まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:復元

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/28(水) 22:47:53.50 ID:CAP_USER
    [晋洲(チンジュ)] 空を飛ぶ「晋洲の飛車」復元される

    壬辰倭乱当時、避難・物資輸送など使用推定
    晋州市の専門家構成、飛車復元推進委員会が発足
    観光商品として開発…地域経済活性化期待
    チョ・ギュイル市長 「宇宙航空産業メッカを牽引する」
    http://www.newskr.kr/news/photo/201908/31253_21534_517.jpg
    空軍士官学校に展示中の考証復元した飛車。

    空を飛ぶ車「飛車」が復元される。

    飛車は、壬辰倭乱当時、孤立した晋州城で避難や物資の輸送などに使われたという。 飛車が使用された時期は1592年と推定されるが、1908年12月に飛ばせたというライト兄弟のフライヤー号より、なんと311年もリードしている。

    飛車の復元は、晋州市が19日、飛車復元推進委員会を発足して、委員委嘱式や会議を開催して本格化した。

    委員会は、国防科学研究所本部長を歴任して現・慶尚大学校の碩座教授として在職中のチョ・テファン教授、韓国航空鉄道調査委員会委員長として在職中であり神機箭復元経験のあるチェ・ヨンソク博士、国防科学研究所飛行制御室長を歴任して現在慶尚大学校教授で在職中のキム・ビョンス教授、KBSチームと飛車製作経験があり建国大学校教授で在職中のユン・ガンジュン教授、飛車に関する本を執筆したキム・ドンミン作家、実際に飛車を製作した経験がある飛車研究家のコ・ウォンテ、イ・ポンソプら、航空分野最高の専門家で構成された。

    この日の会議では、飛車の飛行原理、実際の飛行の可能性などについて、飛行力学・航空力学・構造力学などに関する専門的な意見を提示して、飛車を直接製作した経験、これまで飛車を研究した内容などについて発表して、これを通じて飛車の形状をデザイン化する形状設計などを作成するための時間となった。

    飛車は壬辰倭乱当時、晋州城の火薬軍官だったチ ン・ピョングによって作られていて、イ・ギュギョンの「五洲衍文長箋散稿」、シン・ギョンジュンの「旅庵遺稿」、クォン・ドッキュの「朝鮮語文経緯」などに、壬辰倭乱当時、城が包囲された時に飛車を製作して30里飛んで城主を避難させたなどの記録が残っている。

    市は、飛車復元を通じて歴史文化都市市民としての自負心を高めて、復元された飛車を活用して、飛車キャラクター製作、飛車公園造成、飛車飛ばし大会、飛車ミュージカル製作など、様々な観光商品として開発することで、今後の観光および地域経済の活性化に貢献できると期待している。

    チョ・ギュイル晋州市長は「私たちの先祖の優れた航空技術から作られた飛車の復元が、宇宙航空産業のメッカとして成長している晋州にぴったり合った事業だ」とし、「飛車を活用した教育・体験・観光産業が活性化されるよう、委員の識見と知恵、経験を集めてもらいたい」と述べた。

    http://www.newskr.kr/news/articleView.html?idxno=31253

    【韓国/航空技術】 壬辰倭乱時に空を飛んだ「ピチャ(飛車)」、発展委員会開催 ~ライト兄弟の初期飛行より300年早く[07/27]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1501143119/

    引用元: ・【韓国】 1592年に空を飛んだ『飛車(ピチャ)』、復元される 晋州市、観光商品化して地域経済の活性化に期待[08/28]

    【完全に後知恵で作ってるな【韓国】 1592年に空を飛んだ『飛車(ピチャ)』、復元される 晋州市、観光商品化して地域経済の活性化に期待[08/28] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/27(土) 21:21:19.63 ID:CAP_USER
    no title


    2019年7月24日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の全羅北道高敞郡が復元した東学農民軍の指導者である全ボン準(チョン・ボンジュン)将軍の生家が撤去されることになった。

    記事によると、高敞郡は同日「全ボン準将軍の生家がちゃんと考証されずに建てられたとの指摘を受け、撤去することにした」と発表した。

    高敞郡は2001年に1億5000万ウォン(約1380万円)を投入して全ボン準将軍の生家を復元した。しかし復元された生家は当時の農民ではなく、中人や地主が住んでいた家屋の形態だったという。実際の全ボン準将軍の生家は東学農民革命の際に焼失し、正確な状態は確認されていない。

