まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:悲劇

    1: まぜるな!キケン!! 2022/11/12(土) 13:25:35.43 ID:Er862tsW
    韓国メディアや韓国識者の皆さんは、「日本に○○○された」「アメリカ合衆国に○○○された」と自身が被害者であると表明することが多々あります。

    「○○○に後頭部を殴られた」もそのような表現の一つで、友好国や同盟国はすべからく「韓国の望むとおりに動かなければならない」という前提で考えており、それが少しでも違うとすぐに「血盟だったのに」「同盟国だったはず」などと怒るのです。

    全く度し難い話ですが、韓国が認める友邦関係というのは、「恋人のように」「親子のように」切っても来れない関係、「無条件に自分を肯定してくれる存在」といったものなので、とても「よその国がなれるもの」ではありません。

    甘ったれといえば全くそのとおりで、つまり韓国とは(口にはしますが)「Win-Winの関係」など築くのは不可能です。

    なぜなら、韓国が求めているものは「どんなときでも韓国が無条件に利益を得る関係」だからです。

    「そんな要求を許容する国はない」のですが、韓国からすると「なぜ韓国の希望を容れないのだ」になります。

    容れない理由は「あんたのお母さんじゃないから」ですが、韓国にはこれが理解できず、そのため、「○○○された」という被害者の言い分を口にするのです。

    関川夏央先生は以下のように述べていらっしゃいます。


    (前略)
    関川 韓国の人たちと近代史の話をしていて違和感があるのは、「~された」という受け身のかたちだけで歴史を語ることです。

    「朝鮮は日本に侵略された」「朝鮮半島は南北に分断された」と、必ず自分が被害者となる。

    これは、「自己中心性」の別のかたちのあらわれでしょうが、しかし、それではいつまで経っても、歴史を自分のものとして責任を持つことが出来ないと思うのです。

    これも無理からぬところがあって、韓国は世界史において積極的な役割を一度も果たし得なかった。

    ちゃんとした戦争も、ちゃんとした革命もやらなかった。

    いわば「主体性」を持てなかった。

    そういうことが深い傷となって、いまなお苛立ち、悲しみ、悔しさとして続いているので、それが反日として結晶するんですね。

    悲劇の原因を、すべて他者に求めようとするのです。
    (後略)

    ⇒参照・引用元:『韓国・北朝鮮の嘘を見破る』編:鄭大均、古田博司,2006年(平成18年)08月20日 第1刷発行,「韓国・北朝鮮『自己絶対主義正義』の心理構造」著:櫻井よしこ(ジャーナリスト)、関川夏央(作家)、古田博司(筑波大学教授),pp24-25


    日韓首脳会談がまもなく開催されるという話が出ていますが(『Reuters』は2022年11月13日と報道)、岸田文雄首相が安易な妥協をしないように祈念せずにはいられません。

    日本は日本で「話し合えば分かり合えるはず」という幼稚な考えを捨てることです。

    (吉田ハンチング@dcp)
    https://money1.jp/archives/93451

    引用元: ・「韓国は必ず自分が被害者になる」悲劇の原因をすべて他者に求めようとする 世界史に積極的な役割を一度も果たし得なかった国 [11/12] [新種のホケモン★]

    【被害者コスプレ - 「韓国は必ず自分が被害者になる」悲劇の原因をすべて他者に求めようとする 世界史に積極的な役割を一度も果たし得なかった国 [11/12] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/30(月) 22:53:08.19 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「ノーベル化学賞受賞者」クルト・ヴュートリッヒ教授

    「ノーベル賞の季節」が帰ってきました。今年もノーベル賞受賞者が順に発表されます。今回も間違いなく「私たちはなぜノーベル賞を受けられないのか?」こういう残念な言葉が続くと思うと残念に思います。私たちの科学界は今、どのあたり来ていて、さらに何を実らせ補完しなければならないのでしょうか?ノーベル賞を受賞した大学者は私たちにどんな助言をするでしょうか?

    2002年「ノーベル化学賞受賞者」クルト・ヴュートリッヒ教授に聞いた。(長文につき一部抜粋)

    ●韓国科学界を永らく見守ってきました。今日「韓国の科学」をどのように評価されますか?

