まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:対応

    no title


    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:44:20.84 ID:???.net
    政府に中東呼吸器症候群(MERS)の拡散を防げなかった責任があるとする訴訟が起こされた。

    法務法人「ハンギル」の弁護士ムン・ジョング氏は、政府を相手取り「不作為(するべきことをしない)違法確認」請求訴訟をソウル行政裁判所に提出したと21日、述べた。

    ムン氏は訴状で「政府がMERS確定患者が訪れた病院とその動線などの情報を後になって公開して国民をより大きなMERS感染の危険にさらした」と主張した。
    http://japanese.joins.com/article/094/202094.html?servcode=400&sectcode=430

    引用元: ・【MERS】“ずさん対応”政府相手取り初めての訴訟[06/22]

    【今度はどこの体育館で暮らすのか? 【MERS】“ずさん対応”政府相手取り初めての訴訟[06/22]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 20:38:31.57 ID:???.net
    (機内画像)
    no title


     2015年5月30日、中国中央テレビ(CCTV)は、昨年韓国の格安航空会社の機長が起こした
    とんでもないトラブルについて伝えた。

     2014年1月、韓国の格安航空会社(LCC)イースター航空の航空機は、韓国・仁川から離陸後まもなく、
    機体後部のドアが完全に閉まっていないことを知らせるアラームが点灯。客室乗務員が確認すると、ドアが
    故障していることが判明し、本来なら引き返すところだが、機長は客室乗務員(CA)に手でドアを押さえるよう指示した。

     そして、その状態のまま清州市まで飛行。さらに機体はメンテナンスされることなく、テープで固定したまま
    済州島や金浦市に飛んだという。これを受け、韓国の関連部門は機長に30日間の飛行停止処分を
    昨年の7月に言い渡した。機長は処分が重いとしてこのほど裁判所に不服を申し立てたが、裁判所は処分が
    妥当だとして機長の訴えを却下した。

    (翻訳・編集/内山)

    レコードチャイナ 2015年6月1日(月) 13時0分
    http://www.recordchina.co.jp/a110389.html

    関連スレ
    【韓国】湖南線KTX、開通初日から車体装置の一部が破損→「ガムテープを貼って走行」[04/03] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1428032056/

    引用元: ・【航空】韓国の機長のとんでもない対応、故障のドアをCAに押さえさせ飛行=処分に不服も棄却される―中国メディア[6/1]

    【相変わらず南朝鮮はコントの世界だなぁw 【航空】韓国の機長のとんでもない対応、故障のドアをCAに押さえさせ飛行―中国メディア[6/1]】の続きを読む

    no title


    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 00:07:14.60 ID:???.net
    国内セメント業界が日本産石炭灰を輸入して原料に使っているという理由で'放射能論議'に包ま
    れた。正確な状況把握や根拠なしに乱舞する主張の中でセメント企業等は経済的論理だけを前
    面に出す企業と烙印を押された。果たして真実はどうだろうか。マネートゥデーがセメント工場を直
    接訪れて現場を点検し、専門家たちの診断も聞いてみた。その過程を2回にかけて掲載する。

    #京畿(キョンギ)南部のあるアパート新築工事を進めているA建設会社は今年はじめ、苦しい状
    況に陥った。入居予定者らが放射能汚染の可能性だけで日本産石炭灰を使ったセメントで作った
    レミコン(生コン)を使うなと要求したからだ。果たして入居予定者らの主張は事実だろうか。

    今月19日、放射能汚染の可能性が提起されたBレミコン会社を訪れて現場でレミコンを直接採取
    し放射線量を測定してみた。セメントに骨材(砂と砂利)、水などを入れればレミコンになる。携帯用
    測定機で該当レミコンの放射線量を3回測定、平均値を出してみると0.2マイクロシーベルト(μ
    Sv/h)以下の数値が出てきた。自然放射線量の0.05~0.3マイクロシーベルトの範囲内だ。

