まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:急ブレーキ

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/02(火) 08:20:03.64 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルス大流行以降に世界の「ラブコール」を受けた韓国の検査キット企業が「3大悪材料」に足踏みしている。検査キットの生産量増加で販売価格は下がり、主原料である抽出試薬価格は急上昇しているためだ。業界では予想より早く売り上げピークに達し下落傾向が始まるかもしれないとの悲観的な見通しが出ている。

    ◇輸出額前月より30%下落

    1日に産業通商資源部が発表した「5月の輸出入動向」によると、韓国の検査キット企業の輸出代金は1億3128万ドルで前月の2億65万ドルより34.5%減った。輸出金額は新型コロナウイルスが本格的に流行した2月に64万3000ドルで3月2410万ドル、4月に2億65万ドルに急増していたが上昇傾向が鈍化したのだ。マッコーリー投信運用ファンドマネジャーのノ・スンウォン氏は「恐怖に包まれひとまず検査キットの在庫を積み上げていた時期は終わった。各国が許可を受けた会社の製品だけ輸入するなど障壁が高まっている」と指摘した。

    過剰供給による価格下落も本格化している。4月に1個当たり12~14ドルを上回った検査キット供給価格は最近半分以下に落ち込んだ。食品医薬品安全処から検査キット輸出許可を受けた韓国企業は84社だ。ここに米国と欧州の企業を中心に検査キット生産も増加している。業界関係者は「受注競争が激しくなり一部の国は1個当たり5ドル前後を要求したりもする」と話した。

    生産設備を100%稼動していた雰囲気も変わっている。先月から工場稼動率が大きく落ち込んだ。コジェンバイオテクは先月最後の週に在庫負担のため生産を中断した。同社関係者は「今月は在庫減少など推移を見守った後で生産量を決めるだろう」と話した。ある企業は先月、生産量の3分の1しか輸出できなかった。

    ◇原材料価格も急騰傾向

    検査キットの核心材料である試薬と容器(チューブ)をほとんど外部から調達しているのも不安要因だ。ソルジェントのユ・ジェヒョン代表は、「試薬供給価格は新型コロナウイルス以前より2~5倍上がった。外部依存度が高い企業は収益下落につながるだろう」と話した。韓国企業は主に分子診断方式の新型コロナウイルス検査キットを輸出した。人のたんなど呼吸器検体を採取した後に核酸抽出試薬を混ぜ遺伝子増幅(PCR)を通じて陽性かどうかを判定する。

    この検査キットには5種類の試薬が容器に入っている。このうち3種類の試薬は生体で各種の化学反応を起こす蛋白質である「エンザイム」だ。患者からリボ核酸(RNA)を抽出してDNAに変えこれを数万倍に増幅させてRNA情報が損傷しないように化学反応を抑制する役割をする。これを独自に生産できる韓国企業はバイオニア、ソルジェントなど一部企業にすぎない。

    業界1位であるシージェンは抽出試薬をグローバル企業のロシュと韓国企業などから相当量を調達する。当初1週間当たり400万~500万個まで生産量を増やそうとしていたこの会社は先月第1週には200万個だけ生産した。試薬と容器などの材料調達に問題があったことがわかった。今月も1週間当たり300万個以下で生産する予定だ。業界関係者は「試薬を独自に生産すれば営業利益率が80%まで上がるが、輸入すれば50%以下に落ちる」と話した。

    ◇後進的な生産方式も障害

    手作業で検査キットを作ることも問題点と指摘される。大多数の検査キット企業が工場内で手作業により試薬を入れ販売する。試薬容器に名札を付けるのも手作業で行われる。このため生産過程でミスが少なからず出ていると指摘される。

    注文量を適時に処理できず一部企業は中国などから完成品を持ってきた後に箱だけ変えて売っているという指摘も出ている。業界関係者は「受注しながら生産量を合わせることができなかった企業が便法を使っている。結局韓国製品の質の低下につながり業界に良くない影響を与えるだろう」と話した。

    中央日報/中央日報日本語版 
    2020.06.02 08:00

    引用元: ・【中央日報】 輸出疾走していた韓国製コロナ検査キット…「3大悪材料」で急ブレーキ [06/02] [荒波φ★]

    【新型コロナの抗体検査に関しては今のところロシュのもの以外は全てゴミ。】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/12/15(木) 09:14:49.95 ID:CAP_USER
    Record china
    配信日時:2016年12月15日(木) 6時10分

    自動車生産量で15年は世界第5位だった韓国だが、今年は9月までの累積生産台数が303万1083台で前年同期比9.4ポイント減となった。これは、昨年世界第6位だったインドの同期間の累積生産台数(337万2086台・前年同期比7.9%増)と比べ約34万台少ない。また、今年の韓国の年間自動車生産台数は420万台ほどと予想されるのに対し、インドの生産台数は過去最大となる440万台を超えるものと見られている。

    自動車の輸出も似たような状況だ。韓国は自動車輸出国ランキングで05年に世界3位になった後、昨年までの11年間3位の座を守ってきた。しかし今年は生産台数の減少と世界的な景気萎縮に伴う販売鈍化などが重なり、自動車輸出国ランキング3位の座をメキシコに譲ることになりそうだ。今年1?10月のメキシコの完成車輸出台数は230万6293台で、韓国(206万5648台)を約24万台上回っている。韓国は自動車輸出総額でみても、14年に458億ドル(約5兆2700億円)でピークに達した後、2年連続で下落傾向が続いている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「韓国人でも、輸入車がもう少し安ければ国産車なんて乗りたくない」
    「私は高くても輸入車を選択した」
    「現代(ヒュンダイ)自動車が不動産投資(14年にソウルの韓国電力公社の敷地を10兆5500億ウォン[約1兆400億円]で買収)にうつつを抜かしているから、こんなことになるんだ」

    「現代自動車が生産工場を海外に移転している状況で、輸出台数が下がるのは当然の結果じゃないのか」
    「客観的に考えても国内で製造するメリットはないと思う。輸出ランキングを気にしている方がおかしい」
    「メキシコにそんなに自動車技術があったのか?」
    「こうなったのは貴族労組(組合員の平均年収が約1000万円水準の現代自動車の労働組合を指す)のせいでもある。このような組織は国のために早く解体すべきだ」

    「人件費を下げるしかないだろうな」
    「経営陣が生産計画を立てる時に労働組合にお伺いを立てないといけない会社なんて他にあるか?」
    「悪循環だな。国内ではなんとか売れていた国産車も内需低迷で国内の売れ行きまで減少し、研究開発費が削減され、良い製品がなくなって、売り上げがさらに減少する。それに伴って雇用も減っていく」(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/a157666.html

    引用元: ・【経済】韓国車の競争力に急ブレーキ、生産・輸出ランキングが軒並み下落=「韓国人でも国産車なんて乗りたくない」―韓国ネット [無断転載禁止]©2ch.net

    【【もう手遅れだが 】韓国車の競争力に急ブレーキ、生産・輸出ランキングが軒並み下落】の続きを読む

    このページのトップヘ