まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:弾圧

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/06(火) 14:05:57.60 ID:CAP_USER
    ギムジョウォン青瓦台民政首席は5日、「最近、日本が韓国をホワイトリスト(輸出審査優遇局)から除外するなど、輸出規制を敢行することにより、これに対して政府全体で総力対応している重大な時期」と「国民情緒に反している言動など公職者の深刻な上品毀損に対しても厳正に措置する予定」と明らかにした。

    金首席はこの日の午後、報道資料を通じて「これにより、民政首席室は反腐敗秘書官主観で去る1月に結成した「公職規律協議体(民政首席室・国務総理室・監査院)」の会議を5日午前開催し、公職社会の綱紀弛緩を遮断するために、各機関別役割分担に応じて、特別監察を実施することにした」と明らかにした。
    彼は「まず民政首席室では、公職監察班人材をすべて動員、公職者の無事安逸・責任回避などの規律して、これに対する力点監察を実施する」とし、「一緒に国民情緒と配置されている言動など公職者の深刻な上品毀損についても厳正に措置する予定だ」とした。

    金首席は、国民情緒と配置されている言動が何なのかは、具体的に明らかにしなかった。
    しかし、政界では、日本の輸出規制に対抗政府が「抗日(抗日)」の基調を続けていくことに対する批判などを念頭に置いたものではないかという話が出た。

    2019.08.05 15:16(韓国語)
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/08/05/2019080501742.html

    ★1が立った日時:2019/08/06(火) 12:03:10.98
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565062235/


    引用元: ・【韓国】青瓦台「国民情緒に反する言動を監視する特別監察を設置する」 反日を続けていくことへの公職者からの批判を弾圧か★3[8/6]

    【ファシズムそのもの【韓国】青瓦台「国民情緒に反する言動を監視する特別監察を設置する」 反日を続けていくことへの公職者からの批判を弾圧か★3[8/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/24(月) 11:53:41.92 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国労働組合の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)は24日、青瓦台(大統領府)前で記者会見を開き、金明煥(キム・ミョンファン)委員長の逮捕を批判した上で、全面的な闘争に入ると宣言した。来月18日に「文在寅(ムン・ジェイン)政権の労働弾圧粉砕」を掲げる全面ストライキを実施する。

    金氏は国会前での集会で警察を暴行するなどの違法行為を計画、主導した容疑で、21日に逮捕された。

    民主労総は記者会見で、金氏の逮捕を「文在寅政権の宣戦布告」と見なし、「文政権はスローガンでしか存在していなかった『労働尊重』を放棄し、『財閥尊重』と『労働弾圧』を宣言した」と批判。「全面的かつ大々的な闘争を並々ならぬ決意で組織する」と表明した。

    ストに先立ち、今月26日に蔚山で全国労働者大会、27日に最低賃金1万ウォン(約927円)への引き上げと労働弾圧粉砕を訴える決起大会、28日に全国の単位事業場代表者による決起大会を開く計画だ。

    一方、民主労総は最低賃金委員会を含め、政府の53の委員会(2018年11月時点)に参加している。これらの委員会を欠席するかどうかは、今後議論して決める。


    2019.06.24 11:31
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190624000900882?section=society-culture/index

    引用元: ・【韓国有力労組】 文政権との全面闘争宣言=「労働弾圧粉砕」掲げストへ [06/24]

    【マルキストは異論を一切認めない 【韓国有力労組】 文政権との全面闘争宣言=「労働弾圧粉砕」掲げストへ [06/24] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/05/18(水) 21:25:53.85 ID:CAP_USER
    no title

    ▲1900年度光化門(クァンファムン).<出処=ソウル市>

    1910年8月、国権剥奪と共に大韓帝国は滅亡した。そして1945年8月15日、光復に至るまで35年間、日本は韓国を植民地統治した。今の'ソウル'ではなく'京城'と呼ばれた時期、日本は植民首都京城をどのように作ろうとしたのだろうか?

