まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:市民団体

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/01(月) 22:24:23.81 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、青瓦台(大統領府)で市民社会団体の代表者らと懇談会を開き、「市民社会は国政のパートナーであり参加者」として、「社会の皆から知恵を集めなければならない」と述べ、協力を呼びかけた。

    懇談会には保守系団体の代表者も含め、約100人が出席した。

    文大統領は「政府の力だけでは限界がある」として、「市民社会の役割が重要になった」と言明。具体的な国政課題にも言及しながら、「朝鮮半島の平和は政治・外交的に解決すべき部分が大きいが、敵対・対決の構図が長年続いてきたため、国民が平和を日常の中で実践することも重要だ」とし、「日常での平和が朝鮮半島の平和につながるよう市民社会が協力してほしい」と要請した。

     また、「理念の対立を超えて国民統合を成し遂げ、平和と繁栄を実現しなければならない」として、「その道で(市民団体は)単純な批判者ではなく、社会をけん引する主役であり、変化する社会の主流」と重ねて強調した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190401002700882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.04.01 15:58

    引用元: ・【市民団体が治める国】文大統領 市民団体に協力呼びかけ「国政のパートナー」[4/1]

    【衆愚政治の極み 【市民団体が治める国】文大統領 市民団体に協力呼びかけ「国政のパートナー」[4/1] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/05(水) 18:47:33.38 ID:CAP_USER
    >>0�動画)韓国の宝1 - 韓国の古代国家古朝鮮と高句麗の宝物
    https://www.youtube.com/watch?v=9famXOf45uk



    【ソウル聯合ニュース】

    インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKは5日、韓国の悠久の歴史と輝かしい文化を紹介するPR映像をシリーズで制作し、交流サイト(SNS)を通じて世界に広めていくと明らかにした。

    VANKは「韓国の宝」シリーズの第1弾として、「古代国家・古朝鮮と高句麗の宝」編を4日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載した。

    近く英語字幕付きの映像も掲載し、フェイスブックなどのSNSで拡散させる。韓国語の映像は各国のハングル学校や韓国語専攻を開設する大学、外国のK―POPファンなどを広報の対象とする。

    第1弾の映像では、韓国に多い支石墓や、今年2月の平昌冬季五輪開会式に登場した人面鳥などを扱った。高句麗時代の壁画に描かれた人面鳥は、百済、新羅、朝鮮の文化財にも登場すると紹介している。


    2018/09/05 17:03
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/09/05/0800000000AJP20180905003300882.HTML

    引用元: ・【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作 [09/05]

    【やればやるほど逆効果【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作 [09/05] 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/06/16(土) 13:34:57.75 ID:CAP_USER
    韓国の市民団体が日本戦犯企業に日帝強占期の強制動員問題の解決を促す書簡を送った。

    勤労挺身隊女性と共にする市民会は15日、「三菱重工業の株主総会が21日に東京で開かれる予定。徴用被害の損害賠償訴訟を担当する弁護団と共に三菱側に書簡を伝えた」と明らかにした。

    この市民団体は2012年10月から三菱重工業名古屋航空製作所に動員された強制徴用被害者および遺族と共に損害賠償訴訟を続けている。一審、二審で勝訴した被害者らは韓国最高裁の最終判決を控えている。

    書簡は日本で毎週金曜日に三菱責任履行要求デモを行っている「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」が代わりに伝えたという。市民会は「徴用被害問題は人類普遍的な常識」とし「問題の解決は三菱側にかかっている」と強調した。

    http://japanese.joins.com/article/323/242323.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【韓国】市民団体、日本戦犯企業に強制動員問題解決を促す書簡[06/16]

    【【韓国】市民団体、日本戦犯企業に強制動員問題解決を促す書簡[06/16] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/03/13(火) 15:52:52.51 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国と日本の市民団体が13日、「朝鮮半島の平和と日本の平和憲法擁護」をテーマとする
    シンポジウムをソウル市庁のホールで開催し、平和宣言文を採択した。

    シンポジウムは、韓国の「ソウル大統一平和研究院」、日本の「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」などの団体が主催し、
    韓完相(ハン・ワンサン)元副首相や咸世雄(ハム・セウン)神父、憲法改正に反対する「九条の会」事務局長の小森陽一・東京大大学院教授、
    昨年にノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の国際運営委員を務める川崎哲氏らが出席した。

