まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:対応

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 00:40:19.67 ID:CAP_USER
    <ストレスの多い現代、企業の問い合わせ窓口やユーザーサポートの担当者は、顧客のかかえるストレスをぶつけられても、誠心誠意対応しなければならない。そうした問題に対するユニークな取り組みが行われた>

    感情労働(Emotional Labor)とは、業務上特定の感情を演出または維持しないといけない労働という意味で、米国の社会学者Arlie Russell Hochschildの「Emotion work, feeling rules, and social structure」(American Journal of Sociology. University of Chicago Press. 85 (3): 551-575. JSTOR 2778583、1979年11月)という論文で紹介されたのをきっかけに世界中で広まった用語である。

    例えば、航空会社のキャビンアテンダント、銀行窓口のテラー、コールセンターのオペレーター、顧客相談室や電話相談窓口担当者など、直接顧客と接する業種で、相手に何を言われようと常に笑顔で親切に対応する仕事をしている人を感情労働者という。

    職場で自分の感情をさらけ出して仕事をしている人はとても少ないと思うので、結局社会人は誰もが感情労働をしていると言えるが、韓国では特に企業のコールセンター、修理受付窓口がもっとも感情労働を強いられる職種と言われている。

    苦情を受け付けたり、サービスを解約しようとする顧客をなんとか引き止めたり、商品の故障で不便な思いをしている顧客に謝罪したり、顧客に何を言われても丁寧に話を聞くのが仕事であるが、普通に話をする人ばかりいたら苦労はしない。

    最大限親切にマニュアル通りにしてやっと電話が終わったと思っても、電話をしてきた顧客が「親切ではなかった」と本社にクレームをいい、業務評価が下がる二重苦もある。

    韓国の石油会社GSカルテックスは、社会貢献活動の一環として「世を変えるエネルギーキャンペーン」を行っている。その一つとして、「心をつなげる保留音」というプロジェクトを行った。GSカルテックスと韓国GMが協力し、自動車メーカー韓国GMのコールセンターに電話をかけると流れる保留音をちょっと特別なものに変えるプロジェクトである。

    韓国の企業はどこもコールセンターの職員らが感情労働をしていてストレスをため込んでいることをよく知っている。そのため大手企業はコールセンターの勤務環境をよくし、退職率を減らすためあらゆる対策を講じている。

    だが、カウンセリングを受けさせる、特別休暇を与える、社員向けパーティーを開いたなどあらゆる対策を講じたというニュースはあっても、これといった効果があったという話は聞こえてこない。

    そこで石油会社GSカルテックスの社会貢献キャンペーンを担当している広告代理店が、「ため込んだストレスを解消する対策より、ストレス要因を事前にシャットアウトする方法を試してみよう」と提案。韓国GMが自社のコールセンターでこのキャンペーンをやってみたいと同意した。そして対応策として保留音を変えた結果、驚きの効果があった。

    キャンペーン紹介動画は暴言を吐く声で始まる。そしてコールセンターの女性職員らが登場し、「(暴言を聞いた時)最初は手が震えました」、「なんで私暴言を聞かないといけないのだろう。家に帰れば私だって大事な娘なのに」。「誰もが知っているけど変えられなかったこと。だから変えてみようと思います」というナレーションに続いて特別な保留音を録音する様子が流れる。

    声優ではなく一般の人を集めて、中年男性の声で「やさしくてまじめなうちの娘におつなぎします」、若い男性の声で「愛するうちの妻が対応します」、子供の声で「私が世界で一番好きなママが対応します」と録音した。2017年6月末から韓国GMのコールセンターでは、いつもの音楽と一緒に流れる「しばらくお待ちください」の保留音の代わりに、この声を保留音にした。

    保留音を変える前と変えてから5日後、コールセンター職員にアンケート調査を行った。保留音を変える前、ストレスを感じていると答えたコールセンター職員は保留音を変える前は79%だったが、変えた後は25%しかいなかった。自分が尊重されていると感じると答えたコールセンター職員は0%から25%に増えた。

    顧客からのやさしい言葉も58%から66%へ増加した。

    http://www.newsweekjapan.jp/cho/2017/09/post-11_1.php

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】苦情をまくしたてる顧客が減少 温もりのある声で癒しを…感情労働者のストレスを半減させたキャンペーン[9/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【哀れみを感じる】「愛するうちの妻が対応します」韓国人クレーマーに対しコールセンターが保留音を変えた結果】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 10:49:07.92 ID:CAP_USER
    いずれも米軍の最高幹部となる太平洋司令官、戦略軍司令官、ミサイル防衛局長が昨日、京畿道烏山の米軍基地で合同の記者会見を行った。

    21日から始まった韓米合同軍事演習「乙支フリーダム・ガーディアン(UFG)」のため来韓中の3人が同時に会見するのは異例のことだが、言い換えればそれだけ北朝鮮の核・ミサイル問題が深刻な状況にあることを示している。

