まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:希望

    1: 荒波φ ★ 2018/09/10(月) 09:19:28.68 ID:CAP_USER
    日本は今、求人難の状況が続いているが、これは人口減少に伴うものだ。日本の人口は今年1月現在で1億2520万人で、9年連続で減少している。15-64歳の生産年齢人口の割合は全人口の60%を下回る。1990年代に始まった少子化問題を解決できていないからだ。

    ベビーブーム世代の「団塊の世代」(1947-48年生まれ)が2010年以降に大量に退職し、その穴が埋まらずに人手不足に陥っているため、日本政府は外国人の就業を奨励している。

    今年も2019年から25年までに外国人の単純労働者を50万人増やす方針を固め、日本語能力試験の基準も3級以上から4級以上へと条件を緩和する措置を発表した。

    しかし、日本が必要としている外国人労働者の職種と、韓国人が日本での就職で希望する職種には大きな乖離がある。7月の職種別有効求人倍率を見ると、求人難が最も深刻なのは建設現場で骨組み工事をする仕事(10.89倍)、次が一般家庭での家事・介護を支援する家庭生活支援サービス(6.81倍)だった。

    韓国の就活生のほとんどが希望している一般事務職は0.36倍で、求職者100人に対し働き口が36人分しかないという厳しい状況だ。

    日本政府が追加で受け入れを表明している外国人労働者50万人も、建設・農業・介護・宿泊・造船業の5分野が対象だ。

    大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の関係者は「韓国の就活生が東京など大都市の事務職、特に有名企業への就職を希望しているのに対し、韓国人の雇用に積極的なのは地方の中小企業であるケースが多く、就職活動で苦労している」と話した。

    韓国人の就職が多いIT業界の開発技術者は有効求人倍率が2.29倍に達しているが、IT業界の中小企業は低賃金で長時間労働を強いるケースが多く、注意が必要だ。


    2018/09/09 22:55
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/09/2018090902203.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 日本での就職、韓国人は事務職希望も日本が欲しいのは建設労働者 [09/10]

    【【朝鮮日報】 日本での就職、韓国人は事務職希望も日本が欲しいのは建設労働者 [09/10] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/27(金) 14:19:58.77 ID:CAP_USER
    「数字だけを見ると悲観的な水準ではない。しかし内容を見ると深刻だ」。4-6月期の経済成長率が0.7%増に終わると、民間の経済専門家は「下半期がさらに心配」という反応を見せた。対内外の変数が経済に友好的でないからだ。政府の目標値2.9%成長も達成が難しいという見方が出ている。

    専門家らは0%台の成長率も問題だが、「成長の質」が良くない点を懸念している。民間の成長率寄与度は低下し、投資は急激に冷え込んでいるからだ。さらに景気を支えてきた輸出も増加が鈍っている。消費は依然として沈滞している。事実上すべての指標が下降しているのだ。

    ◆内需は5年ぶりマイナス

    その間、韓国経済は年3%前後の成長を見せ、内需が2.5%、輸出が0.5%ほど寄与してきた。しかし4-6月期に内需はむしろ減少した。輸出が1.3%寄与する間、内需寄与度は-0.6%となり、0.7%の成長に終わった。輸出主導成長でなく所得増大と財政投入で内需を浮揚するという政府の所得主導成長政策が色あせる状況だ。

    内需不振は2本の軸の消費と投資が同時に冷え込んだからだ。民間消費は昨年、四半期別に0.5-1.0%前後の増加傾向を維持したが、4-6月期には増加率が0.3%に大きく落ちた。昨年10-12月期に2.2%だった政府消費も今年4-6月期には0.3%にとどまった。民間消費は2016年10-12月期以来、政府消費は2015年1-3月期以来の最低増加率だ。

    さらに深刻なのは投資だ。3大投資項目の建設投資と設備投資、知識財産生産物投資のすべてが前期比で減少した。これら投資がすべて減少に転じたのは2012年4-6月期以来。建設投資の増加率は1-3月期の1.8%から4-6月期には-1.3%とマイナスに転換した。昨年10-12月期(-2.3%)以降、最も低い。住居用建物建設、土木建設が同時に減少した。設備投資はさらに冷え込んでいる。1-3月期の3.4%から4-6月期は-6.6%となった。2016年1-3月期(-7.1%)以来の最低水準だ。

    ◆下半期は成長エンジンない

    輸出も厳しい状況だ。4-6月期の輸出は半導体、石炭および石油製品を中心に0.8%増となった。1-3月期の4.4%と比較すると大幅に縮小した。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「輸出の鈍化が予想以上に速い」とし「輸入減少幅が拡大した点も懸念要因」と話した。4-6月期の輸入は2.6%減少した。輸入が減少するということは、それだけ国内生産、投資活動が鈍化しているという傍証だ。

    業種別にも主力業種の鈍化が目立つ。4-6月期の製造業生産の増加率は0.7%にとどまった。前期の増加率1.6%の半分にもならない。建設業生産は2.3%減少した。2012年1-3月期(-4.7%)以来の最低水準だ。増加率が前期比で上昇した業種は公共支出または短期的要因による影響が大きい。9.7%増の電気・ガス・水道事業が代表的な例だ。季節的要因で電力・ガス販売量が増えたうえ、補助金を狙って太陽光パネルを設置した事例が急増したためという分析が出ている。政府の支出を背に保健および社会福祉も1%以上増えた。

    専門家らはこの傾向が下半期にも続けば成長率0%台が7-9月期にも続く可能性も排除できないとみている。米中貿易問題などの影響で対外貿易環境が良くないうえ、国内外の環境が上半期より悪化する可能性が高いからだ。

