まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:幻想

    1: 荒波φ ★ 2018/09/01(土) 09:40:20.66 ID:CAP_USER
    米中貿易摩擦が経済戦争レベルに達している。しかし、ゲームの勝敗は既に米国の圧倒的優勢との見方が大勢だ。先月初め、米国が340億ドル規模の中国からの輸入品に25%の追加関税を適用し、中国が直ちに同様の措置を取った時点では互角とみられていた。

    しかし、米国が2000億ドル規模の中国製品に10%の追加関税をかけて報復すると、全てが沈静化した。中国は再報復を事実上放棄した。

    これは中国が善人になったからではない。両国の国力の差が歴然としており、貿易戦争が長期化すれば、中国が言う「目には目を歯には歯を」という対等な報復が不可能だからだ。貿易戦争の渦中でも米国経済は完全雇用状態で、13年ぶりに3%台の経済成長を問題なく達成する見通しだ。

    一方、中国経済は生産、消費、投資が急減し、警告灯が随所にともった。上海総合株価指数は年初来25%下落。1-7月の中国の固定資産投資伸び率は過去23年で最低となった。

    最初から中国には勝ち目がないゲームであることが明確だったのだが、それを悟るまでに韓国にはなぜ長い時間が必要だったのか。

    最近まで米中経済摩擦に関する研究報告やメディア報道は、誰が見ても両国が対等の力を持っていると誤解しやすいものだった。これは米国と対等な超大国・中国に対する先入観が韓国人に根付いているためだ。

    中国に対する幻想の原因はさまざまだが、「中国はあまりに大きい」という威圧感が中心にある。中国の急速な経済膨張は規模の圧力を倍加させた。

    さらに、中国にあこがれる韓国の伝統的なムードも一因となった。さらに決定的なのは、米国が中国に与えた「G2」という用語だった。全世界のどこにも「G2」という用語を韓国ほど多用する国は存在しない。

    10年余り前、米国が中国を「G2」と呼び、中国を立てた本音は別のところにある。「中国は米国と対等なレベルに成長したのだから、大国として国際的義務を果たせ」という意味だった。

    米国の狙いを見破った中国は「G2」という用語を拒否した。最近中国外相が「中国は開発途上国にすぎない」と訴えたのは、そうした現実認識を示すものだ。中国が拒否した用語を韓国が愛用するというのは皮肉だ。

    世の中には最も強大な国が二つあり、両者の力は対等だという考えが韓国国内で根づいているが、今回の米中経済戦争は「中国=G2」だという韓国人の幻想を打破する過程だとも言える。


    2018/09/01 05:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/31/2018083101741.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/31/2018083101741_2.html

    >>続きます。

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国が「中国はG2」という幻想から覚める時 米日がなぜ今後も重要なのかが明らかになるはずだ [09/01]

    【【朝鮮日報】 韓国が「中国はG2」という幻想から覚める時 米日がなぜ今後も重要なのかが明らかになるはずだ [09/01] 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/03/09(金) 19:18:50.82 9
    北京=福田直之2018年3月9日18時49分
    (写真)
    記者会見に臨む中国人民銀行の周小川総裁=9日、福田直之撮影


     中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は9日、ビットコインなど仮想通貨を「広まれば消費者に大きな悪影響が出るかもしれないし、
    金融の安定や金融政策に不測の事態を引き起こしかねない」と強く批判した。中国の金融当局は昨年、仮想通貨を使った資金集めや、仮想通貨と人民元との交換を取り締まった。

     全国人民代表大会(全人代、国会に当たる)の記者会見で述べた。仮想通貨は急速に値上がりし、もうけた投資家が相次いだため、
    さらなる投機を呼んでいる。周氏はこの風潮に「一夜にして大金持ちになる幻想を抱かせるのはよくない」と苦言を呈した。
     銀行、証券、保険の三つに分かれ、非効率な現在の中国の金融監督体制については「空白があり、
    できる限り早く塞がなければならない」と強調。全人代の機構改革で監督体制の刷新を図ることを明らかにした。
     一方、大きな問題になってきた「シャドーバンキング(影の銀行)」などの金融リスクは、「徐々に低下しているのは明確だ」との楽観的な見方を示した。
     周氏は2002年から総裁を務めており、今回の全人代で退任するとみられている。(北京=福田直之)