    高敞郡は全ボン準将軍の生家を17年に文化財に登録しようとしたが、この問題を指摘されて最近撤去の方針を固めたという。同郡関係者は「当時の生家についての正確な情報がない状態で無理に復元を推進したために生じた問題」とし、「予算が確保され次第撤去し、代わりに生家跡の標石を設置して文化財として指定を受ける案を検討する」と説明したという。

    韓国のネットユーザーからは「建設費用と撤去費用は推進した公務員の給与から出してほしい。大事な国民の税金を使わないで」「担当者を懲戒処分にするべき。責任を負う行政でなければならない」「自分のお金なら絶対にそんな軽率なことはしないだろうに」「でたらめな歴史を作るのはもうやめてくれ!」「撤去せずに売ればお金になるのに」「そんなでたらめを文化財に登録しようとしたなんて、あきれて言葉も出ないよ」など批判の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b732112-s0-c30-d0058.html
    Record China 2019年07月27日 20時20分

    引用元: ・【韓国】チョン・ボン準将軍の生家、史料もなく“でたらめ”に復元された史跡を撤去へ=ネットからため息[7/27]

    【その他全部デタラメじゃん 【韓国】チョン・ボン準将軍の生家、史料もなく“でたらめ”に復元された史跡を撤去へ=ネットからため息[7/27] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/03(月) 09:17:23.83 ID:CAP_USER
    四方の扉を閉じて部屋の中に座っている状況だ。外は吹雪だが、あえて無視する。心配する人には「大げさに騒ぐな」と面と向かって非難する。扉を開けようとする人には冷たい風が入ると怒鳴りつけるため、扉を開ける気にさせない。

    部屋の責任を負う人たちは外側の事情をよく知りながらも、周囲の目を気にして対策の準備をためらう。その間に隙間から寒気が入り込んで人々は寒さを感じ始める。

    韓国が直面している状況と韓国をめぐる国際情勢の話だ。国内論理に閉じ込められて最悪になった韓日関係をこれ以上放置できない状況だ。まず、米国の東アジア政策で日本の戦略的価値が急上昇中だ。

    日本は米国が主張するインド太平洋構想など対中国牽制戦略に積極的に参加している。また、保護貿易主義への回帰、在日米軍の防衛費分担金引き上げ要請、貿易不均衡解消要求など気まぐれなトランプ大統領に柔軟に対応することで米国の最も重要なパートナーになった。

    もう日本を排除した米国の東アジア戦略など想像できないほど対米関係をきめ細かく築いた。

    こうした戦略の延長線で中国を狙った「組み分け」作業が露骨になっている。米中対決は逆らえない覇権競争だ。軍事・安全保障はもちろん、第4次産業革命時代の技術と市場を誰が先に獲得するかをめぐる殺伐な対立だ。

    強固な日米同盟を誇示した日本はすでに立場を明確にした。韓日関係が極度に悪化した状態で日米が接近すれば、韓国の立場は狭まるしかない。米国が戦略的価値が高い日本の言葉にさらに耳を傾けるからだ。

    最近ワシントンでは韓国の戦略的価値を低く評価するという話が出ているのもこれと無関係でない。最近、米国はTHAAD(高高度防衛ミサイル)正式配備、ファーウェイ(華為技術)製品の使用禁止、南シナ海航行の自由への支持など韓国に対する要求を増やしている。

    これは韓国の立場を試そうとするリトマス実験だ。日米と中国の間で選択を強要される状況は最も良くない。韓国の立場が尊重される環境を形成しなければいけない。

    こうした事情にもかかわらず、最悪の韓日関係は強制徴用賠償判決問題などで一歩も進めない。これでは韓国が不利な状況になるしかない。国益を優先するなら、もう韓日関係復元のために扉を開く時になった。

    まず、韓国政府が強制徴用などの懸案について積極的に解決策を模索する姿を見せる必要がある。政府は昨年、民間専門家の意見を聴取して解決策を用意すると明らかにしたが、まだいかなる対策も出していない。

