まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:弱まる

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/11(火) 15:37:44.60 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は11日発表した「10月の経済動向」で、韓国経済について「内需が一部改善したが、海外の状況悪化による輸出の不振で景気回復の勢いが弱まっている」との見解を示した。先月は3か月ぶりに「景気回復の勢いの弱まり」に言及していた。KDIの担当者は「回復の勢いは先月からさらに弱まっている」と指摘し、その主因に輸出の不振を挙げた。

     9月の輸出額は前年同月比で2.8%増加した。伸び率は前月(6.6%)を下回り、6月から4か月連続で1桁にとどまった。中でも主要輸出先の中国の経済減速が鮮明となっており、対中輸出は6.5%減少した。

     輸出の主力商品の半導体も5.7%減と、2か月連続のマイナスだった。半導体は需要鈍化で価格が下落。8月の半導体生産は前月比14.2%減少している。

     半導体の不振が響き、製造業をはじめとする鉱工業生産は8月に1.8%減となった。10月の製造業の景況判断指数(BSI)も73に低下した。基準値の100を下回ると、景気を悪いとみる企業の方が多いことを意味するが、9月の82からさらに落ち込んだ。

     KDIは中国の景気減速のほか、米国の金融引き締め強化も挙げながら「景気の下振れリスクが拡大した」と指摘した。

     ただ国内ではサービス業が良好な流れを維持し、これまで振るわなかった小売販売と投資がプラスに転じるなど、一部で改善がみられる。

     8月のサービス業生産は宿泊・飲食店業や運輸・倉庫業、卸小売業などを中心に前年同月比7.1%増加した。消費動向を示す小売販売額指数は、乗用車など耐久財の不振緩和を追い風に2.3%のプラスに転換した。設備投資は11.8%増、建設投資は7.5%増に持ち直した。

     8月の就業者数は前年同月比80万7000人増えるなど、雇用は堅調に推移している。

    Copyright 2022YONHAPNEWS. All rights reserved.
    10/11(火) 15:26配信
    聯合ニュース

    引用元: ・【聯合ニュース】「さらに景気回復の勢い弱まる」 輸出不振で 雇用は堅調に推移=韓国政府系機関 [10/11] [新種のホケモン★]

    【日本を抜いた設定は何処行った?w 【聯合ニュース】「さらに景気回復の勢い弱まる」 輸出不振で 雇用は堅調に推移=韓国政府系機関 [10/11] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/12/19(土)14:08:13 ID:E1m
    「現場で感じる危機感は本当に大きい。
    しかし大統領が何度も繰り返して危機を強調したところ、むしろ国民が感じる危機意識は弱まっているようだ」。

    17日、ある財界関係者はこのように述べた。朴槿恵(パク・クネ)大統領が最近、韓国経済を危機状況と診断し、
    経済活性化関連法案が処理されないことに対して連日、国会を批判していることをめぐってだ。

    朴大統領は16日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた経済関係長官会議で、
    「来年、韓国経済は輸出と内需の同時沈滞で困難に直面するおそれがある」とし
    「コンティンジェンシープラン(非常対策)を準備する必要がある」と述べた。
    続いて「未来の世代にこれ以上罪を犯さず、今からでも実行しなければいけない。
    1440日間ほど漂流しているサービス産業発展基本法が1000日前に解決されていれば、多くの若者が仕事を見つけて自分の力を発揮できたはず」と述べた。

    朴大統領の経済危機発言は、崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政部長官の「来年の経済は厳しい」よりも強い。
    「危機」「非常」という言葉まで登場する。

    「法案を通過させるのが難しい。大統領ももどかしさを表現したのだ」(セヌリ党の姜錫勲議員)という解釈が出ているが、
    「あまりにも強くて頻繁な危機強調と国会批判は、非常な状況が平凡に映る副作用をもたらす」(康元沢ソウル大政治外交学部教授)という懸念もある。

    最近の経済状況について経済専門家と財界人は声を一つにして「深刻だ」と話す。
    オ・ジョングン建国大金融IT学科特任教授は1997年の通貨危機当時と比較し、
    「国会議長が主要経済法案を職権上程しないものは安易だ。現在の状況は大統領の緊急財政経済命令が必要なほど」と述べた。

    しかし大統領が危機を強調するために使う言葉と話法がむしろ国民を鈍感にさせるという指摘が大きい。
    望まないシグナルを国民と市場に与える可能性があるということだ。ソン・ビョングォン中央大政治国際学科教授は
    「危機発言が多ければ、国民がより強く不安を感じることもあり、さらに進んで本当の危機と信じない状況が生じることもある」と話した。
    「オオカミが出た」と叫んだ羊飼いの少年のような状況になることもあるという指摘だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000012-cnippou-kr

    引用元: ・【韓国経済】財界人「朴槿恵大統領が危機感を訴えれば訴えるほど、韓国国民の危機意識はかえって弱まる」「オオカミ少年の話と同じ」[12/18]

    【危機意識持ってたのか?【韓国経済】財界人「朴槿恵大統領が危機感を訴えれば訴えるほど、韓国国民の危機意識はかえって弱まる」「オオカミ少年の話と同じ」[12/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