まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:幸福度

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/31(水) 07:44:04.69 ID:+EJjjN0f
    【05月31日 KOREA WAVE】韓国のウェルビーイング(幸福)順位が世界主要170カ国中20位となった。英時事誌エコノミストによると、米国非営利団体がこのほど、従来の調査結果を再分析した結果を発表した。

    ウェルビーイング順位は▽食糧と水などを含めた人間の基本的欲求▽教育と保健などの長期的発展インフラ▽自由さを含む社会的な機会――などの項目から算定した。経済的な発展と繁栄だけでなく、国民の暮らしの健全性を表す指標だ。

    その結果、韓国は20位となり、アジアでは日本の16位に次いで2番目に高いことがわかった。1990年と比べると順位を17ランク上げている。

    1位はスイスでノルウェー、デンマーク、アイスランド、ドイツが続いた。

    一方、米国は1990年から23ランクダウンした31位にとどまった。北朝鮮は149位だった。

    エコノミストは「経済的な富裕さと国民生活のウェルビーイングとの間に関連性がある。裕福な国ほど概して住民が健やかに過ごしている」と指摘している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/004f9fb0a2d4f4f024d16c2eb9f9c80c54d17de7
    https://news.yahoo.co.jp/articles/004f9fb0a2d4f4f024d16c2eb9f9c80c54d17de7/images/000

    引用元: ・世界の幸福度ランキング、韓国「20位」という微妙な位置[5/31] [首都圏の虎★]

    【自慢してるのになあ - 世界の幸福度ランキング、韓国「20位」という微妙な位置[5/31] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/18(火) 14:24:58.17 ID:CAP_USER
    【時論】世界62位に墜落した「国民幸福度指数」=韓国
    ? 中央日報/中央日報日本語版2022.01.18 08:03

    国の主人である国民が幸せな国をつくることが今日の時代的な課題だ。国民が望むその幸福を国政の目標に初めて提示した政治家は朴槿恵(パク・クネ)前大統領だった。朴前大統領は大統領選挙の過程でも「国民幸福10大公約」を提示し、就任後にも「国民幸福」を4大国政基調の一つとして推進した。

    その朴槿恵政権で国民が感じる幸福度指数はむしろ悪化した。2013年の国連世界幸福度報告書で調査対象156カ国のうち韓国は41位だったが、2015年には47位、16年には58位に下がった。国民の幸福を国政の目標とする政府でむしろ悪化したのは、おそらく選挙で票を獲得するために国民幸福公約を提示したものの、実質的な意志がなかったからではないかという疑問を抱く。

    実際、大統領選挙の過程で掲げた「国民幸福、希望の新しい時代」という国政ビジョンは、政権発足後には「国民幸福度」が抜けて「希望の新しい時代」に変わった。創造経済に代表される経済成長が最優先政策目標となり、親朴論争、秘線実力者国政壟断と弾劾事態などでまともに推進されなかった。

    ついに2016年には多くの国民が広場に出て「これが国か」と叫び、「国らしい国」を公約した文在寅(ムン・ジェイン)候補が大統領に当選した。文大統領は就任演説だけでなく就任1、2、3周年演説でも「国を国らしくする」と繰り返し強調した。その文在寅政権で国民幸福度指数はさらに悪化した。2018年に57位だった国連世界幸福度報告書の順位は2019年には54位とやや改善したが、2020年には61位、21年には62位に落ちた。

    こうした成績表は大統領の意志不足のためだろうか。そうではないようだ。文在寅政権は包容国家を目指してきた。「私の生活の責任を負う国家」を指向して制度を新設・強化し、公務員を過去最多に増やし、予算も歴代最大の600兆ウォン(約57兆円)を突破した。

    ところがなぜ国民の幸福度はさらに低下したのか。その理由は国政を制度・公務員・予算など投入中心に運営し、国民の幸福という結果を中心に置かなかったからだ。一つの政策が決定したからといって意図した効果が自ずと出てくるわけではない。政策の執行過程に多くの集団と組織が介入しながら歪曲と抵抗が発生する。それで意図した効果が発生しなかったり、さらに最低賃金制や不動産政策に見られるように政策目標とは完全に反対になる逆説的な効果が表れたりもする。それでも国政は依然として投入中心だ。例えば予算は政府・国会ともに関心を集中させるが、その予算で成し遂げようとした目的が達成されたかを問いただす決算は誰も関心を向けない。

    国の主人である国民の考えは違う。数えきれないほど多くの法規と制度、理解しがたい複雑な予算のような投入でなく、単純に我々の生活の質と幸せそのものに関心を向ける。朴正熙(パク・ジョンヒ)政権の月別輸出振興拡大会議のように、我々の幸福度と生活の質に関する水準を周期的に評価して進度を点検し、代案を考える場を持つことを願う。主人としては、代理人である選出職と任命職の公職者が我々の税金で我々のための仕事をしているのか、どの政府、どの地方自治体がより多くの成果を出したかを点検し、これを根拠に仕事を任せる。

