まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:必要

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 21:49:04.37 ID:CAP_USER.net
    (画像)
    no title


     柳興洙(ユ・フンス)駐日韓国大使は22日、韓国と日本の関係について、「暗くて長いトンネルの出口に来ている」と述べ、
    今後に期待感を示しました。

     柳興洙大使は、22日、東京で開かれたフォーラムで、国交正常化50周年を迎えた韓日関係について、「暗くて長い
    トンネルの出口に来ている。もう少しで明るい日差しが当たる場所に出ることができる」と述べました。

     柳興洙大使は、韓日関係における重要な出来事として、国交正常化50周年記念日に朴槿恵(パク・クネ)大統領と
    安倍晋三首相がそれぞれ相手国の記念行事に相互出席したこと、安倍首相が発表した「戦後70年談話」で、歴代の
    談話を継承するとの内容が盛り込まれ、韓国政府が慎重に反応したこと、韓日首脳会談が実現したこと、朴槿恵大統領の
    名誉を毀損したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対して裁判所が無罪を言い渡したことの4つをあげ、
    「韓国と日本はこの4つの山場をうまく乗り越えてきた。旧日本軍慰安婦問題も、来年は良い結果を得ることができると期待している」
    と述べました。

     また、柳興洙大使は、「韓国戦争当時、日本は物資の供給基地としての戦争特需を享受し、韓国は、国交正常化以降、
    日本からの協力資金と技術支援をもとに成長した。両国は、互いに助け合う、お互いに必要な存在」と強調しました。

    KBS WORLD RADIO 2015-12-22 14:46:59
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=57509

    引用元: ・【日韓】柳興洙駐日大使 「韓日関係は暗いトンネルの出口に」「両国は、互いに助け合う、お互いに必要な存在」[12/22]

    【幻覚ですよ。【日韓】柳興洙駐日大使 「韓日関係は暗いトンネルの出口に」「両国は、互いに助け合う、お互いに必要な存在」[12/22]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 22:22:02.88 ID:???.net
    2015年11月17日、韓国・聯合ニュースによると、過激派組織「イスラム国(IS)」に加わった可能性があるとされた
    10代の韓国人男性が死亡したとみられると、韓国外交部が明らかにした。

    同部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官はこの日、韓国国会の外交統一委員会で開かれた緊急懸案懇談会で、
    男性について「死亡したと推定される」と述べた。トルコ大使館などを通じ男性の行方や安否について確認を進めてきたが、
    決定的な事実は確認できていないという。

    また林次官は、このほどフランス・パリで起きたテロ事件について「過激主義に基づくテロとみられる」とした上で、
    韓国でも同様のテロが起こる可能性を排除できないと述べた。

    この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

    「こんな死に方、何の意味もない」
    「若いのに、一度しかない人生を捨てるとは…愚かだ」
    「どうなろうと興味はない。自分が好きで行ったんだから、同情する必要もないと思う。テロ集団に加担したのであればなおさら」

    「自分の足で行った人を、安否まで心配しないといけないのかな?」
    「何のために生き、何のために死んだのか…」
    「何も確認できていないのに、なぜ死んだと言えるんだ?そのうちテロリストとなって現れるかもしれない」
    「外交部はこんなことに気を遣ってないで、海外同胞の安全確保に集中してほしい」

    「こんな人に国費を使う必要はない」
    「両親の心にくぎを打ち付け、国民全員から非難される。哀れな人生だ」
    「テロ行為に加わったというニュースよりは、まだ良かったと言うべきなのか…」
    「放っておけばいい。彼はもう韓国国民ではなくISのメンバーなんだ」

    (翻訳・編集/和氣)

    レコードチャイナ 2015年11月17日(火) 22時10分
    http://www.recordchina.co.jp/a123390.html

    引用元: ・【IS】ISに参加とみられる韓国人が死亡か、韓国政府が発表 韓国ネットから厳しい声「放っておけばいい」「同情する必要はない」[11/17]

    【銅像建ててやれよ 【IS】ISに参加とみられる韓国人が死亡か、韓国政府が発表 韓国ネットから厳しい声「放っておけばいい」「同情する必要はない」[11/17]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/10/25(日)16:07:16 ID:HWI
     米国の次期大統領選挙の共和党候補指名争いでリードするドナルド・トランプ氏が先ごろある講演
    で、根拠のない「安全保障ただ乗り論」を持ち出して韓国を批判したとき、その場でマイクを取って
    発言を正したのは韓国系の大学生だった。彼は数カ月前、安倍晋三首相がハーバード大を訪問した際
    にも旧日本軍の慰安婦問題について鋭い質問を投げ掛けた。彼は「影響力のある人が間違ったことを
    言えば、知らない人は真実だと思ってしまう」と述べ「もどかしさのあまり」積極的に質問したと明
    かした。

