まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:市長

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/16(木) 09:23:26.36 ID:CAP_USER
    ※YTNの元記事(韓国語)
    朴元淳「韓半島一帯の軍事訓練中止しなければならない」
    https://www.ytn.co.kr/_ln/0115_202001141447459559

    2020年1月14日、韓国・YTNは、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が「朝鮮半島一帯での軍事訓練を中断しよう」と北朝鮮、韓国、米国政府に提案したと報じた。

    記事によると、米ワシントンを訪問した朴市長は、外交問題評議会(CFR)の招きで「平和に向けたソウルの提案」と題した演説を行い、今年を「ソウル平和プロセス」元年にしようと国際社会に呼び掛けた。

    その中で「北朝鮮に対する人道的支援やスポーツ交流は断絶されている」と指摘し、米国政府に対し、対北朝鮮制裁の変化を提案したという。

    また、南北首脳が合意した2032年のソウル・平壌(ピョンヤン)五輪共催に向けて「平和の雰囲気作りをしよう」と強調。

    北朝鮮と米韓政府に対し「朝鮮半島一帯における軍事訓練を含む一切の緊張高潮と敵対行為を暫定的に中断する」ことを提案したという。

    これに、CFR側は「五輪共催は北朝鮮の意思が重要だ」として、朴市長の提案は「極めて創意的」だと評価したという。

    シニア・フェローのスコット・スナイダー氏は「軍事訓練をしばし留保することは、米朝間の交渉における一つの変化の潜在力はある。十分に考慮の余地がある」との見方を示したという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「まさかと思っていたことが、ついに現実になってきた。左派政権の行き着く先は結局、従北なのか?」
    「何を根拠にそんなことを言っているのか。北朝鮮は人権問題が解決されない限り近づいてはいけない存在なのに」
    「平和の雰囲気のために訓練を中断?そんな思考回路の人がソウル市長だとは」
    「北朝鮮がミサイルを発射した時には何も言わなかったくせに」
    「われわれの主敵は北朝鮮だと学んできたし、そう信じている」
    「北朝鮮は一生懸命に軍事訓練中なのに、こっちは休むと言うのか?自殺行為だ」
    「市の仕事に集中してほしい。次の大統領になれるか分からないが、国防に口を出すのはそれからにすべき」

    など、批判のコメントが殺到している。


    2020年1月16日(木) 7時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b771543-s0-c10-d0144.html

    引用元: ・【米韓】 訪米したソウル市長が「軍事訓練の中断」を提案、韓国ネットは猛反発 「左派政権の行き着く先は結局従北なのか?」 [01/16]

    【主体思想派の反日最右翼活動家だろ 【米韓】 訪米したソウル市長が「軍事訓練の中断」を提案、韓国ネットは猛反発 「左派政権の行き着く先は結局従北なのか?」 [01/16]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/30(月) 06:19:30.72 ID:CAP_USER
    ■ 朴元淳市長、毎日新聞とのインタビューで「自治体・民間レベルで両国の交流を回復しなければ」
    (写真)
    no title

    ▲ 朴元淳ソウル市長
    __________________________________

    朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、「市民(韓国人たち)は日本自体や日本国民を排斥しようとするものではない」と言いながら、「地方自治体や民間レベルの両国間交流を回復させなければならない」と日本のメディアに述べた。パク市長は、来年の東京オリンピックに積極的に協調する意思も明らかにした。

    パク市長は29日、日本の毎日新聞に掲載されたインタビューでこのように述べ、「長い間構築してきた、平和と共生の両国関係を改善させる努力が必要だ」と強調した。

    パク市長は、ソウル・中区(チュング)が日本製品不買と日本旅行拒否を促す旗を掲げた後、市民の批判を受けて撤去したことを例に挙げて、「市民は安倍政権の政策には反対しているが、日本自体や日本国民を排斥するものではない」と述べた。

    パク市長は、ソウル市議会が通過させた『日本の戦犯企業製品の公共購買制限に関する条例案』などに対してソウル市が再議を要求したことについて、「韓日間の問題を解決する適切な方法ではないという意見が多かったため」と説明した。ソウル市議会は去る6日、日帝時代に徴用被害者が働いた日本企業を『戦犯企業』に規定して、該当企業の製品購入をしないように努力義務を課すなどの内容の条例案を可決したが、ソウル市は26日に廃案要求書を議会に提出して『受け入れ不可』の立場を明らかにした。