    米軍で大陸間弾道ミサイル(ICBM)や長距離爆撃機などの運用を担う戦略軍のハイテン司令官は「北朝鮮の挑発を抑止できる米国の戦略兵器を全て韓国に提供する」と述べ、従来からの米国の基本的な立場を改めて説明した。

    米国は韓国独自の核武装が必要ないようにするため「拡張抑止」と呼ばれる概念を掲げており、これに基づいて核兵器や通常兵器などすべてを動員した抑止力を提供するとしている。

    しかし今や北朝鮮はスカッドミサイルに小型の核弾頭を搭載し、ソウルを攻撃できる能力を確保したとの見方もあり、また近くICBMによって太平洋の向こう側にある米国本土への攻撃も可能になることも確実視されている。

    そうなれば米国がこれまでと同じことをやっても対応しきれないのではないか。

    米国も北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止できない最悪の状況を想定し、これまでとは違った準備に取り組んでおくべきだろう。米国は160キロ先にある北朝鮮のミサイル発射台を72秒で掃討可能な超高速発射弾(HVP)を早期に実戦配備することを決めた。

    HVPは1分間に20発の連続発射が可能で、北朝鮮のミサイル発射の動きにも効果的に対処できるため、韓国にとっては北朝鮮の攻撃を防ぐ大きな助けになるはずだ。

    さらに戦略爆撃機、原子力潜水艦、空母艦隊など米国の戦略兵器が韓半島(朝鮮半島)周辺に常時展開されれば、これも北朝鮮に対する強力な抑止力として作用するだろう。

    ただしこれらの対応策だけで北朝鮮の核兵器を完全に抑制することはできない。また韓国に展開される戦略爆撃機に核兵器が搭載されていないことも、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はよく知っている。

    そのため最終的には1991年に撤収した戦術核兵器を韓半島に改めて配備し、北大西洋条約機構(NATO)と同じくこれらを韓国と米国が共同で運用する方策を真剣に検討しなければならない。

    現在、韓国空軍は戦術核兵器を搭載可能な戦闘機を数多く保有しており、また来年からF35ステルス戦闘機が計画通り配備されれば、その能力はさらに一層高まるはずだ。

    韓国軍に対するミサイル弾頭重量制限措置も1日も早く完全撤廃しなければならない。

    韓国が核武装できない状況では、核兵器ほどではないにしても、かなりのレベルで北朝鮮に報復可能な能力を確保しておかなければ、金正恩氏に対する強力な圧力として作用しないだろう。北朝鮮の核問題の本質は外交問題ではなく軍事問題だ。

    そのため軍事的な備えを確保した上でないと外交が効果を発揮しない。軍事的備えの欠如、あるいはこれを放棄した状態での外交は単なる屈従でしかない。今最も懸念されるのはこの状況が現実となることだ。

    韓米両国は北朝鮮に対する軍事的な備えを行うにあたり、今こそ従来の発想や考え方から脱却し、全てを原点から再検討しなければならない。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/23/2017082301130.html

    【【本当はおまえらが先陣切らにゃならんのに 】「対北朝鮮、米国がこれまでと同じことをやっても対応しきれない」朝鮮日報】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/10(木) 10:41:13.43 ID:CAP_USER
    北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載できる小型核弾頭の開発に成功したという米国情報当局の分析があった。

    ワシントンポスト(WP)の報道によると、米国防情報局(DIA)は報告書で「北朝鮮は早ければ来年にも核弾頭を搭載したICBMで米本土を実戦打撃する能力を保有するだろう」という見方を示した。北朝鮮が完全な核保有国に向けた重大な関門を越えたという評価も出ている。

    さらに北朝鮮は昨日、中長距離ミサイルで米戦略資産根拠地のグアムを包囲射撃すると脅迫した。「火の海」「核戦争」「悲劇的終末」など露骨な言葉を動員しながら韓国と米国を威嚇したりもした。

    米情報当局の判断が事実なら、これは韓半島(朝鮮半島)安保情勢を根本的に揺るがす深刻な事態だ。米国は国民の生命が北核の脅威に露出するだけでなく、核拡散防止という基本政策にも深い傷を負う。

    休暇中のトランプ米大統領は「北朝鮮が米国をさらに威嚇すれば『炎と怒り(fire and fury)』を目の当たりにするだろう」と述べ、軍事的行動の可能性まで開いておいた。

    こうした警告にもかかわらず、北朝鮮は追加の核実験を通じて「核保有国」に進んだ後、米国と談判する可能性が高い。米国は「予防戦争」にまで言及しながら強硬な態度を見せている。しかし本土が北朝鮮の核の脅威を受ける状況で米国が最後までソウルを「核の傘」で守るかどうかは不透明だ。