     さらにもどかしいのは、たった1人の韓国系大学生が東奔西走して大物と対決したという事実だ。
    韓国に関する誤った情報について、韓国の立場で説明し、論述してくれる人が米国にはこんなにもい
    ないのか。韓国国際交流財団の柳現錫(ユ・ヒョンソク)理事長は「米国で韓国専門家といえる人が
    ごくわずかなため、何か起きたときに韓国の立場を説明してくれる人があまりいないのが実情だ」と
    語る。この現状を変えるため、国際交流財団は先ごろ、米シンクタンクと共同で次世代の韓半島(朝
    鮮半島)政策専門家を自ら育成することを決めた。

    中略:外交部でも政策分野の広報外交が弱いとの声が出ている。イメージアップの外交活動は成果を
    上げ、K-POPや韓流も利益を産んだが具体的な政策広報は不十分というのが衆論だ。同盟国であり、
    影響力の強いアメリカの理解をえることは国益に直結する。それにはシンクタンクに働きかけること
    だ。シンクタンクの報告書は政治家や官僚に対して影響力が大きい。それを活用するのだ。

     日本はこうした手法をよく活用してきた。ワシントンには「菊クラブ」と呼ばれる親日派・知日派
    の人々がいる。長きにわたり日本に関心を持ち、研究してきた外交官やシンクタンク研究員たちだ。
    彼らは米国国内で、日本に有利で友好的な声を上げる。今年2月、当時のシャーマン国務次官が韓中日
    の歴史問題をめぐる対立について「3カ国全てに責任がある」という趣旨の発言をしたことや、シャピ
    ロ元商務次官が昨年、韓日関係を念頭に「ベトナムは過去を差し置いて韓国との関係正常化に合意し
    た」との主張を雑誌に寄稿したことも、菊クラブの影響によるものと分析される。

     日本政府は昨年「日本側の基本方針と対処が正当な評価を受けられるよう、対外広報を強化」する
    ことを決定、広報外交予算を前年の3倍近い520億円に増やした。目標は、領土の保全と歴史認識を含
    めた日本の姿勢を周知させ、日本の魅力を伝え、日本に友好的な人を増やすことだ。米国の要人たち
    の日本寄り発言が相次いでいるのを見れば、こうした政策が効果を挙げていると言わざるを得ない。

     外交部傘下機関、国立外交院のキム・テファン教授によると、日本の広報外交予算は韓国の9倍ほど
    だ。韓国も努力をしなかったわけではなく、これまで米国の複数のシンクタンクに働き掛けてきた。
    国際交流財団は2009年、戦略国際問題研究所(CSIS)に寄付金で研究活動を行う「韓国碩座(せき
    ざ)」職を設け、昨年にはSKグループと共同でブルッキングス研究所に韓国碩座職を新設した。また、
    現代自動車グループとはウッドロー・ウィルソン・センターに韓国歴史・公共政策研究センターを設
    置した。だが、日本と比べるとまだ不十分だ。

     先ごろ訪米した朴槿恵(パク・クネ)大統領は「韓米同盟は世界で最も強力な同盟になるべきだ」
    と述べた。強力な同盟を築くには、公式的な外交関係も盤石であるべきだが、同時に相互理解の裾野
    を広げていかねばならない。シンクタンク、議会、学校などさまざまな分野で、韓国を理解し、韓国
    のために声を上げてくれる人々を増やす必要がある。それは単に日本との競争を意識してのことでは
    ない。米中の狭間での微妙な立場を説明する上でも役立つに違いない。ワシントンの「政策アイデア
    生産拠点」に対する投資は、意外に高い利益を生むかもしれない。そしていつの日か、米国で「無窮
    花(=ムクゲ、韓国の国花)クラブ」が誕生すると期待したい。

    姜仁仙(カン・インソン)論説委員

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/24/2015102400537.html

    引用元: ・【朝鮮日報コラム】ワシントンに親韓派の「ムクゲクラブ」が必要だ[10/25]

    【李氏朝鮮のスタイルでは通用しませんよ。w 【朝鮮日報コラム】ワシントンに親韓派の「ムクゲクラブ」が必要だ[10/25]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 09:52:44.87 ID:???.net
    ※ 元ネタはコチラ(週刊ダイヤモンド)
    http://diamond.jp/articles/-/80486

    日本で起きている嫌韓ムードが韓・日のビジネスに拡散している事が判明した。

    日本のビジネス情報誌『週刊ダイヤモンド』は最新号で韓・日のビジネスマン6030人(日本人
    5000人、韓国人1030人)を対象にアンケート調査を行った結果、日本人の80%が「ビジネスで
    韓国は必要ない」と回答したと伝えた。 一方、韓国人の70%はビジネスで日本が必要である
    と答えた。

    この調査は来月1日に開かれる韓・日首脳会談を控えて実施された。 しかし雑誌は韓・日
    首脳会談を控えて嫌韓ムードが経済分野にも広がっているとし、韓・日間の融和は容易な
    事ではない指摘した。雑誌はこれまでの政治・外交的萎縮とは異なり、冷情な韓・日関係を
    維持した事業も嫌韓の影響を受けていると警告した。

