まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:延期

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/26(金) 11:10:38.72 ID:CAP_USER
    与党議員35人が25日声明を出して翌月に予定された韓米合同演習を延期するように促した。議員らは韓半島(朝鮮半島)の平和と金正恩(キム・ジョンウン)総書記が反発しているという点を理由にあげた。

    声明にはアン・ミンソク、尹美香(ユン・ミヒャン)、キム・ナムグクなど共に民主党議員とチェ・ガンウクなど開かれた民主党の議員が参加した。

    議員らは「今は韓半島の平和のために新しい一歩を踏み出す時」として「この機会を逃がさないための戦略的な方法として韓米政府が韓米合同演習の延期を決断することを丁寧に訴える」とした。

    議員らは「わが国防部は従来に実施してきたように、防御的意味の連合指揮所の訓練だと説明しているが、北朝鮮は金正恩総書記まで直接出て強力に反発しており、さらに今年党大会では南北関係の『根本的問題』として前面に出している」と理由を説明した。

    また「現在の韓半島情勢は南北間、米朝間相互不信の壁が非常に高く、一寸先も見えない」として「したがって、現時点で韓米合同演習は北朝鮮側の強硬対応を誘発し、極端な外交・安保的対立を起こす可能性がある」と主張した。

    議員らは「米国のバイデン新行政部が韓半島政策に対する総合的かつ整理された立場を作る前まで領域内緊張を深化させるのは今後韓半島情勢の管理のためにも、今後南北・米朝関係のためにも決して望ましくない」とした。

    また、議員らは韓米合同演習を延期しなければならない理由の一つとして新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態を挙げた。

    議員らは声明で「政府がコロナ防疫のために5人以上の人員に対する集合禁止命令を下し、自営業者の営業も制限しているこの時、大規模な軍事訓練を押し切ってコロナ危機を深化させれば、誰が政府の防疫制限措置に従うかも非常に懸念される」とした。


    中央日報日本語版 2021.02.26 07:50
    https://japanese.joins.com/JArticle/275979

    引用元: ・【米韓】 尹美香氏など韓国与党議員35人 「韓米演習を延期せよ…金正恩総書記が反発する」 [02/26] [荒波φ★]

    【すげー自白してんなwwww 【米韓】 尹美香氏など韓国与党議員35人 「韓米演習を延期せよ…金正恩総書記が反発する」 [02/26] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/12/07(月) 16:31:54.29 ID:CAP_USER
    宇宙先進諸国が相次いで月や小惑星から土壌試料を採取して地球に持ち帰っているのにもかかわらず、韓国の宇宙開発は依然として地球の周りを回る衛星の段階でとどまっている。韓国政府の宇宙開発担当局長は1年もたたないうちに交代し、研究者たちは派閥争いばかりしており、宇宙開発計画は何度も延期されている。

    もともとの計画通りなら、今ごろ韓国も月探査機を運用しているはずだった。しかし、宇宙開発は政治的論理に左右され、延期され続けてきた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府は2007年、「月の軌道船を2020年、着陸船は2025年に打ち上げる」という計画を立てた。朴槿恵(パク・クネ)政権は2013年、大統領選挙公約に合わせるとして、「軌道船は2018年まで、着陸船は2020年」と日程を早めた。

     ところが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は2017年、軌道船打ち上げを2020年、着陸船は2030年に遅らせた。前政権の事業であるため優先順位が下がった、という話がささやかれた。政府の支援どころか、監督もろくにしてもらえない間に、軌道船打ち上げは再び2022年に延期された。開発主体である航空宇宙研究院では月探査責任者の交代が相次ぎ、院長が酒の席での研究員に暴力を振るって任期を2カ月残して解任される事態も起こった。

     宇宙ロケットも状況はほぼ同じだ。韓国は2010年から1兆9572億ウォン(約1880億円)をかけて3段型で初の国産宇宙ロケット「ヌリ号」を開発している。2009年に打ち上げられた2段型ロケット「羅老号」は中核となる1段をロシアが製作した。当初の計画は、来年2月と10月に試験打ち上げをするというものだったが、燃料タンクなどの部品製作に問題があり、当初予定されていた来年2月から6カ月後に延期される可能性が高くなった。ヌリ号が成功しても、ようやく地球の周りを回る人工衛星を独自で打ち上げるレベルだ。米国やロシア、ヨーロッパ、中国、日本、インドのように月や小惑星に行く探査機を打ち上げるには、より強力なロケットが必要だ。しかし、月を超えて宇宙に行く次世代宇宙ロケットはまだ協議すらまともに行われていない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b9e69cb5945964a7b8fc4e547b98dcc2d74307b