    パク市長は、ソウル市が2032年夏季オリンピックを平壌(ピョンヤン)と共同で誘致する案を持っていることに言及した後、「来年の東京オリンピックが成功を収められるよう、アジアの都市が協力しなければならない」とし、2022年冬季オリンピックが開かれる中国・北京を始めとした都市間の提携の必要性を強調した。

    東京=キム・テギュン特派員

    ソース:ソウル新聞(韓国語)
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190930027019

    引用元: ・【韓国】ソウル市長、「韓国が排斥するのは日本ではなく、安倍の政策」[09/30]

    【それなら内政干渉だろwwwww【韓国】ソウル市長、「韓国が排斥するのは日本ではなく、安倍の政策」[09/30] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/19(月) 22:55:46.44 ID:CAP_USER
    no title


    私たちに二回の屈辱はありません。国民所得3万ドル時代を開いた我が国は世界をリードする主導勢力になっており、その中心に安養市(アンヤンシ)が共にするでしょう。

    チェ・デホ安養市市長が15日、市庁講堂で開催された第74周年光復節慶祝式で断固たる語調でこのように強調した。チェ市長はアベ政権の経済報復に対抗して市民社会団体とともに日製品不買運動と観光自制運動を展開し、日本の姉妹提携都市(記者注:所沢市と小牧市)との交流を暫定中断することであり、被害が憂慮される管内企業たちのために資金支援を拡大するという点をもう一度明らかにした。

    安養市が市庁講堂で開催したこの日の光復節慶祝式は最近、日本アベ政権の経済報復と関連していつもの年より特別だった。独立有功者と遺族10人に対する表彰と地域の抗日愛国の志士映像が上映され、光復会のアベ政権糾弾声明書が発表された。

    市庁舎別館広報ホールではこれまであまり知られていなかった安養地域の独立活動家らの写真と活動状況が額縁で展示され動画で上映された。また、子供の日に小学生が描いた太極旗が市民に会った。

    日本軍慰安婦で苦難を経験したハルモニたちの姿と日本に向かった要求事項そして平和の少女像の意味などが大型額縁で製作され、壁に掲げるなど抗日独立運動の意味を再確認し、愛国精神を今一度呼び覚ます多様な見どころもやはり視線をひきつけた。
    (後略:その他の行事)

    キム・ヨンソク記者

    ソース:時事通信(韓国語)世界を導く中心に安養市(アンヤンシ)が共にする”
    http://www.sisats.com/news/articleView.html?idxno=214963

    引用元: ・【韓国】 世界をリードする韓国、その中心に安養市が共に行く~安養市市長、光復節慶祝行事で強調[08/19]

    【自治体、政治家が不買運動扇動 【韓国】 世界をリードする韓国、その中心に安養市が共に行く~安養市市長、光復節慶祝行事で強調[08/19] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/12(日) 13:13:08.65 ID:CAP_USER
    【水原聯合ニュース】韓国・ソウル近郊の水原市の廉泰英(ヨム・テヨン)市長らの研修団が13~16日、熊本県などを訪問する。

    研修団は13日、熊本県庁で蒲島郁夫知事と会談し、同県のPRキャラクター「くまモン」の成功の秘訣を聞く。アオガエルをモチーフにした水原市のPRキャラクターの展開の参考にする方針だ。

    14日には路面電車の運営や政令指定都市の指定、建築都市文化事業「くまもとアートポリス」などについて説明を受け、同事業に参加した高野病院などを視察する。

     15日には熊本城の復興現場を訪れる予定だ。

     水原市は旧市街を活性化するため、路面電車の導入を推進しており、政令指定都市と類似する「特例市」の法制化を主導している。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190512000300882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.05.12 11:19

    https://i.imgur.com/HAToUS1.jpg
    くまモン(左)と蒲島知事(資料写真)=(共同=聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国】水原市長ら 熊本訪問へ=「くまモン」などをベンチマーク[5/12]

