まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:必要

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/05(月) 22:06:21.38 ID:CAP_USER
    韓国のキム・プギョム(金富謙)国務総理が、悪化する日韓関係について言及する中で「日韓関係を回復するには、日本の努力が必要」と強調した。

     金総理は去る4日、自身のFacebookを通して「日本政府は、これまでの不当な措置を撤回し、懸案解決のための真相性ある努力を示すよう願う」とし、「日本との関係において、過去の歴史は過去のとおりに解決され、実質協力を持続しなければならない」と述べた。

     この金総理の発言は、日本の輸出規制施行2年に合わせて出されたメッセージで、悪化の一途をたどる日韓関係を解決するためには、歴史問題と未来協力関係構築問題を区分して対応するという既存の韓国政府の立場を改めて強調したものとみられる。

     金総理は「日本の輸出規制は、むしろ韓国の素材・部品・整備企業を強くした」とし、「政府の積極的な支援を基盤にして、大・中小企業が相生と連帯を通して自立生態を作り上げ、国産化の成功はもちろん新たな市場を開拓する快挙まで成し遂げた」と自評。

     その上で「われわれの目標は、単純に日本からの自立ではない」とし、「一歩一歩進んでいく世界的な素材・部品・整備強国として立ち上がることだ」と強調した。

    7/5(月) 10:29配信 記事元 WOWKorea
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b070f93924e9c2d6586ab2bd18058eec2fe0ef1b

    ★1が立った日時 2021/07/05(月) 19:31:21.62
    ※前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1625481081/

    引用元: ・【金富謙(キム・プギョム)国務総理】日韓関係を回復するには「日本の努力が必要」★2 [7/5] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【韓国には土下座する努力が必要だね 【金富謙(キム・プギョム)国務総理】日韓関係を回復するには「日本の努力が必要」★2 [7/5] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/07(金) 09:37:30.29 ID:CAP_USER
     新型コロナウイルスワクチンの開発と生産を主導してきた米国がコロナワクチンの知的財産権保護を一時猶予する方針を打ち出したが、どの水準まで特許を開放するのかはまだ決まっていない。特許権が開放されたとしても、韓国では新技術で開発されたメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを製造する能力が不足している。技術移転を受けなければ、ファイザーやモデルなのようなワクチンを速やかに生産することはできない。

     製薬会社の医薬品・医療に関する知的財産権はWTOの「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS)」によって、20年間は固有の特許として保障される。ところが、2000年代初めに高価なエイズ治療薬の特許権を停止し、安価な後発医薬品を生産すべきだとの声が高まり、01年に「TRIPSと公衆保健に関するドーハ宣言」が発表された。固有の特許権が保障される状況であっても、個別国が保健・防疫上の危機状況に直面した場合、強制的に治療薬やワクチンの複製品を製造できるとする内容だ。

     この「強制実施権」が実際に行使されたことはほとんどない。医薬品の特許を保有する主要国から貿易制裁を受けたり、多国籍製薬会社から不利益を受けたりする可能性があるためだ。しかし、米国が政府レベルで知財権保護猶予に言及し、状況は変わった。米国が自国のワクチン特許を開放すれば、米国製ワクチンの複製品を製造しても貿易上の報復措置を受ける可能性がほとんどなくなるからだ。米国製ワクチンにはファイザー、モデルナ、ヤンセンファーマ、ノババックスの各社が製造している。既に韓国の一部製薬会社の中にはヤンセンファーマのようにウイルスベクターワクチンを開発し、第3相臨床試験を控えているケースもある。このため、ヤンセンファーマのワクチンの複製品を製造することは可能だ。

     残された課題は世界的に最も需要が高いmRNAワクチンの知的財産権が開放されたとしても、複製品を作る実力があるかどうかだ。韓国の製薬各社はまだmRNAワクチンの製造技術が不足している。韓国にもmRNAワクチンを開発している企業はあるが、まだ人間を対象とする臨床試験段階には至っていない。

