まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:延期

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/14(土) 09:14:41.53 ID:CAP_USER
    ▲韓国が打ち上げた月着陸船=イラスト右=と探査ロボット=同左=が、太極旗が立てられている月面にある様子を描いた想像図。イラスト=韓国航空宇宙研究院
    no title


    2020年末に予定されていた月軌道船打ち上げを韓国政府が2022年7月に延期した。昨年、月軌道船打ち上げ計画を2年、着陸船打ち上げ計画を10年先送りしたのに続き、再び月探査計画を先送りしたものだ。

    今年に入って中国・イスラエル・インドが相次いで月に向かって着陸船を打ち上げるなど、世界的に見て月探査に対する熱が高まっている中、韓国だけが宇宙開発で後ずさりしているものだ。

    科学技術情報通信部は9月10日、国家宇宙委員会の宇宙開発振興実務委員会を開き、「月探査事業の主要計画変更案」を審議・確定して発表した。

    月軌道船の重量を当初の550キログラムから678キログラムに増やし、軌道船の軌道も1年間の円軌道から9カ月間の楕円(だえん)軌道と3カ月間の円軌道を並行することにした。

    盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の2007年に月探査計画を発表してから12年経っても、宇宙船の設計や軌道がいまだに揺らいでいるのだ。

    ■政権によって変わる月探査計画

    月探査計画が遅れたのは今回が初めてではない。韓国が政府次元で月探査計画を最初に立てたのは2007年の盧武鉉政権時だった。当時決まったのは、月軌道船は2020年、着陸船は2025年にそれぞれ打ち上げるという象徴的な青写真程度の事項だった。

    難度の高い月着陸船をすぐに実行するのは難しいので、まず軌道船を打ち上げて月探査の可能性を打診するというものだった。2013年の朴槿恵(パク・クネ)政権では軌道船は2018年までに、着陸船は2020年までに打ち上げ日程を先送りした。「大統領選挙公約に合わせる」という政治的な理由からだった。

    文在寅(ムン・ジェイン)政権は昨年、再び軌道船打ち上げを2020年に、着陸船打ち上げを2030年に変更した。宇宙開発がスピード競争になっている時代に月面着陸日程が10年遅れるということは、事実上の月探査放棄ではないかという批判もある。「月探査を過去の政権の積弊(弊害)と見なしている」という言葉まで飛び出した。

    政府が月探査に消極的なことから、月探査の主体である航空宇宙研究院内部でも混乱が起きている。月探査事業団は昨年ようやく衛星研究本部傘下に入った。月軌道船は人工衛星技術を基礎とするもので、人工衛星専門家との協力が不可欠だ。

    政府が無関心でいる状況で、開発を主導する航空宇宙研究院内のプロジェクト主導権争いにより、技術開発が事実上、置き去りにされているということだ。その間に部品が追加されて月軌道船の重量が増え、来年の打ち上げを予定通り行うことができない状況に至った。

    政府は遅ればせながら今年1月になって外部点検評価団を設立したが、その結果、今回重要な設計を変更して打ち上げ日程を遅らせることになった。

    2019/09/14 06:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143_3.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 月探査また2年延期…遠のく韓国の宇宙開発 [09/14]

    【とうとう2年が永遠の意味になった【朝鮮日報】 月探査また2年延期…遠のく韓国の宇宙開発 [09/14] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 18:54:25.90 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=185472&ph=0

    2017年7月24日、韓国・マイデイリーなどによると、米国の人気歌手リチャード・マークス氏が、今年6月に予定していた韓国公演を10月に延期することになった理由を明かした。

    訪韓に合わせこの日ソウル市内で開かれた会見でマークス氏は、6月2~4日の予定だった韓国でのコンサートを延期したいきさつについて、「決定がなされた時点で、朝鮮半島に緊張感のようなものがあった。私よりは周りの多くの人たちがその部分を指摘し引き止めた」と述べ、北朝鮮によるミサイル発射などに起因する朝鮮半島情勢の悪化が主因であったと明らかにした。「緊張感のために(公演開催が)難しいのであれば、中止とせず延期にしたい」と考え、10月12・14・15日に延期を決めたという。