    Bレミコン会社所長は「政府が認めた試験方法と基準により検査した結果、放射能セメント、放射
    能レミコンではないことが証明されたが、入居予定者らが対話自体を拒否して手がつけられない
    状態で嘆願を提起しており対策がない。直ちに納品停止して売り上げに大きな打撃を受けている」
    と訴えた。

    no title

    ▲Bレミコン会社の石炭灰(フライアッシュ)投入口放射線量測定値

    専門家たちは放射能に対する国民の憂慮は過剰だと指摘する。科学的根拠なしに誇張された推
    測意見を盲信した結果だという。チョ・スンヨン延世(ヨンセ)大環境工学科教授は「福島原発事故
    による放射性物質は空気より軽くて空気中に広まる特性上、土の中に埋まっている石炭に影響を
    与えない。端的に言えば福島事故による放射性物質が日本産石炭灰に含まれる可能性はないと
    見なければならない」と話した。

    放射能セメントがアトピーのような皮膚疾患などを誘発するという一部の主張も根拠がないという
    のが専門家たちの指摘だ。キム・ドンイル明知(ミョンジ)病院職業環境医学科教授は「セメントが
    水とあわさって強いアルカリ性を帯びる時、皮膚と直接的に接触しなければ皮膚疾患を起こす直
    接的な要因にはならない。まだセメントがアトピーなど皮膚疾患を起こす直接的な原因は報告され
    たり研究された結果はない」と話した。

    各種根拠資料と専門家診断にもかかわらず国民が相変らず不安に思う理由は日本に対する生ま
    れつきの反感と原発事故に対する漠然とした恐れのためと分析される。放射性物質の実際の含
    有有無と関係なしに国民感情的に日本産石炭灰なので敬遠する人々が多いということだ。れこに
    福島原発事故が起きて油をそそいだ。日本から補助金まで出て韓国に出すなんてその石炭灰に
    本当は深刻な問題があるのではないか、という疑問がある。

    だが、国内セメント企業等が日本から石炭灰を輸入したのは福島原発事故発生以前からだ。事実、
    日本産石炭灰の輸入は全量を国産で調達できないからだ。これは国内発電所と日本発電所のあ
    いだの立場の違いが存在する。国内発電所は高い運送料に対する負担などで石炭灰のリサイク
    ルより埋めたてを好む。反面、埋めたて費用がとても高い日本では発電所が運送料など補助金を
    出しても石炭灰を売る方がはるかに利益になる。

    それでも国内セメント企業等は国産石炭灰を最初から排除できない。国内火力発電所で年間
    (2012年基準)発生する石炭灰905万トン中、62%がセメント原料とレミコン混合材などでリサイクル
    される。特に昨年12月、セメント業界と発展企業等が国内石炭灰リサイクルのための了解覚書を
    締結するなど国産石炭灰の資源化に積極的に進んでいる。

    セメントをはじめとする関連企業等の被害が続き、国民の不安も蓄積しながら政府が放射線物質
    に対する確実で先制的な基準を用意すべきだという指摘がある。業界のある関係者は「原発事故、
    核爆発など人工的な核反応で発生する人工放射能に対する基準が現在、一度もない実情」とし、
    「国民の漠然とした不安感を解消するために業界自らの努力と同時に政府次元の素早くて確実な
    対処が後押しされなければならない」と話した。

    ソース:マネートゥデー(韓国語)罪のない会社ばかり被害…政府、放射能基準用意など対応必要
    http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2015052114595564111&type=1&MS2

    引用元: ・【韓国】 日本産石炭灰含む「放射能セメント」使うな~根拠の無い感情的拒否で韓国セメント会社被害、政府の対応必要[05/29]

    【この際、日本からの輸入を全面的にストップしよう! 【韓国】 日本産石炭灰含む「放射能セメント」使うな~根拠の無い感情的拒否で韓国セメント会社被害、政府の対応必要[05/29]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 13:57:38.54 ID:???.net
    【ソウル聯合ニュース】日本が中学校教科書の検定結果や外交青書で独島の領有権を主張し挑発を続ける中、
    韓国政府は旧日本軍の慰安婦問題を正しく教えるため教材の配布に乗り出す。

