まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:忠誠

    1: ■忍法帖【Lv=13,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/18(月)12:44:42 ID:???
    ◎記事元ソース名/「万折必東」 韓国の駐中大使が中国の天子に忠誠?

     韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中大使が5日、中国の習近平国家主席に信任状を奉呈した際、芳名録に「万折必東」と
    記していたことが問題として浮上している。中国にあまりにおもねる表現だと受け取られたからだ。

     盧大使は「万折必東、共創未来」と漢字で記した後、韓国語で「これまでの困難はさておき、韓中関係の明るい
    未来を共に切り開いていくことを期待する」と書いた。

    中国・戦国時代の哲学家、荀子(じゅんし)の「宥坐篇」に登場する「万折必東」とは、「(黄河の)水が1万回曲がっても、必ず東に流れる」と
    いう意味だ。転じて「物事が曲折を経ても、道理に沿って成し遂げられる」という意味になる。

     しかし、西江大哲学科の崔珍晳(チェ・ジンソク)教授は16日、メディアへの寄稿で、「万折必東」は「諸侯の天子に対する忠誠」へと
    意味が拡大された言葉だと主張した。

    特に朝鮮時代には宣祖(ソンジョ)が壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の後、明に援軍派遣を感謝する手紙を送り、
    「万折必東、再造藩邦」すなわち「黄河が結局東に流れるように、明が諸侯の国(朝鮮)を再建してくれた」と書いて以降、
    明に対する変わらぬ忠誠を意味する言葉として使われてきたという指摘だ。肅宗(スクチョン)の時代には
    「崇明排清(明を崇拝し、清を排斥する)の聖地とされた京畿道加平郡の朝宗巌にも宣祖の筆跡を象った「万折必東」という文字が刻まれている。

     野党・正しい政党の河泰慶(ハ・テギョン)国会議員はフェイスブックで、「大韓民国は中国の従属国である諸侯の国であり、
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は習近平という天子様に仕える諸侯ということだ。盧大使を更迭し、揺らぐ独立国の綱紀を正すべきだ」と主張した。

    (中略)

    成均館大漢文学科の安大会(アン・デフェ)教授は本紙に対し、「『万折必東』は17世紀の朝鮮の知識人が
    明による『再造之恩』(滅んだものを救ってくれた恩)に感服するという意味で使い、
    そういう意味が広く知られた言葉であるため、原意とは関係なく、現在我々が使うには不適切な用語だ」と指摘した。
    外交筋は「万折必東を国内で使うならまだしも、中国の国家主席と会う席で使ったとすれば、誤解される余地が十分にある」と話した。

    朝鮮日報/12月18日
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/18/2017121800930.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【今も昔も半島は】「中国に対する変わらぬ忠誠」を記していた韓国の駐中大使 【朝鮮日報】】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/18(火) 00:25:39.13 ID:CAP_USER
    朴槿恵(パク・クネ)前大統領を批判するビラをまいて名誉毀損罪で8カ月拘束され釈放された
    パク・ソンス氏(44・全羅北道群山)が「朴正煕(パク・チョンヒ)大統領誕生100周年記念切手」を製作した。

    彼は
    「朴正煕生誕100年記念切手の発行が撤回され、
     これに挫折した守旧保守派の姿に限りない憐憫を感じ製作した」と明らかにした。

    郵政事業本部が作った正式な切手ではなく、朴正煕元大統領・朴槿恵前大統領を風刺したものだ。

    パク氏は、郵政事業本部が「朴正煕大統領生誕100周年記念切手」の発行を撤回した翌日の今月13日、
    「高木正雄誕生100年記念切手」を作った。

    記念切手の左側には、日本軍の軍服姿の朴正煕元大統領が、
    右側には囚人服を着た朴槿恵前大統領の写真が配置されている。
    記念切手の中央には、馬(朴槿惠とチェ・スンシル国政壟断の風刺)と
    洋酒(朴正煕元大統領が死亡した79年10・26事件当時、宮井洞安家での酒席を風刺)の絵が描かれている。

    記念切手の左下には
    「日本天皇に血書で忠誠の誓いをした日本軍人朴正煕、
     いわゆる高木正雄誕生100年記念、18ウォン」という文字が入っている。

    パク氏は記念切手を一万枚製作し、フェイスブックなどを通じて申請した人たちに無料で配っている。

    パク氏は
    「保守団体が朴正煕元大統領をまるで教祖を奉るかのように広報したいのか、
     今回の記念切手の発行論議を見て本当に執拗だと感じた。
     未だに朴正煕神話を押しつけて、そんな姿に失望と憐憫を同時に感じた。
     誤った歴史を人々に知らせ、新しい世界へ進もうという趣旨で記念切手を製作した。
     記念切手の発行を主張するナム・ユジン亀尾(クミ)市長にも近いうちに記念切手を送ってあげるつもりだ」と話した。

    パク氏は「トゥングリ」(原木)という名前で一人で活動する環境運動家だ。
    2006年8月から全国を流浪して『トゥングリの流浪闘争記』(2014年12月)という本を出版した。
    大学卒業後、環境団体で働きもしたが、懐疑を感じて一人で活動している。

    彼は朴元大統領を批判するビラを撒いて、2015年4月警察に逮捕され、8カ月間拘束状態で裁判を受けもした。
    彼は同年12月、朴元大統領名誉毀損罪で1審で懲役1年、執行猶予2年を言い渡された。

    写真:環境運動家のパク・ソンス氏が今月13日に発行した「高木正雄誕生100年記念切手」
    no title


    以下ソース:ハンギョレ 2017.07.18 00:07
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27944.html

    関連スレ
    【韓国】朴正熙元大統領誕生100周年記念切手 発行計画取り消し 政治問題に発展する可能性も[7/12] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1499860563/