    1-3月期の実質国内総所得(GDI)は0.8%減少した。昨年10-12月期の-1.3%から今年1-3月期には1.8%に拡大したが、4-6月期にまたマイナスに転じた。原油価格の上昇などで貿易環境が悪化した影響だ。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    ソース:韓国経済新聞/中央日報日本語版<韓経:墜落、最低、悪化、半減…「希望」が見えない韓国経済>
    http://japanese.joins.com/article/523/243523.html

    引用元: ・【韓国】 墜落、最低、悪化、半減…「希望」が見えない韓国経済[07/27]

    【【韓国】 墜落、最低、悪化、半減…「希望」が見えない韓国経済[07/27] 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2017/12/19(火) 22:13:40.20 ID:CAP_USER
    文大統領「過去の歴史問題、賢明に克服」 安倍首相にメッセージ
    12/19(火) 20:23配信

    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、日本の安倍晋三首相に対し、「両国には過去の歴史に由来する難しい問題があるが、そのような困難を緊密な意思疎通を通じて賢明に克服していくことを希望する」とのメッセージを康京和(カン・ギョンファ)外交部長官を通じて伝えた。

     外交部によると、日本を訪問中の康長官はこの日、安倍首相を表敬訪問した際、未来指向の韓日関係発展に向けた文大統領のメッセージを安倍首相に伝えた。

     文大統領は、1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が発表した「韓日共同宣言」から来年で20年になることに触れ、「20周年になる意味深い年に両国が新しい未来を共に開いていくことを期待する」と表明した。

     また「首相と韓日関係発展のために、今後も緊密に意見交換をしていくことを願い、平昌冬季五輪の時に平昌で首相にお目にかかれることを待ち望んでいる」としながら、韓日中首脳会談の早期開催にも期待を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000066-yonh-kr

    【【ブツブツひとりごと言ってるぞこいつ】「過去の歴史問題、賢明に克服していくことを希望する」文大統領、安倍首相にメッセージ 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/09(土) 14:18:30.26 ID:CAP_USER
    Posted December. 09, 2017 09:40, 東亜日報

    日本国王「2019年4月30日」に退位、王世子が翌日即位

    日本国王が2019年4月30日に退位し、翌日の5月1日に王世子が新しい国王に即位する。日本政府は8日、閣議を開き、このような日程を決定・発表した。これにより1817年の光格天皇以来、202年ぶりに天皇の生前退位が実現する。

    日本国王は退位後「上皇」に、王妃は「上皇后」と呼ばれる。天皇陛下は1989年の即位後、災害現場や太平洋戦争激戦地を訪れて犠牲者を慰めるなど、国民に慕われた。2015年の戦後70年全国戦没者追悼式で、過去の戦争に対する「深い反省」を述べるなど安倍政権とは異なる発言をした。「天皇一族に百済の血が流れている」という趣旨の発言をするなど韓国に格別の関心を持っていたが、本人の希望にもかかわらず訪韓は実現しなかった。

    http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1151406/1

    引用元: ・【韓国】日本国王が来年退位 本人の希望にもかかわらず訪韓は実現しなかった

    【【一言も言ってないのに】日本国王が来年退位 本人の希望にもかかわらず訪韓は実現しなかった 【 東亜日報】】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 04:14:41.00 ID:CAP_USER
    1月に北朝鮮を脱出した韓国軍出身の捕虜が1カ月後に北朝鮮に強制送還されたことが分かった。脱北した韓国軍出身の捕虜の送還は2005年のハン・マンテク氏以来12年ぶりだ。

    脱北者支援団体である「勿忘草財団」などによると、韓国軍出身のKさん(87)は今年1月、北朝鮮を脱出し、中国吉林省の延吉に入り、韓国行きを希望した。

    Kさんの脱北を支援したブローカーが韓国政府と接触を試み、韓国入国を目指したという。脱北者団体関係者は「韓国政府はその後、約1カ月にわたり、Kさんと直接接触を図らなかった」と述べた。

    当時政府関係者はKさん側のブローカーに対し、「1カ月待機して、総領事館(瀋陽)に来るように」と告げたという。ブローカーと共に移動していたKさんは約1カ月後に行方不明になった。別の脱北者団体関係者は「Kさんは北朝鮮に連行されたことが確認された」と語った。

    当時韓国政府関係者が1カ月待機するように求めた理由は不明だ。一部には「THAAD配備問題で韓中関係が行き詰まっていたため、中国を刺激することを避けたのではないか」との見方もある。

    Kさんの脱北を助けたブローカーは、韓国政府に8000万ウォン(約784万円)を要求したとされる。脱北の大半はブローカーの手によるものだ。こうした場合、通常は政府が韓国にいる家族や親族を通じ、ブローカーにまず費用を支払い、その後定着支援金などで返済を受ける。

    韓国軍出身の捕虜が脱北し、韓国入りした場合、通常は数十年にわたり受け取れなかった月給など3億-5億ウォンを受け取る。高齢の捕虜は行動が不自由なので、ブローカーはさらに多額を要求する。2011年に脱北したLさんの送還には約1億ウォンの費用がかかったとされる。

    韓国政府は韓国国内に居住するKさんのめいを通じ、ブローカーに約3000万ウォンを渡したという。

    政府関係者は事実関係について、「Kさん側と接触したことはない」と否定した。国連北朝鮮人権委員会(COI)が14年に発表した報告書によると、現在北朝鮮で生存している韓国軍出身の捕虜は500人以下と推定される。

    キム・ウンジュン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400167.html

    引用元: ・【韓国】韓国軍出身の捕虜、北朝鮮に強制送還[10/07]

    【【恩賞払いたくなくて放置か】韓国軍出身の脱北捕虜、韓国行きを希望するも北朝鮮に強制送還[10/07] 】の続きを読む

    このページのトップヘ