まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:必要性

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2016/01/25(月)13:11:17 ID:???
    デート暴力男77%は前科…韓国版『クレア法』可能だろうか
    幼い時期虐待・家庭不和も暴力原因…人権侵害論議不可避



    デート暴力を防ごうとするならデート相手方の前科を照会できる韓国版『クレア法』導入を考慮しなければならないという研究結果が出てきて関心を引く。
    実際に恋人に暴力を振るった『デート犯罪者』の70%以上が前科があると調査された。

    25日韓国刑事政策研究院ホン・ヨンオ研究委員などが出した『女性対象暴力に対する研究』報告書を見れば2005年から10年間、恋人を対象に殺人・性暴行など4種類犯罪を犯したこれらのうち前科者は76.6%であった。

    前科がない初犯は10人中2人の割合だった。

    報告書は交際相手方に対する選択のために情報を提供することが重要なので『前科情報公開制度』導入を検討しなければなければならないと提案して『クレア法』という『家庭内暴力前科公開制度』を例にあげた。

    2009年クレア・ウッドという英国女性がインターネット恋愛サイトで会ったボーイフレンドに殺害される事件が発生した。
    ボーイフレンドは過去自身の恋人を暴行して虐待した前科があった。

    この事件が発端になって英国は2012年から地域警察が現在または新しい恋人によって暴力危険に露出した女性たちに恋人の暴力前科を公開することができるように推進してきた。

    潜在的被害者である女性が交際相手の暴力前科を警察に『問い合わせする権利』と警察が事前にその危険性を認知した場合、当事者の要請がなくても潜在的被害者に情報を提供して『知る権利』を保障することが主な内容だ。

    英国で地域情報公開決定委員会が人権保護法などを遵守して公開の有無を慎重に判断するように徹底した基準を置いて前科情報を公開するならば犯罪被害予防という公益と個人プライバシー保護の均衡を探せると見ては主張した。

    実際に交際経験がある成人女性2千人を対象にしたアンケート調査でデート暴力予防のために相手方の前科照会を許容することに『徹底した管理を前提に賛成』するという応答が48%で最も高かった。
    『全面的に賛成』は38.8%で賛成の見解が全体の86.8%であった。

    『人権問題があるので反対』は9.8%、『全面的に反対』は3.5%であった。

    男性回答者は『全面的に賛成』が22.5%、『徹底した管理を前提に賛成』が40.2%で女性よりは多少低くなったが賛成見解はさらに多かった。

    恋人を相手にした犯罪者は幼い時に虐待された場合も多かった。

    2011~2014年の性暴行・殺人で位置追跡電子装置付着命令のための請求前調査を受けた方の記録を見れば恋人を殺害した犯罪者のうち36.1%が『幼い時に虐待の経験がある』と答えた。

    交際経験がある成人男性2千人に対するアンケート調査でも暴力を加えた経験がある回答者はそうではない回答者に比べて成長期に両親の暴力を目撃した経験がさらに多いことが分かった。

    幼い時期に暴力と虐待被害を多く見たことが明らかになって『暴力の循環性』を示していると報告書は説明した。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201601/dh20160125100042137780.htm

    引用元: ・【韓国】デート暴力の男性の77%は殺人・性犯罪などの前科…韓国版『クレア法』導入の必要性[16/01/25]

    【無理なことを 言うな 【韓国】デート暴力の男性の77%は殺人・性犯罪などの前科…韓国版『クレア法』導入の必要性[16/01/25]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/08/06(木)20:02:22 ID:0fk
    鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会(KFA)名誉会長(64)が17日、
    フランスのパリで国際サッカー連盟(FIFA)会長戦への出馬宣言をすると明らかにした。

    彼は「スイスのチューリヒで出馬することも考えたが、
    パリは交通が良くFIFA創立当時パリから始まった点を考慮して決めた」として
    「プラティニ氏がフランス人であるというような部分も勘案した」と説明した。
    鄭名誉会長は「(FIFA会長戦への出馬は)十分に価値があると考えて一生懸命にやる」としながら
    「1人でできることではない。国民の皆さんが関心を持ってくれたら調子に乗っていける」とつけ加えた。

    鄭名誉会長はFIFA会長選挙戦勝利のために中国・日本など東アジア諸国の共助の必要性も提起した。
    彼は最近、読売新聞とのインタビューで「日本が助けてくれれば当選の可能性が99%だといった」
    としながら「本当にそのように思っている」と伝えた。

    http://japanese.joins.com/article/147/204147.html?servcode=600§code=610

    引用元: ・【韓国サッカー】鄭夢準、17日「FIFA会長戦出馬」公式宣言…「日本の助けあれば99%当選」と日中との共助必要性も提起[8/6]

    【なに言い出してんの、このおっさん【韓国サッカー】鄭夢準、17日「FIFA会長戦出馬」公式宣言…「日本の助けあれば99%当選」と日中との共助必要性も提起[8/6]】の続きを読む

    このページのトップヘ