まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:尊敬

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/16(金) 15:45:24.90 ID:CAP_USER
    2019年8月14日、韓国・朝鮮日報によると、日本の輸出規制強化措置をきっかけに広がる日本製品不買運動の影響により、韓国の8月上旬の日本産ビールの輸入量が昨年同期比98.8%も減少した。

    韓国の関税庁が与党「共に民主党」のカン・ビョンウォン議員に提出した資料「8月の輸入減少率拡大品目」によると、8月1~10日に日本から輸入されたゴルフクラブ、ビール、日本酒、釣り用具、加工食品、化粧品の量はすべて昨年同期と比べ減少した。最も減少率が高かったのは98.8%を記録したビールで、日本酒(69.4%)、ゴルフクラブ(60.2%)、加工食品(38.1%)、化粧品(37.6%)、釣り用品(29.0%)が続いた。記事は「昨年に日本のビールが100本輸入されたとしたら今年は1本だったということ」と説明し、「事実上の輸入中断だ」としている。

    日本産のビール、日本酒、ゴルフクラブの7月の輸入量は昨年同期比でそれぞれ34.6%、34.1%、38.1%減少した。一方、日本産消費財のうち加工食品と化粧品はそれぞれ8.4%、3.5%増加したという。これについてカン議員は「韓国の消費者による日本産不買運動の流れが続けば、その余波は日本産の消費財全体に広がる可能性が高い」と予想した。

    このニュースに韓国のネット上では「韓国国民を尊敬する!戦うなら徹底的に戦わないとね」「最後まで頑張ろう。途中であきらめるのが一番かっこ悪い」「独立運動はできなかったけど不買運動には徹底的に参加する!」「ビールは種類が豊富だから不買しやすい。大変だとは全く感じないよ」「少なくとも1年は続けないと効果が出ない。みんなで力を合わせて日本製品を追い出そう」などの声が続々と上がり、不買運動はしばらく続きそうな気配が漂っている。

    一方、一部からは「店が売らないから買えないだけ。本当はアサヒビールが飲みたい」「これで勝利したつもりなの?日本の技術は韓国の産業全般を支えているというのに」などの声も見られた。
    Record china
    2019年8月16日(金) 6時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b606798-s0-c30-d0058.html
    ★1 2019/08/16(金) 13:32:11.13
    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565929931/1-

    引用元: ・【韓国】日本産ビールの輸入量が98.8%減、「事実上の輸入中断」状態に?「韓国国民を尊敬する!戦わないとね」★2[08/16]

    【日本製禁酒法時代に突入 【韓国】日本産ビールの輸入量が98.8%減、「事実上の輸入中断」状態に?「韓国国民を尊敬する!戦わないとね」★2[08/16] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/02/22(金) 22:19:25.78 ID:CAP_USER
    自由韓国党大会青年最高委員に立候補したキム・ジュンギョ候補が「韓民族世界で最も優れている」とし、極右民族主義的な発言をした。

    金候補は22日午後、京畿道城南室内体育館で開かれた自由韓国党の第3次大会、首都圏・江原合同演説会に出席し、「今日皆さんに少し別の話をしたいと思いばならない」と口を開いた。

    彼は「私たちの韓民族は、この地球上で最も偉大で優れ民族である」とし「しかし、今、私たち韓民族は、その優秀性と底力を全く発揮できずにいる」と主張した。 続いて「私たちの自由韓国党が再び政権を取り戻し、大韓民国が正常化された時、そしていつか自由韓国党青年党の原因私大韓民国の指導者になった時を想像してみる」と付け加えた。

    金候補は、「世界のどこに行っても大韓民国国民といえば、誰もが尊敬して羨望する、世界中のすべてが大韓民国の国籍を羨望して、空の星までに、世界のどこでも大韓民国のパスポート一つ巨大な特権享受そんな国になるだろう」と叫んだ。

    彼は「世界で最も裕福な国は、世界で最も強力な国は、世界で最も尊敬される国は、世界で最も優れた頭脳集団を保有している国になるだろう」とし「韓民族が世界を導く新たな歴史が繰り広げられるだろう」と声を高めた。 また、「強大国に振り回されない、世界を牛耳る強力な国家が誕生するだろう」とし「人類史上最も偉大で輝かしい国に生まれ変わるだろう」と付け加えた。

    ギムジュンギョ候補は「大韓民国の国民としてあふれる誇りを世界万国に振り切ることができるような国になるだろう」とし「誇らしい大韓民国の姿を見て、我々国民は歓呼して涙流されるだろう」と断言した。

