まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:対象

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/25(日) 08:22:42.81 ID:CAP_USER
     今年4月の韓国総選挙後、民主党議員が提案した企業規制法案は300本に迫る。致命的なポイズン条項を含む法案があまりに多く、大韓民国の主敵が北朝鮮から企業に変わったかように錯覚するほどだ。

     民主党から提出が相次ぐ法案の中身を見ると、結局は企業という少数をたたき、支持層を結集させ、腹をすかせた多数の歓心を買おうとするものだ。

     企業と労働者、大株主と少数株主、大企業と中小下請け業者、大企業と消費者を対立させ、少数勢力を崖っぷちに追い込む内容を盛り込んでいる。少数側はどんな過ちを犯したのかも分からないままたたかれる。あえて罪を探すとすれば、彼らの票が少数であることだけだ。

     李洛淵(イ・ナギョン)民主党代表は先週、反企業の決定版である「企業規制3法」問題で韓国経営者総協会(経総)を訪れた。院内代表や広報担当者がマイクを握り、「3法はこのまま行く」と発表すればそれまでなのだが、党代表が直接企業経営者を訪ねて説明する格式を整えた。このため、もしかすると改善案が示されるのではないかという期待もあった。しかし、李代表は「3法は先送りできない」と断言した。企業経営者の面前でくぎを刺すイベントを行った格好だ。政権与党の代表が直接少数をたたく様子を多数に見せつけた。

     大企業の利益を下請け企業に強制的に配分する利益共有制、1カ月働いただけの労働者にも退職金を支払う制度、大型商業施設と従来型商圏の距離を1キロメートルから20キロメートルに拡大する法案も全て票集めのための少数たたきだ。企業に取っては怪物のような法案が相次いで国会を通過する勢いだ。

     「まさか?」というのは純真な考えだ。過去には想像もできなかったことが過去3年余りで現実になった事実を覚えておく必要がある。少数を狙った一連の反企業、反市場政策で多くの人が失業と所得現象に苦しんでいるにもかかわらず、政府は全く動じない。かえって少数をもっと締め付け、税金を無差別にばらまき、多数を権力側に再び引き込もうという「反転」に動いている。それが与党の総選挙での圧勝につながり、その後の少数たたきはさらに激しさを増した。あらゆる法規を改正し、企業経営者を監獄に入れられる条項は2600に増えた。この国で企業経営を行う人間は「予備犯罪者」になった。

     数日前、大手格付け会社のフィッチは韓国経済に関する報告書で「民主党」に言及した。「4月の総選挙での圧勝により、民主党と衛星政党の共に市民党の議席が60%を占め、他の政党の支援なしでも法案を成立させられる」と指摘した。その上で、巨大な政権与党による無理な財政赤字拡大を懸念した。既に韓国の政府債務比率はフィッチが警告した46%に迫っている。この線を超えれば、格付け引き下げの危機を迎える。民主党には大きな悪材料にほかならない。この状況を避け、多数の歓心を買うばらまき財政を続ける方法はただ一つだ。巨額の税金を納めてきた少数からもっと税金を取ることだ。現在政府は企業の内部留保への課税のほか、大株主の基準を保有株式3億ウォンに引き下げ、株式譲渡所得税を課税しようとしている。他の増税も検討しているはずだ。

     朴槿恵(パク・クンヘ)政権下で伸びていた経済成長率は文在寅(ムン・ジェイン)政権の3年間で低下傾向だ。韓国経済の競争力を高めるには、労働改革と規制革新が必須だが、それも無視している。多数が反対するからだ。

     現在の危機も過去の危機のように企業が突破するほかない。ところが文在寅政権は企業をそういう存在とは考えていないようだ。ただ、「積弊としての追及対象」「税金ATM」として利用しているだけだ。少数への寛容は決してないだろう。

    ユン・ヨンシン論説委員

    朝鮮日報日本語版 10/25(日) 8:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a56bb40bb899cf8f1a363144bcdd4bc5ce6073ef

