まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:市民意識

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 00:34:05.19 ID:???.net
    no title


     4・5歳のころの記憶が残っているというなら、それだけ印象が鮮烈だったということだろう。日本
    のアニメ映画『風立ちぬ』が着想されるきっかけとなった小説の作者・堀辰雄は「唯(ただ)一つ、こ
    ういう記憶だけが私には妙にはっきりと残っている」と自伝的作品『幼年時代』に書いている。「或
    る晩、母が私を背中におぶって、土手の上に出た。そこには人々が集って、空を眺めていた。母が
    言った。『ほら、花火だよ、綺麗(きれい)だねえ…』。みんなの眺めている空の一角に、ときどき目
    のさめるような美しい光が蜘蛛手(くもで)にぱあっと弾(はじ)けては、又ぱあっと消えてゆくのを
    見ながら、私はわけも分からずに母の腕のなかで小躍(こおど)りしていた」。堀は1904年生まれ
    だ。そのころ既に、日本の花火はとても華やかだったようだ。

     日本では花火を「はなび」という。朝日新聞がアンケート調査で「夏と聞いて思い浮かべるもの」
    を尋ねたところ、スイカやかき氷でなく花火が一番多かったそうだ。日本では夏の終わりに全国約
    700カ所で花火大会が行われる。だから、日本人には「花火」にまつわる思い出が多い。父親の肩
    車、母親のおんぶ、恋人の手…。花火の特徴は、「差別がないこと」と言われる。老若男女や貧富
    に関係なく、誰もが見て楽しめ、感じることができるからだ。

     堀が見た花火は東京の「隅田川の花火」だった。1732年の大飢饉(ききん)で死んだ人々の鎮魂
    を目的に始まったもので、毎年約100万人が一帯に集まる。この花火を見たのは2007年のことだ
    った。花火がよく見えることで知られる川岸の「名スポット」近くに開始1時間前に来た。大勢の
    人々がビルの間の決められた道を歩いが、その歩みは亀と同じくらいのスローペースだった。「も
    う少しくっついて速く歩けば観賞スポットまで行けるのに」と焦っているうちに花火が終わってしまっ
    た。打ち上げの大きな音を聞いただけで、火花一つ見られなかった。

     その日、人々の通行は規制されていた。案内員が多数、あちこちに立ち、見物客が早足で歩い
    たり先に行ったりできないようにしていた。このため、道にはゴミもなかった。こうした厳しい規制が
    大惨事をきっかけに生まれたことは後になって知った。その大惨事とは、2001年に明石市民夏ま
    つり花火大会(兵庫県明石市)で11人が圧死し、247人が負傷した事故のことだ。死者のうち9人
    が子どもだったという。人員不足で歩道橋の規制に失敗したためだった。後日、裁判所は判決文
    で、この惨事を「地獄絵図のような群衆なだれ」と表現した。

     先日、ソウルの夜を花火が華やかに彩った。規模・内容とも世界レベルと称賛され、花火を見に
    来た人々も80万人に増えた。だが、30トンものゴミの山は相変わらずだった。韓国の花火大会の
    歴史は長くない。年を重ねるごとに規模は大きくなり、見物客も増えるだろう。危険と悪影響はゴミ
    ぐらいでは終わらないかもしれない。花火の素晴らしさにふさわしい市民意識と適切な規制が必
    要だ。

    鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【萬物相】韓国の花火と日本の花火[>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/10/2015101000363.html

    引用元: ・【日韓】 韓国の花火と日本の花火~花火の素晴らしさにふさわしい市民意識と適切な規制が必要/鮮于鉦・萬物相[10/11]

    【花火の起源は韓国 【日韓】 韓国の花火と日本の花火~花火の素晴らしさにふさわしい市民意識と適切な規制が必要/鮮于鉦・萬物相[10/11]】の続きを読む

    no title


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 20:40:31.46 ID:???.net
     中東発の招かれざる客、中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスが1カ月以上も大韓民国を全方向から強打している。
    身を切るような真冬の寒さでも中国人観光客の人波で足の踏み場も探せないほどだった明洞(ミョンドン)の通りは、
    通行人よりも商人が多い姿だ。明洞に限らない。観光産業などサービス産業を筆頭にMERS不況の損失額の規模は
    今の状況が7月末に終息しても10兆ウォン、8月末まで続く場合は20兆ウォンに達すると推定されている。ついに政府では
    「15兆ウォンプラスアルファ」規模のMERS追加補正予算案を検討している。

     突発的な危機状況で応急処方は出てきたが、MERS事態で直接・間接的な被害を受けた人は雪だるま式に増えている。
    自然に国民の怒りは、状況をこの有り様まで広げた原因に向かって爆発している。IT強国の市民が、誰彼となく参加して
    SNSを通じMERS拡散の原因を突きながら公憤に燃料を注いで火をつけている。