    女性家族部と教育部は8日、日本政府の歴史歪曲(わいきょく)に対応するため小中高生と教員向けの教材
    「日本軍慰安婦を正しく知る」を制作し、今月中旬から配布すると明らかにした。

    教材は女性家族部が韓日歴史交流会に委託して制作された。現職の教員が中心となって執筆し、政府系の
    東北アジア歴史財団や関連する研究者も参加した。

    教育課程と連携して活用できるよう、小学校5~6年生、中学生、高校生、教員向けにそれぞれ制作された。

    また両部は、慰安婦問題を理解しやすいようにワークブックやパワーポイント、動画なども配布する。

    市道の教育庁や主要図書館に教材を配布するほか、ウェブサイト「日本軍慰安婦被害者e―歴史館」
    (http://www.hermuseum.go.kr)と「東北亜歴史ネット」(http://contents.nahf.or.kr)に
    教材や動画を掲載し、誰でもダウンロードできるようにする方針だ。

    韓国政府は2001年にも同様の補助教材CDを制作し中高校に配布した。

    女性家族部と教育部は教材が活用されるよう、今月中旬から小学校の教員や中高の歴史教師を対象に
    慰安婦問題に関する研修を実施する。

    ソース:聯合ニュース 2015/04/08 11:33
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/08/2015040801572.html

    引用元: ・【韓国】日本政府の歴史歪曲に対応するため、小中高生と教員向けの教材「日本軍慰安婦を正しく知る」を制作して配布する[04/08]

    【正しくないじゃん【韓国】日本政府の歴史歪曲に対応するため、小中高生と教員向けの教材「日本軍慰安婦を正しく知る」を制作して配布する[04/08]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 08:04:19.47 ID:???.net
    ■ 米州協会発足
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    韓人(コリアンの和食店を対象に提起された『魚の名前表記公益訴訟』に対応するため、事業主が
    団結した。

    南カリフォルニア地域の韓人和食事業主60数人は『米州韓人和食業教会(仮名/会長=ジミー・コ)』
    を発足して、来る21日の『魚の名前表記共益訴訟』に対する法的対応策を準備するために集まる
    事にした。

    韓人和食業協会のジミー・コ初代会長は、「去る12月からLA地域の和食レストラン事業主を対象に
    訴訟を予告して、巨額の補償を要求する書簡が飛び交っている。これに対応するため韓人事業主
    60数人が集まった」とし、「今まで協会や組織がなくて個別に行動していたが、今後は協会とともに
    共同対応策を用意して組織的に行動しようと思う」と明らかにした。

    今回の事件は昨年末からロングビーチ地域の某他人種の弁護士が、韓人和食レストランが
    『エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)』を『ホワイトツナ(White Tuna)』と誤って表記したとし、巨額
    の補償を要求する損害賠償請求訴訟を提起した事が発端となった。

    訴状によれば原告人は、「昨年和食レストランを訪問してホワイトツナを注文すると、自分の食べた
    魚はエスカラーだった」とし、「レストランが消費者保護法を違反した。これは消費者の知る権利と
    食後に発生しうる問題を考慮していない表記だ」と主張している。

    エスカラーとはサバの一種で、和食レストランでは一般的にホワイトツナと呼ばれている。

    コ会長は、「訴訟脅迫の書簡を受けた韓人は100数社と推定されている」とし、「今回の事件は共益
    訴訟を悪用した悪意的な訴訟である。現在、カリフォルニア州検察にもこの問題を提起した状況」と伝えた。

    一方、韓人和食業協会は21日の午後10時、アナハイムの土器職人(Potter's)教会で集会を行い、
    グレース・チョ顧問弁護士とともに法的対応案に関して論議する予定である。

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=3246569

    (関連スレ)
    【米国】「魚の名前を誤記」~韓人(コリアン)の日本食レストランが集団訴訟の危機[02/06]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423192978/l50

    引用元: ・【米国】「韓人(コリアン)の和食店が団結」~魚の名前訴訟に対応[03/23]

    【 なんやねん コリアンの和食って? 【米国】「韓人(コリアン)の和食店が団結」~魚の名前訴訟に対応[03/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