まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:当選

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/26(水) 12:38:29.80 ID:CAP_USER
    韓国次期大統領選挙まで残り40余日と迫る中、世論調査における「候補支持率」と「当選の可能性」の乖離(かいり)現象が続いている。与党“共に民主党”のイ・ジェミョン(李在明)候補と最大野党“国民の力”のユン・ソギョル(尹錫悦)候補の支持率争いは最近「薄氷」あるいは「ユン候補のやや優勢」の流れとなっているが、「当選の可能性」においてはイ候補が依然として上回っているという結果が出ている。

    今月21~22日に実施された世論調査企業“サザンポスト”の調査によると、イ候補(34.0%)の支持率は尹候補(32.5%)と1.5pの差の「接戦」という結果であった。しかし「当選の可能性」を問う質問には、イ候補(41.5%)とユン候補(36.3%)の差は5.2pも開いている。

    今月16~21日に実施されたリアルメーターの調査では、支持率評価でユン候補(42.0%)がイ候補(36.8%)を5.2pの差で上回ったが、「当選の可能性」についてはユン候補(45.2%)とイ候補(43.3%)の差は1.9pに狭まっている。その他の世論調査でも、似たような結果であった。

    このような指標の乖離について「イ候補の支持率が、ユン候補の支持率よりも “安定的”だからだ」という分析が出ている。実際イ候補は昨年10月に与党の正式候補に選出されて以降、様々な悪材料にも浮き沈みなしに支持率が少しずつ上昇してきた。

    一方ユン候補は昨年11月に党の正式候補なって以降上昇していたが、党内分裂などの混乱と危機を受け20%まで下落し、最近になって急上昇している。「政権交代」という強い世論により支持率は回復したが「いつ、またどんな変数で揺れ動くか “不安定”だ」ということである。

    政治評論家のパク・サンビョン氏は「支持率ではユン候補が上回っているが『依然としてユン候補は不安だ』ということが示された心理的指標だ」とし「政権交代に対する熱望によりユン候補の支持率が高いだけで、実際『ユン候補による政権交代に同意する』という人は支持率よりも低く、イ候補は経済問題などで常に上回っていることに加え、『今後のリスクにおいてもユン候補がより多いのではないか』とみられていることが反映されている」と説明した。

    Yahoo Japan!/WOW! Korea 1/24(月) 13:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/404c773153b832e9d4eed950dc166fae2afa334e

    引用元: ・【韓国大統領選】「支持率」は尹候補・「当選の可能性」は李候補…その理由は?[1/26] [Ikh★]

    【どっち選んでもハズレくじしかない【韓国大統領選】「支持率」は尹候補・「当選の可能性」は李候補…その理由は?[1/26] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/16(木) 09:22:43.31 ID:CAP_USER
     【ソウル時事】15日に行われた韓国総選挙で、北朝鮮から韓国に亡命した太永浩・元駐英公使(候補登録名は太救民)が当選した。

     太氏は保守系野党「未来統合党」からソウルの選挙区で出馬。過去に脱北者が比例候補として韓国国会議員になったケースはあるが、選挙区での当選は初めて。

     太氏は2016年に北朝鮮公使として駐在していた英国から韓国に亡命し、話題となった。亡命後は金正恩体制を非難する活動を続けていた。聯合ニュースによると、太氏は当選確定後、「政府が北朝鮮の現実を直視し、持続可能な対北朝鮮政策を展開できるようすべての力を尽くす」と訴えた。 

    時事通信
    4/16(木) 9:15

    引用元: ・【時事通信】脱北元公使が当選 韓国総選挙 [4/16]

    【将軍様のお怒りをかうのではないか? 【時事通信】脱北元公使が当選 韓国総選挙 [4/16]】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/14(木) 19:46:59.77 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b613817-s0-c10-d0058.html

    2018年6月14日、韓国・中央日報などによると、13日に行われた韓国の統一地方選挙で京畿道知事に当選した「共に民主党(韓国与党)」の李在明(イ・ジェミョン)氏のインタビューでの対応が物議を醸している。

