1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/03/27(月) 15:47:00.75 ID:CAP_USER
ムン・ジェイン・アン・チョルス・イ・ジェミョン...対策のないポピュリズム公約乱発
大統領候補、我先に企業をがんじがらめにして福祉支出拡大...財政危機は火を見るよりも明らかだ

≪中略≫

今日のように複雑で不確実な社会では一般大衆はむしろ単純で感性的な衝動を優先する扇動家が操作する世論によって支配されて操られることになる。結局は、扇動的なポピュリストの非民主的支配体制が強化され、庶民大衆の困難の解消は難しくなる。合理的な理性と健全な常識が支配しない社会を健全な社会とは言えない。プラトンが指摘した衆愚政治に陥りかねない。

no title

▲候補者は、主に福祉と雇用創出の財源調達がはっきりしない公約を提示している。民主党のムン・ジェイン候補は雇用で24兆ウォン、福祉で3兆ウォンの財源が必要とされる公約を提示している。/写真=聯合ニュース

歴史的にもポピュリスト統治の結果、経済破綻を招き、極左政権が登場したり、クーデターで極右政権が登場した事例は多い。結局、理論的にも歴史的な経験にもポピュリズムは、民主主義の敵であることを示している。このようなポピュリズム追放のためには、まず国民の意識が目覚めていて、ポピュリズムに流されてはならない。

メディア市民団体では、厳正な基準で民主主義を装ったポピュリズム公約を排除し、国民に知らせなければならない。厳正な法治を実施し、財政の健全性を維持するための財政委員会の設立などの制度的措置も講じなければならない。

今回の大統領選挙の政局も例外でなく、ポピュリズムが猛威を振るっている。大統領選挙候補が提示する政策がポピュリズムか否かは、次のいくつかの基準で見てみることができる。第一に、財政の持続が可能かどうかだ。ポピュリズムは無条件の支援で人気を得ようとしたあげく、過剰な財政支出で財政が持続不可能になり、ひどい場合には財政危機をもたらす。第二に、労働意欲もなくただ与えることで、労働誘因を低下させて成長動力を悪化させる。

第三に、社会統合ではなく、大企業対中小企業、金持ち対貧困者、強者対弱者などの社会分裂を助長し、本人たちは実際には既得権を享受しているにもかかわらず、弱者のふりをする。このようないくつかの基準で大統領選挙候補の政策がポピュリズムかどうか区分して見ることができるが、ここでは財政の持続の可能性を中心に見てみようと思う。まず、現在までに発表された主要な大統領選挙候補らの公約でマスコミに報道されたものを中心にまとめてみたのが次の表である。

この表を見ると、候補者は主に福祉と雇用創出の財源調達がわからない公約を提示している。詳細については、整理された表を参照してください。これまでに提示された公約を見ると、ユ・スンミン候補が福祉で8兆ウォン、ナム・ギョンピル候補が福祉で2兆ウォン、雇用で2兆ウォン、アン・チョルス候補が雇用で6兆ウォンの財源が必要とされる公約を提示している。民主党のムン・ジェイン候補は雇用で24兆ウォン、福祉で3兆ウォン、イ・ジェミョン候補は雇用で18兆ウォン、福祉で43兆ウォンの財源が必要とされる公約を提示している。

ムン・ジェイン候補の雇用公約の24兆ウォンは、公共部門の雇用81万件創出を公約にしたことによるものであり、イ・ジェミョン候補の福祉43兆ウォンはベーシックインカム導入の主張によるものである。

ソース:メディアペン 2017-03-24 14:10:00(機械翻訳)
http://www.mediapen.com/news/view/249544

続きます

引用元: ・【韓国】大統領候補、我先にポピュリズム公約乱発…財政危機は火を見るよりも明らかだ[03/27] [無断転載禁止]©2ch.net

【【最後の大統領だし】韓国メディア「大統領候補の公約、実行すると財政危機と年金保険の危機に」】の続きを読む