     複製品を生産する原料を調達することも難しい。各国のmRNAワクチン需要が増大し、供給は逼迫している。複製品が完成しても、効果や安全性の検証が必要だ。ワクチンの知的財産権が一部開放されれば、韓国メーカーのmRNAワクチン技術にファイザー、モデルナと重複する部分があっても特許訴訟を起こされない可能性はある。しかし、自社技術の流出を極度に嫌うファイザー、モデルナから技術移転を受けられなければ、複製品の生産・商用化に長い時間がかかるのは間違いない。

     韓国政府は慎重な態度だ。防疫当局は6日、「技術公開範囲をどこまでにするかなどかなり重要な論題が残っている。検討状況を見ながら、業界と対策を協議していく」と説明した。


    Yahoo!Japanニュース/朝鮮日報 5/7(金) 8:07配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dbcd7b3e600fdafc374b6aa53b287fd575f31ea

    引用元: ・【朝鮮日報】米ワクチン特許開放されても…韓国の製薬各社には「mRNA技術」必要[05/07] [Ikh★]

    【鰓そうにしゃしゃり出ないように 【朝鮮日報】米ワクチン特許開放されても…韓国の製薬各社には「mRNA技術」必要[05/07] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/23(金) 00:35:00.99 ID:CAP_USER
    いつからか私たちは「土着倭寇」「元祖親日」のような反日感情表現にしばしば接している。主に日本の主張に対して同調したり彼らの立場を擁護する人々をばかにする時に使われる。程度の差はあるが日帝が犯した蛮行を否定し、歪曲することを率先する人々が存在するのは明らかな事実だ。

    これは「違う見解」次元とは本質を異にする。事実ではないからだ。それでもそのようなごり押し論理を展開する人々に土着とか元祖と言った別称を付けるのは民族情緒上当然だ。

    過去の歴史に対する日本の不正や歪曲による潜在的反日感情がラムザイヤー論文歪曲や原発汚染水放流決定で最近より一層高まっている。ハーバード大ラムザイヤー教授が論文を通じて慰安婦が強制的に引きずられて行ったものでなく、金を儲けるための自発的売春婦と断定した。根拠のない彼の主張は国内外の学界で非難を受けた。

    これに日本の一方的な福島原発汚染水排出決定は油をかけたも同然だ。原発汚染水はいわゆるセシウム、ヨード、キセノンなど人体に致命的な毒性物質が混じっている水だ。このような物質が海に放流されれば海洋生物には致命的影響を与える。だから隣接国家である我が国が感じる不安感はより大きくならざるをえない。

    このような一連の事態にもかかわらず、親日的言動を恥じない人々がいる。彼らはラムザイヤー教授の歪曲された論文に対して「学問的自由を認めるべき」と擁護する。その中のひとりであるパク・ユハ教授は汚染水放流に対して「人々の健康を害することを知りながら川や海に汚水を流す破廉恥な国ではない」と代弁する。日本人の半分程度が放流に反対しているのにだ。彼女が骨の髄まで親日という声を聞く理由だ。

    さらにユン・ボンギル先生の子孫であるユン・ジュギョン国会議員まで「親日清算主張で国論を分裂させる」として光復会キム・ウォヌン会長に辞退を要求し、光復会員たちに「でしゃばるな」と苦言を聞いた。

    このように意見の程度を越えて堂々と(?)親日の歩みをする事例が増えるとすぐに小説「太白(テベク)山脈」の著者チョ・ジョンネは歪曲された歴史を正すために反民特委を必ず復活すべきだと主張した。彼は「日本の罪悪に対して肩入れし、歴史を歪曲する者を懲罰する方法制定運動に積極的に乗り出す」と明らかにした。

    反民特委子孫会も「反民特委襲撃事件、警察庁謝罪要求」記者会見を行って「反民特委襲撃事件に対する警察の公式謝罪」を要求した。反民特委が70年余ぶりに再び議論されているわけだ。