    もちろん司法府の判断や三権分立の精神は尊重されるべきだが、外交の責任を負う行政府としてできる役割は確実にある。今月末の大阪G20首脳会議までは前向きな雰囲気を形成する必要がある。

    2つ目、国益のためなら時には世論に反する決断をするリーダーシップの発揮が要求される。日本との問題は世論が敏感であるため容易に動きにくいというのが政治的現実であることは間違いない。しかし国のための決断なら後に高く評価されるはずだ。

    3つ目、政府が大きな枠で仕事ができるよう世論の配慮が必要となる。特に文在寅政権を支持する人たちがすべきことだ。日本との外交で創造力を発揮できる空間を与えなければ状況はさらに難しくなるしかない。方策の熱は徐々に冷めている。もう扉を開けて空気を入れ替え、さらに強まる冷たい暴風雨に積極的に対応する必要がある。時間はない。

    張済国(チャン・ジェグク)/東西大総長


    2019年06月03日08時54分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/038/254038.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【中央日報】 韓日関係、これ以上放置すれば韓国の立場ない 国益を優先するなら、もう韓日関係復元のために扉を開く時 [06/03]

    【自分等が反日教育をやってるクセに【中央日報】 韓日関係、これ以上放置すれば韓国の立場ない 国益を優先するなら、もう韓日関係復元のために扉を開く時 [06/03] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/24(日) 19:30:52.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲京畿抱川市山井湖周りの道に「キム・イルソンの別荘」という案内表示板がたっている。ここに金日成(キム・イルソン)の別荘があったことを証明する資料はないことが分かっている。/チョ・チョルオ記者

    京畿道(キョンギド)抱川(ポチョン)市鳴声山(ミョンソンサン)は中腹にある山井湖(サンジョンホ)で有名だ。いくつかの峰に抱かれた大きな湖を見に多くの人が訪れる。最近、この静かな湖が「金日成(キム・イルソン)の別荘」のせいで騒々しくなった。

    抱川市で54億ウォンをかけて湖一帯にキム・イルソンの別荘を復元し、キム・イルソンの遺物を買い入れる計画をたてた事実が知られて住民たちが大きく反発した。12日午後、訪ねた山井湖の入口には立て札一つが立てられていた。抱川市が数年前に設置した「キム・イルソン別荘」表示板だ。

    案内文には「キム・イルソンの別荘があったこちらは同族間の争い以前には北朝鮮の所有地であった。山井湖と鳴声山の自然景観が優れており、山井湖の形が我が国の地図をひっくり返した形だ、とキム・イルソンが作戦構想のために別荘を作り留まったとされる」と記されている。

    近くに来た観光客キム・テヨル(21)氏は「キム・イルソンの別荘がここにあった、という話は初めて聞いた。あの言葉は事実か疑わしい」と話した。

    山井湖にキム・イルソンの別荘があったという事実を後押しする資料は知らされたものがない。抱川市関係者は「市内部にも関連事実を立証する考証資料は全くない。地域でうわさで伝えられた説」と明らかにした。住民たちの間に伝わるうわさも様々だ。「日帝が湖の管理のために作った事務室をキム・イルソンの別荘に使った」とか「キム・イルソンがこちらを偶然に通って周辺の自然環境に感心し『別荘があったら良いだろう』と一言、言ったのが全部」といううわさもある。「別荘ではなく、偶然一晩寝ただけで言葉が誤って伝わった」という主張もある。

    それでも市では予想事業費54億ウォンを策定し、山井湖周辺に敷地を買いとって「キム・イルソンの別荘」を復元する計画をたてた。キム・イルソン関連遺物も捜し出して買い入れようとした。

    計画が知られるとすぐに住民の抗議が相次いだ。先週までも市庁に毎日数十の抗議電話があふれた。市担当者は「市民が電話して『これは話にならない』と抗議した」と話した。大統領府国民請願掲示板にも反対文が載った。「税金54億ウォンでキム・イルソンの別荘とは」「抱川市キム・イルソン別荘復元反対」などの文だった。

    インターネットでは「キム・イルソンは韓民族、数百万を戦争で死なせた戦犯の首魁」「復旧する価値があるか。むだなことはやめろ」「キム・イルソンを称賛するのか。あきれた」等の反応が相次いだ。