    宣言文は、南北、米朝の首脳会談が実現する見込みとなるなど「朝鮮半島と東アジアの政治秩序に画期的な変化が起きている」とし、
    「われわれは平和を支持する韓日市民としてこれを積極的に歓迎する」と表明した。

    また「朝鮮半島で始まった平和の流れを受け継ぎ、東アジアに平和体制を築くことを目指し、
    両国市民が連帯して日本の平和憲法を守り、東アジアの非核化と平和へ共に努力することを確認する」とした。

    日本の安倍晋三首相は、国際紛争を解決する手段としての戦争や武力行使を永久に放棄するとした憲法9条(平和憲法)を改正し、
    日本を戦争のできる国に変えようとしている。

    宣言文には「日本は過去のアジア侵略戦争がもたらした数多くの殺傷と被害に対する真の謝罪と解決のみが日本と朝鮮半島の和解、
    東アジアの永久的な平和実現に向かう道であることを認め、自ら問題解決に全力を尽くす」との内容も盛り込まれた。

    小森氏は「安倍政権が南北対話に非常にネガティブな態度を取っていることが許せない。
    ここに9条の改悪を企む安倍政権の本質があらわれている」と批判を口にした。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/13/2018031302040.html

    引用元: ・【日韓】 「日本は平和憲法を守れ」 市民団体がソウルでシンポジウム

    【【日韓】 「日本は平和憲法を守れ」 市民団体がソウルでシンポジウム 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/12(火) 12:31:34.85 ID:CAP_USER
    2017/12/12 11:52

    【東京聯合ニュース】日本の市民団体「強制動員真相究明ネットワーク」が韓国の民族問題研究所と共同で、「『明治日本の産業革命遺産』と強制労働」と題したガイドブックを発行した。日本は2015年に「明治日本の産業革命遺産」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録される際、徴用などがあった各施設の歴史を説明する措置を講じると約束したが、その紹介施設を、数多くの朝鮮半島出身者が労働を強いられた端島炭坑(軍艦島、長崎市)などから遠く離れた東京に設置する方針を先ごろ示した。同市民団体は、各施設に隠された歴史や強制労働の歴史を記憶すべきだと訴えている。

    ガイドブックは日本語版、韓国語版、英語版がある=12日、東京(聯合ニュース)
    no title


     ガイドブックは、韓日の良心ある人たちが参加したことを強調するため、「日韓市民による世界遺産ガイドブック」とも名づけた。

     それによると、1939年以降、端島と隣の高島の炭鉱には4000人ほどの朝鮮半島出身者が強制動員された。「強制動員された朝鮮人にとって、ここは鉄格子のない監獄であり、恐ろしい労働現場だった」と記している。

     端島については、全体が炭鉱で、海底のあちこちに坑道が広がっているとし、「逃亡は困難であり、連行された人びとにとって『地獄島』だった」と過酷な実態を伝えた。

     端島には1939年から45年までに1000人以上の朝鮮半島出身者が動員されたとみている。火葬関連文書で確認された死者は50人ほどで、その半分以上が事故死だった。ある生存者は「あまりにもつらく、島を出ていこうと身体切断まで考えた」と証言したという。

     1943年に全羅北道・金堤から端島に強制動員された尹椿基(ユン・チュンギ)さんは「賃金の3分の1は故郷に送金すると言われたが、帰国してみると送金されていなかった」と話した。わずかな食事や、仕事の厳しいノルマについても証言した。

     崔璋燮(チェ・チャンソプ)さんは1943年に全羅北道・益山から14歳で端島に連れて来られ、採炭現場で労働を強いられた。逃走して捕まればゴムのチューブで皮膚がはげるほどたたかれ、拷問されたと伝え、「人間の地獄がここだなあと思った」と語った。

     強制動員真相究明ネットワークの関係者は12日、「第2次世界大戦が終わってから70年余りが過ぎたにもかかわらず、いまだに強制動員、強制労働の傷が解決されていない」としながら、産業革命遺産の説明に、不都合であっても背を向けてはならない強制労働などの「負の歴史」を加えなければならないと述べた。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/12/12/0200000000AJP20171212001000882.HTML

    引用元: ・【話題】良心ある日韓の市民団体が軍艦島などの過酷な実態伝えるガイドブック発行

    【【反日勢力が出てきましたよ】良心ある日韓の市民団体が軍艦島などの過酷な実態伝えるガイドブック発行 【東京聯合ニュース】】の続きを読む

    このページのトップヘ