    記事によると、李氏は当選が確実となった13日夜に韓国メディアの中継インタビューに応じた。その際、アナウンサーの「責任を取る部分があるなら責任を取ると言ったが、具体的にどのような意図か」との質問に対し、「何の責任だ?そんなことを言った覚えはない。本人(アナウンサー)がそう考えているのだろう」などと答えたという。これに対し、アナウンサーが「いいえ。スタジオで(李氏が発言している映像を)見ています」と詰め寄ると、李氏は再び「そんな話をしたことはない」と否定した。

    インタビューの前、李氏は当選のあいさつとして「京畿道民と韓国国民がろうそくを掲げて夢見た世界、公正な国、共に生きる世界をつくってほしいという夢を今回の京畿道でかなえたいと願うその情熱が実を結んだ」とし、「私は自分自身を、韓国国民がそれぞれの人生を変えるための道具と考えている。私に与えられた役割、また私が責任を取らなければならない部分について、確実に責任を取るよう努力する」と述べていた。

    さらに李氏は、別のメディアとのインタビューでも質問を回避する行動を見せたという。李氏は「選挙終盤に問題(女優とのスキャンダル疑惑)もあったが、今後、道知事になったら」と話すアナウンサーに対し「はい。ありがとうございます。よく聞こえませんが、一生懸命頑張ります」と述べ、中継用のイヤホンを耳から外したという。

    これについて、韓国のネットユーザーからは「選んだことを後悔」「無責任過ぎる」「今さっき言ったことを否定するとは…」「目標は当選すること。後のことは面倒くさいのだろう」「知事になる人がこんな態度でいいの?」「隠さなければならないことが多いから…」など李氏への批判的な声が寄せられている。

    一方で「アナウンサーの質問がよくない。当選後に聞くべきではない」「李在明は役割に対する責任の話をしたが、アナウンサーが道徳的な責任と勘違いしたようだ」「アナウンサーの理解力に問題がある」など、アナウンサーの側の問題を指摘する声も多く上がった。(翻訳・編集/堂本)

    引用元: ・【韓国】「誰が責任取るなんて言った?」知事に当選した韓国政治家の発言がネットで波紋[06/14]

    【【韓国】「誰が責任取るなんて言った?」知事に当選した韓国政治家の発言がネットで波紋[06/14] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/20(火) 12:01:45.95 ID:CAP_USER
    ドナルド・トランプ氏が大統領当選を決めてから円安が急激に進み、ウォン高現象が深まっている。

    19日、ソウル外国為替市場によると、先月9日のトランプ氏当選以降、ドル高によってドルに対する主要国通貨のほとんどが安値に転じる中、
    円安がウォン安よりも急激に進んでウォン高円安現象が鮮明になっている。

    ウォン・円の裁定為替レートはトランプ氏が当選した11月9日には100円=1081.5ウォンだったが、
    その後ウォン高円安が進んで今月16日に100円=997.9ウォンを記録した。

    約40日間にウォン価値が円に対して7.73%も上昇したのだ。

    ウォン・円の裁定為替レートが100円=1000ウォンを下回ったのはことし2月2日(100円=995.7ウォン)以降、10カ月ぶり。

    ウォン・円の裁定為替レートの急落が続く場合、韓国経済に圧迫として作用することが避けられない。

    韓国投資証券が輸出と為替レートの相関関係を調査した資料を見ると、
    韓国の輸出はウォン・ドルよりウォン・円の裁定為替レートの下落から否定的な影響を強く受けることが明らかになっている。

    また、世界輸出市場で韓国の輸出競合度は日本・米国・中国の順で大きいため、ウォン・円の裁定為替レートの下落は輸出競争力に影響を及ぼしかねないという。


    2016年12月20日11時19分 [中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/741/223741.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【中央日報】トランプ氏当選以降、急激なウォン高円安に…韓国輸出競争力に危険信号[12/20]©2ch.net

    【【今年の始めと同程度だろ】中央日報「トランプ氏当選以降、急激なウォン高円安に…韓国輸出競争力に危険信号」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/23(日) 18:56:41.34 ID:CAP_USER
    no title