     初期対応に失敗した防疫当局は当然「公共の敵」になった。不運にも最初の感染者とスーパースプレッダーが応急室を
    訪れたサムスンソウル病院も世論から袋叩きにあった。病院責任者はもちろんグループオーナーまで出てきて頭を下げて国民に
    謝罪した。

     低報酬・高効率で運営される現医療制度の産物である過密な応急室と大部屋ベッド、脆弱な公共医療、家族
    付き添い文化など各種の制度的問題点も浮び上がっている。今回の事態で防疫当局と医療制度の素顔があらわれたし、
    それに対する多様な改善策が汎政府次元で出ている。

     問題は、各種制度が完備さえすれば韓国社会はいつ再び押し寄せるかもしれない別の新種の感染病に賢く対処する力が
    つくのかということだ。

     どの分野にしても問題の原因や解決方法は、その共同体の総体的な水準を反映する。MERS事態も同じだ。制度的な
    問題点は別にして、これまであらわれた市民意識を見るだけでも経済規模世界11位、教育水準は世界最高を誇っている
    大韓民国の現状が疑わしくなる。

     まず今でもリスクを押し切って患者をみている医療スタッフやその家族が病気伝播者の扱いを受けながら冷遇といじめにあっている
    現実を見よう。彼らがいじめにあう医学的根拠はない。

     社会の雰囲気がこうなのに、患者とその家族だからといって先進的な市民意識を見せてくれるわけがない。実際に今のように
    病気が広がったことには、患者と家族が医療スタッフに正しい情報を与えなかったことも一役買っている。例えば最初の感染者は
    サウジアラビア訪問の事実を知らせなかったし、80人を感染させたスーパースプレッダーも平沢(ピョンテク)聖母病院での
    診療事実を隠した。建国(コングク)大病院でウイルスを感染させた患者も、江東(カンドン)聖心病院の診療中断を招いた人も、
    医療スタッフに真実を言わなかった。その結果、数多くの後続感染者と隔離者が量産され、大型病院の診療が中断された。
    もちろん彼らが医療スタッフに最初から事実を告白したからといって適時に適正な診療を受けられないままこあちこちの病院を
    転々とする可能性を排除できない。だが結果的に、個人が抱え込まなければならないリスクを回避するために大多数にリスクを
    転嫁させたことになる。

    >>2以降に続く)

     ファン・セヒ国立中央医療院小児青少年科医師

     ◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

    中央日報/中央日報日本語版 2015年07月01日10時39分
    http://japanese.joins.com/article/527/202527.html

    引用元: ・【中央日報/時論】MERS拡散の主犯は後進的な市民意識[7/1]

    【韓国人そのものだろ? 【中央日報/時論】MERS拡散の主犯は後進的な市民意識[7/1]】の続きを読む

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2015/03/18(水) 10:55:15.25
    ◆韓国の一般車両、緊急車両に道譲らず
      韓国メディアの報道に「悲しい」「日本のように先進国の市民意識を」―韓国ネット

    2015年3月16日、韓国・聯合ニュースは、消防車や救急車などの
    緊急車両に道を譲らない韓国ドライバーの現状について伝えた。

    報道によると、16日午後2時、「第397回民間防衛の日」に合わせて
    指揮車・ポンプ車・救急車など消防署の車両がソウル永登消防署から出発し、
    約7キロの距離を緊急サイレンを鳴らして走行したが、
    一般車両は道を譲る気配を見せなかった。

    あるロータリーでは、指揮車の前を走っていた1台の車は
    サイレンの音を聞いて路肩に寄せたが、残りの5~6台は微動だにしなかった。
    消防車など緊急車両が出動した際は、道路交通法上の緊急自動車の
    優先通行規定に基づき、他の一般車両は、道を開けなければならない決まりになっている。

    この問題について、韓国のネットユーザーは多くの意見を寄せている。

    「韓国はなぜ、こうなんだろう…。悲しい」
    「韓国の先進国への道はまだ遠いな」
    「韓国は未開だから…」

    「自分が急病人になって初めて分かるのだろう」
    「財閥の既得権だけ責めているが、庶民のレベルも問題だ」
    「韓国人は、以前のように抑圧されないと言うことを聞かないんだ」

    「タクシー、バスが特にひどいと思う」
    「以前、バスに乗っていたとき、後ろから来た救急車がクラクションを鳴らしても
    運転手は無視していた」

    「日本のように先進国の市民意識を持つようにしないと…」
    「問題解決には、罰金制度を導入した方が早いと思う」

    イメージ写真:http://lpt.c.yimg.jp/amd/20150318-00000013-rcdc-000-view.jpg

    Record China 2015年3月18日(水)7時32分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000013-rcdc-cn

    引用元: 【韓国ネット】緊急車両に道を譲らない韓国の一般車両…「日本のように先進国の市民意識を持たないと…」「罰金制度を導入した方が早い」

    【これが朝鮮人というものニダ【韓国ネット】緊急車両に道を譲らない韓国の一般車両…「日本のように先進国の市民意識を持たないと…」「罰金制度を導入した方が早い」】の続きを読む

    このページのトップヘ