    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL395GZ6L39UHBI027.html

    引用元: ・中国中央銀総裁、仮想通貨を強く批判 「幻想抱かせる」

    【中国中央銀総裁、仮想通貨を強く批判 「幻想抱かせる」 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 13:50:50.14 ID:CAP_USER.net
    no title

    中国経済の大減速が、世界に混乱をもたらしている=15日、北京市(ロイター)
    no title

    習国家主席は、中国経済の崩壊に打つ手がない(ロイター)

     世界各国で金融・株式市場が大混乱している。中国経済の低迷や米国の利上げ、原油安などが大きな要因だが、日本も猛烈な「円高・株安」に見舞われている。旧正月「春節」の連休が明けて、習近平国家主席率いる中国はどんな対策を取るのか。
    経済評論家の三橋貴明氏が、完全崩壊した中国経済の幻想と、過剰生産能力の解消につながる軍靴の響きに迫った。

     日経平均が「暴落」と表現しても構わない、ありさまになっている。本稿執筆の12日、日経平均株価終値は約1年4カ月ぶりに1万5000円を割れた。昨年11月には、日経平均は2万円前後だった。

     この株価急落は、何を意味しているのか。

     もちろん、円高が進んだという話だ。何しろ、日本の株式市場における外国人投資家の「取引(保有ではない)」に占める割合は、2015年の実績値で71%(!)だ。株価とは、取引市場で決まる。
    日本の株価を左右する外国人投資家は、円高になれば日本株を売る。外国人投資家は「外貨」でものを考えるため、円高になると日本株が「売り時」になってしまうのだ。

     それでは、米国のFRB(米連邦準備制度理事会)が「利上げ」をしたにも関わらず、なぜ円高が進むのか。

     実は、大本は「中国経済」なのである。昨年夏ごろまで、中国経済が「永遠に成長する」という幻想が世界的に共有されていた。結果、新興経済諸国、特に資源国で「資源の対中輸出に向けた設備投資」が拡大した。中国の輸入の4分の3は、資源だったのである。

     ところが、大本の中国で株式、不動産、そして設備投資のバブルが崩壊してしまった。特に、設備投資のバブルは「過剰生産能力」という極めて深刻な問題を中国経済にもたらした。
    中国共産党は、2月4日に鉄鋼産業における粗鋼生産能力を、今後5年間で1億~1・5億トン減らす政策を掲げるなど、過剰生産能力の解消に乗り出したが、遅すぎだ。

     鉄鋼で言えば、中国の過剰生産能力は、何と日本の年間需要の4倍に達してしまっている。生産能力ではない。生産能力の「過剰分」だけで、日本の需要の4倍なのだ。これほどまでのデフレギャップを、いかにして解消すればいいのか。

     中国経済が過剰生産能力問題で失速し、対中資源輸出に経済成長を依存していた新興経済諸国(ブラジル、ロシアなど)の成長に急ブレーキがかかった。
    さらに、昨年12月にFRBが利上げを断行したため、中国を含む新興経済諸国からのキャピタルフライトが始まった。具体的には、現地通貨から外貨(ドル、日本円など)への両替が激増したのだ。

     新興経済諸国の危機は、ドイツ銀行など中国投資にのめり込んでいたヨーロッパの銀行にも波及。ドイツ銀行のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)は急上昇し、劣後債のデフォルト(債務不履行)確率が24・5%と、びっくりする水準に高まってしまった。

     中国、新興経済諸国、そしてヨーロッパの危機は、ドル高と「それ以上の円高」をもたらした。日本株が売られ、「日本円」が日本国債に向かった。しかも、寄りにもよってこのタイミングで日本銀行がマイナス金利政策を採用したため、銀行も国債に殺到した。

