まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:就職

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/16(木) 22:58:44.36 ID:CAP_USER
    「情報通信技術(ICT)があれば日本で就職しやすい。日本は先進国のうちほぼ唯一、ICT分野の大卒新入職員にも就職ビザを出す国だ」。

    ソフトエンジニアソサエティー(Soft Engineer Society)のキム・チジュン社長は若いソフトウェア人材の日本進出を支援する事業をしている。毎年平均100人ほどを就職させている。今年からは年250-300人に目標を高めた。

    ソウル三成洞(サムソンドン)コエックスにあるこの会社は韓国貿易協会、ソフトエンジニアスクールと協約を結んでいる。貿易協会は雇用労働部の支援の下、人材養成事業を総括している。11カ月間のソフトウェアおよび日本語教育などで人材を養成した後、ソフトエンジニアソサエティーは日本企業と雇用に関する相談をする。キム社長は毎年、日本を5、6回訪問し、現地採用関係者と協議する。日本の主要就職斡旋会社と相談することもある。

    キム社長は「商品、サービス、資本、人など生産要素の国家間移動のうち最も規制が多いのが人」とし「どの国も正規職への就職は容易でないが、日本はソフトウェア人材がかなり不足していて機会の門が広い」と説明した。続いて「日本はロボットなど産業部門のICT競争力は世界最高レベルだが、サービス分野など社会全般のデジタル化は2020年東京オリンピック(五輪)を控えてこれから本格的に推進される段階」と伝えた。

    キム社長は「その間、ソフトエンジニアスクールの教育生およそ1300人が日本ICT分野の企業に進出し、先月卒業した教育生108人のうち103人が楽天、マンパワーグループジャパンなど41の日本企業に入った」とし、「求職者と企業の満足度を着実に高めてこそ人材交流が長期的に続く。東京に事務所を出すことも検討している」と述べた。また「米国、ドイツなどに就職先を多角化するプロジェクトも推進している」と話した。

    中央日報日本語版 3/14(火) 11:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000021-cnippou-kr

    引用元: ・【東アジア】「IT技術ある韓国の人材を日本企業に就職させる」©2ch.net

    【【お断りだ】韓国の人材養成企業「IT技術ある韓国の人材を日本企業に就職させる」】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/10/20(木) 05:27:09.59 ID:CAP_USER
    極度の就職難が続いている韓国を離れ、日本企業に就職する韓国の若者たちが増えていると、日本のメディアが報じた。

     読売新聞は19日付で「サムスンなどの財閥系企業が業績低迷により今後の採用数を絞り込むとみられるのに対し、韓国大学生らの就職先として日本企業への関心が高まっている」と報じた。韓国では大卒者の就職率が50~60%に留まっているが、日本は人口減少による「人手不足」がすでに深刻な社会問題に浮上した状態だ。文部科学省が今年5月に発表した「大学等卒業者の就職状況調査」の結果によると、昨年の大卒者の就職率は97%に達することが確認された。

     同紙は韓国の就活生たちの日本就職が増える理由として、韓国の難しい就職状況などを挙げた。サムスンやLGなど「財閥系列の大企業に就職できる学生は全体の10%に過ぎない」状況だが、「日本とは異なり、雇用を受け皿となる優良中小企業が不足しており、大卒者の半分近くが正社員になれない状況」であるということだ。

     日本企業にとっても、様々な資格や高い語学力を備えた韓国の就活生たちは魅力的な人材である。同紙はまた、日本企業が「(男子学生の場合)2年間軍隊で過ごした時期に身につけた忍耐力、組織運営のノウハウなどが、入社後にも役に立つと期待している」と報じた。日本企業はこのように選抜した韓国の人材を、英語などを駆使できる日本企業の海外支社などに派遣しているという。 韓国政府の関連団体を通じて日本企業に就職した人の数は、2013年には37人だったが、昨年125人に3倍以上増えた。