    去る17日には鳴声山の中腹で市民団体会員5人が「護国英霊が号泣する」等の立て札を持って抗議集会をした。論議が強まるとすぐに抱川市は「キム・イルソンの別荘復元を強行しない」と一歩後退した。市は「住民が先に提案して始めることになった事業」とし、「地域経済活性化のために構想することにした」と明らかにした。2000年代に入り山井湖一帯の観光客が急減して住民たちが「キム・イルソンでも関連させて観光客を集めよう」ということだ。
    (中略)

    キム・イルソンを観光コンテンツに関連付けること自体、無理があるという指摘もある。ナム・ソンウク高麗大教授は「キム・イルソンの別荘を生き返らせるという発想は国民感情に合わない」として「時代錯誤的であり無理な発想」と話した。

    朝鮮日報フォーチュン=チョ・チョルオ記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語) 54億入れてキム・イルソン別荘復元推進…袋叩き合う抱川市(ポチョンシ)
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/03/22/2019032200226.html

    引用元: ・【韓国】 54億ウォン投じて金日成の別荘復元を推進する抱川市~別荘の存在示す資料無く地域おこしが目的[03/22]

    【無い資料は作ればいいw【韓国】 54億ウォン投じて金日成の別荘復元を推進する抱川市~別荘の存在示す資料無く地域おこしが目的[03/22] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/25(月) 12:12:59.94 ID:CAP_USER
    no title

    ▲らくがき前の東ドイツ側(別ソース:インサイト)
    no title

    ▲らくがき前の西ドイツ側(別ソース:インサイト)
    no title

    ▲らくがき後の東ドイツ側(別ソース:インサイト)
    no title

    ▲らくがき後の西ドイツ側(別ソース:インサイト)

    2018年6月21日、韓国・ソウル経済によると、ソウル市は、グラフィックアーティストのチョン・テヨンさんに落書きされた清渓川のベルリンの壁について「復元は不可能」と明らかにした。

    ソウル市関係者は「チョンさんがスプレーでベルリンの壁に描いたものを消すことが可能かどうか専門家に問い合わせたところ、完全に消すことは難しいとの回答があった。そのため、ドイツから寄贈を受けた当時の姿に極力近づけるための作業を行う」と明らかにした。チョンさんの落書きを可能な限り消した後、元々あった落書きを上から描き足すという。

    元々あった落書きは1989年にベルリンの壁が崩壊した際、ドイツ人らによって描かれたもの。ドイツが「朝鮮半島の統一」を願って2005年にソウル市に寄贈したベルリンの壁には、統一ドイツを熱望するドイツ人らの落書きがあり、ソウル市はこれをそのままの状態で展示してきた。

    ベルリンの壁を再現する作業は1週間ほどかかり、費用は1000万ウォン(約100万円)ほどとみられている。ソウル市は「作業にかかる費用をチョンさんに請求する予定だが、経済的に困難な状況にあるチョンさんが承諾するかは分からない」と話したという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「これはどう見てもアートではなく犯罪」「芸術家にも常識は必要だ」「歴史意識のない芸術家がどれだけ悲惨な人生を送るか、を示す事件として記録されるだろう」などチョンさんに批判的な声が多く寄せられている。また「歴史的価値の高いものが台無しに。とても残念だ」「ドイツに合わせる顔がない」と嘆く声も。

    また作業にかかる費用については「いくら生活が苦しくてもチョンさんに負担させるべき」「費用の負担は当たり前!逮捕されてもおかしくない」「お金がないと言うなら強制的に働かせるべき。最低時給で清渓川の清掃をさせればいい」などと主張する声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    ソース:レコードチャイナ<落書きされたソウルの「ベルリンの壁」は復元不可能!韓国ネットからため息「歴史的価値の高いものが台無し」「ドイツに合わせる顔がない」>
    https://www.recordchina.co.jp/b618116-s0-c30-d0058.html

    引用元: ・【韓国】 落書きされたソウルの「ベルリンの壁」は復元不可能!~韓国ネットからため息「歴史的価値の高いものが台無し」[06/25]

    【【韓国】 落書きされたソウルの「ベルリンの壁」は復元不可能!~韓国ネットからため息「歴史的価値の高いものが台無し」[06/25] 】の続きを読む

    このページのトップヘ