    引用元: ・【朝鮮日報】大韓民国の主敵は企業に変わったのか 文政権にとって企業は「積弊としての追及対象」「税金ATM」 [10/25] [新種のホケモン★]

    【北と統一するってそういうことだぞ?wwww 【朝鮮日報】大韓民国の主敵は企業に変わったのか 文政権にとって企業は「積弊としての追及対象」「税金ATM」 [10/25] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/06(金) 21:46:09.67 ID:CAP_USER
    no title


    韓国の企業団体が、国連の制裁対象の北朝鮮企業から絵画を大量に購入していたことがANNが入手した国連の専門家パネルがまとめた中間報告書で明らかになりました。

     6日に公表される報告書によりますと、国連が資産凍結の対象としている北朝鮮の万寿台(マンスデ)創作社で韓国の企業団体が去年11月に19点の絵画を購入したということです。直前の9月には文在寅(ムン・ジェイン)大統領が万寿台創作社を訪れていました。絵画は韓国の仁川(インチ ン)空港で半数が押収され、残りは第三国に渡ったということです。国連外交筋によりますと、北朝鮮に資金が流入した疑いに対して韓国は調査中としています。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17040867/
    2019年9月6日 12時21分 記事元 テレ朝news

    引用元: ・【国連制裁対象】韓国企業団体 北朝鮮から大量に絵画を購入 北朝鮮に資金が流入した疑いに対して韓国は調査中[9/6]

    【ルールを守れない、約束を守れない連中 【国連制裁対象】韓国企業団体 北朝鮮から大量に絵画を購入 北朝鮮に資金が流入した疑いに対して韓国は調査中[9/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/31(土) 09:17:53.71 ID:CAP_USER
    韓日間の対立が2か月続き、苦しむ者が増えている。

    (写真)
    no title


    特に国内の就職難で日本での就職を準備していた青年が苦痛を受けているが、その理由は何だろうか?今月初め、日本のIT関連企業に就職内定を受けていた24歳のカン・スンフンさん。今年12月の出国を目標にしているが、反日感情の影響で合格が取り消しされたり、ビザの発給が遅れないかと心配が多い。日々日本のニュースを検索して、日本企業の担当者と電話をするのがスンフンさんの最も重要な日課である。

    今年26歳のペク・ウンヨンさん。日本での就職だけを3~4年準備して、苦労しながら合格したが喜びもつかの間。

    拡散した反日感情によって、売国奴や親日派の声を発する周辺の視線が耐え難いという。

    これらを一層困難にしたのは、政府が急に7年続いていた日本就職博覧会を中止にしたからである。現在、日本企業に勤める韓国人は62,500人余り。最近3年間の海外就職の27%は日本で、大きな比重を占めていた。これによって日本での就職を準備していた青年たちの、就職のチャンス自体が消えたのである。

    被害を受けているのは青年だけではない。弘大(弘益大学)で日本式居酒屋を開いているキム・ダルホさんは、不買運動が始まって昼のランチを止め、3人いた従業員を全員解雇して1人で働いている。 売り上げが半分に落ちたからである。日本専門の旅行業を運営する自営業者も事情は同じ。取材スタッフが会った日本関連の自営業者も皆、このまま行けば店が潰れるのではないかと心配は大きい。


    韓日間の対立で国内の国民の被害が大きくなっている状況で、望ましい反日運動の方向は何カ 『ニューストリー(SBSの時事番組)』が取材をした。

    ソース:国際新聞(韓国語)
    http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=0500&key=20190831.99099013393

    引用元: ・【韓国】「我々も “反日” の対象ですか?」~日本での就職を目指していた青年たちの苦悩[08/31]

    【ここだけ違うとか虫が良すぎるだろ 【韓国】「我々も “反日” の対象ですか?」~日本での就職を目指していた青年たちの苦悩[08/31] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/03/11(月) 11:03:50.90 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    『プン~(ぷぅ~)』。 大きな屁(おなら)をこくほど清々しい事があるだろうか?特に教室で屁をこけばあちこちで鼻を塞ぐなど、しばらくの間笑いが弾ける。このように屁は酷い臭いとともに騒々しい音を出し、疑問を生む好奇心対象No.1だ。糞も特に変わらない。新学期を迎え、屁と糞、尿を素材にした本が押し寄せた。