     デロイトトーマツコンサルティングの國分俊史・執行役員は読売新聞とのインタビューで、「アジアを中心に製造・販売の拠点を拡大する日本企業は、現地職員の指導・管理が可能な人材を求めている。語学能力と適応力に優れた韓国学生への需要は今後も伸びるだろう」との見通しを示した。
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/25444.html

    引用元: ・日本企業に就職する韓国人の学生らが増えている [無断転載禁止]©2ch.net

    【【あとで強制連行とか言い出す】日本企業に就職する韓国人の学生らが増えている】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 08:58:27.60 ID:CAP_USER
    韓国開発研究院(KDI)が造船産業の構造改革に関する研究を始めた。造船産業の構造改革が雇用および地域経済に及ぼす影響が尋常でないという判断からだ。金俊経(キム・ジュンギョン)院長が研究を指揮するという。

    金院長は25日、記者との電話で、「造船産業の構造改革は地域経済の沈滞と大規模な失業につながる」とし「失業対策と地域経済復活案、新産業育成政策などを総合的に研究する必要性があると判断した」と述べた。金院長は最近、韓国より先に造船産業の構造改革を推進した日本と英国も訪問した。

    KDIは造船産業構造改革関連の対策の一つとして、韓国造船人材の日本造船所就職支援を提案する計画だ。金院長は「造船産業構造改革対策のうち最も重要なのは行き場を失う人材に再就職の機会を与える問題」とし「熟練技能工が日本造船所に就職できるよう政府が支援する政策を提案する考え」と説明した。

    日本は1980年代から生産設備および人員を減らす構造改革をした。最近は受注量が増えているが、熟練技能工が不足している。

    金院長は「韓国と日本の政府が協約を締結し、日本語教育機会の提供および就職斡旋などをする方式が可能」とし「韓国は行き場を失った造船人材に再就職の機会を与えることができるという点で、日本は不足した熟練工を確保できるという点でウィンウィン政策になるだろう」と述べた。
    http://japanese.joins.com/article/040/221040.html?servcode=300&sectcode=320

    【クソの足しにもならん 【断固反対】「韓国造船人材の日本造船所就職を支援するべき」[9/26] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2016/06/15(水) 15:13:45.10 ID:CAP_USER
    増える日本企業への韓国人就職

    韓日間の就業交流に期待

     学校で学生を教えることが職業になると、学生の就職に常に神経を使う。卒業を控えた学生の立場になると、就職ほど重要なことはない。面接や入社説明会など就職活動で授業を欠席する場合、1学期に何回までと制限をして、できるだけ事情を考慮しようとする。

    今はあまりにも雇用環境が良く、日本の学生は就職活動でストレスを受けても、明るい顔をしているようだ。
    「まさかどこにも仕事をするところがないの?」という印象だ。一方で韓国からきた留学生をみると、状況は深刻で私は残念に思うしかない。韓国の雇用環境がいつよりも良くないからだ。

    日本は、青年失業率が最も高い年でも8・5%を超えたことがない。現在は 5%水準となっている。さらに、日本政府で発表する有効求人倍率をみると、現在はすでに1・3倍を超えている。求職者100人に求人数は130人に達する。
    もちろん正規職の有効求人倍率はまだ1・0倍未満だが、その割合もやはり最近10年間で最も高い数値を記録中だ。一方で韓国の青年失業率は過去最高値を更新している。すでに10%を超えたという。

    韓国は日本に比べて、大学進学率が高く若い男性は、2年間軍隊に行かなければならないため、全体青年人口で経済活動人口の占める割合は日本に比べて低い。
    それにもかかわらず、失業率は日本に比べて高いということは、それほど状況が深刻であるということを示している。

    しかし、日本と韓国の青年が置かれた雇用環境に差があることは、両国の景気に差があるためではない。世界的に景気が停滞した状況で日本も韓国も景気が良くないことにあまり違いはない。
    しかし、人口構造が確然と差があるため、韓国の青年失業がさらに深刻となっている。