    私が博士の学位を受けた1962年に帰ってみれば、当時、韓国には事実上「科学」はありませんでした。戦争が終わって10年にもならず、学問的な土台は「廃虚」の状態でした。それから10年過ぎて韓国科学技術院(カイスト)が立てられました。その時、私は設立についてアドバイスしたので当時の韓国科学の水準を非常によく知っています。その時、スイスはすでに10人のノーベル科学賞受賞者を輩出していました。それと比較すれば、韓国の科学研究は出発が非常に遅れていたわけです。
    それでも韓国の現実は「私たちはなぜノーベル賞を受けられないのか?」と焦燥感を表します。それもとても多くです。おそらく受賞できないのが当然ともいえます。前に言いましたが、ノーベル賞だけ眺めて焦るのは悲劇的なことです。急がず余裕を持てと強調したいです。

    ●残念ですが、冷静な指摘です。

    もちろん、韓国科学は「応用科学」を中心に驚くべき発展を繰り返しました。初めは繊維のような労働集約産業が主でしたが、機械工学や電子工学、コンピュータ工学が発展し自動車と電子事業が量的にも質的にも驚くべき速度で成長しました。しかし、「基礎科学」は1980年代まで行なわれなかった状態でした。
    一部の科学者が研究しましたが、一般化する水準ではありませんでした。基礎研究を行う大学もなかったと見たら良いです。まず暮らしの問題を解決するために経済発展に集中し、基礎科学の代わりに応用科学に選択的に集中して発展させたと見ます。それは仕方ない選択でした。
    そうした点から見れば、基礎科学研究がまともに始まってからわずか20年ほどにしかなりません。20年という短い時間の中で基礎研究の基盤を用意することはできません。

    ●それでも、韓国人はノーベル科学賞受賞者を輩出するよう願っています。

    とても焦っています。冷静に見れば、大学院生の英語レベルは期待以下で科学的伝統も不足しています。それでも韓国政府と国民は「ノーベル賞」という成果だけに執着する傾向があります。「ファン・ウソク博士事件」も本質はそこにあったと見ます。当時、私も韓国にいてとても衝撃的でした。優秀な科学者がノーベル賞受賞を望む政府と世論の圧力に勝てなかったと見ています。
    ノーベル賞に対するそのようなせっかちな性質は問題を悪化させます。余裕を持たなければなりません。科学者1人が幻想的な研究結果を出したからといって直ぐ次の年にノーベル賞を受ける様なことは、断言しますが絶対起きません。科学での進歩は最小数年、あるいは十年以上単位でなされます。韓国特有のいわゆる「パリパリ(速く、速く)」文化は社会を躍動的でおもしろくさせますが、それは基礎科学分野では通じません。粘り強い投資と支援の他に近道はありません。
    (中略)
    韓国の隣国の日本も、基礎分野で世界的水準と評価された理化学研究所(RIKEN)が1917年に立てられ2年前、100周年をむかえました。そちらも設立32年後の1947年に初めてノーベル賞受賞者(湯川秀樹、ノーベル物理学賞)が出ました。そうした点で見る時、韓国はもう少し忍耐心を持って着実に基礎科学に投資しなければなりません。

    ハン・セヒョン記者

    出処:SBSニュース(韓国語)[取材ファイル] "ノーベル賞執着は韓国科学界の悲劇"…'ノーベル化学賞'プィトゥヒリ教授インタビュー
    https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005456980

    引用元: ・【ノーベル賞】 「ノーベル賞への執着は韓国科学界の悲劇」…ノーベル化学賞受賞者ヴュートリッヒ教授の指摘[09/28]

    【基本的なことを全然わかってないだろw 【ノーベル賞】 「ノーベル賞への執着は韓国科学界の悲劇」…ノーベル化学賞受賞者ヴュートリッヒ教授の指摘[09/28] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/24(月) 22:00:08.34 ID:CAP_USER
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/07/24/0800000000AJP20170724005000882.HTML

    【光州聯合ニュース】太平洋戦争中に女子勤労挺身隊として日本に徴用された経験を持つ梁錦徳(ヤン・グムドク)さんが韓国南西部の光州で行われた映画「軍艦島」(原題)の特別試写会に出席した。

     梁さんは自身が体験したことと同じような悲劇が映画の題材として扱われたことについて、「若い学生たちは、おじいさん、おばあさんが苦労した意味を忘れないでほしい」と述べた。

     梁さんは小学校6年生だった1944年に三菱重工の名古屋航空機製作所に強制徴用された。1日10時間以上の労働を強いられ、賃金をもらうこともできなかった。

     梁さんは同映画のスタッフが強制徴用された朝鮮人の惨状を扱ったことに感謝の気持ちを伝えた。また過去を記憶し、歴史を正しく伝えてほしいと語った。

     試写会は、配給会社のCJエンタテインメントが市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」の要請に応じ、実現した。同団体は端島(軍艦島、長崎市)炭鉱など、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制労働をさせられた7施設が含まれる「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録に反対してきた。