    金候補は、「今、大韓民国は、もはや遅延する時間がない」とし「この場にいる皆さんは、私たちの自由韓国党と一緒に私ギムジュンギョとみんなそんな未来に行って見れないたくない場合さらさら」と提案した。 彼は「この地球上で最も偉大で自慢スロオミョ、神聖高貴な、美しく純潔であり、正義公平、その名前だけ聞いても胸がいっぱい上がって熱く煮えたぎる永遠わが祖国、大韓民国を作る」と演説を終えた。

    演説直後、金候補に向かって拍手と歓声があふれた。 「上手」のような応援も出た。 特にキム・ジンテの支持者が座った席でギムジュンギョの名前を連呼する声が大きく出た。

    以下略

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D047%26aid%3D0002218279 ate%3D20190222%26type%3D1%26rankingSeq%3D6%26rankingSectionId%3D100&usg=ALkJrhgOZFhYezBU9-YIXmmCze7O8rcynQ

    1
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1550830539/

    引用元: ・【韓国】野党議員発狂「私が指導者になれば全世界が韓国国籍を羨望し人類史上最も偉大で尊敬される国になり世界を牛耳る」★3

    【ついにヒトラー現る 【韓国】野党議員発狂「私が指導者になれば全世界が韓国国籍を羨望し人類史上最も偉大で尊敬される国になり世界を牛耳る」★3 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/12/05(火) 09:00:00.95 ID:CAP_USER
    [特別寄稿]ベトナム人にとって韓国とはどんな国なのか

    「私たちは日本人を好きではない。しかし、我々は日本人を尊敬します。私たちは韓国人が好きです。しかし、我々は韓国人を尊敬していません。」

    ベトナム戦争終戦40周年を迎えた2015年、ある報道機関から「ベトナム戦争は私たちにとって何を意味するのか」というテーマの寄稿依頼を受けてベトナムで取材している中、現地で聞いた衝撃的な話だった。

    今月で韓国と国交25周年を迎えるベトナムの国家発展役割モデル(role model)1号が韓国である。ベトナムに住む同胞は12万5000人、ベトナムに進出した韓国企業はホーチミン市近くの2000社を含めて合計5400社を超えた。

    「私たちも韓国のようになることができる。韓国人が好きだ」と言いながらも、「しかし、韓国人を尊敬しない」という話は、またどういうことなのか。

    当時、筆者はこの話は当然韓国軍のベトナム戦争参戦に関係する話だろうと推測した。いわゆる「ライダイハン」に関連した嫌韓感情のようなものだ。しかし、驚くべきことに「ライダイハン」は一部の韓国メディアによって誇張され誤って伝わっただけで、ベトナムにはそのような問題がないということではないか。

    ベトナムの若者たちはベトナム戦争に韓国軍が参戦したという事実さえ全く知らなかった。ベトナム戦争は米国を相手にした民族解放戦争だったという点をより明快に教育するために、他国の軍隊の参戦を教育しないということが40年間続いたベトナム政府の政策であった。

    ベトナム人が韓国人を尊敬していないと言う理由は簡単である。自分たちはフランス、アメリカと戦って独立と統一を成し遂げ、以後、軍事衝突まで辞さず中国の干渉も拒否したが、韓国はまだ分断を克服できないまま外国の軍隊が駐留しているではないかという指摘だ。

    現在、韓国とベトナムの間には未来の両国関係を根底から揺るがす深刻な問題が育っている。韓国に嫁いだが適応できずベトナムに戻ってしまう女性とその子供の問題だ。

    ベトナム女性は様々な理由で結婚生活が破局を迎え、韓国人の夫との間に生まれた子供を連れてベトナムに戻っていく。このようにベトナムに戻った女性と子供たちのほとんどは、ベトナムでも経済的にも社会的にもうまく適応できず、二等市民に転落する傾向が多い。

    当然50%韓国人の血を持っている子供とその母親はベトナムに戻った後も韓国国籍を維持するため、ベトナム政府の社会保障制度などの恩恵を受けにくい。彼らは事実上、韓国政府の保護の恩恵も享受できないのが現実である。結局、この韓国人たちは韓国とベトナムのうち、どちらの国の保護も受けられず、人権と福祉の死角地帯で漠然としたチャンスに人生を頼っている。

    ベトナム人は過去だけでなく20世紀の後半だけでもフランス、米国、中国と行った戦争の両方を勝利に導いたことに対して多大な誇りを持っており、自尊心も大変強い。

    ベトナム人は韓国に少しだけ住むことになったベトナム女性たちにぞんざいに接することについて根強い反感を育てているという。未来の両国関係を根本的に傷つける時限爆弾として育っている、この問題に韓国はより積極的に対処しなければならない。