    韓国の統計庁や日本の厚生労働省のデータをみると、韓国や日本の定年退職者数が多いのは、55歳から64歳までの年齢層だ。その年齢層の壮年人口を20歳台の青年人口と比べてみると、日本は青年層100人あたり、壮年層は130人にもなる。

    一方、韓国は青年100人あたり、壮年は97人に過ぎない。したがって、日本では青年労動力が不足しており、韓国では青年労動力が余っていることになる。
    さらに日本は、500人以上の企業就業者が全体就業者に占める割合は24%程度だが、韓国は300人以上の企業就業者の割合が9%に過ぎない。青年たちが選好する大企業の職場が極めて少ないことがわかる。


    事情がこのような状況のため、人手不足の日本企業は、韓国の優秀な青年求職者に目を向けており、日本企業に関心を寄せる韓国の青年たちも増えている。統計で確認したことではないが、確かに最近は日本企業で働く韓国の若者と東京でよく出会う機会が多い。
    一方、日本の雇用環境が良いとはいうが、反対に韓国系企業に就職しようとする日本の若者も増えている。若者らしい好奇心と冒険精神のためであろう。

    韓国と日本の青年が相手国の企業に就職するケースが増えていることはとても喜ばしいことといえる。そのように交流が増えれば、親しみが深まり、お互いに対する理解も高まるからだ。

    しかし、間違った既成世代の偏見と我執で若者が傷つかないか心配になったりする。
    日本の一部政治家が文明社会の常識と背馳する発言をして、韓国人を傷つけることがたびたびあった。いま、どうかそんな非常識なことが繰り返されないように願うばかりだ。 

    一方、韓国人は、戦後日本人が過去を反省して平和な国家をつくるために傾けた努力を軽んじてはならない。
    平和憲法を改正しようとする現政権の発想に対して、過半数を超える日本人が反対しているということは、「平和な国」を守りたいという日本人の切実な熱望をそのまま見せてくれる証拠だ。

    相手国の企業に就職する果敢性を見せてくれる青年たちの勇気が韓日の関係改善につながることを切に願ってやまない。
    (早稲田大学教授 朴相俊)
    http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=80936&thread=01r03

    引用元: ・【統一日報】人手不足の日本企業に韓国の優秀な青年たちが目を向けている。日本企業への韓国人就職増加で韓日関係改善だ [無断転載禁止]©2ch.net

    【早稲田大学教授 朴相俊「韓国国内で就職できない「優秀な青年」は日本で就職しろ。日本は韓国人を傷つけるな」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 23:25:43.57 ID:CAP_USER.net
    聯合ニュース 3月30日(水)20時39分配信

    【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会は30日、ソウル・貿易センター内にある雇用支援センターに若者の雇用創出と海外就職を支援する「K-Moveセンター」を設置し、開所式を開いた。

     「K-Move」は韓国政府が推進する海外就職支援プログラムで、K-Moveセンターでは海外就職に必要な情報などが提供される。

     開所式には雇用労働部の李基権(イ・ギグォン)長官、韓国貿易協会の金正寛(キム・ジョングァン)副会長らが出席した。

     貿易協会は一般の就職情報を扱う雇用支援センターとK-Moveセンターが相乗効果を生み出すことを期待しており、同施設のオープンを機に海外支部で収集した雇用情報を積極的に提供する計画だ。

     7月には日本企業約30社が参加する採用説明会を開き、11月には海外企業を招いてのオン・オフラインによる採用イベントを開催する予定だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000056-yonh-kr

    引用元: ・【話題】韓国で海外就職支援施設「K-Move」オープン 日本など海外での就職を支援へ

    【産業スパイ育成機関?【話題】韓国で海外就職支援施設「K-Move」オープン 日本など海外での就職を支援へ】の続きを読む

    このページのトップヘ