まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:必要性

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/16(火) 10:13:28.00 ID:CAP_USER
     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、韓国軍の将官昇進申告式で、軍に対し「切歯腐心」(歯ぎしりして悔しがること)の精神を持てと7回強調した。文大統領は、植民地や第2次大戦、6・25(朝鮮戦争)などの歴史に言及し「結局は力がなければ平和を成し遂げられない」として戦時作戦統制権(統制権)や北朝鮮非核化の問題に触れた。ただし、誰を相手に「切歯腐心」せよというのかは明言しなかった。このところ、米朝対話における仲裁者を自任していたものの米国・北朝鮮双方から「自分たちの側に立て」と迫られる状況になったことを受け、強い国防力の必要性を強調したものと解されている。

     文大統領は「われわれは終戦後70年近く、いまだに韓米同盟へ絶対的に依存し、独自の統制権も持てずにいる」「南北間の分断が克服された後も、世界最強の諸大国に囲まれているというのがわれわれの地政学的安全保障環境」だとして「今こそ、強い軍隊について切歯腐心する心構えを持ってほしい」と語った。「切歯、歯ぎしりし、腐心、胸に刻み」と言葉の意味まで説明した。

     文大統領は「南北間の対話を通して南北関係を改善し、北朝鮮の核も対話と外交を通して解決すべきだと考えているが、対話を通した解決も、強い力があってこそ初めて成功し得る。その主役が皆さんだ。使命感と責任感を持ってほしい」と語った。

     さらに文大統領は壬辰(じんしん)倭乱(文禄・慶長の役)、丙子胡乱(後金および清の朝鮮侵略)などにも言及し「あのようなことに直面したら、それこそ切歯腐心すべきではないか。それができずに、結局われわれは国を失った」「植民地を経験し、第2次大戦の終戦で解放されたが国は南北に分断され、分断された南北の間で同族相争う戦争が起きた。国連軍の参戦でなんとか国を守ることができた」「そうして戦争が終わったならば、本当にわれわれは、今こそ自分たちの力で自分たちの国を守れる、そしてその力で分断も克服し、北東アジアの安定と平和まで成し遂げる、強い国防力を持つことに切歯腐心するのが当然だ」と語った。

    鄭佑相(チョン・ウサン)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<文在寅大統領、壬辰倭乱に言及し国防力の必要性を強調>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/16/2019041680039.html

    引用元: ・【韓国】 文在寅大統領、壬辰倭乱に言及し国防力の必要性を強調~韓国軍の将官昇進申告式で[04/16]

    【主敵は日本【韓国】 文在寅大統領、壬辰倭乱に言及し国防力の必要性を強調~韓国軍の将官昇進申告式で[04/16] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/10/07(日) 19:20:21.52 ID:CAP_USER
     韓国与党・共に民主党のイ・ヘチャン代表は5日「平和体制を定着させるには国家保安法などをどうするか今後検討が必要であり、また南北関係に関する基本法についても検討すべきだ」との考えを示した。

     北朝鮮の平壌で開催された「10・4宣言11周年記念式典」に出席したイ代表はこの日記者団に対し「(平和体制を実現させるには)法律的に検討すべきことが多い」とした上で上記のように述べた。北朝鮮で国家保安法の廃止あるいは改正の必要性に言及したことになる。

     イ代表は「平和体制を定着させるには、それに伴う法案や関係する法律について国会で検討しなければならない」とも述べた。

     イ代表は具体的に国家保安法のどの部分を検討すべきかついては言及しなかったが、国家保安法の核心となる「反国家活動」や刑法上の「敵国に利益を与える行為への処罰」などについては、与党として検討する可能性が高そうだ。

     イ代表は北朝鮮最高人民会議の安東春(アン・ドンチュン)副議長らとの会談で「私が生きている限り、絶対に(政権を)奪われないよう固く決意している」と述べた。

    平壌= 共同取材団 , 宣政敏(ソン・ジョンミン)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<訪朝イ・ヘチャン氏、国家保安法の廃止・改正の必要性に言及>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/06/2018100600471.html

    引用元: ・【韓国】 訪朝したイ・ヘチャン与党代表、国家保安法の廃止・改正の必要性に言及[10/06]

    【【韓国】 訪朝したイ・ヘチャン与党代表、国家保安法の廃止・改正の必要性に言及[10/06] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/14(火) 20:56:41.31 ID:CAP_USER
    日本政府・財界関係者らと会談 関係改善の意志表明=韓国次官

    【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙顕(チョ・ヒョン)第2次官は13日、東京で日本政府や財界の要人らと会談し、両国関係の改善に向けた韓国政府の意志を伝えた。同部が14日、明らかにした。