    『 “プン(ぷぅ)” 愉快に弾ける屁の中の科学の話(意訳)』は、みんながこくけど誰も言ってくれなかった屁に関する真実を盛り込んだ。「人間が6年9ヶ月間休まずに屁をこけば、原子爆弾のエネルギーと同等のガスを作り出せる」など、科学者が突き止めた屁に対する新たな事実と世界の人々の驚くべき屁の話を隅々まで紹介する。

    『スッキリ!爽快!便所と糞』は、トイレと排便活動を通じて科学の教科に興味を呼び起こす科学の本。人類初のトイレの様子、糞と尿が作られる過程、未来のトイレなど子どもの好奇心を呼び起こす面白い内容が満載だ。

    『糞をたらせにくい日』は、障害者の水泳選手クォン・スルチャンがいとこのトンセンと一緒に釜山旅行に行った際に起きた騒動を盛り込んだ童話。休憩所で障害者用の便所を使うハルアボ(お爺さん)と喧嘩をして、障害者に配慮していない休憩所の便所の様子などを通じ、現在の障害者に対する考えも振り返る。

    『おなら大百科』は、『世界の素晴らしいおなら大将シリーズ』の初刊である。屁をこかない動物、最も古い屁のジョークなど、51の驚くべき屁の話を8つの章に掲載した。面白い絵とともに、屁の科学と歴史、そして芸術を詳しく見る事ができる。

    『内緒でちょっとずつ読む尿Xファイル』は、尿の全てを明らかにする教養書だ。我々の体で尿が作られる過程は基本で、尿の成分と様々な活用法、歴史の中から見つけた尿の話などの情報を盛り込んだ。

    このほか、『うちのクラスの猟奇事件~誰が教室に糞をした!』は、猟奇的な糞事件の犯人を見つける世界初の糞探偵、スモモの活躍する様子を興味津々に紹介して、生態童画集『牛糞団子がころりん(意訳)』は、善良な昆虫たちの基盤をでたらめに踏みにじる人々を告発して、美しい世界を作る方法を教えてくれる。

    ソース:少年韓国日報(韓国語)
    http://kids.hankooki.com/lpage/book/201903/kd20190311060042125590.htm

    引用元: ・【韓国】『屁・糞・尿』=我々の好奇心対象No.1![03/11]

    【ただのコフィリア(糞尿愛好症)だよ 【韓国】『屁・糞・尿』=我々の好奇心対象No.1![03/11] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/03(土) 23:28:40.27 ID:CAP_USER
    日本が韓国向け輸出管理の厳格化を決めたことを巡り、日韓両政府の亀裂が深まっている。
    日本は安全保障を目的とした見直しで「世界貿易機関(WTO)協定違反でない」と強調する。

    韓国は日本を批判するとともに、輸入先の分散による「脱・日本」に動く。

    韓国政府は3日に臨時閣議を開き、日本政府による韓国の優遇対象国除外に対応した予算2732億ウォン
    (約240億円)を迅速に執行する方針を決めた。日本からの輸入が滞ることを想定し、
    日本に依存する部品・素材の輸入先の多角化や国産化を急ぐ。

    洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は2日、日本への対抗措置として
    「韓国も優遇対象国から日本を外し、輸出管理を強化する」と表明した。

    半導体メモリーは現在、輸出管理の対象となる戦略物資には含まれていないが、
    韓国メディアは半導体メモリーも武器転用の恐れがあると政府が判断すれば、輸出規制の対象にできるとの政府関係者の見方を伝えた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48185930T00C19A8EA2000/

    【韓国】 対日輸出許可審査を強化、洪副首相「DRAM・NAND型フラッシュも」★4 [08/03]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1564805171/

    引用元: ・【日本への対抗措置】 韓国 「半導体メモリーも輸出規制の対象にできる」

    【バカしか居ないww【日本への対抗措置】 韓国 「半導体メモリーも輸出規制の対象にできる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