まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:寛大

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/10(土) 11:39:20.83 ID:oQiNNJvh
    「現実的に酒を飲まずに職場生活をするのは不可能だと思う。強要はかなりなくなったが、一度に飲み切らずに残すと何か言われることも多い。顧客や協力会社の接待など業務を円滑にするうえで酒が必須だと考える雰囲気がまだ強い」。

    製造業者勤務14年目の会社員チ ンさん(39)は体内アルコール分解酵素が少なく、酒を1杯だけ飲んでも顔が赤くなる。酒を頻繁に飲めば心血管疾患にかかる確率が高く、二日酔いもあるが、チ ンさんは今日もやむをえず酒を飲む。新型コロナが緩和してまた会食が始まったが、職場では男性職員の「非飲酒」を許容する雰囲気でないからだ。チ ンさんの職場では会食で酒をかなり飲んでも翌日になんともなく早い時間に出勤するのが「美徳」だ。会食だけでなく業務にも酒が伴う。過度な飲酒で吐いたり胃炎になったりしたことも少なくない。特に年末には酒の席がさらに増えるため心配している。

    飲酒文化は改善しているが、依然として韓国社会で飲酒は社会生活のための基本要件と見なされる。会食だけでなく知人と会う時も店に入るため、社会生活をしながら酒を飲まないというのかなり難しい。コーヒーを飲まないのは受け入れられるが、酒を飲まなければその理由を説明をしなければいけない。

    4年前に健康のために禁酒を決心した会社員のチャンさん(50)は「酒をやめてから、非飲酒者をおかしな人、禁酒者を性格がきつい人と見る社会的な視線を実感している」とし「今でも『一緒に飲もう』『酒が好きだった人がなぜこれほど変わるのか』という話をよく聞く」と語った。

    ◆自宅での飲酒、コロナ前の倍に

    過度な飲酒は病気を招いて統制力を失わせる。酒を単純嗜好食品でなく薬物と見るのが望ましい理由だ。殺人(28.5%)、性暴力(26.3%)、暴力(26.3%)など凶悪犯罪は酒に酔った状態でよく発生する。自殺とも無関係でない。

    全南大病院のキム・ソンワン精神健康医学科教授は「自殺者の40%は血中にアルコールが検出され、ソウルで高危険飲酒対象者が多い自治区であるほど自殺率が高いことが確認された」と話した。高危険飲酒対象者は週2回以上、男性は7杯以上、女性は5杯以上の酒を飲むケースが該当する。予想より基準が低くて驚く人が多いのではないだろうか。すでに国民の14.1%は高危険飲酒対象者だ。

    にもかかわらず人と会えば酒を飲む理由は、韓国社会が酒を媒介に結ぶ関係を重視するからだ。酒を飲みながら集団のアイデンティティーを強めるため、酒の席は信頼と親密さの象徴となる。文化評論家のイ・テクグァン(慶煕大グローバルコミュニケーション学部教授)は「韓国の文化がかなり多様化して多彩になったというが、その中心に酒があるのは否定できない事実」とし「飲酒を当然視する文化は変わらなければいけない」と主張した。成均館大のク・ジョンウ社会学科教授は「新型コロナを経て個人主義が強まり、会食など集団文化は弱まったが、依然として酒の席で深い話をし、重大な意思決定をし、情報を交換する傾向は残っている」と説明した。

    韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.12.10 10:46
    https://japanese.joins.com/JArticle/298642?servcode=400§code=400

    引用元: ・【中央日報】酒に寛大な飲酒共和国、韓国…「一人酒」「ホーム酒」急増 [12/10] [ばーど★]