     結果、「国の借金で破綻する!」などと言われ続ける日本政府の国債価格が急騰し、ついに長期金利(10年物国債の利回り)までもがマイナス0・035%に突入してしまったのが、2月9日のことである。

     さて、大本の中国問題に戻るが、中国経済が抱える過剰生産能力の問題は、もはや「普通の政策」のみでは解消は不可能な規模だ。
    今後の中国共産党は、強引に生産能力の削減を図り(要は、リストラクチャリング)、同時に不足する需要を「外国」に求める形で、経済の立て直しを図ろうとするだろう。

     ちなみに、過剰生産能力解消の「最も手っ取り早い手段」は、実は戦争である。

     ■三橋貴明(みつはし・たかあき) 1969年、熊本県生まれ。経済評論家、中小企業診断士。大学卒業後、外資系IT業界数社に勤務。現在は「経世論研究所」所長。
    著書に『中国崩壊後の世界』 (小学館新書)、共著に『これからヤバイ世界経済』(ビジネス社)など多数。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160216/frn1602161140001-n1.htm

    引用元: ・【経済】崩壊した中国経済への幻想 投資にのめり込んだドイツ銀行はデフォルト確率急上昇[2/16]

    【なんで2chをチェックしないんだw 【経済】崩壊した中国経済への幻想 投資にのめり込んだドイツ銀行はデフォルト確率急上昇[2/16]】の続きを読む

    souiu


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 11:21:07.50 ID:???.net
    FOCUS-ASIA.COM 5月20日(水)9時25分配信

    韓国メディア・マネートゥデイは19日、韓国の国籍を取得した海外出身者が、帰化後も様々な差別によって苦しんでいると報じた。

    記事によると、多くの韓国帰化人が、外見のために不当な差別を受けているという。彼らは様々な苦労や努力の末に韓国籍を
    取得しているが、韓国人の視線は変わらず、年齢を選ばない「タメ口」や悪口、偏見などによって「耐え難い経験」を重ねている。

    パキスタン出身で10年前に韓国籍を所得したバー経営者(43)は、横暴な客に偽酒を出したと言いがかりをつけて乱暴
    されたり、タクシー運転手に「なぜ外国人がそこに行くのか」と質問されるなど、様々な差別に苦しんでいる。アジア系を
    蔑視し、「お前の国にスイカはあるか?」「タクシーはあるか?」といった質問をする韓国人も多いという。韓国人の妻と
    歩いていて、「あの女を見ろ、外国人と結婚しちゃいけない」などと侮辱されることもあり、3人の子供たちへの差別も
    心配だという。

    中国からの帰化者(67)は、家族と食事に出かけたところ、「朝鮮族は危険だから入るな」と犯罪者扱いを受けた経験を
    持つ。仕事面でも、約束の報酬が支払われないばかりか、請求すると逆に脅迫されることもあるといい、「帰化しても韓国
    では私は永遠の朝鮮族」と話しているという。

    日本から母の母国・韓国に帰化したシンさん(27)は、企業の面接で差別を経験した。ある企業の面接では「父が日本人とは
    知らなかった。『国籍が韓国』と『韓国人』は違う」などと言われて落とされた。別の企業の面接では、「韓国についてどう
    思うか」と問われ、「私は韓国人です」と答えると、「韓国が嫌になることがあるのではないか」と言われたという。間も
    なく結婚するシンさんは、結婚後は母や妻とともにオーストラリアに移住することを決断した。「母に従って韓国に来たが、
    妻や2世にはこれ以上険しい姿を見せたくない」と話しているという。

    この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々な声が寄せられている。

    「韓国は問題が多く、韓国人も暮らしが大変なので、もっといい国に行ってください」

    「差別だけが問題ではない。帰化して悪用する外国人もいる」

    「米国より人種差別がひどい韓国」

    「人種だけではない、ルックスでも差別する」

    「帰化して同じ義務と責任を負うなら、韓国人としても不満はない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150520-00000014-xinhua-cn

