まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:少子化

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/29(金) 12:31:26.64 ID:CAP_USER
    深刻な少子化による廃校の風がソウルまで広がっています。

    このような状況は、統計庁の人口推計にも反映されました。

    海外からの流入者を含めても総人口は2028年にピークに達した後、2029年から減少します。

    2016年の予測より3年も早まりました。

    特に15歳から64歳までの生産年齢人口の減少速度が速くなります。

    [キム・ジン/統計庁人口動向課長:(ベビーブーム世代の高齢化によって)2020年代には年平均33万人、2030年代には年平均52万人ずつ生産年齢人口が急減する見通しです。]

    仕事をすることができる人は減り、扶養を受ける人は増えるという話です。

    消費と投資が自然に減り、内需景気は存続が難しくなります。

    このため、2026年以降には、潜在成長率が0.4%水準まで下がりうるという分析も出てきます。

    暮らし向きが難しくなり、出産もより忌避することになり、経済は悪循環に陥ることができます。

    財政と年金も衝撃が予想されます。

    昨年、国民年金は2057年になると資金が底をつくと予想されましたが、今回の人口推計に基づいて枯渇時期がより早まる可能性があります。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Foid%3D437 176id1%3D101%26aid%3D0000206211%26mid%3Dshm%26mode%3DLSD%26nh%3D20190328213808&usg=ALkJrhj_V-i2SsBSREjUNv2bTWXtkJM9CA

    引用元: ・【韓国崩壊】深刻な少子化と高齢化 2026年以降は成長率0.4%まで低下か深

    【一味ちがう気がする【韓国崩壊】深刻な少子化と高齢化 2026年以降は成長率0.4%まで低下か深 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/02/16(金) 23:24:19.27 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b567468-s0-c10.html

    2018年2月15日、韓国・京郷新聞によると、韓国の国会で女性らの出産を推奨する方法として「胸の美容整形手術の付加価値税を免除する」案が推進され、物議を醸している。

    同紙による取材の結果、国会の予算決算特別委員会のペク・ジェヒョン委員長(与党・共に民主党)が最近、上記の内容の「租税特例制限法改正案」を作り、共同発議しようと同僚議員らに協力要請書を配ったことが確認された。この法案は、付加価値税の免除対象を定める租税特例制限法106条に「医師、韓方医または看護師が出産後3年以内の女性の乳房拡大・縮小手術に供給する診療領域も新設しよう」との内容が要点になっているという。

    ペク委員長は協力要請書で「少子化問題の原因はさまざまだが、出産や授乳による体形の変化に対する女性らの懸念も相当な影響を与えている」とし、発議の理由について「これは整形手術を通じて解決できるが、現行法上は美容整形に該当し付加価値税が課税されるため、費用負担が大きいという制約がある」と説明したとされる。さらに「出産した女性が受ける房拡大・縮小手術は、妊娠・出産の延長線上で産後の回復や管理のための医療保健サービスとしての性格を持っていることから、付加価値税を免除し出産を奨励しよう」と提案したというのだ。

    これに対し、他の与党議員からは「法案に問題がある」との指摘が出ているという。ある与党議員は「趣旨は理解できるが、不適切に見えてしまう可能性がある」と話しており、韓国女性民友会のキムミン・ムンジョン代表も「多くの女性が出産を諦める理由は社会にまん延した性差別のせいであり、かえって女性に厳格な外見の基準を突き付けて性差別をあおっている」「少子化の原因を見誤った安易で恥ずかしい法案」と批判しているそうだ。

    記事によると、ペク議員側はこの物議を受け「税理士業界が提案したさまざまな少子化対策の1つ」とし、「ひとまず発議は中断した状態。女性界・市民団体の諮問した後、再び推進していきたい」と明らかにしているとのこと。

    これに対し、韓国のネット上では女性ユーザーより男性ユーザーの方が多く意見を寄せている。「おかしい」「恥ずかしい」「あんなのが国会議員だなんて情けない。国民の税金を無駄遣いしてる」「レベルが低過ぎ。議員を辞めたら?」「少子化と整形に何の関係がある?次からあんな議員は選ばないようにして」など非難の嵐は避けがたいようだ。

    国会議員に代わって代案を寄せるユーザーも見られ、「それならバイアグラを保険適用にした方が出産の奨励につながりそう」「胸の形を気にして出産しないわけじゃない。回復に焦点を当てて医療支援をするのなら、(出産後の)失禁や骨盤臓器脱の支援をした方が現実的」などの声が上がった。(翻訳・編集/松村)

    引用元: ・【韓国】少子化対策で胸の整形手術を支援!?韓国国会で推進された法案が物議=韓国ネットから非難の嵐「恥ずかしい」[02/16]

    【【韓国】少子化対策で胸の整形手術を支援!?韓国国会で推進された法案が物議=韓国ネットから非難の嵐「恥ずかしい」[02/16] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/24(木) 10:36:54.05 ID:CAP_USER
    ワールドカップ韓日共催大会が開かれた2002年に、新生児数(49万2000人)が初めて50万人を下回った。102万人が生まれた1972年以来、30年ぶりに半減になったのだ。2001年は合計出生率が1.29人となった。

    建国以来初めて、韓国が「超低出産国家」(合計出生率1.3人以下の国)に分類された。

    産児制限政策だけを推進してきた政府は、初めて少子化の深刻性を認識し始めた。

    2002年3月6日、陳稔(チン・ニョム)経済副首相兼財政経済部長官は、東亜(トンア)日報とのインタビューで、「人口減少を防ぐために、子育て費などの出産インセンティブを与える案を積極的に検討したい」と、出産奨励のほうに人口政策を切り替える意志を明らかにした。