    【一人飯めっちゃバカにしてたやん 【中央日報】酒に寛大な飲酒共和国、韓国…「一人酒」「ホーム酒」急増 [12/10] [ばーど★]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 13:14:09.28 ID:CAP_USER.net
    「驚くほど温かくて寛大な韓国人にほれました」
    2016年02月19日10時37分 [? 中央日報/中央日報日本語版]

    no title

    10周年を迎える韓国関連ウェブサイトを運営中の英国人フィリップ・ゴーマン氏は小説家のイ・ムンニョル氏、イム・グォンテク映画監督、庭園デザイナーのファン・ジヘ氏、ウォン・イル音楽監督(左上から時計回り)等との出会いが記憶に残ると話した。(写真=フィリップ・ゴーマン氏)

    英国ロンドンで開かれるどの韓国関連行事にもいつも姿を表わす欧米人の青い目の英国紳士がいる。ある日、名刺を差し出されたが慶尚南道山清郡(キョンサンナムド・サンチョングン)の広報大使であった。フィリップ・ゴーマン氏(Philip Gowman、53)だ。文化系要人なのかと思うだろうが金融の中心地であるシティで働くオックスフォード大学出身の金融家だ。

    ゴーマン氏が韓国が好きで始めたウェブサイト「ロンドン・コリアン・リンクス(londonkoreanlinks.net )」が来月1日で10年になる。韓国関連行事が日付別に整理されていて、映画・本・音楽など多様な分野を行き来するゴーマン氏のレビューを見ることができる。

    ゴーマン氏は「最初に始めた時は10年もやることになるとは思わなかった」と言いつつも「今後も最低10年はできる」と話した。毎年1回10日ほど韓国を訪問するという彼をインタビューした。

    --どのように始めることになったか。

    「2000年頃に韓国映画や韓国人の友人を通じて韓国文化に関心を持つことになった。そのうち本を読んだ。5年ほど過ぎるとそれまで見て読んで聞いたものをウェブサイトの形として集めるべきだと思った。2006年3月1日に始めた」

    --10年続けた。

    「初めは多少静的だった。そのうち新しいことをアップデートしている自分を発見した。いつのまにか韓国との出会いを記録した日記帳になっていた。数年が経ってウェブサイトが韓国情報に関するアーカイブ(記録保管所)になれると思った。それで持続する意志が高まった。英国国立図書館にウェブページを記録してほしいと要請した。いつか誰か私の代わりに働く人を探さなければならないだろう」

    --やめることは考えなかったか。

    「考えなかった。関心が少し変わりはした。また、目標も変わった。初めは韓国関連情報を全て扱うというのが現実的な目標であった。今は(多すぎて)不可能になった。外部執筆陣の助けを受けたりもしている」

    --最も記憶に残る瞬間は。

    「本当に慕っている人たちにインタビューする時だ。音楽家ファン・ビョンギ、ウォンイル、ジャズ歌手のナユン・ぺなどだ(ゴーマンはアマチュア。ピアニストだ。オーケストラや教会で合唱もする。ウェブサイトを始めた前の彼の主な関心は音楽だった)。ロンドン映画祭の度に映画関係者に会ったことも思い出す。2014年のロンドン図書展の時、有名な韓国作家に会ったのも幸運だった。何年か前に韓国文化部の支援で宗廟(チョンミョ)と山清漢方薬草祭り、河東お茶祭りに行ったし、その時の感想を本にして出したこともある」

    --山清広報大使になったが。

    「山清漢方薬草祭りに関して書いた私の本が気に入られたようだ。2013年に山清世界伝統医薬エキスポでテープカットをした。2014年には最も高いところに位置した寺院である山清法界寺(ポプケサ)の鐘を初めて打った時もその場にいた。運が良かった」

    --韓国人のどんな点に惹かれるか。

    「驚くほど温かくて寛大だ。いつか韓国語を学んで、言語の壁を感じずにコミュニケーションしたい。その時までこれまでもこれからも多少おかしな外国人に耐えてくれる韓国人の友人達に感謝する」

    http://japanese.joins.com/photo/081/1/151081.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jplarticlelpicture

    引用元: ・【中央日報】驚くほど温かくて寛大な韓国人にほれました

    【こんなところにまでステマか 【中央日報】驚くほど温かくて寛大な韓国人にほれました】の続きを読む

    このページのトップヘ