    引用元: ・【話題】韓国籍取得後も様々な差別に苦しむ帰化人たち 韓ネット「経済大国は幻想」「韓国は日本より排他的」

    【生粋の韓国人すら移民先探しているのに。【話題】韓国籍取得後も様々な差別に苦しむ帰化人たち 韓ネット「経済大国は幻想」「韓国は日本より排他的」】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/04/06(月) 10:43:21.39 ID:???.net
    「民族という概念は長く存続しにくいものだ。アジアの人口は高齢化しており、韓国にも多文化家庭が増加している」。

    米コーネル大学のベネディクト・アンダーソン名誉教授(79)の話だ。彼は民族主義の本質を取り上げた本『想像の
    共同体』(1983)の著者だ。9月開館予定の国立アジア文化殿堂文化情報院で主催したビジョンフォーラムのために
    光州(クァンジュ)を訪れた。3日に始まったフォーラムで「後期民族主義、国家、市民権、移住に対する考察」という
    題名の基調提案をした。フォーラム後に彼と会った。

    ――著書出版から30年余りが流れた。依然として民族は実体のない、想像の共同体なのか。

    「単一民族という概念はこれ以上存在せず、それを信じる民族があるなら自ら嘘をついていたり、現実から目をそらして
    いるのだ。スリランカ、ミャンマー、インドもやはり実際には多民族国だが多数民族が支配的なので『われわれのように
    ならなければならない』と標榜した上で実状は『われわれのようになることはできない』という考えが広まる。この点が
    上に挙げた国で起きているさまざまな殺傷、戦争、暴力の根源だ」

    ――それでも現在民族主義の政治的威力は相変わらずだ。さらにサイバー環境でも民族主義は圧倒的価値だ。
    こうした現象はどのように説明するか。

    「民族主義なしでは国際主義もない。これはコインの表裏とも同じだ。民族主義がずっと通用するのは人々が恐れる
    ところがあるためだ。ネット上の民族主義は、言語的障壁のために人々が自分の領域の中だけで動くためだ」

    ――韓国と北朝鮮が統一すれどうだろうか。

    「アメリカ合衆国以降現代まである国が統一あるいは統合された事例はほとんどない。イスラエルがパレスチナに領土
    を拡張しようとする試みは続いたがこれはむしろ分裂を持続しているだけだ。50年代の中国、ミャンマーやスリランカ
    の試みもまた、試みにとどまったし、旧ソ連も分割された」

    ――統一25周年を迎えるドイツがあるのではないか。

    「ドイツの場合、周辺強大国の同意があって統一が可能だった。韓半島はどうなのか。周辺国の同意があっても3代
    世襲指導者である金正恩(キム・ジョンウン)が行く所がないのではないか。多くの人たちが彼をどのようにすれば
    良いのか恐れて見つめる状況だ」

    彼は1936年に中国で生まれた。父は英国系アイルランド人、母はイングランド人だった。米カリフォルニア州で
    幼年期を過ごし、英ケンブリッジ大学で学士、米コーネル大学で博士学位を取得した。彼の人生自体が「民族」
    という心理的境界線がないわけだ。

    彼は「私は民族も、政府も信じない。ほとんどの政府は教育を通じて事案を単純化し嘘をつく。私はただ他人に対する
    共感は重視する。基調提案の最後に東南アジアの中産層主婦の異民族家政婦差別を取り上げたのもそのためだ。
    韓国も単一民族神話から抜け出さなければならない。多文化家庭が増加しているが、その子どもは何になるのか」
    と指摘した。

    ソース:中央日報 2015年04月06日09時00分
    http://japanese.joins.com/article/559/198559.html?servcode=400&sectcode=420

    引用元: ・【韓国】米コーネル大学のベネディクト・アンダーソン名誉教授「単一民族は幻想、韓国も神話から抜け出さなくては」[04/06]

    【朝鮮のタブー「エ べ ン キ」知らないの? 【韓国】米コーネル大学のベネディクト・アンダーソン名誉教授「単一民族は幻想、韓国も神話から抜け出さなくては」[04/06]】の続きを読む

    このページのトップヘ