    ハン・ウソン在外同胞財団理事長

    ※外部原稿は本誌の編集方向と一致していない場合があります。

    ソース:ファイナンシャルニュース 2017.11.29 17:05(韓国語)
    http://www.fnnews.com/news/201711291705283749

    引用元: ・【韓国】ベトナム人にとって韓国とはどんな国なのか[12/05]

    【【知れば知るほど嫌いになるよ 】「韓国人を尊敬していません」ベトナム人にとって韓国とはどんな国なのか】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/01/20(金) 12:16:16.41 ID:CAP_USER
     3年3カ月間に会った日本人たちの中で、話がよく通じた人々はたいてい80代以上のおじいさんだった。2014年6月、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎氏と行った対談が思い出される。1935年、愛媛県で生まれた大江氏は9歳の時に敗戦をむかえる。戦争末期に日本の学校で行われていたことは「はやくおとなになって天皇のために死ななければならない」という軍国主義教育だった。敗戦の空虚感の中で彷徨った大江氏の前に登場したのは、日本の新しい憲法だった。「当時学校の先生が、新しく作られた憲法には『個人の権利に関する内容と今後日本は戦争をしないという誓いが入っている』という話をした。それで非常に大きな希望を持ったし、勉強して大学に行くことを決心した」

     1927年生まれの平岡敬・元広島市長は幼年時期をソウルで過ごした。彼は京城中学校(現、ソウル高)在学時期「当時の教育には一種の朝鮮人蔑視のようなものがあった。学校では『私たちは日本人だから朝鮮人の嘲笑を買ってはならない』といつも教えた」と話した。彼は、日本では最初に韓国人被爆者の問題について報道したし、市長在職時の1991年「広島平和宣言」に「日本はかつての植民地支配や戦争で、アジア・太平洋地域の人びとに大きな苦しみと悲しみを与えた」という内容を盛り込んだ。1918年生まれでもう100歳を迎える“保守”の中曽根康弘元首相までが、2015年8月に日本は「中韓両国との歴史あつれきには慎重な態度で臨まなければならない。民族が負った傷は三代百年を経ても消えない」と話したことがある。日本が犯した侵略の歴史を直接経験し、それで韓国に対して常に申し訳ない心を大事にして生きてきた日本のおじいさん、おばあさんは、既に年老いてほとんどが亡くなった。

     時間が流れ、多くのことが変わった。今、日本の主流は1940年代後半~1960年代に生まれた人々だ。朝鮮半島に対する彼らの情緒を示す2つの報告書がある。一つは「安倍談話」を発表する直前に安倍首相が作った専門家集団「21世紀懇談会」が出した報告書だ。この報告書は、日本の朝鮮半島植民支配に関して「1920年代には経済成長も実現されたが、1930年代後半から苛酷化された」という一行で整理している。この文章からはかつての植民支配に対する謝罪や反省の情緒を読むことはできない。報告書がその代わりに長く記述したのは、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権を牽引した「386世代」の反日感情だった。韓国が“理性”的には日本との協力関係を構築しなければならないことを分かりながらも“心情”的には反日的歴史認識に巻きこまれてしまうということだ。

     もう一つの報告書は、世界平和研究所がこの12日に発表した「米国新政権と日本」という報告書だ。この報告書は、北朝鮮核問題に対応するために韓米日が「絶えず協力」しなければならないということを強調している。報告書はそこからさらに一歩踏み出して、日本政府に北朝鮮を直接打撃できる「反撃能力」(敵基地攻撃能力)を持つことを要求している。彼らはなぜこのように焦っているのか。原因はまたも韓国だ。日本主流の胸中奥深くには「いつか我々を裏切って中国についてしまう」韓国に対する深い「戦略的不信」が存在する。

     日本軍「慰安婦」問題に対する12・28合意の処理をめぐって、韓日両国双方に厳しい時間が続いている。多くの人から非難を覚悟をしながら下した個人的結論は「安倍の日本」から韓国が何らか追加的な措置を引き出すことは「不可能」だということだ。おそらく日本は、韓国を含むアジア人から尊敬を受けることは難しいだろう。図体が大きく、自己中心的な隣国とどのように付き合うべきなのだろうか。

    キル・ユンヒョン東京特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
    no title


    韓国語原文入力:2017-01-19 18:33
    http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/779490.html 訳J.S(1695字)

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[コラム]退行の時代
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26296.html

    関連スレ:【韓国】 独島に少女像を設置する動きをどう見るべきか?~日本人は少女像が語る「平和」を受け止められるだろうか[01/18]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1484821518/

