1: まぜるな!キケン!! 2023/06/14(水) 09:17:35.09 ID:V2XYQyH7
【06月14日 KOREA WAVE】ファッションの都パリで最近、K-POP・Kドラマなど韓流に対する関心が高まっている。グループ「防弾少年団(BTS)」や「BLACKPINK(ブラックピンク)」など韓流スターのヘアスタイルが好きになり、韓国人が経営する美容室を探しても「1カ月前予約」というのは当たり前だ。パーマに150~200ユーロ(約2万2500~3万円)もかかるが、いつも予約で一杯だ。

このように若い世代を中心に広がった韓流ブームは、K-フードへの関心にもつながり、パリ市内の韓国料理店はここ数年急増している。

韓国料理を自分で調理して食べる講座も人気で、駐フランス韓国文化院が開設した韓国料理講座には10人の募集に数百人余りが集まった。現地では韓国食品が健康で新鮮なメニューと考えられており、特にビビンバとキムチに対する認知度が高い。またプルコギ、餃子、韓国式バーベキュー(BBQ)やチキン、のり巻きなどが代表的な韓国料理メニューとして人気を博している。

「光」があれば「陰」もある。パリで韓国料理店が大きく増える一方、韓国料理店経営に乗り出した中国人も少なくない。現地の韓国料理流通業界の関係者によると、「偽韓国料理店」が増えており、韓国政府レベルの対策・支援が不可欠になっているそうだ。

新型コロナウイルス感染直前の2019年には125軒に過ぎなかったパリの韓国料理店は、昨年末に220軒余りに増えた。さらに、中国人を中心とした外国人が韓国料理店の創業・買収に乗り出し、韓国料理店は300軒余りになった。

パリで10年前、和食が人気を集め、多くの中国人が和食店の創業・買収に乗り出した経緯がある。この時の状況が再現されているわけだ。

ノートルダム近くに位置する「ビッグバンバーベキュー」食堂▽リュクサンブール公園付近の「済州(チェジュ)食堂」▽観光客が多く訪れるプランタンやギャルリー・ラファイエット近くにある「江南(カンナム)」――のように、看板だけを見ると、すべて韓国料理店に見えるこれらのレストランは、すべて中国人の経営だ。

パリ生活4年目のキム・ジョンギさんは「店のインテリアもそれらしく、グーグル評点も悪くなかった。だが、味と品質において私たちが知っている韓国料理とは大きく違っていた。韓国人なら『これは偽物だ』『違うな』と判断できるが、外国人が『これが韓国料理なんだ』と間違って認識するのではないかと心配だ」と話している。

KOREA WAVE 2023年6月14日 7:00
https://www.afpbb.com/articles/-/3468131

引用元: ・【偽物】パリで人気の韓国料理店、でも店長は中国人…韓流に冷水 [6/14] [ばーど★]

【韓国料理の起源は中国 【偽物】パリで人気の韓国料理店、でも店長は中国人…韓流に冷水 [6/14] [ばーど★]】の続きを読む