     12日に訪日した趙氏は13日に日本商工会議所の三村明夫会頭や経団連の久保田政一事務総長、日韓経済協会の佐々木幹夫会長らの財界関係者と面談。杉山晋輔外務事務次官や黒川弘務法務次官、宮野甚一厚生労働審議官、小松親次郎文部科学審議官らとも会談した。

     外交部は「韓日関係改善に向けたわが政府の意志を示し、韓国人材の日本企業への就職拡大の必要性を強調した」として、「日本側も必要性に共感し、緊密な協議を通じて日本企業が望む人材に関する情報提供、韓国人学生の日本留学拡大と就職支援など、協力策を具体化していくことにした」と説明した。

     また、両国の大学間での単位互換制度を拡大し、韓国の大学3年生が日本の大学4年生課程を修了後、現地で就職することを積極的に推進することにした。法務省や厚生労働省とも協力策を議論していく方針だ。

     日本の経済団体も韓国の人材の日本進出を歓迎し、求人情報の提供などで積極的に協力することにした。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/14/2017111402043.html


    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1510655490/

    引用元: ・韓国政府、日本に関係改善の意思を伝える「韓国人材の日本企業への就職拡大の必要性を強調。日本も共感」★4

    【【こいつらって本当に最低だな】 韓国外交部「韓日関係改善に向けた意志を示し、日本側も必要性に共感した」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/02/21(火) 07:12:22.75 ID:CAP_USER
     開幕まで1年を切った平昌五輪。韓国社会を激震させる国政介入事件の中心人物、崔順実被告一族による平昌五輪への利権疑惑で国民の関心は冷め、最近の世論調査では国民の49%が五輪に興味がないと答えた。関心があると応えた48%を上回っていた。

     その反動なのか。地元・江原道は150万人を予想する外国人を含む観光客の「おもてなし」をもくろみ、最大1000万ウォン(約100万円)を支援して会場周辺の飲食店の改修を促す。

     ところが、2週間しか開催されない五輪のために改修する必要性があるのかと店主らは全く乗り気ではない。昨年初めからの呼び掛けに実施率はわずか1.1%という惨状。さらに韓国の伝統的な食用文化である犬肉に反発を示す外国人観光客のために看板を外す費用も援助するとしているが、その場しのぎと批判が渦巻く。

     ネットユーザーからは「なぜ誘致してしまったのか」という嘆きが改めて五輪の現状を浮き彫りにしている。

     2月9日に開幕まであと1年を迎えた平昌五輪に関し、韓国メディアはこぞって特集を組んだ。競技が開催される12競技場のうち、新設6カ所の工程率は96%に上り、ハード面が順調なのを強調していた。

     これに反し、崔被告一族が自らの五輪利権の足かせになったとして五輪組織委員会の前委員長を突然更迭させたり、崔被告が実質的に支配していたKスポーツ財団などの設立に大手企業から巨額費用を拠出させたりしたとして、国民には「崔順実が“五輪=お金”と考えていたというニュースを見て、一気に(五輪への)関心がなくなった」などと冷めた雰囲気が蔓延し、運営などのソフト面の準備状況に多大な影響を及ぼしている。

     実際、李煕範(イ・ヒボム)委員長は中央日報のインタビューに国政介入事件が準備に打撃だったことを認めたうえで「国民に平昌五輪のマイナスイメージがインプットされた」とし「『五輪返上』という極端な反応も一部ではあった」と明かしている。

     国内で盛り上がらない分を外国からの観光客でと考えても不思議はない。だが「五輪観光客を迎える準備はまだという評価が出ている」と朝鮮日報は問題視する。というのも、江原道は、飲食店を外国人に対応するようにトイレを男女別に設置したり、しゃがみ込む和式トイレから変更したり、床に座る「韓国型座卓」をイスとテーブルに変更したりを奨励し、1000万ウォンを支援すると施策を打ち出したものの、「店主らはあまり乗り気ではなさそうだ」という。

     その理由として、店の規模によっては支援額以上の3000万~4000万ウォンかかるケースがあり、2週間の五輪が終われば、結局、来店するのは韓国人が主になるだろうからだ。「お金をかけてまで変えたくない」というのが本音だ。さらに、来るか来ないか分からない「外国人客のために設備を変更する必要性を感じない」とし、五輪に対応する温度差を如実に示す。

     このため五輪開催都市の平昌郡、旌善郡、江陵市の飲食店で五輪に関わる改修を実施した店舗は3308店のうち38店しかなく、わずか1.1%に過ぎないという。五輪メイン開催都市の平昌郡では1100店のうち6店で、実施率は0.5%。五輪に対する官民の意識の差を示した。