    「反民特委」とは「反民族行為特別調査委員会」の略称だ。政府樹立以前「親日残滓清算のための特別法」制定を試みたが米軍政の拒否で失敗に終わった。
    (中略:経緯。結局、法律制定に失敗し、その後遺症が今、土着倭寇と元祖親日に現れている。)

    特委当時、ある新聞の社説は「果たして民族精気は死ななかった。見よ、まぶしい特委活動を!私たちは期待する。反民族行為処罰は決して報復的な感情ではない。大韓民国の精神を生かし私利私欲のために民族を売る反逆者が再び生まれないようにする教訓的意義が大きい」と定義した。

    今でも反民特委を再びすることが歴史的使命ではなかと思う。歴史を忘れた民族に未来がないからだ。

    チェ・ソンス大田(テジョン)西区文化院事務局長
    no title


    ソース:忠清新聞(韓国語)[忠清フォーラム]再び、反民特委
    http://www.dailycc.net/news/articleView.html?idxno=644959

    引用元: ・【韓国】 日本に肩入れする「土着倭寇」や「元祖親日」~再び「反民族行為特別調査委員会」が必要だ[04/22] [蚯蚓φ★]

    【魔女狩りカルト国家 【韓国】 日本に肩入れする「土着倭寇」や「元祖親日」~再び「反民族行為特別調査委員会」が必要だ[04/22] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/27(土) 18:14:51.62 ID:CAP_USER
    no title


    [キム・テヨン軍事評論家]「日本版海兵隊」と言われる日本陸上自衛隊西部方面隊所属の水陸機動団は陸上総隊すなわち私たちの野戦軍級作戦司令部の直轄部隊として知られる。島嶼地域の奪還など日本自衛隊の中で唯一、上陸作戦を専門に遂行する部隊だ。

    水陸機動団誕生の背景には中国がある。21世紀に入って中国の経済が発展し、中国軍は空母をはじめとする各種先端海上戦力を次から次へ導入している。これと共に2010年代に入り、中国は日本が尖閣諸島、中国が釣魚島と呼ぶ東シナ海南西部の島々に対する領有権を強く主張し、自国の海上警察と漁船を大挙近隣海域に航海させながら中日間に緊張が高まった。

    これに加えて中国軍が日本の尖閣諸島に対する模擬上陸訓練を実施するにつれ、日本も南西諸島すなわち東シナ海の九州南側から台湾東側までのびる群島地域の防衛力強化のために島嶼奪還に特化した上陸部隊が必要になった。その結果、日本防衛省は2013年末、防衛概要を通じて水陸機動団の創設に初めて言及し、2017年3月27日、水陸機動準備隊と水陸機動教育隊を作って本格的な部隊編成に入った。

    1年後の2018年3月27日、日本陸上自衛隊西部方面隊直轄部隊である西部方面普通科(歩兵)連隊を第1水陸機動連隊に脱皮させ、ここに1個連隊を補強して2000人余り規模の水陸機動団を完成する。また、2019年、日本防衛省の中期防衛力整備計画により2023年まで1個連隊を水陸機動団に追加規模部隊を3個連隊3000人規模に増やす予定だ。これと共に水陸機動団のために2017年まで上陸作戦に必須な米製AAV7A1 RAM/RS水陸両用差すなわち上陸突撃装甲車58台を持つ。ここには指揮および整備車両が含まれる。
    (中略)

    水陸機動団は中国軍の南西諸島上陸に備えるという目的で創設されたが、有事の際、独島(ドクト、日本名:竹島)を狙うこともできてこれに対する備えが必要な状況だ。

    ヤンナッキュ軍事専門記者

    ソース:アジア経済(韓国語)独島(ドクト)狙う日本版海兵隊‘水陸機動団’
    https://www.asiae.co.kr/article/2021022608170674473