    そうするためには幸福と生活の質に関する統計を生産して公開すべきだが、今の国政運営の実情は基礎自治団体の場合、生活の質どころか基本的な所得統計さえも提供していない。次期政権はビッグデータ時代にふさわしく投入中心でなく、国民の生活の質と幸福という結果を中心に国政運営のパラダイムを根本的に革新することを望む。

    キム・ビョンソプ/ソウル大行政大学院名誉教授/元政府革新地方分権委員長

    https://japanese.joins.com/JArticle/286813?servcode=100§code=120


    【2021年】最新世界幸福度ランキング 日本56位
    https://eleminist.com/article/1184

    引用元: ・【国際】世界62位に墜落した「国民幸福度指数」 [動物園φ★]

    【本当の地獄はこれからだぞ 【国際】世界62位に墜落した「国民幸福度指数」 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/19(水) 18:27:53.13 ID:CAP_USER
    世界10位の経済大国である韓国の国民生活満足度が、経済協力開発機構(OECD)内で最下位圏にとどまることがわかった。

    19日韓国開発研究院(KDI)によると、「国連世界幸福度報告」で韓国の過去3年(2018~2020年)の幸福度は10点満点中5.85点だった。

    世界幸福度は、国連傘下の諮問機関「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」が国別の国内総生産(GDP)や健康寿命、社会的支援などをもとに集計する。

    韓国の幸福度はOECD加盟国37国中、トルコ(4.95点)、ギリシャ(5.72点)に次ぎ3番目に低かった。調査対象の全149か国中でも62位にとどまった。

    OECD内で幸福度が最も高かったのはフィンランド(7.84点)だった。その後に、デンマーク(7.62点)、スイス(7.57点)、アイスランド(7.55点)などが続いた。米国は6.95点で18位、日本は5.94点で、韓国より2ランク高い33位だった。

    勤務・生活環境の面でも生活の質が相対的に低かった。2019年基準の韓国の年間勤労時間は1967時間で、OECD平均1726時間に比べ241時間も長かった。

    OECD内では、メキシコ(2137時間)に次ぎ2番目に長い数値だった。米国は1779時間、日本は1644時間で、西欧のドイツとオランダはそれぞれ1386時間、1434時間にとどまった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8647b8cbbd4a8bc7f38d7384a53d17e9f73d4dac
    no title

    引用元: ・韓国の「幸福度」、OECD37か国中35位…「勤労時間の長さ」は2位[5/19] [首都圏の虎★]

    【地獄だよなあ…… - 韓国の「幸福度」、OECD37か国中35位…「勤労時間の長さ」は2位[5/19] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/30(月) 17:44:49.98 ID:CAP_USER
    2019年9月30日、韓国は、自国で生きることを諦め海外移住希望者が急増している崩壊中の国。昨年度、小中高校生の自殺が、709人に上った。統計をスタートさせた2011年以降で最も多い。実質的な幸福度はドンドン悪化している。

     自殺願望を抱いた児童生徒のカウンセリング支援を行う「学生(児童生徒)精神健康支援センター」の予算は、年々減り続けている。2015年時点では1億3900万円計上されていたが、今年は8400万円まで減っている。

     しかし、仮に予算を増やして対策を講じたとしても、自殺願望を持つ子どもたちが増加傾向にあり、どこまで予算を増やせば良いのか予測もつかない。「ノイローゼを訴える子どもたちは、自殺・自傷コンテンツに接すれば、即極端な選択をする可能性が高い。市や道の教育庁と地方自治体で直接精神科の専門医を雇用し、当事者たちをケアし、治療するシステムを構築しなければならない」と提唱する専門家も多くいる。

     出産率の低下は、本年度は1人を割っている。つまり児童生徒数も減っているものの、自 する子どもは増えている。これは、大昔、疫病や生活環境のために自然死による幼児の現象ではないのだ。現代社会における問題なのだ。

     韓国は「恨」の文化が定借している。自分を害する者には、命をかけても恨み通す。その文化が低年齢化していると推測できる。

     また、ゲームやパソコンの普及で、リセットしたら、自分の居やすい環境にリセットできると単略した思考も、この自殺には関係するだろう。

     そして、国家のトップ、本来なら尊敬しなければならない大人が、平気で嘘をつく韓国社会と自分の未来に希望を抱けないのも原因として考えられる。

     恨みを教えるよりも、今韓国に必要なのは、他者を許すことではないだろうか。

     財閥系のオーナー経営者一族が、従業員を怒鳴りつけたり、殴る蹴るの暴力行為を犯している映像がテレビで報道されたのもこの数年の出来事だ。

    【編集:UH】

    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5912&&country=1&&p=2
    -Global News Asia- 2019年9月30日 9時15分

    引用元: ・【憾みの国・韓国】「生きる希望を失い小学生も自殺を選択」実質的な幸福度はドンドン悪化[9/30]

    【まぁ、ヘル朝鮮だし。 【憾みの国・韓国】「生きる希望を失い小学生も自殺を選択」実質的な幸福度はドンドン悪化[9/30] 】の続きを読む

    このページのトップヘ