    引用元: ・【朝鮮日報】2018年→2020年→2022年…韓国の宇宙探査は「延期、また延期」 [12/7] [昆虫図鑑★]

    【動くゴールポストがここにもw 【朝鮮日報】2018年→2020年→2022年…韓国の宇宙探査は「延期、また延期」 [12/7] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/06(月) 08:12:34.62 ID:CAP_USER
    韓国が独自開発している3段式宇宙ロケット「ヌリ号」の初の打ち上げが部品製作に支障が生じたため、
    当初予定の来年2月から半年後に延期される可能性が高まった。

    韓国航空宇宙研究院のチョ・サンヨン発射体保証チーム長は今月3日、
    韓国科学記者協会のサイエンスメディアアカデミーで「ヌリ号が2段目の性能を立証し、
    1・2段目の最終試験段階に入ったが、新型コロナウイルスの影響があるほか、
    国内企業が担当する部品の信頼性が確保できていない」と述べた。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/06/2020070680002.html

    引用元: ・【韓国】 初の国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ半年延期へ [影のたけし軍団ρ★]

    【打ち上げなければ失敗はしないからなw【韓国】 初の国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ半年延期へ [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/16(月) 16:13:09.45 ID:CAP_USER
    サムスン電子が米国や中国の主要市場で毎年開催していた「ファウンドリフォーラム」の無期限延期を決めた。ファウンドリフォーラムはサムスン電子の「2030年非メモリー1位ビジョン」の達成に向けた半導体委託生産(ファウンドリ)事業説明会で、毎年米国をはじめ中国、欧州、日本、韓国などで開催してきた。米国でもドナルド・トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態で国家非常事態を宣言してからIT企業の大規模なカンファレンスが相次いで延期されている。

    ◆「新型コロナの懸念が大きくなったことを受けて下した決定」

    サムスン電子は15日(米国時間)、ウェブページを通じて「サムスンファウンドリフォーラム2020(Samsung Foundry Forum 2020)」の日程を延期すると発表した。当初、サムスン電子は5月20日にシリコンバレーに隣接する米国カリフォルニア州サンタクララ・マリオットホテルで今年最初のファウンドリフォーラムを開催する計画だった。サムスン電子は「新型コロナに対する懸念が大きくなったことを受けて下した決定」と触れただけで、今後の日程には言及しなかった。この日、米疾病対策センター(CDC)は新型コロナの拡散防止のために今後8週間は50人以上集まる行事は開催しないように勧告した。

    これに先立ち、アップルは今月14日にiOS開発者を対象に毎年開催していた開発者カンファレンス「WWDC 2020」をオンラインに切り替えると発表した。

    サムスン電子が2016年から開催しているファウンドリフォーラムは、全世界のシステム半導体(非メモリー半導体)従事者を対象にした一種の「ショーケース」だ。毎年5月の米国をはじめ▼6月中国▼7月韓国▼9月日本▼10月ドイツ--など世界各地で開いてきた。サムスンが誇るナノメートル単位の超微細工程、さらに精密に回路を描くことができる極端紫外線(EUV)工程を顧客に説明して委託生産物量受注を受ける場だ。

    昨年9月、韓国と日本政府がフッ化水素など半導体関連の素材3品目の輸出規制問題で対立した時もサムスン電子は東京で計画された日程に従ってファウンドリフォーラムを開いた。ファウンドリ事業を回していくためにはそれだけ顧客から物量を受注することが必須条件であるためだ。市場調査企業のTrendForce(トレンドフォース)によると、昨年10-12月期の世界ファウンドリ市場で、台湾TSMCは占有率52%(売上基準)、サムスン電子は18%をそれぞれ占めている。