    したがって韓国も自ら北朝鮮を軍事的に圧倒する案を準備する必要がある。「核には核で対応する」といういわゆる「恐怖の均衡」レベルで自衛的な核武装について議論をする時になった。韓国はそのような能力を十分に備えている。

    米国が「北東アジア核保有ドミノ」を懸念して反対すれば、「韓半島非核化宣言」に基づき1992年に撤収した在韓米軍戦術核兵器の常時再配備を考慮しなければいけない。韓半島の非核化に抵触せず北朝鮮に大きな圧力を加えることができる「核武装準備宣言」をする案もある。

    文在寅大統領は昨日、「北の核・ミサイル挑発に軍事対応態勢を早期に補完するべき」と軍に指示した。あらゆることができるという覚悟を見せなければ北朝鮮から返ってくるのは嘲弄と軽視だけだろう。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/223/232223.html

    引用元: ・【韓国経済新聞】危機の韓半島…核武装を議論する時期だ 覚悟を見せなければ北朝鮮から返ってくるのは嘲弄と軽視だけ[8/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【北と南で核の打ち合い】韓国経済新聞「核には核で対応。韓国はそのような能力を十分に備えている」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/09(日) 12:55:07.27 ID:CAP_USER
    韓国、中国、日本の3カ国は10~13日に自由貿易協定(FTA)締結に向けた12回目の交渉会合を東京で開く。韓国の産業通商資源部が9日、発表した。

    会合では商品分野の交渉指針、サービス分野の自由化方式など争点に関する協議の進展に向けた方策を議論する。

    前回の交渉で協議が行われた金融・通信・自然人の移動のほか、電子商取引・知的財産権・政府調達・競争など分野別の交渉も進める。

    また、3カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉に伴う通商環境の変化についても検討する。

    同部関係者は「韓中日FTA交渉を包括的で高水準の、相互互恵的な方向へと進めることができるよう努力を続けながら、わが国の国益が極大化されるよう対応する」と述べた。


    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/09/2017040900506.html

    引用元: ・【経済】「わが国の国益が極大化されるよう対応する」 韓中日FTAの12回目交渉 10日から東京で開催[4/9] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【話すだけ無駄 】韓国産業通商資源部「韓中日FTA交渉でわが国の国益が極大化されるよう対応する」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/16(木) 10:22:05.02 ID:CAP_USER
    「今、韓国経済と世界経済の不確実性はこれまでで最悪の状態だ。不確実な現状がどれだけ深刻か、
    その深刻さを認めることを韓国新政権の出発点にしなければならない」

    米シカゴ大学経営大学院のスティーブン・デービス教授(アジア通貨政策フォーラム共同代表)は15日、TV朝鮮の主催により
    全国経済人連合会(全経連)会館会議センター(ソウル・汝矣島)で行われた「トランプノミクスの時代、韓国の戦略は?」国際フォーラム講演で、
    「韓国は今の緊迫した状況を認識し、素早く対応しなければならない」と強調した。

    デービス教授は米国の経済学者2人と共に開発した「経済政策不確実性(EPU・economic policy uncertainty)指数」を、
    現在の不確実性の高さの指標として提示した。

    この指数は、経済的不確実性を表すと分析された単語(経済・不確実性・規制など)がメディアにどのくらいの頻度で登場するかを基に、
    特定の国や時期の不確実性を数値で表示するものだ。

    分析の結果、韓国の経済政策の不確実性指数は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾前後に393(100は1995-2014年の平均値)まで急上昇し、
    過去最悪を記録した。

    アジア通貨危機直後に大宇グループが崩壊した2000年代初め(EPU 234)や、世界金融危機時の2008年(263)よりも先行きが不透明な状態だという意味だ。

    また、デービス教授は「『トランプ時代』に韓国が避けなければならない最大のリスクは、米中間の紛争で韓国が中国側に分類されることだ。
    韓国は経済的に中国と密接な関係がある上、米国との貿易で黒字を出しており、米中貿易問題が発生すれば、それに伴い被害を受ける可能性がある。

    韓国が中国の『味方』と見なされて米国と貿易摩擦が発生すれば、韓国経済は打撃を受けるかもしれない」とも指摘した。

    同教授は「新たに選出される韓国の大統領はできるだけ早くトランプ大統領と会って、韓米自由貿易協定(FTA)が米国にもたらす利益を確実に印象付ける一方、
    韓国企業が米国企業の雇用などに役立つことを公の場で繰り返し強調すべきだ」と助言した。


    2017/03/16 10:05
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/16/2017031600930.html

    引用元: ・【朝鮮日報】米大学教授「韓国経済の不確実性は最悪」 最大のリスクは、米中間の紛争で韓国が中国側に分類されること[03/16]©2ch.net

    【【残念、もう手遅れだ】米大学教授「韓国は今の緊迫した状況を認識し、素早く対応しなければならない」】の続きを読む

    このページのトップヘ