     映画「軍艦島」は、端島炭坑に強制徴用された朝鮮人が命がけで島を脱出しようとする姿を描いた作品。リュ・スンワン監督がメガホンを取り、ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンなどが出演した。韓国で26日に公開される。

    引用元: ・【韓国】強制徴用被害者が「軍艦島」観覧 「悲劇忘れないで」[07/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【また捏造かよ】「悲劇忘れないで」小学校6年生で強制徴用の被害者が「軍艦島」観覧】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 13:53:59.94 ID:CAP_USER.net
     ソウル市は今月初め、ホテル新羅が提出していた韓屋(韓国伝統家屋)様式ホテルの建設案を
    許可したが、韓屋ホテルの建設予定地は、かつて朝鮮総督府が伊藤博文を祭るために建立した
    「博文寺」のあった場所だ。この地で1939年、安重根(アン・ジュングン)の息子、安俊生(アン・ジュ
    ンセン)は伊藤博文の息子に対し「父に代わり謝罪する」と許しを請い、この一件を機に安俊生は
    「変節者(信念・主義・主張を変えた裏切り者)」のレッテルを貼られることとなった。

     その後、安重根の孫娘、ファン・ウンジュ氏は、おじの安俊生について「伊藤博文を射殺した『殺
    人者の息子』という呪縛に苦しめられてつらい人生を送ってきた。また、あの日の謝罪は日帝(日本
    帝国主義)の懐柔と圧力によって強制されたものだった」と主張したが、評価は変わらなかった。ど
    んなに執拗(しつよう)に懐柔され、残忍な脅迫を受けたとしても、安俊生があのとき折れなければ、
    韓国は民族的英雄の息子が親日反逆者になるという理不尽な歴史に直面することはなかったはずだ。

     今年初め、韓国のガールズグループ「TWICE」の台湾出身メンバー、ツウィがテレビ番組で台湾
    (中華民国)の「国旗」を振ったことが波紋を呼び、ツウィが中国に謝罪するという事態が起きた。い
    っそのこと歌手をやめてしまえばいいのに、なぜ謝罪したのだろうと思った。ところが台湾の人々は、
    ツウィを集中的に非難することはなかった。逆に動画を公開した台湾出身の歌手ファン・アンを糾
    弾する集会を開いた上、謝罪を強要したとしてツウィの所属事務所JYPエンターテインメントと中国
    のネットユーザーを一様に批判した。台湾の人々はさらに、ツウィを団結の求心点と考えた。ツウィ
    は「謝罪事件」の後、台湾の人々の拍手喝采を浴びながら台湾に帰り、中卒検定試験を受けたが、
    安俊生は植民地支配からの解放後にひっそりと(中国から韓国に)帰り、病魔と闘いながら寂しい
    死を迎えた。

     安俊生による1939年の謝罪は、朝鮮総督府の役人が同行したと考えると「演出されたショー」だ
    ったのは明らかだ。従ってわれわれは安俊生ではなく、彼を脅迫した朝鮮総督府を糾弾すべきだ
    ったのだ。しかし、われわれは加害者の前で被害者同士が争うという道を選び、その被害者を殺そ
    うとまでした。日帝は安俊生の謝罪を大々的に報道することで、この争いをあおった。一方、中国は
    そうすることはできなかった。台湾の人々の反応を見守った末、事態を早急に収拾する道を選んだ。

     最近、ソウル市教育庁(教育委員会に相当)が親日人名辞典を市内の学校に一方的に配布した。
    ソウル市庁の図書館に行き、3冊からなる分厚い名簿を読んでみた。4390人にも上る親日の人物
    のリストを子どもたちが目にすれば、民族的な侮蔑感を感じるだろう。そう考えると残酷な気がした。

     または「親日だったのは事実ではないのでは?」と深く考えるだろう。果たしてそう言うことはできる
    だろうか。親日人名辞典の収録対象には「毎日新報・満鮮日報など(朝鮮総督府の)国策機関紙
    の局長級以上と、論説部長、論説委員」が含まれている。このうち毎日新報は民族紙だったが、庚
    戌(こうじゅつ)国恥(日本による韓国併合)以降、一夜にして朝鮮総督府の機関紙になるという悲
    運を味わった。同紙の記者の多くはその後、親日の記事を書いた。