    【くまモンまるパクり【韓国】水原市長ら 熊本訪問へ=「くまモン」などをベンチマーク[5/12] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/10(水) 10:32:47.33 ID:CAP_USER
    ・「安倍政権、無責任で反人倫的なリーダーシップと考え」
    ・「私たちの企業被害最小化上してすべての手段と行政力動員」

    (写真)
    no title

    ▲ 中南米を訪問中の朴元淳市長が9日午後(現地時間)、メキシコシティのレストランで同行記者団と懇談会を開き、最近の日本の経済報復に関する立場を明らかにした。
    _________________

    中南米を訪問中の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル特別市長は最近の日本の経済報復について、『賊反荷杖格(盗人猛々しいレベル)』と強く批判した。

    日本の経済報復の責任を韓国政府に向けている一部の国内政界に対しても、「惨憺として慨嘆せざるを得ない」と述べた。

    朴市長はまた、日本の経済報復に韓国企業の被害を最小化するために、ソウル市が持つ全ての手段と行政力を動員する予定であると強調した。

    朴市長は9日午後(現地時間)、メキシコの首都であるメキシコシティのレストランで同行記者との昼食懇談会の席で、このように明らかにした。

    朴市長は、「今の日本の経済報復は一言で賊反荷杖格(盗人猛々しいレベル)」と言いながら、「安倍政権は政治的な理由で人類の普遍的な常識も国際的な規範も無視し、加害者が逆に経済的優位にあるという点を利用して報復を加えている」と一喝した。

    続けて、「政治的に悪用して両国を分裂させて国民間をこのように対決させる事は、私は少なくとも日本という国、さらにはアジアの重要な役割をしている国としては本当に無責任で、それこそ反人倫的なリーダーシップであると思っている」と述べた。

    同時に朴市長は、「今現在、日本の安倍のような政治は日本国民にも決して長期的に容認される事ができないだろうと思う」と言いながら、「国家間の対立が激しくなれば、結局その被害はそのまま両国の国民に帰るしかない。日本政府が韓日両国の国民の安全と未来のために、“報復” ではなく “和解” の選択をする事を強力に求める」と付け加えた。

    朴市長はまた、「我が国の一部の政界も日本と驚くほど全く同じ考えを持ち、経済報復の責任を我が国の政府に向けている。本当に慨嘆せざるを得ない」と言いながら、「朴槿恵政権で何をしたのか誰もがが知っている。強制徴用被害者の恨(ハン)を徹底的に無視しながら、大韓民国の国民よりも日本政府側に立っていた」と述べた。

    朴市長は、「短期的に、このように政治的に悪用する政治的リーダーシップは許し難い」と言いながら、「過去清算という基盤の上に我々は未来を設計しなければならないが、過去清算に対しても十分に同意せず、我が国の政府を非難する一部の政治勢力は一体どこに列をなしているのだろうか。その部分に対しても激しく惨憺さを感じるしかない気持ちだ」と批判した。

    朴市長は、「ところが今になって我が国の政府が感情的な対応をしていて、 “子供のような自尊心” の発露である反日感情に依存しようとしていると非難している」と言いながら、「感情的な対応をしているのは日本政府であり、彼らとまったく同じ考えと言葉を移植している。今は冷静かつ理性的に事態を直視して、克服のために協力しなければならない」と敷衍した。

    朴市長は、「ソウル市は日本の経済報復が全面化する状況に備えて被害受付を運営し、現在日本への依存度が高い業種と企業に対する全面調査を実施している」と言いながら"、「緊急金融支援対策を用意するなど、我が国の企業の被害を最小化するために市が持つ全ての手段と行政力を動員する予定だ」と説明した。「さらに我が国の政府と緊密に協力して、日本にある通商報復の撤回を要求する声と歩調を合わせて行く」と言った。

    朴市長は、「被害者の方が申し訳ないと思う、このような事がこれ以上起きてはならない」と言いながら、「そのように作り上げ助長する勢力がある場合、これらは確実に未だに植民地時代を生きている者か軍国主義者、二つのどちらかだ」と述べた。

    ソース:NAVER/メキシコシティ=news1(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=421&aid=0004084696

    【この市長レベル低いねw 【韓国】朴元淳ソウル市長、「日本の報復、盗人猛々しい・・・同調する一部の政界、惨憺・慨嘆」[07/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