    しかしこの会見に、韓国国内ではブーイングが起こっている。記事に寄せられたコメントで多くの共感を得たのは「オーバーだな」「言い訳としてはイマイチ」「まったくふざけた理由をつけたもんだ。そんなに心配症の人が銃器事件の多い米国でどうやって暮らしてるんだ?」「来てくれと頼んだ覚えはない」などマークス氏の姿勢に批判的な声だ。

    また、「あなたが本当のアーティストなら、むしろこういう時に訪ねて来て平和を歌うのが筋だろ」と主張するユーザーや、「はて?ただチケットが売れてないだけでは?今さら中止にもできないし、記事にしてもらってチケットを売ろうとしてるんだね」と疑うユーザーもいる。

    さらには「君の気持ちは分かるよ。米国が北朝鮮をいつ攻撃するかも分からない状態だから不安なんだろう」と推測するコメントもあった。

    引用元: ・【韓国】米有名歌手が朝鮮半島の安全問題を理由に韓国公演を延期=韓国ネットからブーイング[07/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【企画自体が間違ってるだろw】「朝鮮半島の緊張感で韓国公演を延期」韓国でブーイングの米国の人気歌手】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/06/22(木) 09:32:11.60 ID:CAP_USER
    2017年6月20日、韓国・中央日報によると、韓国の仁川空港公社が今年末に予定されていた仁川空港第2旅客ターミナルの開港を来年の平昌冬季五輪(2月9?25日)以降に延期することを進めていることが分かった。延期された場合、五輪選手団や観光客の入国に大きな不便が生じるとみられている。

    仁川空港公社関係者は20日、「第2旅客ターミナルの免税店事業者の選定が予定より遅れ、年末までにターミナル内の免税店の造成工事を終えることが難しい状況」とし、「ターミナル開港日の延期について国土交通部と協議している」と明らかにした。第2旅客ターミナルの開港時期については「主要航空会社の夏季の運航スケジュールが3月から始まる点を考慮し、平昌五輪が終わった後の3月が適切と考えている」と述べた。

    また、空港公社は非正規職員を年内に正規職に転換する作業も開港時期を遅らせなければならない要因と主張した。現在、航空公社は第2旅客ターミナル開港のため、約3000人を新たに採用するという協力会社の計画を全面的に中断させた状態だ。

    しかし、国土交通部は「平昌五輪に備えるためにも開港の延期は認められない」との立場を示している。同部関係者は「非正規職員の正規職への転換問題は航空公社が計画どおりに進めればよいことであり、そのために開港を延期するのは理解できない」とし、「年末、遅くとも来年の1月中には開港し、平昌五輪の時に外国人訪問客らが快適に利用できるようにするというのが政府の方針」と強調した。

    さらに、同関係者は「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の影響で中国人観光客が減少しているものの、仁川空港の全体の利用客数は増加しているという点も予定どおりに開港しなければならない理由」と説明した。

    また、一部では「第2旅客ターミナルの開港を延期しようという仁川空港の主張は、これまで見せていた姿と相反する」と批判する声も出ている。空港公社はこれまで、免税店の選定権をめぐり関税庁と対立した時など、問題が生じるたびに「円満に解決されなければ平昌五輪の準備に支障をきたす」と主張してきた。

    そのため、航空業界では仁川空港の経営陣が無理に非正規職員の年内の正規職転換を約束したものの、実現が難しくなったために開港時期を遅らせて時間を稼ごうとしているのではないか」と指摘する声も上がっている。

    専門家らは開港が延期された場合の平昌五輪に及ぼす悪影響を懸念している。韓国航空大学経営学部のユン・ムンギル教授は「第2旅客ターミナルの開港が延期されれば、平昌五輪のために韓国を訪れた外国人が空港から出るのに60?70%の時間を余計に費やすことになる」と説明した。

    また、国策研究所の博士は「仁川空港は平昌五輪の選手団と観光客の大部分が入国する関門。空港は韓国の第一印象のためにも万全の準備をしなければならないのに、免税店工事の遅延という納得しがたい理由で第2旅客ターミナルの開港を延期するというのは問題だ」と指摘した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「なぜ免税店に合わせる?ターミナルを先に開港し、免税店は後からオープンさせればいいのに」
    「免税店が一番大事という発想が笑える」
    「免税店のための空港なの?」
    「大事なことは何か、全く分かっていない。免税店はどうでもいい」
    「正規職に転換するから開港が遅れる?どういうこと?」