    4月の総選挙をめぐり、現職の国会議員33人が公職選挙法違反などで起訴された一方、朴槿恵大統領に近い「親朴」議員はほとんどが不起訴となった

     韓国検察が国内で猛烈なバッシングを受けている。4月に行われた総選挙をめぐり、検察は14日、当選議員300人のうち33人を公職選挙法違反などで起訴したと発表。内訳では野党議員が与党議員を大きく上回り、与党内でも朴槿恵(パク・クネ)大統領に近い「親朴」と呼ばれる議員らはほとんどが不起訴になった。大統領に対する名誉毀損(きそん)で産経新聞の前ソウル支局長を起訴した際、国際的な批判を浴びた韓国検察だが、今度は野党や国内メディアから「政治検察だ」と猛反発を受けている。

    野党第1党代表も在宅起訴

     「検察にはもはや、恥もプライドもない」

     左派系のハンギョレ紙は社説で、怒りをあらわにした。

     最高検にあたる大検察庁は14日、野党が勝利した4月の総選挙をめぐり、公職選挙法違反などの罪で現職議員33人を含む1430人を起訴(在宅起訴含む)したと発表した。33人のうち、与党セヌリ党の所属議員は11人。野党系議員は倍の22人に上り、最大野党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表まで在宅起訴される事態となった。

     これに対し、ハンギョレは「法をものともせず、権力に対しては捜査するそぶりすら見せない。検察をこのままにはしておけない」と語気を強めた。保守系の朝鮮日報も論調は変わらず、「過去にも『政治検察』の批判は多かったが、ここまでではなかった」と強調。「組織がおかしい」と嘆いた。

    日本と異なる立件の基準

     起訴された議員らはいったい、どんな罪を犯したのか。野党議員の1人は、有権者に対して“Vサイン”を示したことを理由に在宅起訴された。韓国の公選法は投票日に、投票を呼びかける以外の選挙運動を禁止している。検察はこの議員について、インターチェンジの入り口に立ち、車列に向けて両手でVサインを示したことが選挙運動にあたると判断した。

     立件のハードルの高さは日本と大きく異なり、このほかにも「禁止期間中に映画館で名刺を配った」「『地域のすべての学校で25人学級を実現した』と実績を強調した発言が虚偽だった」などの理由で起訴される議員もいた。

     韓国の公選法では、議員本人が100万ウォン(約10万円)以上、会計責任者などが300万ウォン以上の罰金刑が確定すると議員の当選が無効になる。これまでに、33人のうち1人に70万ウォンの罰金刑が確定し、残る32人が1審公判中だ。

     法廷に立つことになったのは、国会議員全体の1割超。明らかな異常事態に映るが、実は選挙ごとの“恒例行事”でもある。これまでの総選挙で起訴されたのは、前回が30人、前々回は34人。それぞれ10人、15人が議員資格を失った。「前例を見れば、少なくとも10人以上が失職する可能性がある」(中央日報)と観測されている。

    現職検事長を逮捕…相次ぐ不祥事

     検察は野党議員の起訴が多かった背景について、野党の分裂に言及し「互いの告訴・告発が増加したことも影響した」と説明。実際、ある野党議員は別の野党候補について「前科が全国で2番目に多い」と述べた発言が虚偽だったとして在宅起訴されるなど、与野党間の政争とは関連しない側面もあった。

     それでも「親朴系に対する事実上の『免罪符』捜査」(韓国日報)とメディアなどが不信感を募らせる背景には、検察内部で相次ぐ不祥事がある。韓国では今年7月、オンラインゲーム大手企業の未公開株を賄賂として受けとったとして、現職の検事長(日本の検事正に該当)を史上初めて逮捕。9月には別の検事が、詐欺・横領事件で捜査を受けていた高校の同窓生から賄賂を受け取っていたことなどが判明し、今月17日に起訴された。

     京郷新聞は社説で、検察がこうした不祥事を受け、抜本的な組織改革を求められている点に着目。野党の主張通りに組織が解体されれば多くの既得権を失うことになるとし、「青瓦台(大統領府)と検察の“相互扶助”が『親朴は無罪、野党は有罪』につながっている」とみている。

    http://www.sankei.com/premium/news/161023/prm1610230012-n1.html

    引用元: ・【韓国】Vサインだけで公選法違反?「大統領べったり」韓国検察にバッシングの嵐 国会議員の1割起訴も選挙後の“恒例行事”[10/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【組織がおかしい?】「反朴槿恵」当選議員300人のうち33人を公職選挙法違反などで起訴】の続きを読む

    このページのトップヘ