    それでも合計出生率が1.07人(2005年)で底を打ち、「人口ショック」を経験したその翌年である2006年になってようやく、政府は第1次少子高齢社会基本計画を立てて、出産対策に乗り出した。

    12年間124兆2000億ウォンの税金をつぎ込んだが、状況は改善しなかった。今年は新生児数30万人時代が確実とみられる。

    23日、統計庁が発表した「6月の人口動向」によると、今年上半期(1?6月)の新生児数は18万8500人で、前年同期(21万5000人)より12.3%減少した。この傾向が下半期も続くことになれば、今年生まれた赤ちゃんが35万人にもならない可能性が高い。

    統計庁のイ・ジヨン人口動向課長は、「この傾向が続けば、来年以降も出産率回復をなかなか期待できない」と話した。

    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1036672/1

    引用元: ・【韓国】124兆ウォンを注ぎ込んも効き目のない少子化対策 「超低出産国家」韓国[8/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【もうダメだろう】124兆ウォンを注ぎ込んも効き目のない韓国の少子化対策】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/03/17(金) 05:34:39.40 ID:CAP_USER
     韓国は、経済の不振が少子化に拍車をかけているもようだ。同国統計庁によると、2016年の出生数は40万6300人で前年の43万8400人から7.3%減となり、1970年の統計開始以降で最低水準にまで落ち込んだ。景気低迷に伴い、若年層の結婚・出産への意欲が低下しているのが要因だ。現地英字紙コリア・タイムズなどが報じた。

     同庁幹部は「労働市場の冷え込みが続くなど総体的に経済が弱いことが、多くの若者が結婚・出産を先延ばしする最大要因となっている」と分析する。住宅価格が高水準にあることなども重圧となっており、結婚して家族を持ち家を買うといった行動に踏み切れない若年層が増えているという。

     女性が生涯に生む子供の数を示す合計特殊出生率は、2015年の1.24から16年には1.17に低下し、05年の1.08に次ぐ低水準となった。さらに、晩婚化の影響などで女性の平均出産年齢は32.4歳となり、15年よりも0.2歳上昇した。

     一方で、16年の死亡者数は、前年比1.8%増の28万1000人と1983年の統計開始以降で最多を記録した。17年の出生数は40万人を割るとの予想もあり、韓国国内では人口減少の懸念が現実のものとして広がっている。

     同国政府が過去10年で少子化対策に投じた予算は、80兆ウォン(約8兆160億円)を超えた。大金を投じたにもかかわらず、顕著な成果が得られないなか、国内ではより効果的な対策を求める声が上がっている。

     韓国国内では、今後10年以内に出生数が22万人まで減少するとの予想もある。ソウル大学の研究者は「10代の若年層に焦点を当て、私立教育など現在の社会構造を改革していくべきだ」と述べ、長期的な視点に立った対策が必要だと提言した。(ソウル支局)

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170317/mcb1703170500006-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170317/mcb1703170500006-n2.htm

    no title

    首都ソウルの水族館を見学する子供たち。韓国は少子高齢化が進行中だ(ブルームバーグ)

    引用元: ・【韓国】経済不振で結婚・出産に迷い 韓国、16年の出生数7.3%減で最低水準[3/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【絶滅なんてアッという間】韓国の16年の出生数7.3%減で最低水準 経済不振で少子化に拍車がかかる】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/01/18(水) 06:31:56.18 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=160065&ph=0

    2017年1月16日、韓国・アジア経済によると、少子化による学齢人口の減少が問題となっている韓国で、今年から再来年までは全国の小学校の新入生の数が一時的に急増する。その理由は「2010年の寅年」と「2012年の辰年」に生まれた子どもは良い運に恵まれるといううわさが流れ、当時「出産ブーム」が巻き起こったためだという。

    鍾路学院ハヌル教育が統計庁と教育部の資料を分析した結果、2010年に生まれた寅年の出生児数は47万171人で、2009年(44万4849人)より2万5322人(5.7%)増加した。この子どもたちが初めて学校に通うことになる2017年の全国の小学校入学者数は約46万人となり、2016年の小学校入学者数(43万5220人)より約2万5000人(約5%以上)増加すると予想された。

    このような傾向は2019年まで続くとみられている。2011年の卯年の出生児数は47万1265人、2012年の辰年の出生児数は48万4550人と、それぞれ前年度より0.23%、2.82%増加した。この子どもたちが小学校に入学する2019年の小学校1~6年生の全生徒数は約277万2000人で、2014年の272万8509人以降最も多くなると予想された。しかし、2013年には出生児数が再び急減したため、2020年以降の小学校入学者数も急激に減る見込みだという。

    一方、中学校と高校の全生徒数は2017年から2019年まで継続して減少するとみられている。

    これについて、韓国のネットユーザーは「そんな迷信を信じる人がいるなんて!しっかりしてほしい」「迷信にすがりつかなければならないほど、韓国社会の未来が不安なの?」「生まれた年で人の運命が決まるのなら、クラスメートはみんな同じ運命。数分の差で生まれた双子もそれぞれ違う人生を歩むというのに…」「良い運命に恵まれるどころか、さまざまな試験の競争率が高くなり、就職競争はさらにし烈になるだろう」「思い通りに出産できるわけがない。分析能力のレベルが低過ぎる」「この調子では韓国が少子高齢化から抜け出すことは不可能」などのコメントを寄せた。

    引用元: ・【韓国】なぜ?日本と同じ少子化に悩む韓国で今年の小学校の新入生が急増[01/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【迷信の時代】少子化に悩む韓国で今年の小学校の新入生が急増】の続きを読む

    このページのトップヘ