まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:封印

    1: 動物園φ ★ 2017/12/11(月) 12:20:23.25 ID:CAP_USER
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    記事入力 : 2017/12/11 10:24

     13日に中国を訪問する文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題をめぐる中国の圧力が難題として浮上している。文大統領は先月、ベトナムで習近平主席との首脳会談後、「12月の訪中時にはTHAAD問題が議題にならないことを期待する」と述べたが、中国は日程調整からこわばった態度を見せるなど、THAAD問題の蒸し返しが続いている。

    ■THAAD問題に言及続く

     文大統領は日曜日の10日も大統領府(青瓦台)で訪中準備を行った。文大統領は元々、今回の訪問で習主席、李克強首相と会う際、THAAD問題を「封印」することを決めた10月31日の「THAAD合意」以降の韓中関係と北朝鮮の核問題に焦点を合わせる構えだった。北朝鮮を対話の場へと引き出すため、対北朝鮮制裁への中国の強い賛同、そして、THAAD報復の段階的撤回も訪中の成果としたい考えだった。

     しかし、そうした希望とは異なり、中国はTHAAD合意以降も韓国によるミサイル防衛(MD)不参加、THAAD追加配備禁止、韓米日軍事同盟を推進しないなどいわゆる「3つのノー」に繰り返し言及している。このため、大統領府は「THAADなし」の会談ではなく、THAADへの言及を最小限にとどめる線へと首脳会談の目標を修正したとされる。大統領府幹部は「習主席が先月、文大統領との会談で、(THAADを)取り上げた際によりもレベル、量が減るか、そういう話が出ないことを望む」と述べた。習主席は当時、文大統領に対し、「歴史の前の責任」にまで言及した。

     大統領府と政府は中国がTHAAD問題を取り上げ続けることについて、「THAAD合意が韓国に有利なものだったという中国内部の強硬派の不満を鎮めようとして、中国政府と官営メディアが声を上げている側面がある」と指摘してきた。

    鄭佑相(チョン・ウサン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/11/2017121100879.html

    引用元: ・【話題】THAAD:問題を蒸し返す中国に文大統領は物申せるか

    【【条約、合意を守れない民族が言うなって】「中国はTHAAD問題を蒸し返している。文大統領は封印したのに」朝鮮日報】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/04(火) 20:16:25.94 ID:CAP_USER
    ついに逮捕された朴槿恵前大統領。敗因は反日の封印であり、ストレスのはけ口を失った韓国国民が経済状況の酷さに気づいたことだ。この政権の4年間を振り返って解説する。

    「日本を千年恨む」就任早々に宣言をしたワケ

    なぜ、最初から朴槿恵前大統領が反日全開だったのか。その理由は、支持率の低さにある。朴槿恵前大統領は、次の韓国大統領候補で最も人気がある文在寅(ムン・ジェイン)氏との選挙戦にわずかな票差で勝って大統領に就任した。当然、ギリギリの勝利では政権基盤が弱いことになる。

    そこで朴槿恵前大統領は、反日政策を邁進することで地盤を固めようとした。その効果はてきめんだった。すぐさま支持率は爆上げとなり、日本が批判する「告げ口外交」と「慰安婦ガー」という、聞かれてもいない「反日」を世界中で触れ回ったことで、朴槿恵前大統領は「外交の天才」と評価された。
    (中略:「オバマの逆鱗」に触れて幕引きに)

    韓国国民から漏れ始めた「不満の声」、一気に政権崩壊へ

    そして、反日がすっかりなりを潜めたことで、韓国の国民から不平が漏れ始めていく。反日でストレスを解消していた韓国だが、造船や海運、原油価格の急落などのよる海外建設不振などといった、経済状況の酷さに気づき始めたのだ。

    そんな中、2016年8月31日、韓進海運の破綻から起きた物流大混乱事件での政府対応のお粗末さに続き、サムスン電子のギャラクシーノート7の爆発事故によって韓国に抑えられない不満が高まりつつあった。支持率もすっかり低迷しており、与党のセヌリ党からも批判されていく。今思えば、朴槿恵前大統領の弾劾罷免までの下準備はもうこの頃にはできていたのだろう。そして、2016年10月24日に朴槿恵前大統領のスピーチ原稿にチェ容疑者の関与を示す文書が見つかった。

    そこから朴槿恵前大統領は占い師に操作されていたという根も葉もない噂が韓国中に拡大して支持率は4%となり、100万人を超える抗議デモが毎週ソウルで開催されていく。最後は弾劾されて数ヶ月後、それが憲法裁判所の裁判官によって罷免されて、2017年3月31日に逮捕された。大統領という最高の地位にまで上りつめた4年間の最後は囚人生活という。最高から最低までを朴槿恵前大統領は経験することとなった。しかも、この先は魔女裁判にかけられて処刑される未来すらあるという。

    朴槿恵前大統領がこうなった最大の理由は、「反日の封印」である。政府への不満を反日で抑え込んでいたからこそ、3年も持ったのだ。つまり、韓国では反日でなければ1年すら大統領が務まらないことになる。

    結局、朴槿恵前大統領が残したものは、日本の鳩山元総理と同じようなものである。日本と米国との関係の悪化、中韓関係の悪化、北朝鮮関係の悪化、告げ口外交による韓国の権威喪失という、考えうる限り最悪の外交情勢を作りだした。

    しかし、日本との関係だけは、朴槿恵前大統領のせいだけではない。朴槿恵前大統領は日韓慰安婦合意によって、日本との通貨スワップ協定の交渉を再開し、なんとか韓国を経済危機から救おうとした。しかし、それは韓国国民には届かなかったのだ。それは当たり前のことで、今まで散々「日本側にメリットがある」と吹聴してきた通貨スワップ協定である。韓国側だけが必要だとは、認められるわけがないのだ。

    ※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2017年4月2日号の抜粋です。

    ソース:マネーボイス<「反日だった」朴槿恵前大統領を、なぜ韓国国民はブタ箱に放り込んだのか?>
    http://www.mag2.com/p/money/167591

    引用元: ・【韓国】 「反日だった」朴槿恵前大統領を、なぜ韓国国民はブタ箱に放り込んだのか?[04/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【だから逮捕されるんだよ!】朴槿恵前大統領がこうなった最大の理由は、「反日の封印」】の続きを読む

    このページのトップヘ