    アンケートの結果、日本のビジネスマン70%と韓国のビジネスマン80%はマスコミの偏向報道
    が韓・日関係に悪影響を及ぼしていると答えた。日本人は悪影響を与えるメディアとして
    41.7%が日本のマスコミを指して、41%は韓国のマスコミを問題にした。一方で韓国人は自国
    のマスコミが原因という回答が19.3%に止まり、日本マスコミが悪い影響を与えているという
    回答が78.5%に達した。

    この雑誌はマスコミが自国の世論の嗜好に追従して報道する、大衆迎合主義に付いて
    中心を失ったと指摘した。 例えば韓国メディアは対日関連の報道で『反日感情』を敷いて
    いて、日本のマスコミもこれまでタブー視されていた嫌韓報道にまでエスカレートしている
    のである。雑誌は特に、日本は嫌韓コンテンツを商業主義的に眺める流れが強まっている
    と警告した。

    ソース:NAVER/毎日経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=009&aid=0003603791

    引用元: ・【経済】日本人の8割、「ビジネスで韓国は必要ない」[10/27]

    【明らかな障害だよな 【経済】日本人の8割、「ビジネスで韓国は必要ない」[10/27]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 00:34:05.19 ID:???.net
    no title


     4・5歳のころの記憶が残っているというなら、それだけ印象が鮮烈だったということだろう。日本
    のアニメ映画『風立ちぬ』が着想されるきっかけとなった小説の作者・堀辰雄は「唯(ただ)一つ、こ
    ういう記憶だけが私には妙にはっきりと残っている」と自伝的作品『幼年時代』に書いている。「或
    る晩、母が私を背中におぶって、土手の上に出た。そこには人々が集って、空を眺めていた。母が
    言った。『ほら、花火だよ、綺麗(きれい)だねえ…』。みんなの眺めている空の一角に、ときどき目
    のさめるような美しい光が蜘蛛手(くもで)にぱあっと弾(はじ)けては、又ぱあっと消えてゆくのを
    見ながら、私はわけも分からずに母の腕のなかで小躍(こおど)りしていた」。堀は1904年生まれ
    だ。そのころ既に、日本の花火はとても華やかだったようだ。

     日本では花火を「はなび」という。朝日新聞がアンケート調査で「夏と聞いて思い浮かべるもの」
    を尋ねたところ、スイカやかき氷でなく花火が一番多かったそうだ。日本では夏の終わりに全国約
    700カ所で花火大会が行われる。だから、日本人には「花火」にまつわる思い出が多い。父親の肩
    車、母親のおんぶ、恋人の手…。花火の特徴は、「差別がないこと」と言われる。老若男女や貧富
    に関係なく、誰もが見て楽しめ、感じることができるからだ。

     堀が見た花火は東京の「隅田川の花火」だった。1732年の大飢饉(ききん)で死んだ人々の鎮魂
    を目的に始まったもので、毎年約100万人が一帯に集まる。この花火を見たのは2007年のことだ
    った。花火がよく見えることで知られる川岸の「名スポット」近くに開始1時間前に来た。大勢の
    人々がビルの間の決められた道を歩いが、その歩みは亀と同じくらいのスローペースだった。「も
    う少しくっついて速く歩けば観賞スポットまで行けるのに」と焦っているうちに花火が終わってしまっ
    た。打ち上げの大きな音を聞いただけで、火花一つ見られなかった。

     その日、人々の通行は規制されていた。案内員が多数、あちこちに立ち、見物客が早足で歩い
    たり先に行ったりできないようにしていた。このため、道にはゴミもなかった。こうした厳しい規制が
    大惨事をきっかけに生まれたことは後になって知った。その大惨事とは、2001年に明石市民夏ま
    つり花火大会(兵庫県明石市)で11人が圧死し、247人が負傷した事故のことだ。死者のうち9人
    が子どもだったという。人員不足で歩道橋の規制に失敗したためだった。後日、裁判所は判決文
    で、この惨事を「地獄絵図のような群衆なだれ」と表現した。

     先日、ソウルの夜を花火が華やかに彩った。規模・内容とも世界レベルと称賛され、花火を見に
    来た人々も80万人に増えた。だが、30トンものゴミの山は相変わらずだった。韓国の花火大会の
    歴史は長くない。年を重ねるごとに規模は大きくなり、見物客も増えるだろう。危険と悪影響はゴミ
    ぐらいでは終わらないかもしれない。花火の素晴らしさにふさわしい市民意識と適切な規制が必
    要だ。

    鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【萬物相】韓国の花火と日本の花火[>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/10/2015101000363.html

    引用元: ・【日韓】 韓国の花火と日本の花火~花火の素晴らしさにふさわしい市民意識と適切な規制が必要/鮮于鉦・萬物相[10/11]

    【花火の起源は韓国 【日韓】 韓国の花火と日本の花火~花火の素晴らしさにふさわしい市民意識と適切な規制が必要/鮮于鉦・萬物相[10/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