まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:強制労働

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/11/15(木) 18:36:40.72 ID:CAP_USER
    韓国外交部は15日、ホームページの韓国語版と英語版に韓国の大法院(最高裁)が新日鉄住金に対し日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じた判決後に発表した政府の立場を掲載した。

    (写真)
    no title

    ▲ 韓国外交部=(聯合ニュース)

    掲載されたのは判決当日の先月30日に「司法の判断を尊重する」としたものと、今月7日に「日本の過激な発言に深い憂慮」を表明した李洛淵(イ・ナクヨン)首相の発表文の2件。

    英語版には「非公式訳」と前置きした上で、「強制徴用被害者」を「Victims of Forced Labor」(強制労働の犠牲者)と表記した。
     
    「Forced Labor」は日本による植民地時代の徴用が、国際労働機関(ILO)が禁じる強制労働であることを明確にした表現で、徴用の違法性を強調したことになる。

    ソース:ソウル=聯合ニュース
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/11/15/0200000000AJP20181115004500882.HTML

    引用元: ・【韓国】韓国外交部、英語版に「強制労働」と翻訳=徴用の違法性強調[11/15]

    【ホント、こいつらアホだよなw【韓国】韓国外交部、英語版に「強制労働」と翻訳=徴用の違法性強調[11/15] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/25(月) 16:02:36.73 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】中東バーレーンで24日(現地時間)に開幕した国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」(2015年登録・23施設)の保全状況の審査が行われ、同委で採択される決定文に、当時同施設の端島炭坑(軍艦島、長崎市)などで朝鮮半島出身者を強制労働させていた事実が明記される見通しとなった。韓国政府当局者が25日、伝えた。

     決定文は27日ごろ採択される見通しで、強制労働させていた事実については前文と本文脚注に、15年に開かれた同委での日本政府当局者の発言を引用する形で記されるという。 

     韓国政府当局者は「15年の世界遺産委員会の決定文に明記された日本政府代表の発言をなぞった内容が含まれ、その発言が正確にどのようなものであったか脚注で確認している」と説明した。 

     15年7月に同施設が世界文化遺産に登録される際、日本は、施設の一部で1940年代に韓国人やその他の国の国民が本人の意思に反して動員され過酷な条件下で働くことを強いられたと認めており、その発言は当時の決定文の脚注に記された。

     政府当局者はまた「2015年の決議文を忠実に履行することを日本に要求し、当事者間対話を促すという内容が決定文に含まれるだろう」と伝えた。 

     日本は強制労働があった事実を認めた上で、被害者を記憶するための情報センター設置などの措置を取ると約束した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/25/0400000000AJP20180625002800882.HTML

    引用元: ・【国際】軍艦島での強制労働 世界遺産委の決定文に記載へ=27日採択か[06/25]

    【【国際】軍艦島での強制労働 世界遺産委の決定文に記載へ=27日採択か[06/25] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/05(水) 17:19:25.27 ID:CAP_USER
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/07/05/0400000000AJP20170705005100882.HTML

    【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の市民団体が5日、2015年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」に関し、朝鮮人が強制労働させられたという歴史的事実を明らかにすることを日本政府に求める声明を発表した。

     韓国市民団体の「民族問題研究所」と「太平洋戦争被害者補償推進協議会」、「靖国反対共同行動韓国委員会」は、日本の市民団体の「在韓軍人軍属裁判の要求実現を支援する会」「強制動員真相究明ネットワーク」と共同で声明を発表し、「日本政府が誠実に歴史の全貌を明らかにしなければならない」と求めた。

     これらの団体は、「ユネスコ世界遺産委員会が『歴史全体を記述せよ』との勧告事項を含む、明治産業革命遺産の条件付きの登録を決定したが、日本の閣僚らは未だに強制労働を認めていない」と指摘した。

     また「登録当時に日本の大使が約束した、犠牲者を記憶するための情報センター設置なども履行されるか疑問だ」とし、「日本の発展は技術発展だけで成就したのではなく、強制動員された労働者の犠牲によってもなされたものだ」と述べた。

     各団体は「日本の産業革命遺産登録が日本と韓国国民の間の知的・道徳的連帯を強化するきっかけになることを願う」とし、「日本は実態調査を誠実に遂行し、歴史を事実通りに公表しなければならない」と強調した。

     日本の明治産業革命遺産は長崎造船所、端島(軍艦島)炭坑、三池炭鉱など、朝鮮人数万人が強制労働させられた7カ所を含む全23施設で、2015年7月にユネスコ世界文化遺産に登録された。

    引用元: ・【日韓】明治産業革命遺産に強制労働明示を 韓日市民団体が共同声明[07/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【被害者になりたい病】明治産業革命遺産に強制労働明示を 韓日市民団体が共同声明】の続きを読む

    このページのトップヘ