     しかし、1918年12月8日から12日まで5回にわたって同紙に掲載されたシリーズを読むと、考
    えが変わってくる。当時、日帝は英親王と李方子の結婚を機に「日本と朝鮮は一つ」と宣伝するよう
    毎日新報に指示した。記者たちはその指示に従った。しかし記者たちは「朝鮮人たちは日本の女
    と結婚し、順調に暮らした」と書いたにとどまらず「子どもたちも日本語しかしゃべらず、日本人とし
    て生きていく」という事実も報じた。これは親日の証拠なのか、抗日の証拠なのか。植民地支配下
    の朝鮮人たちはこの記事を読んで憤る一方、抗日精神を鼓舞するという本心を行間に込めた記者
    の意図を見抜いてほほ笑んだ。親日人名辞典にはこのような陰での奮闘が反映されていない。歴
    史の加害者の前でわれわれ被害者同士がかみ付き合うという悲劇は、もうおしまいにすべきだ。

    世論読者部=金泰勲(キム・テフン)部長
    no title


    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【コラム】親日派問題、韓国人同士でいがみ合う悲劇
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/08/2016040801966.html

    引用元: ・【韓国】 親日派問題、韓国人同士でいがみ合う悲劇~敵は外にいる/朝鮮日報コラム[04/09]

    【外の敵も朝鮮人だけどね【韓国】 親日派問題、韓国人同士でいがみ合う悲劇~敵は外にいる/朝鮮日報コラム[04/09]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2016/02/09(火)22:53:55 ID:???
    「子供たちに何の罪」…絶えない子供殺害『惨劇』
    子供は所有物という誤った観念が悲劇呼んで



    雪男去る8日、慶南(キョンナム)昌寧郡(チャンニョングン)に住むあるお父さんが9才の息子に睡眠薬を飲ませて眠らせた後、顔にビニール袋をかぶせて窒息させて殺した。

    このお父さんは「息子が旧正月を迎え、家出した母親を探すうえ、私が病気になった精神疾患を受け継いで、私のように育つかと思って怖くて殺した」と警察に述べた。

    全く理解することはできない殺害理由だ。

    両親が幼い子供を殺す悲劇が続けざまに発生する傾向だ。

    今回の正月連休の何日か前、家で中学校1学年娘(13)をでたらめに暴行して亡くなるようにし、死体を11ヶ月近く家に放っておいた牧師お父さんと継母が警察に拘束された。

    先月には7才になった息子を殴って亡くなるようにした後、死体を傷つけて冷蔵庫に3年超えて保管した両親が捕まって新年から世の中を驚かせた。

    京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)市では先月40代の家長が婦人と二人の子供など一家族3人を鈍器で殴って殺害して自身もアパートから落ちて自ら命を絶った。

    子供を犠牲の羊とした犯罪は今年だけの状況でない。

    昨年の正月連休には慶南(キョンナム)巨済市(コジェシ)に住む30代の家長が生活苦と心理的圧迫感のために妻と幼い子供3人を殺害して自殺した。

    子供の家で自身について行かないという理由で30ヶ月の実の娘を暴行して殺害した事件とうつ病を病む女性が夫婦げんかの後6才息子を首をしめて殺した事件も昨年に発生した。

    慶南(キョンナム)昌原市(チャンウォンシ)でチェ某(女・37)さんは2012年末、度々だだをこねた36ヶ月になった息子が自分に殴られて亡くなるとすぐに死体を石ころとともにカバンに入れて注南(チュナム)貯水池に捨てることさえした。

    両親が精神病を病んだり生活苦、家庭不和などが誤った判断を下すこともある。

    しかし表から見るのに別問題がない家庭でも子供が両親のために命を失う。

    その本質には『子供は所有物』という誤った価値観と極端に誤った判断が隠れている。

    子供を自身と別個の人格体、違う生活を送る社会人と考えずに所有物ないしは付属物という根強い誤った観念のために悲劇を呼び起こす。

    法体系もやはり子供殺害を防ぐには不足しているという認識が多い。

    韓国刑法は自身、または配偶者の直系両親を殺害した行為(尊属殺人)に対して一般殺人刑量(死刑・武器または、5年以上懲役刑)より高い刑量(死刑・または、7年以上懲役刑)を適用する。

    しかし子供を殺した犯罪(卑俗殺人)は別途加重処罰規定がなくて一般殺人条項を適用して処罰している。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201602/dh20160209130430137780.htm

    引用元: ・【韓国】絶えない子供殺害…子供は所有物という誤った観念が悲劇を呼ぶ[16/02/09]

    【これでは日本と価値観を共有できないなw 【韓国】絶えない子供殺害…子供は所有物という誤った観念が悲劇を呼ぶ[16/02/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