まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:少女像

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/18(木) 16:43:25.18 ID:CAP_USER
    no title


    聖母マリアの死を想像させたものは、ルーヴルに飾られているカラヴァッジォ(1571?~1610)の作品だった。ルーヴル初代館長の名を冠したドゥノン館に展示された、観覧客に囲まれたモナリザからそれほど遠くないところにあるカラヴァッジォの『聖母の死(La Mort de la Vierge)』には全く違うマリアがいた。天使とともに昇天する姿でもなく、死んだ息子のキリストを抱いて悲しみを救いに昇華させた神聖な女性像(ミケランジェロの『ピエタ』)でもなかった。

    絵の中のマリアはみすぼらしい服をまとって横たわっている。平凡な女性の顔だ。布でちゃんと覆われているわけでもなく、ふくよかな胴体のラインがそのまま表われていて、死体が載せられているテーブルの外に足がはみ出すほど場所もみすぼらしい。ガイドが説明してくれなかったら、欧州のある村婦を描いた民話だと勘違いして素通りするところだった。
    (中略:制作経緯など)

    カラヴァッジォは苦難の連続だったマリアの生を描こうとしたようだ。中世教会のドグマ的崇高さではなく、聖と俗を合わせて救いを表現しようとしたようだ。昇天壁画では象徴できない実存的宗教性がその中に隠れているようにみえた。

    ソウル日本大使館の前に設置された「平和の少女像」は成功作だ。初めてそれを見た時、悲しくみえるようなそうでないような、怒っているようなそうでないような少女の絶妙な表情が激しく胸に迫ってきた。他の人にも同じような衝撃を与えたからこそ、全国の学校や広場に300体以上が設置されることになったのだと思う。

    この少女像の成功(評論家チェ・ボムは政治的・商業的に成功したと評価)は定形化された慰安婦被害者イメージを国民の心に刻み込んだ。チマチョゴリを来た花のように美しい10代の少女の悲しみと恨みが混ざった表情が代表的な象徴となった。美術評論家イム・グンジュンは「韓国式理想主義彫刻、または韓国式念願投射彫刻」と評した。このような主張の背景には、慰安婦の平均年齢が20代半ばで、旧日本軍が強制的に連行したという一般的認識と一致しない被害者証言が存在するという事実がある。

    日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)理事長の李娜栄(イ・ナヨン)教授はこのように書いた。「少女像は歴史の中に隠された数多くの女性の苦痛な経験を貫くジェンダー不正義の表象であり、苦痛が作られる構造と歴史に、より深い関心と抵抗を要請する象徴物とみるべきだ」。その希望とは違い、少女像は反日民族主義と国家主義を刺激する表象としてその位置を確立した。

    チン・ジュングォン氏は「いったい世界のどこの国に同じ銅像を全国に雨後の筍のように設置する場合があるか」と問う。通念の枠組みを破って実存を選んだカラヴァッジォのように、少女像に被せられた画一的な被害者イメージを取り払う者の出現を待つ。

    イ・サンオン/論説委員
    no title


    ソース:中央日報/中央日報日本語版【時視各角】聖母像と少女像
    https://japanese.joins.com/JArticle/267195?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【時視各角】 聖母像と少女像~少女像に被せられた画一的な被害者イメージを取り払う者の出現を待つ[06/18] [蚯蚓φ★]

    【もはや病気に近い 【時視各角】 聖母像と少女像~少女像に被せられた画一的な被害者イメージを取り払う者の出現を待つ[06/18] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/06(土) 19:25:20.49 ID:CAP_USER
    警察が平和の少女像に唾を吐いてこれを止める市民とケンカになった容疑者を検挙した結果、彼らは全て韓国人と明らかになった。

    京畿安山常緑警察署は6日、A(31)氏やB(25)氏など韓国人男性4人に侮辱罪を適用して刑事立件する方針と明らかにした。A氏らはこの日0時8分頃、安山市常緑区の常緑樹駅広場で少女像に唾を吐いて、これを制止する市民とケンカをした疑いを受けている。

    当時彼らを目撃した市民2人がそれぞれ警察に通報した。通報者はA氏らのうち1人が日本語を駆使していた点を根拠に、彼らが日本人と推定されると話した。

    目撃者のパク某(56)氏はソウル新聞に「男性らが市民に向かって大声で『チョーセンジン(韓国人に対する蔑視の単語として使用される日本語)』と繰り返して、素通りすることができなかった。全員日本人なのかと尋ねるとその中の1人が韓国語で『俺は台湾人だが』と話した。酒にたくさん酔っていた」と当時の状況を伝えた。

    警察が出動した時はA氏ら及び彼らを制止した市民は共に現場を離れた状態であり、警察は近くの防犯カメラを土台に事件発生15時間後の午後2時55分、A氏とB氏を検挙した後に彼らの一行である他の男性2人にも連絡を取って警察署に出席することを知らせた。

    A氏は警察で「酒の勢いで少女像に唾を吐いて、この姿を動画で撮影した。日本語を話すことができて、制止する市民に日本語を使った」と述べたことが分かった。

    常緑樹駅の平和の少女像は慰安婦お婆さんを称えるために建てられたもので2016年8月15日に第71周年光復節を迎えて街頭キャンペーンやクラウドファンディングなどを通じた市民参加で駅南側の広場に立てられた。

    2019-07-06 17:31
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190706500043

    【どこまでクズなんだよ 【悪い事をするときは…】「日本人のフリをして少女像に唾を吐いて、チョーセンジンと悪口」…韓国人4人を検挙[07/06] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/25(火) 09:22:50.35 ID:CAP_USER
    日本大使館前の平和の少女像守護の座り込みを続けていた学生団体が、安倍晋三総理の長期政権および日本の軍国主義復活に反対する闘争を行う事にした。