    引用元: ・【慰安婦問題】 退行の時代~韓国を含むアジア人から尊敬されない日本 /ハンギョレ新聞東京特派員[01/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【他ならぬ韓国人じゃんw】 「アジア人から尊敬されない日本」ハンギョレ新聞東京特派員】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 05:00:05.53 ID:CAP_USER.net
    no title

    朴正煕大統領
    no title

    西岡力氏

     朴槿恵政権下で反日外交が展開される中、日本人の嫌韓感情はかつてなく高まっている。
    韓国研究者としてかの国と40年近く付き合ってきた私はこの間「現在の韓国人の反日感情の原因は日本統治時代の記憶ではない。なぜなら、反日感情は統治時代を経験していない若い世代ほど高いからだ。」と繰り返し述べてきた。(iRONNA)

     朴槿恵大統領も日本の統治時代を知らない世代だ。そしてその父、朴正煕大統領は日本統治時代を経験した世代だ。日本では父は「親日」で娘は「反日」だという誤解が広がっているが、朴正煕大統領も自分も「反日」だと明言している。
    朴正煕時代には日本で嫌韓感情は生まれなかったが、朝日新聞など左派メディアからは独裁者だとして激しい非難が加えられていた。

     朴正煕大統領の「反日」は朴槿恵大統領のそれとは質的に異なっていた。だから、侮蔑意識が含まれる嫌韓感情を生むことはなく、むしろ、心ある日本人の尊敬を集めた。

     一言でその違いをいうなら、甘えがなく自己の欠点を直視する勇気を備えている「反日」だった。朴正煕大統領は1965年、国内の激しい反対運動を戒厳令と衛戍令をひいて抑え付けて日韓国交正常化を断行した。
    そのとき、以下のような談話を発表している(1965年6月23日、韓日条約に関する韓国国民への特別談話)。

     去る数十年間、いや数百年間われわれは日本と深い怨恨のなかに生きてきました。彼等はわれわれの独立を抹殺しましたし、彼等はわれわれの父母兄弟を殺傷しました。そして彼等はわれわれの財産を搾取しました。
    過去だけに思いをいたらすならば彼等に対するわれわれの骨にしみた感情はどの面より見ても不倶戴天といわねばなりません。
    しかし、国民の皆さん! それだからといってわれわれはこの酷薄な国際社会の競争の中で過去の感情にのみ執着していることは出来ません。
    昨日の怨敵とはいえどもわれわれの今日と明日のために必要とあれば彼等ともてをとらねばならないことが国利民福を図る賢明な処置ではないでしょうか。(略)

     諸問題がわれわれの希望と主張の通り解決されたものではありません。
    しかし、私が自信を持っていえますことはわれわれが処しているところの諸般与件と先進諸国の外交慣例から照らしてわれわれの国家利益を確保することにおいて最善を尽くしたという事実であります。
    外交とは相手のあることであり、また一方的強要を意味することではありません。それは道理と条理を図り相互間に納得がいってはじめて妥結に至るのであります。(略)

     天は自ら助ける者を助けるのであります。応当な努力を払わずにただで何かが出来るだろうとか、または何かが生まれるであろうとかという考えは自信力を完全に喪失した卑屈な思考方式であります。

     今一部国民の中に韓日国交正常化が実現すればわれわれはまたもや日本の侵略を受けると主張する人々がありますが、
    このような劣等意識こそ捨てねばならないと同時にこれと反対に国交正常化が行われればすぐわれわれが大きな得をするという浅薄な考えはわれわれに絶対禁物であります。
    従って一言でいって韓日国交正常化がこれからわれわれによい結果をもたらすか、または不幸な結果をもたらすかということの鍵はわれわれの主体意識がどの程度に正しいか、われわれの覚悟がどの程度固いかということにかかっているのであります。

     韓国の「反日」がおかしくなるのは1982年、全斗煥政権が日本の左派メディアと中国共産党と野合して、歴史認識問題を外交に持ち出すという禁じ手を使ってからだ。第1次歴史教科書事件で、朝日などが文部省の検定の結果、
    「侵略が進出に書き換えさせられた」という大誤報をして日本政府を非難したことに、まず中国政府が公式抗議し、それに全斗煥政権が乗っかって、他国の歴史教科書の記述の修正を外交交渉の議題にするという前代未聞の「内政干渉」を行った。

    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n3.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n4.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n5.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151128/prm1511280034-n6.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】朴正煕と朴槿恵の「反日」を比較 父にあった健全で尊敬できる反日に彼女が戻れば、日本人の多くの嫌韓感情は解消する[11/30]

    【もう日本人との友好は無いよ【韓国】朴正煕と朴槿恵の「反日」を比較 父にあった健全で尊敬できる反日に彼女が戻れば、日本人の多くの嫌韓感情は解消する[11/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