    関連スレ:【日本固有の領土】「竹島に上陸する自衛隊は撃退する」韓国政府は日本との戦争を覚悟している竹島を占拠されたままでいいのか [2/25] [右大臣・大ちゃん之弼★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1614256722/
    【共同通信】韓国軍が自衛隊竹島侵攻シナリオ 最新型軍備導入の説得用[2/11] [右大臣・大ちゃん之弼★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613053651/

    引用元: ・【軍事】 独島狙う日本版海兵隊「陸上自衛隊水陸機動団」~これに対する備えが必要[02/27] [蚯蚓φ★]

    【テロリストから竹島を取り返そうとしてるだけ 【軍事】 独島狙う日本版海兵隊「陸上自衛隊水陸機動団」~これに対する備えが必要[02/27] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/07(日) 12:28:49.82 ID:CAP_USER
    4日朝に韓米首脳が電話会談した。

    メディアは両首脳が短い時間に「包括的対北朝鮮戦略をともに作る必要」があるということで認識をともにし、「韓米同盟を一次元アップグレードすることで約束」したと報道した。

    「韓日関係改善が重要」するということでも認識が一致したという。

    事実韓国外交の3種類の当面の課題がすべて議論された格好だ。問題はこれら3種類のイシューにそれぞれ北朝鮮、中国、日本がかかわっているという点だ。

    両首脳間で合意したことを韓国政府が履行していくには米国だけでなくこの3つの国との関係で外交の方向を相当程度ひねらなければならない。

    慣性の力は常に強く、政策再調整にはリスクが伴うため韓国政府には相当な決断が必要な状況だ。ひとつずつ見てみよう。

    最初は「包括的対北朝鮮戦略をともに作り」履行する問題だ。韓国政府の立場ではおそらく2018年の思い出が強いだろう。

    2017年の高まった緊張を平昌(ピョンチャン)五輪を通じて交渉局面に転換させ、3度の南北首脳会談、3度の米朝首脳間の会合があった。

    多分この夏の東京五輪の際に第2の平昌イベントを作ろうと思うかもしれない。しかし深く考えてみるべきだ。

    北朝鮮をながめるバイデン政権の見方はわれわれが想像するよりはるかに冷静だ。彼らはトランプ・金正恩(キム・ジョンウン)会談がテレビショーであり、金正恩はトランプを手玉に取ろうとしたと考える。

    そして率直に金正恩委員長の関心もすべて米国に向かっており、韓国にありそうではない。韓国政府の切ない呼び掛けにもかかわらず、当分対南態度変化の兆しは見られない。

    それならいっそ北朝鮮に大きな期待をかけるより米国に専念するほうが良い。

    韓国がどのようにすれば、バイデン政権が多くの差し迫ったアジェンダのうち北朝鮮問題を上に引き上げて交渉再開を繰り上げられるのか、「先に非核化、後に制裁解除」というこれまでの非現実的なアプローチより、同時並行、段階的なアプローチ法に変えさせるのか、交渉チームを重視するボトムアップ式アプローチ法だけに固執するのではなく、どのように必要な時に首脳間で疎通もするようにするのか、もしイラン式核妥結案を推進するならばその枠組みとロードマップを組むのにどのように韓国の意見を反映するのか、こうした問題を考えて米国を説得する案を模索することが韓半島(朝鮮半島)平和構築の観点から実質的な効果がもっと大きいだろう。

    中央日報日本語版2021.02.07 11:53
    https://japanese.joins.com/JArticle/275278

    引用元: ・【中央日報】 バイデン時代に必要な韓国外交の3つの戦略  北朝鮮、中国、日本がかかわっている [02/07] [荒波φ★]

    【自己中の被害妄想、異常者 ? 【中央日報】 バイデン時代に必要な韓国外交の3つの戦略  北朝鮮、中国、日本がかかわっている [02/07] [荒波φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