    など延期の理由に納得できないとする声が多く寄せられている。また

    「国民の金で遊ぶな」
    「この国がまともに仕事をしたことは一度もない」

    などと批判する声もみられた。

    一方で

    「適当につくってコストが二重にかかることのないように!」
    「遅くてもいいから慎重に作業してほしい」と主張する声も。

    そのほか「五輪の時、どうせ外国人は大して来ないよ」
    「正直、平昌五輪の開催を中止してほしい。仁川もアジア大会の後、山積みの問題に悩んでいるではないか」

    と平昌五輪の開催に不安をのぞかせるコメントもあった。


    2017年6月22日(木) 9時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b178000-s0-c50.html

    引用元: ・【韓国】平昌五輪にも悪影響、仁川空港の新ターミナルが開港延期の危機[06/22]©2ch.net

    【【なんのための増設なんだよw】仁川空港の新ターミナル開港、平昌五輪以降に延期】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/23(金) 08:37:48.24 ID:CAP_USER
    http://s.japanese.joins.com/article/848/223848.html?servcode=300&sectcode=330

    2017年12月に予定されていた韓国型ロケットの試験発射が2018年10月に延期された。

    韓国未来創造科学部は22日、「第11回国家宇宙委員会」を開き、韓国型ロケットの試験発射を当初の2017年12月から2018年10月に調整すると明らかにした。韓国型ロケットとは韓国の技術だけで開発される最初のロケット。このロケットで2020以降に月を探査をするというのが韓国政府の目標だ。

    韓国型ロケット開発事業は現在、第2段階が進行中だ。2010-2015年に進行された第1段階で製作した75トン級エンジン予備設計を基礎に、2015-2018年に進行される第2段階で75トン級エンジンを開発し、試験発射までする予定だった。最後の第3段階で1.5トン級の衛星を搭載した韓国型ロケットを打ち上げるのが最終目標だ。

    当初、75トン級エンジンの開発と試験発射は2017年12月に予定されていた。しかし今年上半期に韓国型ロケット事業を展開している韓国航空宇宙研究院が技術上の問題のため発射日程の延期が避けられないという立場を未来創造科学部に伝えた。燃焼不安定が発生する場合、エンジンが爆発するおそれがあり、この問題を解決するのに相当な期間が必要という。

    no title

    75トン級ロケットエンジンの燃焼試験の様子(写真=韓国航空宇宙研究院)

    引用元: ・【韓国】韓国型ロケットの試験発射、技術的な問題で延期に[12/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国人のできます】韓国型ロケットの試験発射、技術的な問題で延期に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/09/28(水) 21:10:35.34 ID:CAP_USER
    27日造船業界によればアンゴラ国営石油会社ソナンゴル(SONANGOL)は先週、大宇(デウ)造船に「9月末の引き渡しは難しくなった」と公式に通知した。ソナンゴル高位関係者は先週末、ドバイで鄭聖立(チョン・ソンリプ)社長と会って「ファイナンシング(資金調達)作業が遅れ、今月末の引き渡しは不可能な状況」としながら「引き渡しを取り消す予定は全くない」という意向を明らかにした。

    鄭社長とソナンゴル関係者はドバイの会合でファイナンシングおよび保証計画を再び用意したと分かった。大宇造船は一部の船舶代金をあらかじめ受け取り、年内に満期が来る短期借入金がないため引き渡しの日時には執着しないとの戦略を立てた。鄭社長とソナンゴルは来月再び会って最終引き渡しの日時やファイナンシング方式などを確定させる計画だ。

    会社関係者は「1兆ウォンの代金を今月末に受け取ることができないからといって流動性危機が発生することはない」として「できるだけ早期に引き渡しが可能になるよう継続協議していく予定」と話した。大宇造船は、ソナンゴルのドリルシップ買入れの意志が強く資金調達計画さえつまずかなければ年内に引き渡しが可能だとみている。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/171/221171.html

    【【資金ショート?】大宇造船1兆ウォンの代金受け取りが延期に】の続きを読む

    このページのトップヘ