     韓国では、犬の肉を使用して体に栄養を補うスープ「補身湯(ほしんとう)」を食べる風習がある。ただ、1988年ソウル五輪ではソウル市内にある犬肉レストランが閉鎖され、否定的な意見に敏感に反応していた。昨年7月には、イタリア・ベルルスコーニ政権時代に美人すぎる観光相と話題になったミケーラ・ブランビラ女史(49)が韓国人が犬肉を食べることを中断しなければ、イタリアはもちろん欧州の国々は平昌五輪をボイコットすべきだと主張したと聯合ニュースなどに報じられた。

     この状況を受けて、江原道は2月12日、地元の飲食店に補身湯などの提供を控えるよう要請し、看板を外す費用として最大1000万ウォンを支援する計画を明らかにした。対象は40店と韓国紙・毎日経済が報じた。韓国の否定的なイメージの拡散を懸念した措置だが、ネットユーザーからは「その場しのぎの対策では意味がない」とか「犬食自体を禁止する法律をつくるべき」という意見の一方で、「犬肉を食べる韓国が嫌いなら来なければいい」など干渉を嫌う声が寄せられていた。

    http://www.sankei.com/premium/news/170221/prm1702210002-n1.html

    引用元: ・【韓国】平昌五輪 外国客「おもてなし」飲食店補修工事わずか1.1% 「犬肉」看板外しは…[2/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【誰も期待してないでしょ 】平昌五輪 店主ら「外国人客のために設備を変更する必要性を感じない」】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2016/01/25(月)13:11:17 ID:???
    デート暴力男77%は前科…韓国版『クレア法』可能だろうか
    幼い時期虐待・家庭不和も暴力原因…人権侵害論議不可避



    デート暴力を防ごうとするならデート相手方の前科を照会できる韓国版『クレア法』導入を考慮しなければならないという研究結果が出てきて関心を引く。
    実際に恋人に暴力を振るった『デート犯罪者』の70%以上が前科があると調査された。

    25日韓国刑事政策研究院ホン・ヨンオ研究委員などが出した『女性対象暴力に対する研究』報告書を見れば2005年から10年間、恋人を対象に殺人・性暴行など4種類犯罪を犯したこれらのうち前科者は76.6%であった。

    前科がない初犯は10人中2人の割合だった。

    報告書は交際相手方に対する選択のために情報を提供することが重要なので『前科情報公開制度』導入を検討しなければなければならないと提案して『クレア法』という『家庭内暴力前科公開制度』を例にあげた。

    2009年クレア・ウッドという英国女性がインターネット恋愛サイトで会ったボーイフレンドに殺害される事件が発生した。
    ボーイフレンドは過去自身の恋人を暴行して虐待した前科があった。

    この事件が発端になって英国は2012年から地域警察が現在または新しい恋人によって暴力危険に露出した女性たちに恋人の暴力前科を公開することができるように推進してきた。

    潜在的被害者である女性が交際相手の暴力前科を警察に『問い合わせする権利』と警察が事前にその危険性を認知した場合、当事者の要請がなくても潜在的被害者に情報を提供して『知る権利』を保障することが主な内容だ。

    英国で地域情報公開決定委員会が人権保護法などを遵守して公開の有無を慎重に判断するように徹底した基準を置いて前科情報を公開するならば犯罪被害予防という公益と個人プライバシー保護の均衡を探せると見ては主張した。

    実際に交際経験がある成人女性2千人を対象にしたアンケート調査でデート暴力予防のために相手方の前科照会を許容することに『徹底した管理を前提に賛成』するという応答が48%で最も高かった。
    『全面的に賛成』は38.8%で賛成の見解が全体の86.8%であった。

    『人権問題があるので反対』は9.8%、『全面的に反対』は3.5%であった。

    男性回答者は『全面的に賛成』が22.5%、『徹底した管理を前提に賛成』が40.2%で女性よりは多少低くなったが賛成見解はさらに多かった。

    恋人を相手にした犯罪者は幼い時に虐待された場合も多かった。

    2011~2014年の性暴行・殺人で位置追跡電子装置付着命令のための請求前調査を受けた方の記録を見れば恋人を殺害した犯罪者のうち36.1%が『幼い時に虐待の経験がある』と答えた。

    交際経験がある成人男性2千人に対するアンケート調査でも暴力を加えた経験がある回答者はそうではない回答者に比べて成長期に両親の暴力を目撃した経験がさらに多いことが分かった。

    幼い時期に暴力と虐待被害を多く見たことが明らかになって『暴力の循環性』を示していると報告書は説明した。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201601/dh20160125100042137780.htm

    引用元: ・【韓国】デート暴力の男性の77%は殺人・性犯罪などの前科…韓国版『クレア法』導入の必要性[16/01/25]

    【無理なことを 言うな 【韓国】デート暴力の男性の77%は殺人・性犯罪などの前科…韓国版『クレア法』導入の必要性[16/01/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