    18日、ソウル歴史編纂委員会は京城府(現ソウル市)が発行した都市計画書「京城都市計画調査書」を翻訳した「国訳京城都市計画調査書」を発行した。去る1928年、京城府が発行したこの本は朝鮮総督府新庁舎を景福宮(キョンボックン)の内側に移転後、日帝の都市計画の推進方向がそっくり含まれている。

    第1章は京城府人口増加率予想と都市計画の概要を説明している。
    第2章は各地域の商業・工場・公園地区に対する情報が表で整理されている。
    第3章は電車路線と道路網構成と共に当時の交通量現況の調査がされている。
    第4章は植民本国都市である大阪の例をあげながら区画整理に関する内容が記述されている。
    第5章は都市計画に必要な財源の用意について書いており
    第6章では電車と電気など都市インフラ施設に対する内容が含まれている。
    第7章には都市計画関連法令が記述されている。

    しかし、この本には都市の美観と交通の流れを円滑にすることにだけに焦点を合わせ、開発によって外部に押し出される住民たちの生活問題にはほとんど言及していない。

    ソウル歴史編纂院は「彼らの構想を通じて植民当局の都市計画が住民たちの福利ではなく、開発と効率だけを重視する姿勢をのぞくことができる。窮極的に日帝強制占領期間、各種の弾圧と収奪が都市計画的な側面でも作動していることを見せる」と説明した。

    この本はソウル新庁舎地下1階にある'ソウル本屋'で購入でき、上半期中にソウル歴史編纂院ホームページで電子ブックで閲覧できる。

    パク・ジュンヨン記者

    ソース:環境TV(韓国語) 1920年代日本が夢見たソウルの姿は?
    http://www.greenpostkorea.co.kr/news/article.html?no=61059

    引用元: ・【韓国】 1920年代の日本が夢見たソウルの姿は?~ソウル歴史編纂院、日帝の京城都市計画公開→各種の弾圧と収奪が見える[05/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【1928年の都市計画書「京城都市計画調査書」を読んだ韓国人「弾圧の証拠だ」】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 08:55:52.14 ID:???.net
    2015年4月5日、シンガポール華字紙・聯合早報は、中韓関係の変遷に伴うチャイナタウンの出現と、在韓中国人の地位の向上を報じた。

    仁川地下鉄の1番出口を出ると、道の向こうに「中華街」と書かれた立派な門が見える。高さ10メートルあまりのこの門は、2000年に山東省威海市から贈られたものだ。

    1882年に起こった大規模な反乱事件「壬午事変」では、清国の兵士3000人が鎮圧にあたり、軍に同行した40人の商人や他の平民が近代の在韓華僑のルーツとなった。
    1920年代には、山東省からの移民が仁川に居住するようになったため、韓国華僑の多くは山東省を原籍としている。

    仁川チャイナタウンの規模はそれほど大きなものではない。
    1本の通りにレストランや中国商品などを売る小規模店舗が40~50軒並ぶだけのもので、サンフランシスコや横浜の規模とは比べ物にならない。
    仁川のチャイナタウンが小規模なものにとどまっているのは、かつて韓国で数回にわたって行われた中国人弾圧政策が原因だ。

    1931年に中国の吉林省で起こった「万宝山事件」により、朝鮮人と中国人が衝突し、漢城(現在のソウル)、仁川、平壤などで中国人排斥の機運が高まり、中国人の商店が打ち壊されるなどした。

    また、1961年5月16日、大統領となった朴正煕は、東南アジア諸国の経済を華僑が握っていることに危機感を持ち、韓国国内の中国人を厳しく取り締まった。
    中国人を含めた外国人による不動産の購入を禁止し、中国人による飲食店の売買や、中華料理店の値上げを禁止した。また、中国人の長期居住を制限し、3年ごとの更新制とした。
    朴正煕による弾圧政策を受け、在韓中国人人口は急激に減少、約1万人が米国、台湾を始めとする他国へと移住していった。
    1992年の中韓国交正常化の後、中国の経済発展によって韓国の中国への依存度が高まり、韓国社会でも国内に居住する中国人の価値が注目されるようになってきたという。
    http://www.recordchina.co.jp/a105603.html

    引用元: ・【中韓】韓国のチャイナタウンの歴史に見る、中韓関係の変遷=弾圧政策から経済依存へ―SP華字紙

    【もうじきチャイナそのものになるニダ… 【中韓】韓国のチャイナタウンの歴史に見る、中韓関係の変遷=弾圧政策から経済依存へ―SP華字紙】の続きを読む

    このページのトップヘ