    ◆サムスンファウンドリの米国受注に悪影響

    今回の決定はサムスンファウンドリ事業に否定的に作用する見通しだ。先月から本格稼働に入った華城(ファソン)事業場内のEUV専用ラインを安定的に稼働させるためには、サムスン電子セット事業部以外にも、クアルコム・AMDなど米国企業から委託生産物量を受注しなければならない。サムスンはEUV専用ライン「V1」に約60億ドル(約6400億円)を投資したと伝えられている。李在鎔(イ・ジェヨン)副会長も最近、V1ラインを視察して「ここで作る小さな半導体に人類社会貢献という夢が込められるように、挑戦を続けていこう」と呼びかけた。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/263720?servcode=300&sectcode=320

    2020.03.16 16:06

    引用元: ・【韓国/半導体産業】サムスン、コロナでファウンドリフォーラム延期…半導体委託生産受注に支障懸念 米国受注に悪影響[3/16]

    【いよいよ終焉だな 【韓国/半導体産業】サムスン、コロナでファウンドリフォーラム延期…半導体委託生産受注に支障懸念 米国受注に悪影響[3/16]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/14(土) 09:14:41.53 ID:CAP_USER
    ▲韓国が打ち上げた月着陸船=イラスト右=と探査ロボット=同左=が、太極旗が立てられている月面にある様子を描いた想像図。イラスト=韓国航空宇宙研究院
    no title


    2020年末に予定されていた月軌道船打ち上げを韓国政府が2022年7月に延期した。昨年、月軌道船打ち上げ計画を2年、着陸船打ち上げ計画を10年先送りしたのに続き、再び月探査計画を先送りしたものだ。

    今年に入って中国・イスラエル・インドが相次いで月に向かって着陸船を打ち上げるなど、世界的に見て月探査に対する熱が高まっている中、韓国だけが宇宙開発で後ずさりしているものだ。

    科学技術情報通信部は9月10日、国家宇宙委員会の宇宙開発振興実務委員会を開き、「月探査事業の主要計画変更案」を審議・確定して発表した。

    月軌道船の重量を当初の550キログラムから678キログラムに増やし、軌道船の軌道も1年間の円軌道から9カ月間の楕円(だえん)軌道と3カ月間の円軌道を並行することにした。

    盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の2007年に月探査計画を発表してから12年経っても、宇宙船の設計や軌道がいまだに揺らいでいるのだ。

    ■政権によって変わる月探査計画

    月探査計画が遅れたのは今回が初めてではない。韓国が政府次元で月探査計画を最初に立てたのは2007年の盧武鉉政権時だった。当時決まったのは、月軌道船は2020年、着陸船は2025年にそれぞれ打ち上げるという象徴的な青写真程度の事項だった。

    難度の高い月着陸船をすぐに実行するのは難しいので、まず軌道船を打ち上げて月探査の可能性を打診するというものだった。2013年の朴槿恵(パク・クネ)政権では軌道船は2018年までに、着陸船は2020年までに打ち上げ日程を先送りした。「大統領選挙公約に合わせる」という政治的な理由からだった。

    文在寅(ムン・ジェイン)政権は昨年、再び軌道船打ち上げを2020年に、着陸船打ち上げを2030年に変更した。宇宙開発がスピード競争になっている時代に月面着陸日程が10年遅れるということは、事実上の月探査放棄ではないかという批判もある。「月探査を過去の政権の積弊(弊害)と見なしている」という言葉まで飛び出した。

    政府が月探査に消極的なことから、月探査の主体である航空宇宙研究院内部でも混乱が起きている。月探査事業団は昨年ようやく衛星研究本部傘下に入った。月軌道船は人工衛星技術を基礎とするもので、人工衛星専門家との協力が不可欠だ。

    政府が無関心でいる状況で、開発を主導する航空宇宙研究院内のプロジェクト主導権争いにより、技術開発が事実上、置き去りにされているということだ。その間に部品が追加されて月軌道船の重量が増え、来年の打ち上げを予定通り行うことができない状況に至った。

    政府は遅ればせながら今年1月になって外部点検評価団を設立したが、その結果、今回重要な設計を変更して打ち上げ日程を遅らせることになった。

    2019/09/14 06:06
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143_3.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 月探査また2年延期…遠のく韓国の宇宙開発 [09/14]

    【とうとう2年が永遠の意味になった【朝鮮日報】 月探査また2年延期…遠のく韓国の宇宙開発 [09/14] 】の続きを読む

    このページのトップヘ