゴールドマンサックスは20日、米国の4-6月期の成長率が-24%(年率基準)に急減する可能性もあるという見方を示した。これはグローバル金融危機当時の2008年10-12月期のGDP減少率(8.4%)に比べはるかに深刻な水準だ。

    米大統領経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は19日、CNNに「新型コロナパンデミック(世界的な大流行)は1929年の大恐慌事態を再現するかもしれない」と警告した。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/263961?servcode=300&sectcode=300

    2020.03.23 08:07

    引用元: ・【中央日報】「韓国の今年の成長率、通貨危機後初めてマイナス」…外国で悲観的な展望 [3/23]

    【どの財閥から吹っ飛ぶか見ものだw 【中央日報】「韓国の今年の成長率、通貨危機後初めてマイナス」…外国で悲観的な展望 [3/23]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/28(木) 11:23:13.18 ID:CAP_USER
    中央日報/中央日報日本語版2019.11.28 07:36

    #化学事業をするある大手企業は12月現在、年初に設定した業績目標を下回ることが確実視されている。同社の関係者は「原材料価格の上昇など外部要因に大きく影響を受ける事業の特性上、来年も業績が改善するとは考えにくい」とし「市場の状況が良くなるのを待つしかない」と話した。

    今年1年間、韓国国内企業の景気見通しは一度も楽観的ではなかった。企業が予想する今後の景気は2008年の世界金融危機以来、最も悲観的だ。

    全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院が600大企業(売上高基準)を対象に実施した企業景況判断指数(BSI)調査の結果、今年の年平均BSIは90.8だった。これは2008年の世界金融危機(88.7)以来の最低値。

    BSIは、100を超えれば今後景気が良くなると見る企業が悪くなると見る企業より多いことを意味し、100より低ければその反対を意味する。年平均値は2010年(108.2)以降、減少傾向が続いている。

    12月の月別BSIは90だった。月別BSIは2018年5月から19カ月連続で100を下回っている。回答企業は企業心理が冷え込んでいる原因に、米国と中国の貿易紛争、世界経済の減速による輸出不振を挙げた。輸出不振は結局、内需も冷え込ませ、これは設備投資、消費の減少につながる。

    12月のBSIは内需(95.4)、輸出(94.6)、投資(93.4)、資金(95.4)、雇用(97.6)、採算性(92.2)、在庫(103.4、在庫は100を超えれば悲観的な回答の在庫過剰を意味する)などすべての部門で基準以下となった。

    ただ、業種別には非製造業の内需分野で冬季の暖房需要増加と年末の製品販売増加が予想され、出版および記録物製作業(135.7)と電気・ガス業(122.2)などを中心に楽観的な見通しとなった。

    韓国経済研究院がこの日BSIとともに発表した11月の業績値は90.7だった。業績値は2015年4月(101.3)から55カ月連続で基準を下回っている。

    韓国経済研究院のチュ・グァンホ雇用戦略室長は「今年に続いて来年も国際的な貿易紛争と世界経済の減速で企業の困難が予想される」とし「規制改革や投資誘引策の準備など政策的な支援が必要だ」と述べた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/260012?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【経済の天災】韓国企業、19カ月連続で悲観的な景気見通し…「金融危機以来の最悪」

    【本望だろう【経済の天災】韓国企業、19カ月連続で悲観的な景気見通し…「金融危機以来の最悪」 】の続きを読む

    このページのトップヘ