    引用元: ・【韓国】朴正煕記念切手?“高木正雄切手”が出た[07/18]©2ch.net

    【【悪趣味だよなあ】「日本天皇に血書で忠誠の誓いをした日本軍人朴正煕 18ウォン」反パク・クネ運動家が朴正煕記念切手発行】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/08(木) 13:45:34.13 ID:CAP_USER
    マイラ・マクファーソン(<Myra MacPherson>元ワシントンポスト記者)は、20世紀アメリカ独立ジャーナリストの伝説I.F.ストーンの評伝を書き、タイトルをこう付けた。「すべての政府は嘘をつく」。生涯政府の嘘と真っ向から闘った彼の経歴を表わすのに、これほどのタイトルはなかった。ストーンがどれほど政府の嘘に執拗に食い下がったのか、アメリカ連邦捜査局(FBI)も彼を執拗に査察して、何と1600ページ余りのファイルを残した。

     ストーンが明らかにした代表的な政府の嘘が「トンキン湾事件」だった。米国防総省は米国の軍艦がベトナムの魚雷艇の攻撃を受け破壊されたと発表し、すべてのマスコミがオウムのように国防総省の発表をそのまま書き写し、戦争ムードを高めさせたが、ストーンは逐一疑問を提起して、ねつ造の可能性を提起した。彼の主張は7年後、国防総省の機密文書が暴露され事実であることが確認された。

     すべての政府は嘘をつく。軍は特に激しい。19世紀中葉、クリミア戦争当時の英国軍はバラクラヴァの戦闘で、指揮官の命令により軽騎兵旅団がロシア軍に向けて突進し、わずか10分間で半分を超える345人が犬死にした時も「連戦連勝」していると発表した。第2次世界大戦当時、日本軍も本土が廃墟になっている状況でも連日「皇軍の常勝疾走」と騒ぎ立てた。

     韓国軍にはさらに特別な伝統がある。6・25(朝鮮戦争)開戦初期、李承晩(イ・スンマン)大統領はソウルを最後まで死守すると発表して直後に逃げた。軍首脳部は前方で北朝鮮軍を撃退していると発表し、漢江(ハンガン)の橋を爆破して市民の避難を阻んだ。それでも一言の謝罪もしなかった。2012年、合同参謀議長が国政監査場で「ノック帰順事件」に関してついた嘘も、前者に比較すればかわいく見えるが、そうした伝統の中から起きたことだった。

     2004年は、作戦計画5029、西海(ソヘ)北方境界線銃撃事件をめぐる軍当局の隠蔽と嘘でしばらく騒々しかった。銃撃事件では報告の欠落と隠蔽にとどまらず、軍の最高情報当局者がマスコミを利用した世論操作を通じて、国民が政府に不信感を抱き政府と闘うように離間をはかった。「作戦計画5029」の推進は、これよりさらに深刻だった。韓国軍の国籍を疑わせるものだった。

     米国は1993年以来、北朝鮮の急変事態に備えた韓米連合軍司令部主管の作戦計画樹立を主張した。1997年12月、政権交代期の混乱を利用して、韓国軍当局は米国の要求をこっそりと受け入れた。新たにスタートした金大中(キム・デジュン)政権は困り果てた。白紙化もできず、とはいえ北の内部異常事態に対する作戦計画まで容認することもできなかった。戦時ではないのに、在韓米軍による主権侵害や内政干渉の可能性が大きかったためだった。

     仕方なく1999年に折衝したのが「概念計画5029」であった。概念計画は、図上プログラムにとどまるということだった。2004年、軍当局はこの概念計画を作戦計画に切り替える作業をしていた。大統領は一歩遅れてこれを知り中断させた。米国の不満と反発は深刻だった。韓米同盟解体云々の話も出てきた。これに対して盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は概念計画を修正することで誠意を示した。

     THAAD(高高度防衛ミサイル)問題は、それ以上に質が悪かった。政権交代期のざわついた合間を利用して、米国が願ったTHAAD配備をすばやく片づけようとしたまでは同じだった。しかし、そのために環境アセスメントなど韓国の国内法に違反した。また「米国と非公開にすることにした」という理由で、発射台4基の追加搬入を意識的に報告から漏らした。韓国軍当局にとっては米国の意志だけが重要で、国民や(国民が選んだ)軍の統帥権者、そして法律は眼中にもなかった。

     「国軍」とは、国民国家とともに誕生した国民の軍隊を意味する。封建王朝では王、諸侯、または豪族の軍隊であった。ナポレオンの軍隊がヨーロッパを制覇できた原因の一つは、軍人が国民の軍隊、自分の家族と祖国のための軍隊という自負心を持っていたためだった。こうした変化は、王朝を共和政に変えた革命の結果であった。国民の軍隊は、王の軍隊が一日8キロメートルを行軍する間に、40キロメートルを走って有利な高地を先占し敵を制圧できた。

     それでこのような慨嘆が出てくる。「韓国軍は果たして誰のための誰の軍隊なのか」、「果たして国民の軍隊なのか」。2回もクーデターで国民の選択を覆した経験があるので、国民や大統領を統帥権者として受け入れることを刺々しいと思うのかも知れない。それでは米国に対する忠誠は、なぜそれほどまでに盲目的なのか。

    クァク・ビョンチャン先任論説委員 

    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/27570.html
    登録 : 2017.06.07 23:22修正 : 2017.06.08 07:02

    引用元: ・【コラム/ハンギョレ】韓国軍は本当に国民の軍隊なのか[6/8] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【指揮権は在韓米軍にあるからな】ハンギョレ「THAADで米国に盲目的忠誠、韓国軍は本当に国民の軍隊なのか」】の続きを読む

    このページのトップヘ