    『日本軍性奴隷制問題の謝罪賠償と売国的韓日合意廃棄のための大学生共同行動』は24日、ソウル 鍾路区(チョンログ)の少女像前で記者会見を開き、「少女像座り込み1000日を基点に団体名称を “反安倍反日青年学生共同行動” に変更する」と宣言した。

    (写真)
    no title

    ▲ 座り込み1000日記念の記者会見を開く『反安倍反日青年学生共同行動』の関係者(24日)

    これらは、「2015年12月28日に締結された売国的韓日合意の糾弾から始まった我々の座り込みが、いつのまにか1000日を迎えた」とし、「売国的韓日合意の廃棄と日本軍性奴隷制問題の解決のため、独島(トクド)と歴史教科書の歪曲を正すために、安倍の平和憲法改正と侵略戦争を阻止するために、今日から新たな闘争を始める」と述べた。

    続けて、「長期政権を狙う安倍は今、“戦争可能な日本” のため、平和憲法を戦争憲法に改正する試みを露骨に現わしている」とし、「安倍晋三総理と日本の軍国主義復活に反対して、北東アジアの平和と民族的自尊のための闘争をして行く」と強調した。

    ソース:NAVER/アイニュース24(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=031&aid=0000464914

    引用元: ・【韓国】『少女像守護』座り込み1000日・・・「これからは反安倍闘争をします」=大学生団体[09/25]

    【【韓国】『少女像守護』座り込み1000日・・・「これからは反安倍闘争をします」=大学生団体[09/25] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/30(水) 00:49:59.00 ID:CAP_USER
    no title

    ▲共に民主党チュ・ミエ代表が29日、ソウルプレスセンターで開かれた外信記者懇談会で挨拶している。

    共に民主党チュ・ミエ代表が日本記者の少女像移転要請の質問に「少女像は凶物でない」と批判した。

    29日、チュ代表はソウルプレスセンターで外信記者懇談会を開いた。この日、チュ代表は「大韓民国は法治主義国家だ。国際法により日本大使館前の少女像を片付けてくれるのか?」という日本の産経新聞記者の質問に「少女像は全世界の国を失った少女たちを性奴隷にした日本を平和的な方法で告発するもの」と答えた。

    引き続きチュ代表は「国際法を守るか、守らないかではなく、日本軍慰安婦被害者問題は韓日間で解かなければならない歴史」として「日本が過去に犯した過去の歴史について心より懺悔して反省し、被害者に謝るならば、これほどまで両国間の問題に発展させなくても良かった」と指摘した。

    チュ代表は「日本軍慰安婦被害者ハルモニたちは何人も残っていませんでした」として「この様な質問を受けること自体、慰安婦ハルモニたちに申し訳ない」と伝えた。

    一方、この日、チュ代表は北朝鮮と米国の会談の成功的開催のためには「「完全で検証可能で不可逆的非核化(CVID)」と「完全で検証可能で復帰不可能な体制安全保障「(CVIG)が対等交換されることであり、重要なのは拘束力」とし、「二首脳が会って相互信頼の中に確約を受けたことが残った」と強調した。

    また「最初から完全な非核化または、体制保障交換覚書がなされれば良いが、そうではないこともある」とし、「しかし、米国もある程度、成果を出すことができる談判的なものは含まれることを期待している」と指摘した。

    ドナルド・トランプ大統領の書簡で北朝鮮と米国の会談が霧散危機にひんした状況については「私たちも眠れなかったし、ムン・ジェイン大統領も同じだったと思う」とし、「このように早く復元されたことはムン大統領の真心が主な原因」と話した。同時に国会板門店(パンムンジョム)宣言支持決議案処理不発には「米国も上院承認を受け入れているのに、大韓民国の国会が非常に失望を及ぼして申し訳ない」と頭を下げた。

    チュ代表は基調演説では「北米首脳会談は成功させなければならないと促したい」として「終戦宣言と平和協定締結で韓半島に持続可能な平和を完成していく」と念を押した。

    イ・ジヨン記者

    ソース:中央日報(韓国語) 「少女像片づけてくれるか」日本記者質問にチュ・ミエ「少女像は凶物ではない」
    http://news.joins.com/article/22666958

    引用元: ・【慰安婦問題】 日本記者「国際法違反の少女像を片づけてくれるか」→韓国与党チュ・ミエ代表「少女像は凶物ではない」[05/29]

    【【慰安婦問題】 日本記者「国際法違反の少女像を片づけてくれるか」→韓国与党チュ・ミエ代表「少女像は凶物ではない」[05/29] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/13(金) 18:56:00.18 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】ソウル市麻浦区にある麻浦中央図書館で13日、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の除幕式が行われた。

     少女像は麻浦区民や文化芸術関係者らでつくる「ソウル市麻浦平和の少女像建立推進委員会」が設置した。委員会は「麻浦区にある水色駅は1931年の中日戦争当時、少女たちが慰安婦の名で中国に連れて行かれる出発地だった」として、「(少女像の設置は)平和を祈願する目的があるため、建立を記念して毎年、平和の少女像の文化祭も企画する」と表明した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/04/13/0400000000AJP20180413004000882.HTML

    引用元: ・【韓国】ソウル市内に新たな少女像 周辺で文化祭開催も計画[04/13]

    【【韓国】ソウル市内に新たな少女像 周辺で文化祭開催も計画[04/13] 】の続きを読む

    このページのトップヘ